またかよう!?


 
 
2011年12月24日 (土曜日)
 
 
またかよう!?
 
 

 
 
また、あんたなのね!
 
 

 
 
んもおォ~♪~
 
 

 
 
こらあああァ~♪~

デンマンさん。。。、しつこいですよ! また、オイラをお呼びですか? 先日、次の2つの記事を書いたばかりじゃないですか!

『また、オマエか!』

(2011年12月12日)

『また、あんたね!』

(2011年12月15日)

あのさァ~。。。しつこいのはオマエの方だよ。

まさかあああァ~♪~?

まさかじゃないよ! また、オマエは懲(こ)りもなくライブドアの僕の『徒然ブログ』にスパムコメントを書いたじゃないか!

判りますか?

当然だろう! オマエがスパムコメントを書けば次のように記録に残るんだよ!

あれっ。。。訳の判らない漢字のような文字がやたらに書き込まれてるじゃないですか!

何を寝ぼけた事を言ってるんだよ! この訳の判らない文字化けしているようなコメントを書いたのがオマエだよ!

マジで。。。?

くどいねぇ~。。。このような時に僕はウソやデマカセを言わないんだよ!

一番上の黄色いバックグランドになっているのは、どういうことですか?

僕が12月15日に『また、あんたね!』を書いてから、オマエが書き込んだスパムコメントだよ!

。。。で、赤枠で囲んである IPアドレスは何ですか?

オマエが使っている ウクライナの IPアドレスだよ。

デンマンさんは、その場所がどこだか突き止めたのですか?

突き止めたよ。

IPアドレス: 178.94.202.162

ホスト名:
162-202-94-178.pool.ukrtel.net

IPアドレス割当国: ウクライナ ( ua )


プロバイダー: JSC “Ukrtelecom”
inetnum: 178.92.0.0 – 178.95.255.255
country: UA (ウクライナ)

address:
JSC “Ukrtelecom”,
Stanislav Ishchenko
18, Shevchenko Blvd
01030 Kyiv
UKRAINE

phone: +380 44 2464416
fax-no: +380 44 2344748
fax-no: +380 44 2359247

e-mail: aremiga@ukrtel.net

person: Alexander Remiga
phone: +380 (44) 230-9024
fax: +380 (44) 226-2586
e-mail: aremiga@ukrtel.net

オマエはウクライナの首都・キエフに住んでいる。

どうして判ったのですか?

オマエは、このプロバイダーの IPアドレスを最も多く使ってるんだよ。

そこまで調べたのですか?。。。さすがデンマンさんですね。

でもさァ~、オマエはどうして自分が愚かな事をやっていると気づかないのォ~?

オイラは愚かな事をやってませんよ。

やってるじゃないかァ!

いったい、どこが愚かなのですか?

自分で自分の首を絞めてるよ!

やだなあああァ~。。。オイラはそれほど愚かではありませんよ!

でも、オマエとオマエの仲間は、かつてヴァイアグラを売っていた。

あれっ。。。デンマンさんはよく知ってますねぇ~?

僕は、かつてヴァイアグラ馬鹿のオマエたちのことで記事をたくさん書いたのだよ。

『あなたが見ている現時点での検索結果』

あれっ。。。88,200件もオイラたちのことで記事を書きまくったのですか?

もちろん、 88,200件のすべてじゃないけれど、おそらく、検索結果の半分のリンクをクリックすれば僕の書いた記事が表示されるか、僕が書いた記事のタイトルが表示されるはずだよ。

でもねぇ~、デンマンさん。。。「ヴァイアグラ馬鹿 デンマン」と並べて書くと、デンマンさんがヴァイアグラ馬鹿だと思われてしまいますよう。 うへへへへへへ。。。

あのなァ~。。。、愚かなオマエと違って、ここまで読んでくればネット市民の皆様は、そのように考えることは無いのだよ!

そうでしょうか? でも、ヴァイアグラを売ることが、どうして自分で自分の首を絞めることになるのですか?

次の統計を見てみろよ!

EMail Spam by Topic

According to information compiled by Commtouch Software Ltd., email spam for the first quarter of 2010 can be broken down as follows.

Pharmacy – 81%
Replica – 5.40%
Enhancers – 2.30%
Phishing – 2.30%
Degrees – 1.30%
Casino – 1%
Weight Loss – 0.40%
Other – 6.30%


SOURCE: “Email Spam”
Wikipedia, the free encyclopedia

つまり、ヴァイアグラを含めた薬品のスパム宣伝が81%でダントツだとデンマンさんはおっしゃるのですか?

その通りだよ!

だから、どうだと言うのですか?

オマエには、まだ見当がつかないのォ~?

デンマンさんのおっしゃろうとしている事がよく判りません。

だから、オマエは愚かで、自分で自分の首を絞めていると僕は言うのだよ。

そのような回りくどい事はいいですから細木数子のようにズバリ!と言ってくださいよ!

じゃあ、次の INFOSEEK の僕のメールリストを見てごらんよ!

判るだろう!? 迷惑メールが 568件も除外されている。

デンマンさんが除外したのですか?

いや、僕じゃない。。。自動的にスパム除去プログラムがオマエがばら撒いているヴァイアグラ・スパムメールを除去している。 とぼけているけれど、オマエだって知っているはずなんだよ。

でも、デンマンさん! オイラは、もうスパムメールなどばら撒いてませんよ。 ちゃんとスパムコメントをばら撒いて、うまくやってますよ。 うへへへへへ。。。

確かにオマエは懲(こ)りもせずにスパムコメントをばら撒いて迷惑スパムを続けている。 ヴァイアグラを宣伝するとすぐに除外されるから、薬草や薬草を使った強壮剤を売るサイトを宣伝している。

ところがオマエは、ものぐさだから日本人向けに日本語のサイトを作らずにロシア語のままのサイトで日本人にも売ろうとしている! 日本人が買うわけないんだよ!

そうでしょうか?

あたりまえだろう! いかがわしいサイトだと、すぐに見破られるのだよ!

日本人ってそれほど頭がいいのですか?

あのなァ~、この程度のことは義務教育を終えた少年少女でも判るのだよ! せめて、次のよな日本語のサイトを作れよ!

あれっ。。。デンマンさんがオイラのために日本語のサイトを作ってくれたのですか?

バカを言うなよ! 僕がオマエの手助けをするわけね~だろう!

でも。。。、でも。。。、こうして日本語のサイトを作ってくれたではないですか!

これは僕が作ったわけじゃない! GOOGLE の TRANSLATOR を使って翻訳して、それをソフトカメラで撮って、編集してからこうして記事に載せたのだよ。 このようにしなければ、オマエの宣伝しているロシア語のサイトは平均的な日本人にとっては何の意味も無い落書きページなんだよ。

デンマンさんのようにGOOGLE の TRANSLATOR を使って翻訳して読もうとする人は居ないということですか?

当然だろう! オマエの文字化けしたスパムコメントから、オマエが国際スパマー団で悪事を働いているネットの嫌われ者だということがすぐに判ってしまう。 だから、わざわざ手間、暇をかけて翻訳しようとする日本人など、物好きな僕の他には居ないんだよ!

。。。で、デンマンさんは、さっそく会員に登録してくださったのですか?

バカだねぇ~。。。国際スパマー団のオマエが宣伝しているサイトの会員に僕がなるわけね~だろう! バカも休み休み言えよ!

やっぱり駄目ですか?。。。で、この事が自分で自分の首を絞めてることになるのですか?

いや。。。そうじゃない。 オマエがものぐさで、いい加減な男だということを示すためにサイトを持ち出してきたけれど、致命的な誤りをオマエは犯している。

致命的な誤りとは、いったい何ですか?

ヴァイアグラを宣伝するためのスパムメールが除去されるので、オマエはスパムコメントに切り替えた。

うへへへへへ。。。デンマンさんは知っていたのですか?

もちろんだよ! オマエはとぼけたふりをしているけど、ちゃんとお見通しなのだよ。 でもなァ、オマエはやっぱり自分で自分の首を絞めている。

また、回りくどい事を言わずに細木数子のようにズバリ!と言ってくださいよ!

じゃあ、次のグラフを見ろよ!

これは僕のDenman Blogの記録だよ。 12月14日までの半年間に 1,282件のスパムコメントを除去したといいう統計なのだよ。

Spam は判りますが Ham って何ですか?

Ham というのは Spam の反対で正常なコメントのことだよ! Spam を Ham から判別する正答率が 100%なのだよ! つまり、オマエのスパムコメントはライブドアでは検出されなかったけれど、Denman Blog では検出されて、すべて除去されてしまったのだよ!

上の検索結果の2番目を見て欲しい。

ライブドアの『徒然ブログ』のタイトルとすっかり同じですね。

そうだよ。。。僕の『歴史が大嫌いなの?』という記事は「デンマン・シンジケート」の多くのサイトに掲載されている。

つまり、denman705.wordpress.com のサイトにも同じ記事が掲載されているとデンマンさんは言いたいのですね?

その通りだよ! ところが、wordpress.com のサイトの僕の記事『歴史が大嫌いだったの?』では、オマエのスパムコメントはブロックされてしまったのだよ!

どうして。。。?

だから、オマエの IPアドレスがブラックリストに載っているからだよ!

つまり、ライブドアでは、まだスパマーのブラックリストが無いとデンマンさんはおっしゃるのですか?

その通りだよ。 だけど、これも時間の問題だと僕は思う。 そのうちライブドアでもスパムコメントを排除するようなシステムを考え出すと思うよ。 オマエは知らない振りをしているけれど、オマエだってぇ、これまでの経験からスパムコメントを飛ばしにくくなっていることを充分に理解しているだろう?

確かにやりにくくなっているのですよ。。。デンマンさんが、このような記事を書くからますますやりにくくなっているのですよ!

それはオマエの誤解だよ!

じゃあ、他に理由があると言うのですか?

もちろんだよ。。。だから何度も言ってるだろう! オマエが自分で自分の首を絞めてるんだよ!

オイラは、そのような愚かな事をしてませんてばあああァ~。。。

オマエは、まだ理解できないのォ~?

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいよ! オイラだって何度も言ってるでしょう! 回りくどい事を言うのは止めて、細木数子のようにズバリ!と言ってくださいよゥ!

じゃあ、次の小文を読めよ!

CTR (Clickthrough rate)

CTR is a way of measuring the success of an online advertising campaign for a particular website.
The clickthrough rate of an advertisement is defined as the number of clicks on an ad divided by the number of times the ad is shown (impressions), expressed as a percentage.
For example, if a banner ad is delivered 100 times (100 impressions) and receives one click, then the clickthrough rate for the advertisement would be 1%.

Click-through rates for banner ads have fallen over time.
When banner ads first started to appear, it was not uncommon to have rates above five percent.
They have fallen since then, currently averaging closer to 0.2 or 0.3 percent.
In most cases, a 2% click-through rate would be considered very successful, though the exact number is hotly debated and would vary depending on the situation.
The average click-through rate of 3% in the 1990s declined to 0.28% by 2003.

Since advertisers typically pay more for a high click-through rate, getting many click-throughs with few purchases is undesirable to advertisers.
Similarly, by selecting an appropriate advertising site with high affinity (e.g. a movie magazine for a movie advertisement), the same banner can achieve a substantially higher CTR.
Though personalized ads, unusual formats, and more obtrusive ads typically result in higher click-through rates than standard banner ads, overly intrusive ads are often avoided by viewers.


クリックスルー率

CTRは、特定のウェブサイトのオンライン広告キャンペーンの成功度を測定する方法です。
広告のクリックスルー率は広告のクリック数を広告の表示回数で割った数値をパーセントで表示したものです。
例えば、バナー広告が 100回表示されたのに対して 1回だけクリックされた場合、その広告のクリックスルー率は 1%ということになります。

バナー広告のクリックスルー率は、時間の経過とともに低下しています。
バナー広告が登場し始めたとき、それは 5%以上の率を持つことが珍しくありませんでした。
それ以来低下し続けています。現在では平均で 0.2%から 0.3%という状態です。
ほとんどの場合、クルックスルー率が 2%であれば、その広告はかなり効果があると考えられます。正確な数字は断定しずらく、状況によって異なってきます。
1990年代にはクリックスルー率は 3%でしたが2003年までに 0.28パーセントに減少しました。

広告主は、通常、高いクリックスルー率に対しては高額を支払いますが、高いクリックスルー率が得られたとしても、商品を買ってもらえないならあまり意味がありません。
同様に、同じ広告でも、それにふさわしいサイトを選ぶことによって(例えば、映画の宣伝のための映画雑誌など)実質的に高いCTRを実現することができます。
フォーマットがパーソナライズされた広告や見栄えのする広告は標準的なバナー広告よりも高いクリックスルー率を獲得できますが、過度に目障りな広告は、ネットサーファーに無視される傾向があります。

デンマン訳


出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この「クリックスルー率」がどうだと言うのですか?

オマエは上の小文を読んですぐに理解できないの?

だから何を理解しろとデンマンさんはおっしゃるのですか?

あのなァ~。。。オマエのやっていることは過度に目障りなスパム広告なのだよ! だから、ネット市民に無視される運命にある。 それで、スパム広告を飛ばせば飛ばすほど無視される! つまり、スパム広告を飛ばせば飛ばすほどオマエは自分で自分の首を絞めている。 その結果、年々、他の広告のクリックスルー率までが下がる傾向にある。 オマエのようなスパマーが増えたのでネット市民がお利巧になって、やたらにクリックしなくなったのだよう!

デンマンさんは、そうやってオイラを馬鹿にしながら晒すのがそれほど楽しいのですか?

あのなァ~。。。僕はオマエを馬鹿にしてないよ!

でも、どう見ても、デンマンさんはオイラを馬鹿にしてますよ!

いや、違う。 日本には「一寸の虫にも五分の魂」という格言がある。 つまり、どのようなつまらない人物でも、たとえば一寸の体には五分の魂を持っている。 だから、愚かなように見える者でも決して侮(あなど)ってはいけない。 昔の日本人の中には、そのように鋭い事を言った人が居たのだよ。

じゃあ、デンマンさんも内心ではオイラを馬鹿にしないで、オイラの五分の魂を認めてくださるのですか?

もちろんだよ。

マジで。。。?

このような状況の中で、僕はウソや「デマカセ」を言わないよう!

本当に。。。?

僕がウソを言ったら、マジで針を千本飲ませてもいいよ。

本当にしてもいいのですね? デンマンさんはオイラを馬鹿にしているのではなく、五分の魂を認めてくださるのですね?

そうだよ!

本当に、本当ですか? 信じてもいいのですか?

本当だよ! “信じる者は救われる” という格言もあるだろう? オマエはキエフ市近辺に住んでいながら、マジで世界中にスパムコメントを撒き散らしている。 これだけ世界は小さくなってグローバル化したのかと思い、僕はマジで感心しているんだよ。


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんにオイラの国際化を

マジで褒められてしまったァ。

うれしいなあああァ~。。。

もうスキップしてしまおう!

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

馬鹿ですよねぇ~。 僕の言おうとしていることを完全に取り違えて自分勝手に喜んでしまっているのですよ! 馬鹿だから、すぐに、ああやって喜んでしまう。 愚か者がスキップしながら帰ってしまいましたよ。 全く反省してません。 まだしばらくの間、あいつらスパム集団のコメントが撒き散らされると思うのですよ。 だから、あなたも、どうか騙されないようにしてくださいね。 くれぐれも偽のブランド品や偽のヴァイアグラなどを偽サイトで買わないようにしてくださいね。

【ジューンの独り言】

ですってぇ~
わたしも偽のブランド品には気をつけようと思いますわ。
韓国でもスパムコメントを書いている人が結構いるようです。

そう言えばデンマンさんも韓国には縁があるのですわ。
デンマンさんの祖先が百済からやって来たというお話は眉唾物(まゆつばもの)ですけれど、面白いからぜひ次のリンクをクリックして読んでみてくださいね。

『デンマンの祖先は百済からやって来た』

次回も面白い話題が続きそうです。
あなたも、どうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では。。。

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』

■ 『漢字馬鹿の再来 (2009年2月13日)』

■ 『漢字馬鹿の悦楽 (2009年2月15日)』

■ 『漢字馬鹿の自己矛盾 (2009年2月17日)』

■ 『あなた、おかえり (2009年2月19日)』

■ 『脳内漢字馬鹿 (2009年2月21日)』

■ 『他人の不幸は蜜の味 (2009年2月23日)』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

■ 『漢字馬鹿の恋 (2009年2月25日)』

■ 『馬鹿のモデル (2009年2月27日)』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

おほほほほ。。。

卑弥子でご

ざ~♪~ますわよ。

くどいようですけれど、

また現れましたわ。

やっぱり、ジューンさん

ぱっかりに任せていると

退屈するのよねぇ~。

それで。。。つい、つい、

出て来てしまうので

ござ~♪~ますわよ。

ええっ、余計な事は言わなくてもいいから、

さっさと言いたいことを言って消えろ!

あららあああぁ~

あなたはそのような厳しいことをあたくしに

言うのでござ~♪~ますか?

いけすかないことォ~♪~

分かりましたわ。

では、今日の一言を。。。

うふふふふ。。。

Truth will be truth,

regardless of a closed mind,

ignorance or the refusal

to believe.

— ナポレオン・ヒル博士

真実は真実である。

たとえどんなに心を閉ざしたり、

無知であったり、

信じることを拒絶していたとしても。

あたくしは、このように訳しました。

もっと素晴しい訳があったら教えてくださいませ。

このヒル博士と言う人は

“人生で成功するには”と言うような本を

たくさん書いている人でござ~♪~ますわ。

あなたも名前を聞いたことがあるでしょう?

えっ?他になんか面白い話はないのかって。。。?

ありますわよ。

次のリンクをクリックして読んでみてね。

『あなたが笑って幸せになれるサイト』

気持ちがくさくさしていたら、

あなたも覗いてみてね。

笑えるわよ。

本当に面白いのよ。

騙されたと思って覗いてみてね。

うふふふふ。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね、バ~♪~イ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。