アメブロではリピーターが多い


 
2010年8月9日 (月曜日)
 
 
アメブロではリピーターが多い
 
 
ネットで見る日本の世相2
 
 

デンマンさん。。。あんさんは、どうしてまたオペラ『蝶々夫人』のポスターなど持ち出してきやはったん?

わては、たまたま3月24日に書いた記事を読み返していたのやがな。

『蝶々夫人 (2010年3月24日)』

上の記事が日本の世相と関係あるのォ~?

あると思うでぇ~。。。20世紀に入ったばかりの日本の世相をヨーロッパの人たちはオペラ『蝶々夫人』を観て感じ取っていたと、わては思うたのや。 とにかく、オペラ『蝶々夫人』は爆発的な人気だったそうやでぇ。

そいで、どのような世相を感じ取っていたと、あんさんは言わはるのォ~?

名誉のために生けることかなわざりし時は、

名誉のために死なん

蝶々夫人は名誉のために自殺したことにになってるねん。そやから、オペラ『蝶々夫人』を観たヨーロッパの人たちは、蝶々夫人のような立場にある日本人の女性は自殺するものだと思うてしもうたかも知れへん。

実際に自殺した日本人の女性をモデルにしてプッチーニはオペラを作りはったのやろう?

いや。。。そのような女性は実際には居なかったと言うことやでぇ。この事については、すでに上の記事の中で、わては書いたのや。

。。。で、『蝶々夫人』を持ち出してきて、あんさんは何が言いたいねん?

だから、オペラだとか、小説だとか、映画だとか。。。、そういうものを観たり読んだりして日本の世相を感じ取ると、まったく違った世相をオツムに描いてしまうかも知れへんと、わては思うたわけや。

その事を言うために『蝶々夫人』を持ち出してきやはったん?

それだけではあらへん。

他に何が言いたいねん?

ジューンさんが次のように書いていた。めれちゃんも覚えているやろう?

こんにちは。ジューンです。

そうですよね。

今日の“コーヒー”のお話は、

品がありませんよね。

でも、こういうお話って、けっこう

世界には転がっているものですわ。

たとえば、フランス語で“コン”は

女性器を表す俗語です。

かなり昔の作家に

「今東光」というお坊さんが居ました。

フランス人の前でフランス語で今さんが

自己紹介したとしたら、

まず間違いなく子供たちは

クスクス笑うと思います。

うふふふふふ。。。

日本語に訳すと、

かなりショッキングな響きになりますよね。

日本では女性器にあたる日本語はタブーです。

あなたが男性なら、女性の前では、

まず口にしないと思います。

日本人の女性なら、公衆の面前では

絶対に口にしない言葉ですよね。

でも、フランスでは、「コン」は

“アホ”、“バカ”、“のろま”と言うような意味で、

けっこう日常会話の中で使われるのです。

そういうわけで、日本人が考えるほど

ショッキングな響きはありません。

日本語の名称とは

ずいぶんとニュアンスが違います。

デンマンさんに伺ったら、

タイ人の女性の前で何度も

“コーヒー”と言ったらしいのです。

でも、全く嫌な表情を

浮かべなかったと言うのです。

「デンマンさんはナンパするつもりで言ったの?」

「いや。。。その時、僕は“ヒー”の意味を

知らなかったよ」

「それなのに、嫌な顔をしなかったの?」

「多分、僕に対して良い印象を持っていたから、

気にしなかったんだよ。うしししし…」

デンマンさんは、そう答えたものでした。

でも、今のわたしには分かりますわ。

つまり、デンマンさんを

“外人”だと思っていたから、

気にならなかったのだと思います。


『ランラン気分 (2010年8月5日)』より

また、あんさんはオシモの話題を持ち出しはるのォ~?

わてが持ち出したのではのうてぇ、ジューンさんが書いてるねん。うししししし。。。

。。。で、『蝶々夫人』とオシモの話と関係あるのォ~?

わては知らへんかったけれど、スペイン語で chocho は女性器という意味らしいでぇ。そう書いてあるページに出くわしたのや。

マジで。。。?

そう書いてあるページが3つぐらいあった。だから、たぶん、本当かも知れへん。子供が歌う「ちょうちょう」はスペインへ行ったら歌わん方がええと書いてあったでぇ。

そやったら、スペインの子供に「ちょうちょう」の歌を教えたらアカンと言うことやね。うふふふふふ。。。

そう言う事やなァ。

。。。で、アメーバ・ブログの統計は、どうなったん?

そうや。。。その事や。。。Denman Blog の統計だけでは片手落ちやさかいに、次のアメーバ・ブログの統計を見て欲しいねん。

『日本の猛暑 (2010年7月27日)』
http://ameblo.jp/barclay/entry-10602157694.html

8月4日までの30日間のページ別アクセス数のリストやねん。7月27日に書いた『日本の猛暑』がダントツに読まれてる。でも、Denman Blog で、『日本の猛暑』は、それほど読まれておらんのやでぇ。 上のリストを見て、めれちゃんも、すぐに気づくと思うのや。 Denman Blog のページ別アクセス数のリストと比べると比較的 均一に読まれているやろう?

そうやねぇ。。。ところで、3番から9番まで、どうしてピンクにしてあるん?

この6つのピンク色のページは Denman Blog のリストにもピンクで囲ってあるねん。ピンク色の番号はアメーバ・ブログのリストの順位や。比較するのに分かり易いようにピンクで書いたのや。Denman Blog のリストを貼り出すさかいに比べて欲しいねん。

『床上手な女の7つの見分け方』

ダントツの上のページがアメーバ・ブログのリストには載ってえ~へん。どうして。。。?

このページはアメーバ・ブログにはないねん。でも、それ以外のページはどちらのブログにもあるのやァ。

でも、どうして、これほどの違いがあるん?

アメーバ・ブログのリンク元 URL のリストを見ると分かるねん。

アメーバ・ブログでは、ほとんどの訪問者が定期読者なのや。つまり、常連さんなのやがなァ。そやから「お気に入り」や「ブックマーク」から、わてのページを読みにやって来る。

Denman Blod では、ほとんどの訪問者が検索エンジンで検索して記事を読みにやって来るのォ~?

その通りや。だから、常連さんが多いアメーバ・ブログでは、比較的記事が均一に読まれている。でも、Denman Blog では「床上手な女」と「おばさんパンツ」を目指してやって来るのや。うへへへへへ。。。

。。。で、日本の世相は、どうなりはったん?

あのなァ~、Denman Blog のリストを見る限り、7割から8割以上の人たちが“おばさんパンツ”か“床上手な女”を含むキーワードを入れて検索して、その検索結果のリンクをクリックして Denman Blog にやって来るのや。

つまり、Denman Blog で見る日本の世相というのは、日本人の多くが「床上手な女の見分け方」を知ろうとしているか?おばさんパンツに関心を持っているか?そのどちらかだと、あんさんは言いたいのやろう?

そうやァ。

。。。で、アメーバ・ブログの統計を見て、あんさんはどないに思うの?

Denman Blog では、検索してやって来る人が多いさかいに、かなり偏っている。。。でもなァ、はっきりと言えることは、どちらのブログでも、政治に関心を持っている人が極めて少ない。だから、日本の政治がなかなか良くならないのだと、わては思うとるねん。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
言われてみれば、確かにそうですわよね。
デンマンさんは、政治向きの話も結構書いているのですわ。
でも、Denman Blog でも、アメーバ・ブログでも、よく読まれていませんわ。

政治に関心を持っている人が少ないので、日本がなかなか良くならないのかもしれませんわね。
あなたは、どう思いますか?
ぜひ、コメントを書いてくださいね。

次回も面白くなりそうですう。
あなたも、どうか明後日、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『あなたのための愉快で楽しい英語

■ 『今、すぐに役立つ情報をゲットしよう!』

■ 『あなたのためのサイト 立ち上げ ガイド』

■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』

■ 『あなたのための ローン ガイド』

■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』

『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』

こんにちは。ジューンです。

スペイン語で chocho が女性器を指す

俗語だということは知りませんでした。

スペインのお友達から聞いたところでは

coño が女性器を指す言葉でした。

ネットをサーフィンしていたら

「河野さんはスペインではヤバイ!」

。。。と書いてありました。

うふふふふ。。。

coño は日本語で読めば、

確かにコウノと読めますが

スペイン人は“コウノ”ではなく、

“コーニョ”と発音するようです。

だから、日本語で「河野」と言う限り

女性器に聞き間違えられることは

まず無いはずです。

このような事に気を遣いすぎると

外国語がなかなか身につかないと思います。

あなたも、ほどほどにしてくださいね。

ところで、英語の面白いお話を集めてみました。

もし、時間があったら読んでみてください。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。