常連さん、サンキュウ


 

2012年11月8日 (木曜日)

 

常連さん、サンキュウ

 


(foolw.gif)


dance.gif+stars.gif)



(ame21104b.gif)

デンマンさん。。。 今日はあんさんが常連さんに感謝しやはるのォ~?

そうやァ。 いつもいつも、わてのブログにやって来てくれる人がおるねん。 めれちゃんが登場する『レンゲ物語』を読む人もけっこうおるのやでぇ~。。。

ホンマかいなァ。。。?

めれちゃんは全く信用してへんようやなァ。

そないなことよりも上のリストはどういうことやのォ~?

まず、青枠で囲んだ記事に注目して欲しいねん。

タイトルが英語になってるやん。

そうやァ。 記事の内容も英語で書いてあるねん。


(kuge90.jpg)


『Birthplace』

『You Love Japan, eh?』

『Vancouver Earthquake』

『KIFF』


(merange12.jpg)

あらっ。。。 あんさんが10月5日に書きはった『Birthplace』がダントツで読まれてますやん。


(kato3.gif)

そうやァ。

どないなわけで英語で書かれている『Birthplace』がダントツで読まれてるん?

わてもその事をいろいろと考えてみたのやがなァ。 おそらく海外から世界のネット市民の皆様が読みはったのやァ。

まさかァ~。。。?

めれちゃんは信用できへんようやなァ。

そやかて、あんさんのブログが世界的に知れわたっているなんて思えんわァ。

そないに言うなら、次の統計を見て欲しいねん。

 

海外からのアクセス

 


(wp21019map.gif)


(wp21019.gif)

あらっ。。。75カ国のネット市民の皆様が『Birthplace』を読みはったん?

いや。。。ちゃうねん。。。この統計は2012年の2月25日から10月19日までに「デンマン・シンジケート」のDenman Blog (https://denman705.wordpress.com/)に掲載された英語の記事を 75カ国のネット市民の皆様が読んだということやねん。

マジで。。。?

めれちゃんが信用せ~へんと思うたさかいに、こうして記録を見せたのやがなァ。

つまり、アメブロのあんさんのブログ(http://ameblo.jp/barclay/)にも世界のネット市民の皆様がアクセスしていると言わはるのォ~?

めれちゃんがそないに言うやろうと思うたから調べてみたのやァ。 ちょっと次のリストを見て欲しいねん。


(hg21106w.gif)

10月3日から11月6日までにアメブロのわてのブログを訪れたネット市民の皆様の住んでいる国を調べたら上のような記録が残っていたと言うわけやァ。

海外からのアクセスはカナダ、ツバル、ロシア連邦、ブラジル、メキシコ、エストニア、スイス。。。日本を入れても8カ国やんかァ。

そうやァ。

少ないやん。 要するに、アメブロのあんさんのブログは世界的に知名度が少ないと言うことやんかァ。

そういうことなのやァ。 つまり、上の英語の記事を読んだのはほとんどが日本人やと言うことやねん。

その証拠でもあるん?

そやから上の記録をめれちゃんに見せたのやがなァ。

あんさんが自作自演してはるかもしれへん。

めれちゃんは疑い深いのやなァ~。 それやったら、誰でも見れる証拠を見せるさかいに、めれちゃんもじっくりと見たらええやん。


(ame21006.gif)

『Birthplace』

あらっ。。。上の英語の記事に六本木で OL をやっている24歳の女性がコメントを書いてますやん。

そうやァ。 そやから言ったとおりやろう!? アメブロのわてのブログの英語の記事は、ほとんど日本人によって読まれてるねん。

そやけど、コメントを書いてくれはった「ちょこさん」が常連さんとはかぎらへんやろう?

あのなァ~、「ちょこさん」は初めてわての記事を読んださかいに、初対面の挨拶をしたまでやがなァ。 つまり、常連さんになり始めたのやァ。

つまり、他にも毎日のようにあんさんのブログを訪れる常連さんが居(お)ると言わはるのォ~?

もちろんやァ。 ちょっと次の足跡(ペタ)を見て欲しいねん。


(ame21102w.gif)

11月2日の午後1時50分にチェックしたのやァ。

24個の足跡(ペタ)が付いてますやん。 上から5番目の足跡は12時59分に付いておますやん。 あんさんは赤い四角で囲はりましたけど、どないな訳でそうしやはったん?

なつみさんの「胸が大きくなりました」ということやがなァ! つまり、なつみさんのオッパイが大きくなったということやァ。 11月1日を調べてみると次のようになっておるねん。


(ame21102x.gif)

あらっ。。。なつみさんは11月1日にも午後1時12分に足跡をつけてますやん。

そうやねん。 わては10月31日も調べてみたのやァ。


(ame21102y.gif)

あらっ。。。10月31日には午後1時6分に足跡をつけておますやん。

そうやねん。 ひょっとして10月30日にも足跡をつけておるやろか? そう思って調べてみたのやァ。 やっぱり付けておったのやがなァ。


(ame21102z.gif)

あらっ。。。10月30日には午後12時44分に足跡をつけてますやん。

そうやァ。

そやけど、最近ではどうなってるん?

めれちゃんは疑い深いのやなァ~? そないに言うなら 11月7日、6日、5日と調べたよってに、じっくりと見たらええやん。


(ame21107.gif)


(ame21107b.gif)


(ame21107c.gif)

あんさん!。。。アバターは同じようやけど、名前がちごうとりますやん。

あのなァ~、次の2つは同一人物のものやねん。 


(ame21107d.gif)


(ame20606d.gif)

つまり、2つとも「なつみさん」やねん。

どうして「なつみさん」は表示を変えてしまいはったん?

実は、11月3日に次の記事を公開したのやがなァ。


girl777.jpg)

『オッパイとアクセス数』

6月9日にも次のような記事を公開したのやがなァ。


(sayuri72.jpg)

『胸@ファシスト管理人』

「なつみさん」のことがしばしば記事で取り上げられたので、11月3日の記事を見た時に「オッパイ」と「なつみさん」が結び付けられるのを見て、あんまりだと思ってムカつきはったと思うのやァ。

あんさんがしつこく「オッパイ」にこだわるさかいに「なつみさん」は「胸が大きくなりました」を取り下げてしまいはったのやろか?

そうやと思うでぇ~。。。

でも、どないなわけで「basuto-upさん」という名前にしやはったん?

「なつみさん」は名前を変えたわけではあらへん。 サイトはそのままやァ。


(ame21108.gif)

あらっ。。。「なつみさん」のブログのページは以前と変わりありまへんがなァ。

そうやろう!。 でもなァ、11月3日の時には読者が28人やった。 8日までに読者数が一人だけ増えてるねん。 違いはそれだけやァ。

。。。で「basuto-upさん」という名前は。。。?

上のページの URL を見てみィ~なァ。

あらっ。。。http://ameblo.jp/basuto-up/ という URL から「basuto-upさん」という名前にしやはったのねぇ。

そういうこっちゃ。。。つまり、「なつみさん」は足跡をつけるだけやなしに、記事の内容にも目を通しているというわけやァ。

あんさん!。。。あまり「なつみさん」を記事で取り上げん方がいいでぇ~。。。そやないと、今後足跡を残さんようになると思うわァ。

そうやなァ~。 でも、わては毎日のようにブログにやって来て記事を見てくれる「なつみさん」に感謝の気持ちを込めてこうして記事で取り上げているのやでぇ~。。。

あんさん!。。。何事もほどほどにしいやァ~。。。 そやから、あまり「なつみさん」を記事に取り上げたらあっか~ん。

さよかァ~。。。?

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ。。。
そうですよね。
あまりしつこく記事で取り上げられれば、人によったらウザイ!と思いますよね。
だから、デンマンさんも常識をわきまえてほどほどにすべきだと思いますわ。

とにかく、次回も面白い話題が続きます。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(byebye.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(june888.jpg)

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』


(eiffel15.jpg)

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』


(2ndbeach.jpg)

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

『後白河上皇とポルノ』

『真夜中の甘い電話』

『コーヒー茶漬け』

『めれちゃん、ホイ』

『めれちゃん、トップですよ』

『めれちゃんにノーベル賞』

『私の国では火あぶりです』

『ひまわりとピアニスト』

『1リットルのお尻流出』

『異邦人と他人』

『処女の値打ち』

『ハロウィン』

『オッパイとアクセス数』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

かつてデンマンさんが小泉八雲を紹介していました。

八雲(ラフカディオ・ハーン)は

次のように言っていたのです。

日本女性を道徳的、宗教的信念を持った

愛らしい倫理的創造物である

明治時代の日本の女性は、

そうであったのかもしれません。

でも、最近になって日本の女性も変わったようですね。

一つの事件を取り上げて、そう言うのも

独断過ぎると思いますけれど、

「苫小牧子殺し事件」は象徴的な事件だったと

思いますわ。そして痛ましい事件でした。

北海道・苫小牧の何処かで、3歳の長男と

1歳の三男の兄弟が鍵の掛かったアパートに

閉じ込められ放置されのですわ。

長男は生米や冷蔵庫のマヨネーズやケチャップで

飢えをしのいだのです。

三男は飢餓と低体温症で亡くなってしまいました。

昼間に自動的に入る暖房で、餓死した弟が

無残に腐食する横で、お兄ちゃんは

必死で飢えを凌ぎ生き抜いて、

ママの帰りを待ち続けたというのです。

でも、ママは新しいボーイフレンドの部屋に住み着いて

1ヶ月以上、子供たちの養育を拒み、

ボーイフレンドと遊んで暮らしていたのです。

もう、死んでいるのではないかと思って、

アパートに戻ると、長男は生きていた。

「何で生きてるの?」

冷血女性のママは長男を見て

まず、そう感じたと言うのです。

人間は、それほどまでに非情に

冷血になれるものでしょうか?!

何度読んでみても、亡くなった子供のために

涙が流れてきますわ。(めそめそ。。。)

「苫小牧子殺し事件」のことは

次の記事の中で引用されています。


(kid91.gif)

『愛の進化論』

ところで、卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(hand.gif)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。