山形とバンクーバー


 
 
2011年12月8日 (木曜日)
 
 
山形とバンクーバー
 
 

山形城・霞城公園の花見

ケイトー、。。。山形ってどこにあるのよ?

もちろん日本ですよ。

だから、日本のどこなの? 私は日本へ行ったことがないのよ。

次の地図の中に書いたから見てください。

これってぇ、アクセス解析の結果を基にして描いた地図でしょう?

シルヴィーにも分かるの?

この程度のことならばすぐに判るわよ。 それにしても山形県からのアクセスがめっぽう少ないじゃないの?

シルヴィーもそう感じるでしょう!? でもねぇ~、山形から僕のブログにアクセスしているリピーターが居るのですよ。

どうしてそのようなことが判るの?

次の解析結果を見てください。

ただの棒グラフじゃないの! これで何が判るのよ?

これは11月26日から12月5日までの10日間のアクセス数を調べたものですよ。 赤枠で囲んだ2番目のバーに注目してください。 このホスト名から次のような事が判るのですよ。

ホスト名:

softbank126127126***.bbtec.net

IPアドレス: 126.127.126.***
IPアドレス割当国: 日本 ( jp )
市外局番: 該当なし
接続回線: 光
都道府県: 山形県

つまり、この IPアドレスからアクセスした人が上の写真に写っているきれいなお嬢さんの中に居るとケイトーは言うの?

シルヴィーにも判りますか? うししししし。。。

思わせぶりに、わざわざ写真を貼り付けてるじゃない!。。。で、3人のうちの誰なの?

真ん中の小柄で可愛い山形由美(仮名)さんですよ。

マジで。。。?

。。。で、上のグラフの中の 1番目のアクセスがトップの人は誰よ?

やだなあああァ~。。。とぼけないでくださいよ! 。。。これがシルヴィーですよう。

私がアクセストップなのォ~?

そうですよ。 IPアドレスから次のような事が判る。

IPアドレス:

207.102.255.230

ホスト名: 対応するホスト名がありません。
IPアドレス割当国: カナダ ( ca )

プロバイダー:
TELUS Communications Inc.

NetRange:
207.102.0.0 – 207.102.255.255

Address: 10 – 3777 Kingsway
City: Burnaby
Prov: BC
PostalCode: V5H-3Z7
Country: CA

Phone: +1-877-310-8324
e-mail: IPadmin@telus.com

AbuseName: Abuse at TELUS
AbusePhone: +1-877-945-8220
e-mail: abuse@telus.com

あらっ。。。私がバンクーバー市立図書館からアクセスしているのlが判ってしまうのォ~? マジで。。。?

そうですよ。

日本ばかりじゃなく、世界からアクセスしているネット市民まで判ってしまうの?

そうですよう。。。ネットの世界はグローバルな国境のない世界ですからね。

あらっ。。。いろいろな国の名前が書いてあるじゃない? でも。。。、でも。。。、リストの中にカナダがないじゃないの!?

あのねぇ~、このリストは11月1日から12月5日までの35日間にアクセスしたネット市民が、いったいどこの国からアクセスしたかを調べたものなのですよ。 でもねぇ、このアクセス解析のプログラムでは、対応するホスト名が判らない場合にはそれ以上詳しく調べない。 シルヴィーが使った IPアドレスから、調べる気になれば カナダからアクセスしていることが簡単に判る。 でも、残念ながら上のアクセス解析のプログラムでは、そこまで調べない。 だから アメリカもリストに載ってない。

カナダとアメリカはどこに含まれているの?

2番目の (IP address only) に含まれているのですよ。 それに、3番目と4番目にも含まれている。 

でも、山形由美さんがケイトーのブログを見たと、どうして判るの?

あのねぇ~、由美さんは可愛いきれいな女の子だけれど、見かけによらずに郷土史を研究しているのですよ。

この上の写真は山形城・霞城公園で撮ったものですよ。

山形城

山形城は山形県山形市霞城町にあった城である。
別名で霞城(かじょう)、霞ヶ城(かすみがじょう)と呼ばれる。
また、吉字城とも呼ばれた。
国の史跡に指定されている。

おおよそ基礎は、最上義光の時代につくられ、鳥居忠政の時代に現在の形に整えられたものである。
江戸時代には山形藩の政庁が置かれた。

現在は、そのほとんどが失われ、二の丸跡が霞城公園として残されている。
建造物では、大手南門が、市内の万松寺山門として移築され現存する。
また、市内八日町宝光院の本堂は、御殿の建物を移築したものといわれている。

山形市は、平成21年度(2009年)までに本丸一文字門の枡形および高麗門、本丸土塀を復元する計画である。
しかしながら、本丸一文字門は写真資料、設計資料ともに残っていない。
本丸北不明門の設計資料は山形市内に現存している。

明治時代、城が売りに出されると、山形市が購入し、陸軍の駐屯地を誘致した。
歩兵三十二連隊の兵営敷地となり、城内の櫓や御殿は破却され、本丸は埋め立てられた。
三の丸の堀も埋め立てられ耕作地として利用された。
日露戦争凱旋を記念して歩兵三十二連隊の帰還将兵が、明治39年に周囲にソメイヨシノを植林。
以降桜の名所となった。

第2次大戦後、二の丸の内側を霞城公園、二の丸の外側は市街地化が進み、三の丸の濠も埋め立てられた。
2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(10番)に選定される。



  
出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あらっ。。。桜の名所なのね!?

シルヴィーも日本へ行く機会があったらぜひ訪れてね。

でも、どうして由美さんがケイトーのブログを訪ねるようになったの?

あのねぇ~、さっきも言ったように由美さんは見かけによらず郷土史を研究しているのですよ。 それで山形市にある立石寺についても調べていた。

山寺立石寺

立石寺 (りっしゃくじ)

立石寺は、山形県山形市にある天台宗の寺院。
山号は宝珠山。
本尊は薬師如来。
寺号は詳しくは宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称する。
山寺(やまでら)の通称で知られ、
古来より悪縁切り寺として信仰を集める。
寺名は古くは「りうしゃくじ」と称した。
蔵王国定公園に指定されている。

歴史

立石寺の創建について、寺伝では貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされている。
当寺の創建が平安時代初期(9世紀)にさかのぼることと、円仁との関係が深い寺院であることは確かであるが、創建の正確な時期や事情については諸説あり、草創の時期は貞観2年よりもさらにさかのぼるものと推定される。

鎌倉時代には幕府の保護と統制を受け、関東御祈祷所となり寺は栄えたが後に兵火により焼失し、13世紀中頃には幕府の政策により禅宗に改宗となったが、延文元年(正平11年・1356年)斯波兼頼が羽州探題として山形に入部した後、兼頼により再建され天台宗に戻った。

立石寺は山形城主であった最上家(斯波兼頼を祖とする)と関係が深く、同家の庇護を受けていた。
最上義守の母・春還芳公尼(しゅんげんほうこうに)は荒廃した堂宇の再興に努め、その孫(最上義守の子)にあたる最上義光(よしあき)も立石寺を援助した。
義光の時代の分限帳によれば、立石寺には寺領1,300石が与えられている。

元禄2年(1689年)に松尾芭蕉が旅の途中で訪れ、その時のことが『おくのほそ道』に書かれている。
また、当地で名句「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」を詠んでおり、参道に句碑がある。


出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あらっ。。。なんだか中国にあるようなお寺だわね。

シルヴィーもそう思う?。。。もともと仏教は中国を経由して渡ってきたものだから。。。中国の寺とも似ているのですよ。

。。。で、由美さんが立石寺を調べていて検索結果の中からケイトーの書いた記事を読んだと言うの?

その通りですよ。

いったい、どの記事を読んだの?

次の記事ですよ。

Subj:小百合さん、おはよう!

明日か、あさって、

また会いたいですね。

デンマンより愛を込めて…

きゃはははは。。。

From: denman@infoseek.jp
To: sayuri@hotmail.com
Cc: barclay1720@aol.com
Date: 2011年10月24日
(月曜日)午前11時53分

小百合さん元気ですか?
10月22日の土曜日には叔母が北鴻巣からやって来ました。
翌日23日の日曜日に来るものだと思い込んでしまっていた僕は朝ごはんをゆっくりと食べてから8時半に実家を出ました。
それで自転車をこいで「自遊空間」へ行ったのです。

午後4時に実家に戻ったら
お袋は応接室で昼寝をしており、誰かがキッチンでカタカタと料理しているのでした。
誰かな?と思ったら叔母がポテトサラダを作り、天ぷらを揚げ、サツマイモの煮込みを作り、割子ソバを茹でていました。

叔母は何もせずにお客さんで居ればよいのですが、お袋が自由に動けないので代わりに夕食の用意をしていたのでした。
僕のお袋が長女で叔母は10人兄弟姉妹の一番下です。
僕よりも6歳年上なだけなのです。

僕にとって親戚中で誰よりも話が分かる叔母です。
僕のお袋がやきもちを焼くほど叔母と僕は仲が良いのですよ。

僕がまだ大学生の頃、
叔母と二人だけで日光へ旅したのだけれど、
その旅は日帰りだったのです。

ところが、お袋の記憶の中で僕と叔母は日光で一泊したと思い込んでいるのですよね。
それほど僕と叔母の間が親密だと思い込んでいるのですよ。
今回もお袋がその話しをするのですよ!んもお~~!

もちろん近親相姦などあるはずもないのですが。。。(苦笑 & 爆笑)
お袋が心のどこかで、そう思い込むほどに僕と叔母の関係が親密なのですよ。

そのような訳で夕食が済んだ後で、しばらく皆で和気藹々(わきあいあい)とオシャベリしたのでした。
そのあと僕と叔母だけで大長寺のすぐそばの「馬車道」へ行ったのでした。

叔母はポテトグラタン。

僕はヴォンゴレ・ロッソを食べました。

ヴォンゴレ

ヴォンゴレ (vongole) は、アサリなどの二枚貝を使ったイタリア料理(本来はナポリ料理)のパスタ料理である。

イタリア語の vongole は、本来はアサリ類・ハマグリ類などのマルスダレガイ科の二枚貝を指すヴォンゴラ (vongola) の複数形で、料理のことはイタリアでは spaghetti alle vongole(ヴォンゴレスパゲッティ)などとよぶ。

種類

代表的なものにナポリ名物のイタリア料理「スパゲッティ・アッレ・ヴォンゴレ」(spaghetti alle vongole)がある。

本場イタリアでは地中海産のガリアハマグリ (Chamelea gallina) やヨーロッパアサリ (Venerupis decussata) などが使用されるが、近年では日本から移入されたアサリも多く利用され、日本でもアサリを用いるのが一般的であるが、どれもマルスダレガイ科の二枚貝である。

トマトソースを使ったヴォンゴレ・ロッソ(ロッソ=赤)と、使わないヴォンゴレ・ビアンコ(ビアンコ=白)にわけられるが、トマトを潰していない中間的な物も良く見られる。
ペスト・ジェノヴェーゼなどのバジリコを使った「ヴォンゴレ・ヴェルデ」(ヴェルデ=緑)やイカスミを使った「ヴォンゴレ・ネロ」(ネロ=黒)を供する店も出てきている。

使用するパスタは、スパゲッティやスパゲッティーニ、ヴェルミチェッリ、リングイネ等のロングパスタである。


出典: ヴォンゴレ
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

午後6時半から9時半まで話が弾(はず)んでシャベリまくりました。
実家に戻ったら、またお袋が「一晩中でも話を続けているだろうね」とヤキモチを焼くのでした。(爆笑)

日曜日は、のんびりとテレビを見て過ごしました。
NHK総合テレビで午後1時50分から「私が選んだあの番組」をやっていましたよ。
ゲストは森村誠一さんで
1989年に放映された画家の池田満寿夫が解説する「みちのく紀行」を再放送しました。
もちろん僕は1989年の放送を見ていない。

芭蕉がたどった奥の細道を池田満寿夫が画家の目線でたどってゆくという番組でした。
なかなか見ごたえがありました。


 
 
山寺や
 
 
岩にしみいる
 
 
セミの声

山形県の「立石寺」が出てきて懐かしい風景を映し出していたけれど、やはり日本の風景の中でも日本をしみじみと感じさせてくれる風景でした。

森村誠一さんは「写真俳句」というのをやっている。
写真と俳句を合わせて表現するのは邪道だという人も居るらしい。

「表現方法は無限だから写真と俳句を組み合わせても良いではないか!」

森村さんはそう言っていたけれど、もっともだと思いながら聞きましたよ。

番組の最後の方で東日本大震災で被災した人の印象に残る俳句を森村さんは挙げていました。


 
 
抱きしめて
 
 
君の瞳に
 
 
夏の雲

大震災に遭い、死んでしまったのではないかと諦めていた。
しかし、お互いに生存していたと知って再会し、抱き合った時に詠んだ人の句なのですよ。

う~~ん。。。いいですよね。

僕も上の句をしみじみと味わいながら1年ぶりで小百合さんと再会して、Hよりも感じるハグをした時を思い出しながら詠んでみました。


 
 
抱きしめる
 
 
きみのぬくもり
 
 
秋の空
 
 

どうですか、さゆりさん。。。?
いいでしょう!?

明日か、あさって、また会いたいですね。
楽しみにしています。
じゃあね。


『抱きしめて』より
(2011年10月24日)

キザな記事を書いたのね。

いけませんか?

キザすぎて、なかにはダサいと思う人もあるわよ。

10人10色ですからね。。。世界のネットでも表現の自由・言論の自由が許されているのですよ。 だから、戦争を始めるよりも、たとえキザと言われようが、ウザイと言われようが。。。こおうしてブログを書いて表現の自由を謳歌することは平和な世界に貢献することなのですよ。

御託(ごたく)はいいから、その証拠でもあるの?

あのねぇ~、このページにアクセスした記録を調べると由美さんの IPアドレスが載っていた。

だから、それをここに貼り出しなさいよ。

由美さんが上の記事を読んだのは10月下旬だった。 つまり、アクセス記録は 35日以上経ってしまったので、もう保存されてない。 でも、次の記録の中に残っている。

これは11月18日から12月5日までの記録だけれど、由美さんは 10~19回アクセスしている7人のリピーターのうちの一人です。

“リピート回数(1時間以内を除く)”と書いてあるけれど、これはどういうことなのよ?

だから、1時間以内のリピート回数は次のリストの中で表示されているのですよ。

あらっ。。。こんな事まで調べられるの?

そうです。。。面白いでしょう?。。。1分間に、また思い直して別の記事を読みにやって来る人が延べ 132人も居るのですよ。

マジで。。。?

だから、次のように信じられないような事も起こるのですよ。

あらっ。。。12月4日に 434人の人が述べ 10、664ページを読んだのォ~? いったい、どのページを読んだのよ?

“Taliesin Banzai”

(December 2, 2011)

Denman Blog では上の記事を12月2日に投稿したのだけれど、 GOOのブログには 12月3日に 文字制限の関係で 3部に分けて投稿したのですよ。

これは英語で書いてある記事でしょう?

うん。。。でもねぇ、記事の中に出てくる YouTube のビデオクリップにショッキングな映像がある。 それが中学校の生徒の間で 口コミで広がったのですよ。 “ねえ、ねえ、ねえ、。。。ちょっと、この YouTubeを見てよ。。。” そう言う訳で、結果として 上の記事が 述べ 10、664ページ読まれたのですよ。 うへへへへへ。。。

つまり、ケイトーは自慢したかったのね?

いや。。。自慢したいわけじゃない。。。たまには、こういう記事を読むのもいいでしょう? うへへへへへ。。。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
このお話ってぇ、マジかしら?

でも、いろいろな事がアクセス解析で判るものなのでござ~♪~ますわね。
なんだか、ネットってすごいところですわ。
あなたも、そう思うでしょう?

ところで、シルヴィーさんのことをもっと知りたかったら次の記事を読んでくださいね。

『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』

『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

『気になる英単語(2011年11月18日)』

『戦争を知らないの?(2011年11月23日)』

『熟女ヌードとデンマン(2011年11月29日)』

とにかく次回も面白くなりそうですわ。
あなたも読みに戻ってきてくださいましね。
じゃあ、また。。。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

こんにちは。ジューンです。

ブッシュ前大統領は歴代の大統領の中でも

特に YouTube で取り上げられているようです。

でも、決して優秀な政治家として話題にされているようではありません。

ええっ。。。どうしてかてぇ~。。。?

だってぇ、ネットをサーフィンしていると

ブッシュ前大統領をコケにしているビデオクリップが

あまりにも多いのですわよ。

ケネディー大統領をコケにしているクリップは

まずゲットできませんわ。

ええっ。。。ブッシュ前大統領の可笑しなビデオクリップを

あなたも見たいの?

じゃあねぇ、ここに2つだけ貼り付けるから、

じっくりと見てね。

George Bush Idiot

George Bush is funny!

Video BLOOPERS!

ところで、卑弥子さんにもちょっと信じがたいような

恋物語がありますわ。

関心があったらぜひ次のリンクをクリックして

じっくりと読んでみてくださいね。

『平助さんが卑弥子さんに

恋をしたのがウンのつき』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

24件のフィードバック to “山形とバンクーバー”

  1. ねえ、ねえ、ねえ見て « Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー』 […]

  2. 常連さん、こんにちは « Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー』 […]

  3. お百度参りも国際化 « Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  4. 期待される人間像 « Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  5. 角さんと原発と天罰 « Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  6. 真紀子落選 « Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  7. 野火 « Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  8. タイタニックと国際化 « Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  9. 宮澤理恵@Macao | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  10. 美しい日本語 | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  11. フランス人妻不犯 | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  12. ツイッターの国際化 | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  13. ハワイの読者 | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  14. 三丁目の夕日は沈んだ | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  15. アダムとイブはバナナを食べた | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  16. 誰?あなたなの? | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  17. 塩野七生批判 | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  18. ペンタゴンは何を探したの? | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  19. 宮沢百恵 | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  20. 愛情はふる星のごとく | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  21. 愛より大切なものってぇ? | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  22. 世界のネット普及率 | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  23. プーチンの正教ロシア | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

  24. インドネシアの波紋 | Denman Blog Says:

    […] ■『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。