uberVUに拾われて…


   
2010年5月4日 (火曜日)
 
 
uberVUに拾われて…
 
 
ロンドンの軽井沢タリアセン夫人
 
 

Subj:ハイ、小百合さん。。。

2度目のおはようですよう!

小百合さんの懐かしいメールを使って

記事を書きました!

きゃはははは。。。

Date: 30/04/2010 1:22:29 PM
Pacific Daylight Saviung Time
日本時間: 5月1日(土)午前5時22分
From: denman@coolmail.jp
To: sayuri@hotmail.com
CC: barclay1720@aol.com

このメールに添付した記事は、小百合さんにとって、とっても懐かしい軽井沢の思い出がいっぱいですよう!
入れたてのコーヒーを飲みながら、懐かしい霧積温泉を思い出して読んでみてね。

“デンマンさんが記事に出さないのならば、

私も返信書けるのになあああァ~!”

小百合さんが、そう言っているのが聞こえてくるようですよう!

\(*^_^*)/ きゃはははは。。。

でもねぇ、本当に生きるということは、記事の中で生きることですよう!

なぜ。。。?どういう訳で。。。?

なぜなら、下の記事を読むと、小百合さんは、過ぎた日々を本当に鮮やかに、懐かしく思い出すことができるはずです。

何も書かないと記憶の中で、いつしか忘れ去られてしまうものですよう。
でも、こうして『小百合物語』、『軽井沢タリアセン夫人物語』として書いていると、今後50年、100年、いや。。。1000年先までも、芸術(きゃはははは。。。)として生き続けることができる。

僕は素晴しい小百合さんと運命の定めで出会うことになったのです。
その幸せを感謝しながらこうして記事を書いているのですよう!(微笑)

“デンマンさんは何でも

自分の都合のよいように

解釈してしまうのね。”

\(^δ^)/ うししししし。。。

一生はたったの一度ですよう。
小百合さんも僕も2度目の人生を歩むことはできないのです。
泣いても笑っても人生ならば、自分の都合の良いように解釈しながら、楽しく愉快に、充実した一日一日を送りたいものです。

\(^_^)/ キャハハハ。。。

そう言う訳で『小百合物語』、『軽井沢タリアセン夫人物語』を書き始めたのですよう。

GOOGLEで“軽井沢タリアセン”と入れて検索してみてね。

今では、軽井沢タリアセンよりも、軽井沢タリアセン夫人の小百合さんの方が有名なのですよう!
もちろん、軽井沢タリアセン夫人が小百合さんである事を知っているのは、僕と小百合さんだけです。
僕と小百合さんの楽しい大切な秘密なのですよう!

\(^ヮ^)/ きゃははははは。。。

そう言うわけだから、入れたてのコーヒーを、もう一杯飲みながらすぐ下の記事をじっくりと読んでみてね。
そしてGWを楽しく笑顔で過ごしてね。
きゃははははは。。。
じゃあねぇ。

デンマンさんは、何が何でもメールを公開してしまうのですわね。これでは秘密も秘密になりませんわ。

うしししししし。。。いけませんか?

デンマンさんは、すっかり浦島太郎になってしまって、私がなんと言っても聞く耳を持ってないようですわ。

あのねぇ~、ネットの世界では自分が考えている事、思っている事をストレートに書くことができるのですよう。こんな素晴しいメディアは他にありませんよう。

でも、デンマンさんは次のようなコトワザがあるのをご存知でしょう?

“口は災いのもと”

もちろん知っていますよう。でもねぇ、言いたい事も言えずにストレスがたまって癌になって死ぬよりも、言いたい事を言って気分がさっぱりしていた方が生きている実感がつかめるのですよう。

つまり、生きているという実感が欲しいために、デンマンさんは、こうして記事を書いているのですか?

まあ。。。長い話を短くして言えば、そう言うことですよう。うししししし。。。

私は、デンマンさんのメールを読んで、さっそくGOOGLEで検索してみましたわ。

軽井沢タリアセン

の検索結果

約 15,300 件中 1 – 93 件目

1) 軽井沢タリアセンにようこそ軽井沢TALIESIN 花情報. 今はカタクリが咲いています。桜は多分5月連休ごろです. 01. 軽井沢タリアセン 〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217 お問い合わせは・・・0267-46-6161. Fax.0267-45-3663 ? Karuizawa TALIESIN Allrights reserved.
http://www.karuizawataliesin.com/

5) 次郎のブログ 軽井沢タリアセン夫人の憂鬱小百合さんは、そう思ってしまうかもしれないけれど、でもねぇ、3月31日の「軽井沢タリアセン夫人とどん兵衛鴨だしそば」 … ■『軽井沢タリアセン夫人と麺職人』 (2010年4月1日) 今の小百合さんは、役所のヤらしいおっさんのために
jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1486.html

6) 次郎のブログ 軽井沢タリアセン夫人と麺職人■『軽井沢タリアセン夫人と どん兵衛鴨だしそば』 (2010年3月31日) うしししし。。。この「どん兵衛鴨だしそば」も旨かったですよう。 デンマンさんは、麺類が好きなのですか? 好きですよう。でも、バンクーバーでは旨い麺類が食べられないの
jirodesu.blog12.fc2.com/blog-entry-1473.html

20) デンマンの書きたい放題 : 軽井沢タリアセン夫人とどん兵衛鴨だしそば …軽井沢タリアセン夫人とどん兵衛鴨だしそば(PART 2 OF 3). 2010年 03月 31日. 軽井沢タリアセン夫人とどん兵衛鴨だしそば(PART 2 OF 3). 件名:おはよう!昨日はお袋を見舞った後で、 叔母と「つるや」で手打ち蕎麦を食べました。 きゃはははは。
denman705.exblog.jp/12398707/

21) デンマンの書きたい放題 : 軽井沢タリアセン夫人と夜店の焼きそば(PART …2010年3月29日 … ヴィエンナコーヒーを飲みながら、のんびりと「軽井沢タリアセン夫人」のことでもダべりたいなあああァ~と思ってい … タリアセン夫人? (PART 2) – デンマンのブログ つまり、僕の他の記事を読んで“軽井沢タリアセン夫人”で検索して上
denman705.exblog.jp/12387584/

42) 『軽井沢タリアセン夫人』について – 共通テーマ – ライブドアブログ …共通テーマ「『軽井沢タリアセン夫人』について」に投稿されたブログの記事をまとめています。あなたも参加することができます。
blog.livedoor.com/common_theme-196073.html

44) 徒然ブログ:軽井沢タリアセン夫人 (PART 2)2009年6月12日 … それだけ、軽井沢が小百合さんにとって子供の頃からの夢とロマンになっていたんだよね。 僕が小百合さんのために「軽井沢タリアセン夫人」を書こうと思ったのも小百合さんの夢とロマンを感じ取ったからなのですよう。 うん、うん、うん。
blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51508145.html

47) 軽井沢タリアセン夫人の聖地 (PART 1) – デンマンのブログ軽井沢タリアセン夫人の憂鬱(PART 2 OF 3) でも、腐ったりんごのカゴ(日本)なんて書いたら国粋主義者の右翼の殺し屋に殺されますわよう。 小百合さん。。。やだなあああァ~。。。僕は意外に小心者なのですよう。。。そのように怖い事を言って脅さない
blog.goo.ne.jp/denman/e/65de1922618e39dd0f5cd5bc03579545

55) 軽井沢タリアセン夫人からの愛の小包 «… – Ubervu social …Social comments for “軽井沢タリアセン夫人からの愛の小包 « Denman Blog” See what people are saying on blogs, Twitter, Digg, FriendFeed and many more social networking websites.
http://www.ubervu.com/conversations/denman705.wordpress.com/2010/03/21/%25e8%25bb%25bd%25e4%25ba%2595%25e6%25b2%25a2%25e3%2582%25bf%25e3%2583%25aa%25e3%2582%25a2%25e3%2582%25bb%25e3%2583%25b3%25e5%25a4%25ab%25e4%25ba%25ba%25e3%2581%258b%25e3%2582%2589%25e3%2581%25ae%25e6%2584%259b%25e3%2581%25ae%25e5%25b0%258f%25e5%258c%2585/

62) 軽井沢タリアセン夫人と太麺堂々2010年4月6日 … 毎日更新しますので、あなたも毎日見に来てくださいね。お待ちしています。
http://www.edita.jp/excite705/one/excite7053727.html

79) 軽井沢タリアセン夫人からの愛の小包(PART 2 OF 3) : デンマンの書きたい放題上のリストの中に現れた「軽井沢タリアセン 職員」という検索キーワードで検索した人は、明らかに軽井沢タリアセン夫人を特定しようとしている。「軽井沢タリアセン」で働いている「職員」の中に軽井沢タリアセン夫人が居るに違いないと思ったのかもしれ
mblog.excite.co.jp/user/denman705/entry/detail/?id=12344296

94) 軽井沢タリアセン夫人からの愛の小包 | Free PDF Manual2010年3月21日 … Blogku.info you can real find resource of 軽井沢タリアセン夫人からの愛の小包 online. Free download 軽井沢タリアセン夫人からの愛の小包 here for everyone.
blogku.info/search/軽井沢タリアセン夫人からの愛の小包

2010年5月2日午前11時現在

『軽井沢タリアセン のGOOGLE検索結果』より

ほおォ~。。。軽井沢タリアセン夫人の記事がけっこうありますねぇ~。

他人事のように言わないでくださいな。。。上の軽井沢タリアセン夫人が出てくる記事は、全部デンマンさんが書いたものですわ。

確かに見覚えがありますよう。

42番は、デンマンさんがライブドアで立ち上げた共通テーマですよね。

小百合さんは、よく知ってますねぇ~?

だってぇ~、デンマンさんは記事の中で書いたことがありましたわよう。思い出してくださいな。

(“軽井沢タリアセン夫人”で検索したら)3月19日には約 8,150 件でしたわ。それがついさっき、3月26日午前10時に検索したら、約 9,900 件に増えているのですわ。つまり、1週間の間に約 1,750 件増えていると言う事ですわ。この調子で行くと1年後には次のようになってしまうのですわ。

8,150 + 1年(52週) * 1,750

 = 99,150 件

あれっ。。。小百合さんってぇ、結構、数学ができるのですねぇ~!?

この程度の計算ならば、小学校3年生でもできますわ。。。1年後には約10万件。。。2年後には20万件。。。そうすると10年後には、私は吉永小百合さんと肩を並べるような超有名人になってしまうのですわア~♪~。

小百合さん。。。あのねぇ~。。。、10年先の事まで心配する必要はありませんよう。

どうしてですか?

昔の人は次のように言ったのですよう。

“捕らぬ狸の皮算用!”
 
 
あのねぇ~、小百合さんが計算したようにはゆかないものですよう。。。世の中、なかなか思い通りにはならないものです。

でも。。。、でも。。。、私は心配なのですわ。

どうして、小百合さんは、それほど心配するのですか?

だってぇ~、デンマンさんは、また、ライブドアで「軽井沢タリアセン夫人」の共通テーマを立ち上げたではありませんか!

小百合さんは、良く分かりますねぇ~?

良く分かりますねってぇ~、上の検索結果を見れば、すぐに分かるではありませんかア!

でもねぇ~、僕が立ち上げた共通テーマには投稿が少ないのですよう。だから、小百合さんが心配するほど検索結果に影響を与えることはありません。

でも、私は共通テーマのページを見ましたわ。

ほおォ~。。。小百合さんは、意外に熱心ですねぇ~?

熱心で見ているのではなくて、心配だから見に行ったのですわ。

それで、何か気がかりなことでもあったのですか?

デンマンさんもそのページを見てくださいな。


「『軽井沢タリアセン夫人』について」共通テーマの URL:
http://blog.livedoor.com/common_theme-196073.html

ほらねぇ~。。。僕だけしか投稿してないのですよう。うししししし。。。

でも。。。、でも。。。、投稿者ランキングを見てくださいな。

あれっ。。。僕がトップですね。うへへへへへ。。。でもねぇ~、小百合さんが心配することはありませんよう。なにせ、投稿数が3つですからね。

でも、投稿数が3つでも、「人気のテーマ」ランキングで、しぶとく 10位に喰い込んでいるのですわ。デンマンさんが、いかに一生懸命になって、やっているかが良く分かるのですわ。

しかし、小百合さんが心配する必要はありませんよう。

どうしてですか?

あのねぇ~、「『軽井沢タリアセン夫人』について」というテーマの親テーマは「学術 & 芸術」という共通テーマなのですよう。

それが、どうだと言うのですか?

あまり人気がないテーマだから、僕がたくさんの記事を投稿したってぇ、検索結果に大きな影響は出ません。


『軽井沢タリアセン夫人と夜店の焼きそば』より
(2010年3月29日)

上の記事を読めば、小百合さんが心配することはないと分かるでしょう?

でも、私は念のために、最近どうなっているかと思って共通テーマを覗いてみたのですわ。

心配するような事はなかったでしょう?

いいえ。。。さらに心配になってきたのですわ。

どうして。。。?

どうしても、こうしてもありませんわ。また、記事が増えているではありませんか!

ほおォ~。。。いつの間にか記事が15件になっていますね?

惚(とぼ)けないでくださいな。デンマンさんが書き続けているのですわ。人気テーマのランキングを見てくださいな。10位から8位に躍進しているのですわ。

でも、投稿者ランキングを見てくださいよう。僕は、最近息切れがしてきたので、2位に落ちたのですよう。だから、小百合さんが心配するような事はありません。

でも、書き続けるのでしょう?

あのねぇ~、これまでよりもペースを落として書くから、小百合さんが心配するような事はありません。

でも、他にも心配になることがあるのですわ。

まだ、苦情があるのですか?んもお~~。

55番を見てくださいな。

『軽井沢タリアセン夫人からの愛の小包』

(2010年3月21日)

確かに、上の記事は僕が書きました。

記事ではありません。その記事を紹介しているサイトですわ。

ほおォ~。。。僕が書いた記事のタイトルには見覚えがあるけれど、サイトの URL は初めて見ますよう。僕のまったく知らないサイトです。

だったら、デンマンさんのためにスクリーンショットを貼り出しますわ。見てくださいな。

あれっ。。。『軽井沢タリアセン夫人からの愛の小包』がずいぶんと紹介されてますね?

これってぇ、デンマンさんが作ったサイトではないのですか?

いや、僕が作ったのではありません。僕も初めて見るのですよう。

でも。。。、でも。。。、私はなんだかデンマンさんがずっと以前から知っているような気がしてならないのです。

なぜ、そう思うのですか?

今日のタイトルですわ。
 
 
ロンドンの軽井沢タリアセン夫人
 
 
このタイトルがどうだと言うのですか?

私はデンマンさんが作ったのではないかと、確かめようと、さらに画面の中のツイッターマークをクリックしてみたのですわ。

ほおォ~。。。小百合さんも好奇心が旺盛ですね。。。それで、何か分かりましたか?

デンマンさんのためにスクリーンショットを撮っておきましたから見てくださいな。

ほおォ~。。。上でつぶやいている人はロンドンに居るのですねぇ。

デンマンさんは、そのような惚(とぼ)けた事を言っていますけれど、実は、これもデンマンさんではないのですか?

いや。。。マジで僕ではありません。。。僕なら日本語でつぶやいてますよう。。。最近、僕は日本語だけで記事を書いてますからね。。。英語でつぶやく意味がないのですよう。

だったら、どうしてタイトルにロンドンが入っているのですか?

小百合さんとロンドンにあるポータルサイトのフォーラムで投稿していた頃の事を懐かしく思い出したからですよう。


小百合さんだって、これを見れば懐かしくなるでしょう?

あらっ。。。もう、10年前のような気がしますわ。うふふふふふ。。。

小百合さん!。。。少し大げさですよう!。。。

文字化けしたり。。。、画面がなかなか現れなかったりで、私はいつの間にか遠のいてしまったのですけれど、今でもロンドンのサイトでやっているのですか?

やっているのですよう。次のリンクをクリックすると、今でもジューンさんが笑顔で挨拶してくれるのですよう。

『ビーバーランド XOOPS』

。。。で、デンマンさんは、妙なタイトルをつけて何が言いたかったのですか?

だから、小百合さんも、これから軽井沢だけでなく、世界に羽ばたいて、やがてはロンドン・タリアセン人になるだろうと言う予感がしてきたのですよう。うししししし。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
小百合さんがロンドン・タリアセン夫人になるとしたら、あたくしはロンドンの卑弥子になるのでござ~♪~ましょうか?
ビートルズのイギリスですってぇ~。


 
 
きゃ~♪~ ステキィ~♪~
 
 
うふふふふふ。。。

あたくしも、これから世界に羽ばたいて源氏物語をさらに世界に広めようと思いますわ。

とにかく、あさっても興味深い話題が続くと思いますう。
あなたも、また明後日、読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。

 
メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『バンクーバーの寒中水泳』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

『ゴダイヴァ夫人のチョコ』

こんにちは。ジューンです。

卑弥子さんが源氏物語を

世界的に広めようとしているようですけれど、

イギリスでは明治時代に、

すでに源氏物語が紹介されていたのです。

本の紹介ページ: 『英訳源氏物語』

『源氏物語』は、1882年に

末松謙澄さんが英訳して

ロンドンで刊行されました。

デンマンさんもこの事で

次の記事を書いています。

『ヴィクトリア女王と源氏物語』

ヴィクトリア女王は

「源氏物語」を読んだでしょうか?

ヴィクトリア女王が亡くなったのは

1901年です。

だから、読んだかもしれません。

ただ、「源氏物語」を読まないとしても、

紫式部の名前を知っていたかもしれません。

ええっ。。。どうしてかって。。。?

ヴィクトリア女王は「紫」が好きだったそうです。

うふふふふ。。。

人類が最初に発明した合成染料は

紫色だったのです。

1856年にイギリスの化学生パーキンが

解熱剤を合成する実験中に

偶然発見したそうですよう。

その薄い紫はモーヴと名付けられたのです。

モーヴ(mauve)とはフランス語で

葵(アオイ)の意味です。

ヴィクトリア女王は、その紫色が好きだったのです。

1862年に開かれたロンドンの万国博に

ヴィクトリア女王がこの合成染料モーヴで染めた

ドレスを着て現れたのです。

【合成染料モーヴで染めた

ヴィクトリア朝のドレスを着た女性】

そのような訳でモーヴはヴィクトリア朝の

流行色となりました。

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『愛とロマンのレンゲ物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。