小百合さんはマジで居ない


 
2010年2月5日 金曜日
 
 

小百合さんはマジで居ないの?
 
 

小百合さんは実在?

ボヴァリー夫人

(Madame Bovary)

この小説はフランスの作家フローベル(1821-1880年)の作品。
はじめ「パリ評論」誌に連載され、風俗紊乱の罪に問われるが、1857年無罪判決を得る。
裁判のとき、「ボヴァリー夫人は私だ」”Madame Bovary, c’est moi”と言ったことは文学史上、有名。
同年に単行本を出版。この一作でフローベルの文名は大いに上がった。

田舎の医者シャルル・ボヴァリーの妻、エンマ・ボヴァリーがヒロインとなり、平凡な生活から抜け出そうと無謀な恋に走り、破綻に陥るまでを描いた。
自由間接話法や非主観的視点など、現在の小説の技法のほとんどが使われているといわれる。

実際にあった事件をモデルに、写実主義的な手法で描かれた傑作
事実、ウラジーミル・ナボコフやバルガス・リョサ、ヌーヴォー・ロマンの作家たちも高く評価している。
中でもシャルル・ボードレールが発表した書評には、フローベルがいたく気に入り、よくぞ理解してくれたと喜びと感謝で満ち溢れた手紙を送っている。

フローベルは執筆前に、物語の重要な舞台であり故郷でもあるフランスのルーアンを歩き回り、非常に詳細に記録した取材ノートを残している。
「ボヴァリー夫人」を読みながらルーアンを歩くと、風景描写がかなり正確であるのに驚く。
エンマが逢瀬を重ねていた大聖堂や彼女を破滅に追いやった薬剤師のモデルとなった家は、今日も世界中から大勢の観光客が訪れている。
主人公エンマのように理想と現実のギャップに苦しむ状態は、ボヴァリスムと言われるようになった。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『ボヴァリー夫人と漢字馬鹿』に掲載
(2009年2月21日)

デンマンさん。。。質問があるのですけれど。。。

小百合さんは、まだ納得がゆかないのですか?

だいたい分かりました。。。でも、イマイチ分からないところがありますわ。

僕は次の記事の中で小百合さんにも良~く分かるように説明したはずですよう。

『小百合さんとボヴァリー夫人』

(2010年2月1日)

でも、どうしても納得がゆかないところがあるのですわ。

いったい、どこが納得がゆかないのですか?


『小百合さんは実在?(2010年2月3日)』より

デンマンさん。。。ここまでの長~♪~い引用は、小百合さんに送ったメールを再現したつもりなのでござ~♪~ますか?

卑弥子さんは良~く分かりますねぇ~。。。うへへへへへ。。。そうなのですよう。僕が小百合さんに「小百合さんが実在しないことを日本語が分かる世界のネット市民の皆様に印象付けましたよ。だから、もう心配しないでね」。。。心の優しい僕は、そのように小百合さんに伝えたのですよう。うししししし。。。

つまり。。。、つまり。。。、あのォ~。。。やっぱり、小百合さんは実在の人物なのですわね!?

やだなあああァ~。。。卑弥子さんは分かっているようで分かってないのですね。んもお~~。。。小百合さんが実在しないことを僕は念を押すようにして記事で何度も書いているのですよう!

でも、上のように、デンマンさんはマジで実在の小百合さんとメールの交換をして、さらに。。。、さらに。。。バカに輪をかけたように、そのメールを。。。そのメールを。。。恥も外聞もなく、また、ネットで公開している。。。

うへへへへへ。。。いけませんか?

デンマンさんは。。。、デンマンさんは、いったい、どのよな神経を持っているのでござ~♪~ますかア~♪~?

あのねぇ~。。。僕は、いたって正常ですよう。

しかし。。。、しかし。。。、正常な常識人が小百合さんが実在しないという筋書きで『小百合物語』を書いていながら、その裏で実在の小百合さんとメールの交換をして。。。、さらに。。、さらに。。。、そのメールの内容までも、こうして公開してしまう。。。

うししししし。。。いけませんか?

だから。。。、だから。。。、あたくしは、デンマンさんのオツムの中身がマジで脳味噌なのか?それとも豆腐のオカラでも詰まっているのござ~♪~ましょうか?。。。今、そのようにマジで疑っているのでござ~♪~ますわ。

だから、僕ははっきりと2月3日の記事の中で書いたでしょう!

 
 

小百合物語

 
 

こんにちは。

小百合です。

ようこそおいで

くださいました。

じっくりと楽しんで

いってくださいね。

面白そうな記事を

下に選んで

並べました。

お好きなタイトルを

どうぞ、クリック

してください。

では、記事の中で

またお会いしましょう。

著作権者注:

特に記載なき場合、『小百合物語』に掲載されている内容は、すべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。

■ 『小百合物語 目次』

デンマンさんは頭が良いようで居て、どこか抜けているのでござ~♪~ますわね?

つまり。。。、つまり。。。、早い話が僕が間抜けだと卑弥子さんは言いたいのですね。

分かっているのならば、話し易いですわ。うふふふふふ。。。

いったい、僕のどこが抜けているのですか?

それならば、デンマンさんにも分かり易いように説明いたしますわ。

特に記載なき場合、

『小百合物語』に掲載されている内容は、

すべてフィクションであり

実在の人物・団体等とは

一切関係ありません。

このような但し書きが書いてある場合には、たいてい実在の人物や団体等について書いてあるのです。でも、後で訴訟を起こされるとまずいので、このような言い訳をあらかじめ書いておくのでござ~♪~ますわ。

あれっ。。。、卑弥子さんは源氏物語だけしか理解していないと思っていたけれど、結構、世間のことを知っていますね。うへへへへへ。。。

その程度のことならば、高校生のミーちゃんハーちゃんでも知っていますわよう。んもお~~

確かに、無駄な言い訳のように見えるのですよう。

だから、そのような無駄な事を書いても屁のつっぱりにもならないのでござ~♪~ますわ。んもお~~。。。

あのねぇ~、決して無駄ではないのですよう。

でも、デンマンさんだってぇ、たった今、それが言い訳に過ぎないとお認めになったではござ~♪~ませんかア?!

うん、うん、うん。。。確かに言い訳のようなものですよう。

だから、そのような言い訳は屁のつっぱりにもならないと申し上げているのでござ~♪~ますわ。んもお~~。。。

あのねぇ~、卑弥子さん。。。、色までつけて屁のつっぱりを強調しなくてもいいですよう。

でも、デンマンさんは問題の本質を全く理解していないようでござ~♪~ますわ。

その問題の本質というのは何ですか?

小百合さんが実在しない、実在しないと。。。声を大きくして叫べば叫ぶほど、小百合さんが実在している事を認めていることになるのですわ。高校生のミーちゃんハーちゃんだって、その程度の事は常識として知っているのでござ~♪~ますわ。

ほおォ~。。。

デンマンさん!。。。フクロウでもないのに、ほおォ~、ほおォ~、と鳴かないでくださいましなア。

あのねぇ~、だったら僕にも、ちょっとばかり言わせてください。

何を言いたいのでござ~♪~ますか?

「ボヴァリー夫人は私だ」とフローベルは言って、フランスで行われた裁判で無罪になったのです。100年以上前の話ですよう。

だから、それがどうだとデンマンさんはおっしゃるのでござ~♪~ますか?

だから、僕も言っているのですよう。「小百合さんは僕だ」と。。。

でも、デンマンさんは小百合さんにメールを書いて、このページの冒頭に内容まで公開しているではござ~♪~ませんかア!

だから、それが創作なのですよう。僕が『小百合物語』の小百合さんにメールを書いて、そのメールの内容をこのページのトップに表示した。ただそれだけのことですよう。

つまり、デンマンさんがご自分にメールを書いて、それをこのページにコピーしたのでござ~♪~ますか?

そうですよう。

そのような戯言(たわごと)など、誰も信じませんわア。

“信じる者は救われる”

いいえ。。。あたくしは信じませんわ。だから、【卑弥子の独り言】にも書いたのでござ~♪~ますわ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
上のようなことを書かれたら、あたくしは本当に困ってしまいますわよう。んもお~~

せっかく、あたくしはネットで有名になってきたのですわ。
そのうち、あたくしと結婚したいという素敵な殿方が現れると思って、毎日の単調な生活に張り合いが持てて、あたくしは、最近ルンルン気分になっていたのですわ。
それなのに、小百合さんのためと言って、上のような注意を書かれたら、いったい、あたくしのお婿さん候補はどうなるのでしょうか?
今でも、ファンレターやラブレターが一つとして舞い込んでこないのに、
上のようなこ事を書かれたら、もう絶対に素敵な殿方は現れませんわ。

あたくしは一生独身で通さなければならなくなりそうですわ。
あ~ああァ~~。。。せっかく、ルンルン気分になったというのに、あたくしは、また落ち込まなければならないのでござ~♪~ますわ。
分かるでしょう?

信じる者はバカをみる!

あたくしは、デンマンさんのおっしゃったことを信じてバカを見ましたわ。

とにかく、あたくし、デンマンさんに何とかしてもらいますわよう。
そう言う訳ですから、
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


『小百合さんは実在?(2010年2月3日)』より

お分かりになるでしょう?。。。あたくしは、デンマンさんの言ったことを信じたおかげで被害をこうむったのでござ~♪~ますわア!

卑弥子さんが結婚できないことを僕のせいにするのですか?

だってぇ、そうじゃござ~♪~ませんか!。。。どうして。。。、どうして。。。、あたくしが実在の人物のように書いてくださらなかったのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~。。。、僕は。。。あのォ~。。。、卑弥子さんが言ったことをほとんどありのままに書いているのですよう。

でも。。。、でも。。。、ファンレターはおろか。。。、ラブレターの一通も記事のコメント欄に書いてありませんわ。。。、つまり、あたくしを小百合さんのような現実味のある女性としてデンマンさんが相手にしていない何よりの証拠でござ~♪~ますわ。

やだなあああァ~。。。、卑弥子さんは何が何でも僕の責任にしてしまうのですねぇ~?

だってぇ、めれんげさんが、あたくしにではなく小百合さんに強烈な嫉妬を感じてデンマンさんに絶交を言い渡したのも重要な証拠でござ~♪~ますわ。
 

愛知らぬひとに告ぐ
 
 

 
 
愛を説く

ひとは愛など

知りはせぬ

まとわりつかれ

迷惑千万



 
【追記】
 
 
虚構に対して

わがことと思うなかれ

愛あらば

他の女性と関わるなかれ

そのひとと睦まじきを見て

われはきみより去る

  
by めれんげ
 
2009.03.14 Saturday 10:59


『即興の詩 愛知らぬひとに告ぐ』より

『愛のうしろ姿』に掲載。
(2009年3月27日)

うん、うん、うん。。。確かに、めれんげさんは小百合さんに対して狂気に似た嫉妬を感じてしまったのですよう。

でしょう!。。。でしょう!。。。デンマンさんもお認めになるでしょう?。。。めれんげさんは、あたくしなどとも思っていないのでござ~♪~ますわ。

うへへへへへ。。。

デンマンさん!。。。んもお~♪~。。。このような所でお笑いにならないでくださいましなア。

でもねぇ~、それは卑弥子さんの誤解ですよう。

誤解も6階も7回の裏もござ~♪~ませんわ。めれんげさんは、あたくしが架空の存在だと信じ込んでいるのでござ~♪~ますわ。だから、あたくしには嫉妬しないのですわ。

あのねぇ~、めれんげさんは卑弥子さんを別世界の人だと思っている。

つまり、その別世界というのは空想の世界でござ~♪~ますでしょう?

違います。。。

。。。んで、その別世界とは、どの世界のことでござ~♪~ますか?

それは「今一つの世界」のことですよう。

今一つの世界

ここにもし、それらのものとは全く違った、また目新しい、「今一つの世界」があって、魔法使いの呪文か何かで、パッと、それがわれわれの目の前に現れたなら、そして、たとえば竜宮へ行った浦島太郎のように、その世界で生活することができたなら、われわれはまあどんなに楽しく生甲斐のあることでしょう。

でも、われわれは浦島太郎にはなれっこない。そんな「今一つの世界」なんてあるはずもなく、そこへ住むなんて思いもよらぬことだ。われわれはやっぱり、このきまりきった、面白くもない日常茶飯事を繰り返して行くほかに生き方はないのだ、とおっしゃるのですか。だって「今一つの世界」を求めるわれわれの欲望の烈しさは、どうして、そんなことをいってあきらめていられるものではないのですよ。

ご覧なさい。子供がどんなにお伽話をすくか、青年がどんなに冒険談をすくか、それから大人のお伽話、冒険談は、たとえばお茶屋の二階、歌い女、幇間(ほうかん)。それぞれ種類は違っても、われわれは一生涯、何か日常茶飯事以上のもの、「今一つの世界」を求めないではいられぬのです。お芝居にしろ、音楽にしろ、絵画にしろ、小説にしろ、それらはみな見方によっては、人間の「今一つの世界」への憧憬から生まれたものではありませんか。

暑中には避暑をする。それは何も暑さを避けるためばかりではないのです。われわれはここでも「今一つの世界」を求めている。飽き果てた家庭を離れて、別の世界へ行きたがっているのです。

もろもろの科学にしても、やっぱり人間のこの欲望の現われではないでしょうか。例えば天文学者は星の世界に憧れているのです。歴史家は遠い昔の別世界に思いを寄せているのです。動物や植物の学問はもちろん、生命のない鉱物にだって、薬品にだって、やっぱり「今一つの世界」を見出すことができないでしょうか。

古来のユートピア作者達が、それを夢見ていたことは申すまでもありません。さらにまた宗教ですらも、天上の楽園と言う「今一つの世界」に憧れているではありませんか。

ある型に属する小説家は、誰しも同じ思いでしょうが、わたしもまた、わたしの拙い文字によって、わたし自身の「今一つの世界」を創造することを、一生の願いとするものでございます


(130 - 132ページ)
江戸川乱歩全集 第30巻 「わが夢と真実」
光文社文庫 2005年6月20日 初版1刷発行

江戸川乱歩(左)と三島由紀夫

『小百合@謹賀新年 (2010年1月2日)』に掲載

あのねぇ、卑弥子さんの「今一つの世界」は源氏物語の世界なのですよう。めれんげさんや小百合さんの「今一つの世界」とは違いすぎる。だから、めれんげさんにとって卑弥子さんは現実味が感じられない。

それで、めれんげさんは、あたくしのことをとも思っていないのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、屁にこだわることはないでしょう!?うへへへへへ。。。

デンマンさん!。。。んも~~。。。真面目に話を聞いてくださいなア。

僕はマジですよう。

。。。んで、なぜ、めれんげさんは実在していない小百合さんをまるで現実の女性のように感じてしまうのでござ~♪~ますか?

それわねぇ~、かつて小百合さんが次のように書いたのですよう。

[461]もうすぐクリスマス
Name: さゆり
Date: 2008-12-22 11:05 AM
(バンクーバー時間:
 2008年12月21日午後6時5分)

 

昨年は メレンゲさんと短歌を送って

雪をも 溶かすほど あつ~い

X’mas でしたね。

今年はどんなでしょう?

う~♪~ん。。。そうでしたか?
うしししし。。。

めれんげさんと仲直りしたのは、2007年のクリスマスだったのかなぁ~?

あれぇ~~。。。2006年のクリスマスだったのではないかなぁ~。。。?

とにかく月日のたつのが早いので
時々こんがらかってしまうのですよう。

でも、雪をも 溶かすほど あつ~い 短歌を書いたのは確かですう。

うん、うん、うん。。。
その事でクリスマスの記事を書こうと思いますよう。
クリスマスにどのような記事を書こうかと考えていたところです。
明日、その記事を書くのですよう。
ライブドアで予約投稿するために。。。

とにかく、小百合さんのタイムリーなコメントありがとう!

ナイスな プレゼントがオタワから届きますように。

間違いなく、小百合さんが喜ぶクリスマスプレゼントが届きますよう!

新年になってからも、別のプレゼントが望めますよう!

小百合さんにとって良い年になりそうです。

風邪を引かずに元気にクリスマスを迎えてね。

今年のバンクーバーの12月は北国らしい冬になりました。
雪が10センチほど積もっていますよう。

この分だとホワイトクリスマスになりそうです。

小百合さんも素晴しいクリスマスを!
じゃあね。


『仲直りのメリークリスマス』より
(2008年12月25日)

小百合さんが書いたメールがどうだとデンマンさんはおっしゃるのでござ~♪~ますか?

あのねぇ~、めれんげさんの「今一つの世界」は“愛の詩と短歌の世界”なのですよう。

だから。。。?

昨年は メレンゲさんと短歌を送って

雪をも 溶かすほど あつ~い

X’mas でしたね。

今年はどんなでしょう?

小百合さんがこのように言うと、小百合さんが実在するか?架空の存在か?にかかわらず、めれんげさんの“愛の詩と短歌の世界”はぐらついてしまう。

どうして。。。?

なぜなら、“愛の詩と短歌の世界”とは、『レンゲ物語』の世界だからですよう。

デンマンさんとの“愛のコラボ”の世界でござ~♪~ますか?

うしししし。。。そうなのですよう。

つまり、デンマンさんが『小百合物語』にハマッてしまうと、めれんげさんは感じ始めたのでござ~♪~ますか?

そうですよう。。。『レンゲ物語』がやがて寂しくなって、消えてゆくのではないか?。。。“愛のコラボ”も無くなってしまうのではないか?

要するに、めれんげさんは『小百合物語』だけが生き残るような危機感を感じ始めたとおっしゃるのでござ~♪~ますか?

そうですよう。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
デンマンさんの理屈は、あなたにとって説得力がござ~♪~ましたか?
あたくしは、イマイチ納得できないのでござ~♪~ますわ。

とにかく、そんな事よりも、あたくしはネットで有名になってきたのですう。
そのうち、あたくしと結婚したいという素敵な殿方が現れると思って、毎日の単調な生活に張り合いが持てて、あたくしは、最近ルンルン気分になっていたのですわ。
それなのに、小百合さんのためと言って、デンマンさんは次のようなことを書いてしまったのですわよう。

著作権者注:

特に記載なき場合、『小百合物語』に掲載されている内容は、すべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。

上のような注意を書かれたら、いったい、あたくしのお婿さん候補はどうなるのでしょうか?
あたくしは血も涙も出る現実の女でござ~♪~ますわ。

今でも、ファンレターやラブレターが一つとして舞い込んでこないのに、
上のようなこ事を書かれたら、もう絶対に素敵な殿方は出会えませんわ。

あたくしは一生独身で通さなければならなくなりそうですわ。
あ~ああァ~~。。。せっかく、ルンルン気分になったというのに、あたくしは、また落ち込まなければならないのでござ~♪~ますわ。
あたくしのやり切れない胸の内があなたにも分かるでしょう?

とにかく、まだ興味深い話題が続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』

こんにちは。ジューンです。

江戸川乱歩が出てきましたが、

日本の推理小説・探偵小説界の

草分け的存在ですよね。

江戸川先生は、そのペンネームからも分かるように

Edgar Allan Poe の作品に

ハマッて、かなり傾倒したようです。

だから、自分のペンネームまで

Edogawa Lan Po にしたのです。

残念ながら、わたしは江戸川先生の

作品を読んだことがありません。

ヨーロッパや北米では、Poe も有名ですけれど、

女性では、アガサ・クリスティーが有名です。

『オリエント急行殺人事件』は、

多分、あなたも名前を聞いたことがあるでしょう?

1934年に出版された

推理小説の古典です。

名探偵エルキュール・ポアロシリーズの一つ。

あまりにも意外な犯人、意外なトリックにより

数あるクリスティーの著作の中でも評価が高く、

ミステリー史上最高傑作と言われています。

1974年、シドニー・ルメット監督、

アルバート・フィニー主演で映画化されました。

あなたは観たことがありますか?

ところで、卑弥子さんが面白い記事をまとめました。

時間があったらぜひ読んでみてくださいね。

■ 『笑って幸せな気分になれるサイト』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。