怪しいミステリー小説


 
 
2012年4月5日 (木曜日)
 
 
怪しいミステリー小説
 
 


(maiko19.png)

デンマンさん。。。「怪しいミステリー小説」ってぇ、あんさんが書きはったん?

わてが、どないなわけで「怪しいミステリー小説」を書かねばあかんのやァ~?

そやかてぇ、タイトルに、そないに書いてありますがなァ。

わてが書いたのとちゃうねん。

あんさんでないなら、どなたはんが書きはったん。

実はなァ~、「ファシスト管理人」を入れて検索したたのやがなァ。

あらっ。。。アメブロの管理人さんが「怪しいミステリー小説」を書きはったん!?

ちゃうねん。。。話は最後まで聞くものやでぇ~。。。「ファシスト管理人」を入れて検索した結果の中に「怪しいミステリー小説」が現われたのやがなァ。


(gog20401m.gif)

あんさん。。。どこに「怪しいミステリー小説」が現われますねん? どこにも見えしまへんがなァ。。。

あのなァ~、そないにせいては事を仕損じるがなァ~。。。、そうあせらんで、じっくりと上のページを見てみィ~なァ。 最初のページに表示された 10のタイトルはすべて わてが書いたものなんやァ。

あんさんは、自慢したいん?

ちゃうねん。。。「怪しいミステリー小説」の“作者”が注目したのもそこのところやねん。

そこのところって。。。?

つまり、検索される時に検索結果の上位に表示されることを考えて「怪しいミステリー小説」をでっち上げたということや。

そやかてぇ、最初の 10のタイトルの内に入ってませんやないの!

この“作者”は「怪しいミステリー小説」が検索結果の最初の 10のタイトルの内に入る事を願って作ったのや。 ところが、最初の 10のタイトルの内に入らへんかった。 その願いに反して2ページ目に現れたのや。


(gog20401n.gif)

赤枠で囲みはったのが その「怪しいミステリー小説」やのォ~?

そうやねん。。。

『CIAとファシスト管理人』

(2012年3月18日)

2ページ目の最初に表示された上の記事は 3月18日に書いたものやねん。 「怪しいミステリー小説」は3月20日に書きはったものや。 つまり、3月20日に検索した時には『CIAとファシスト管理人』はトップに表示されていたに違いない。

その証拠でもあるの?

あるねん。。。たまたま3月22日に次のように検索していたのや。


(gog20322b.gif)

『エッチなファシスト管理人』 (2012年3月22日)

この画像は3月22日に書いた上の記事の中で引用するためにソフトカメラで撮ったものやねん。 『CIAとファシスト管理人』が検索結果の2番目に表示されている。 つまり、その時点では「怪しいミステリー小説」のことなど わては考えてもみなかった。 もし、3月20日に「ファシスト管理人」で検索していたら、おそらくトップに表示されていたと わては思うねん。

つまり、「怪しいミステリー小説」の“作者”は初めから検索結果の上位にタイトルが表示されることを考えて「怪しいミステリー小説」を書きはったと あんさんは言わはるのォ~?

その通りやァ。 そやから、トップに表示されたタイトルを使って「怪しいミステリー小説」のタイトルをでっちあげたということやァ。

『CIAとファシスト管理人ミステリー小説』

そうやって考え付いたのが上のタイトルやと あんさんは言わはるの?

その通りやァ。

そのようにすると検索結果の上位に表示されるのォ?

実際、上のタイトルは『CIAとファシスト管理人』から数えて 6番目に表示されているやないかいなァ。

そやけど、何でそのようなことをしやはるの?

検索結果の上位に表示されるためやがな。。。そうすればネット市民の皆様に読まれる。 読まれることによって、もし、何らかの商品を売るページであれば、その商品を買ってもらえる。 そうすれば儲かる。 つまり、何らかの下心があって、そうしているのやないかいなァ。 しかも、すべて自動的にやっているねん。

つまり、人手を使わずにプログラムを書いてロボットにやらせているということやのォ~?

そういうこっちゃ。

そないな事をやっていると どうして あんさんには判りはるのォ~?

まず、『CIAとファシスト管理人ミステリー小説』のページを見て欲しいねん。


(coc20320.gif)

青枠で囲んである文章は わてが書いた『CIAとファシスト管理人』からそっくりコピーして貼り付けたのやがなァ。 タイトルは、その中の「ミステリー小説」と 記事のタイトル「CIAとファシスト管理人」をくっつけて『CIAとファシスト管理人ミステリー小説』としたのや。

どうして、そないな事をしやはるのォ~?

そうすることによって検索結果の上位に表示されるようにするわけやがなァ。 実際、『CIAとファシスト管理人』から数えて 6番目に表示されているねん。

そやけど、たったそれだけの事で上のページが自動的に作られたというのは軽率やと思うわ。

それだけで判断したわけではあらへん。

だいたい、「CIAの黒い手」なんて、安っぽいミステリー小説のようなタイトルだから、端(はな)から読む気がしませんよ。 そうなのだよ。。。 オマエは何でも独断と偏見で決め付けてしまう。

上の文章を入れてGOOGLEで検索してみたのやァ。 その結果を見て欲しい。


(gog20401p.gif)

あらっ。。。同じ箇所がずいぶんとコピーされてるやん。 プログラムで自動的にコピーしたと あんさんは言わはるのォ~?

その通りや。

そやけど、6つか7つぐらいは手でコピーすることもできるやおまへんか?

その通りや。 そやけど、ロボットがコピーしたという決定的な証拠があるねん。

もったいぶらないで、その証拠とやらを見せて欲しいわ。

さよかァ~。。。そやったら、じっくりと見たらええやん。


(gog20401q.gif)

どこに、その決定的な証拠があるの?

よく見ると“作者”が作ったロボットがコピーしたものは、すべて次のようになってるねん。

だいたい、「CIAの黒い手」なんて、安っぽいミステリー小説のようなタイトルだから、端(はな)から読む気がしませんよ。 そうなのだよ。 オマエは何でも独断と偏見で決め付けてしまう。

ところが、わては次のように書いてるねん。

だいたい、「CIAの黒い手」なんて、安っぽいミステリー小説のようなタイトルだから、端(はな)から読む気がしませんよ。 そうなのだよ。。。 オマエは何でも独断と偏見で決め付けてしまう。

あらっ。。。あんさんは句点(。)を3つ書いたのに「怪しいミステリー小説」を書きはったロボットは2つの句点を削除してますやん。

そうやァ。 ロボットはそのようにプログラムされてるねん。 そやから、わてが4つも5つも句点を並べても、このロボットは一つだけしか句点を書かないようにプログラムされてるねん。 これが何よりの証拠や。 人がコピーしたのならば、もっとムラのあるコピーの仕方をするねん。 句点を1つだけ残したり、2つ残したり、たまには誤字脱字もするやろう。。。ところが、まったくカメラで撮ったように間違いなくコピーしている! そやから人間ではなく、ロボットがコピーしたということやァ。 ピンクで囲んだページは、すべて「怪しいミステリー作家」がロボットにコピーさせて作ったページやでぇ~。

6番はちゃんと写してますやん。 これは、あんさんの他のブログやのォ~?

ちゃうねん。 これは「日本ブログ村」というサイトで、わては会員になってるねん。 そやから、わての許可のもとに わての記事をコピーしてるわけや。 このサイトでは一字一句間違いないように、そのままコピーしてるわけや。

9番は「怪しいミステリー小説」とちゃうのォ~?

これはGOOのブログ検索結果に表示されたものや。 「怪しいミステリー小説」の一つが表示されてるねん。

。。。で、他の文章は「怪しいミステリー作家」が自分で書きはったん?

いや。。。やっぱり他のブログからコピーしたのや。

その証拠でもあるの?

もちろんやァ。 わては根拠の無い事は言わんことにしてるさかいにな。。。

御託(ごたく)を並べるのは結構やから、はよう証拠とやらを見せて欲しいわァ。

そやったら、もう一度『CIAとファシスト管理人ミステリー小説』の全文をここに書き出すよってに、じっくりと見たらええやん。

2012年3月20日 (火)

CIAとファシスト管理人ミステリー小説

だいたい、「CIAの黒い手」なんて、安っぽいミステリー小説のようなタイトルだから、端(はな)から読む気がしませんよ。

そうなのだよ。

オマエは何でも独断と偏見で決め付けてしまう。

つまり、喰わず嫌いなのだよ! 記事の内容について

当然歌野昌午の 「世界の終わり、 あるいは始まり」読んだ。

埼玉県のI市を舞台にした少年犯罪をテーマにした犯罪ミステリー小説。

以前、この人の小説で「葉桜の季節に君を思うということ」を読んで面白かったので借りた次第。

だから小説を読みましたがあっと言う間に上下を読んでしまいました。

つまり、推理ミステリー小説ですが読みはじめたらとまらない状態になってしまう小説でした。

ただ、衝撃の結末はあまりにも衝撃で私は数日間は ちょっと気分が悪くなった のです。

私にとってのクリエてぃぷな「遊び」は、ミステリー小説を読むこと、謎解きパズルをつくること、そして、気合もろとも、海の絵を描くことに他ならない。

かくして私は、きっと週末になると、絵を描く人になる。

東野圭吾ファンは知ってると思いますが、そして なんて歌なんだろう? タグ: GOSICK 【推理・ミステリー小説の最新記事】 六番目の小夜子 恩田陸:著 グラスホッパー 伊坂幸太郎:著 謎解きはディナーのあとで 東川篤哉:著 マリアビートル 伊坂幸太郎:著 GOSICKs4 冬のサクリファイス 桜


『CIAとファシスト管理人ミステリー小説』より
(2012年3月20日)

赤枠と青枠で囲んだ部分が他のブログからコピーしたものやァ。 青枠で囲んだ部分はすでに説明した通り、わてのブログからコピーしたものや。

つまり、推理ミステリー小説ですが読みはじめたらとまらない状態になってしまう小説でした。

上の文を入れて検索したら次のような結果になった。


(gog20403.gif)

トップに表示されたYahoo!ブログの「てきとうな日々」という記事からコピーしたのォ~?

そうやァ。 タイトルをクリックすると次のページが表れる。


(yah20403.gif)

私にとってのクリエてぃぷな「遊び」は、ミステリー小説を読むこと、謎解きパズルをつくること、そして、気合もろとも、海の絵を描くことに他ならない。

次に上の文を入れて検索すると次のよな結果になる。


(gog20403b.gif)

赤枠で囲んだ週末作家の記事からコピーしたのォ~?

その通りやァ。 タイトルをクリックすると次のページが表れる。


(ocn20403.gif)

他の部分も、こまめに探せば見つけることができると わては思うのやァ。

これは、もしかして犯罪とちゃうのォ~? 著作権侵害やと思うわァ。

おそらく、「怪しいミステリー作家」は、この程度の引用では著作権侵害にならないと主張すると思うでぇ~。

とにかく、モザイクのように寄せ集めただけの上の文章は、ミステリー小説になってないやん。

そうやァ。。。

それやのに、どうしてこないなアホな事をやってはるのォ~?

小説を読ませるのやのうてぇ、読者をサイトに誘い込んでバナー広告やアドセンスのリンクをクリックさせることが目的やと思うでぇ~。

つまり、金儲けのために、このようなコスイ事をしてはるのォ~?

それ以外に考えられへん。 一度この無意味な「怪しいミステリー小説」を読まされたら、2度と再びやって来ないやろう!? そやから、「怪しいミステリー作家」の目的は「怪しいミステリー小説」を読んでもらうことではのうて、サイト内のバナー広告やリンクをクリックしてもらうことが目的なのやがなァ。 そやから、くだらない「ミステリ小説」をたくさん作ってるねん。 同じサイトに同じ訪問者が2度と来ないことを知ってるわけやァ。

そやけど、こないな下らないサイトにとどまってバナー広告などをクリックする人がおるのやろか?

“当たらぬ鉄砲も数撃ちゃ当たる”

昔の人は、こないな事を言うてたからなァ。。。この「怪しいミステリー作家」もこの言葉を頼りに、無意味なモザイク・ミステリーを量産しておるねん。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
確かに、全く関係ないブログから、コピーしてかき集めた文章を繋(つな)げただけのモザイク小説は、読む気にもなれないバカバカしいものですよね。
『CIAとファシスト管理人ミステリー小説』がタイトルですけれど、CIAとファシスト管理人のミステリーになってませんわ。

もし、CIAとファシスト管理人のミステリーに興味があるのならば、次の記事を読んだ方がよっぽど面白いと思います。
騙されたつもりで読んでみてくださいね。


『ファシスト管理人の将来』

『CIAとファシスト管理人』

『肥後ずいきファシスト管理人』

『熟女とファシスト管理人』

『エッチなファシスト管理人』

とにかく、次回も面白くなりそうですわ。
あなたもどうか、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

『夢とロマンの横浜散歩』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

こんにちは。ジューンです。

かつて、フルーツブログでは「セックス」が禁止語でした。

「セックス」を禁止用語にするなんて、

ちょっと考えられませんよね。

呆れて開いた口がふさがりませんわ。

「セックス」を禁止用語にしたその管理人さんは

性的不能者なのでしょうか?

そのように、かんぐってしまいますよね。

あなたも、滑稽な事をすることはあっても、

そのような愚かな事だけはしないでくださいね。

うふふふふふ。。。


 
ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでください。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

■ 『性の俗説 (2008年3月4日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。