なつみさん、しばらく


 
 
2013年3月11日 (月曜日)
 
 
なつみさん、しばらく
 
 

デンマンさん。。。 あんさんは、また「なつみさん」にこだわりはってますのォ~?

そないなことはあらへん。

そやかてぇ~、タイトルに「なつみさん、しばらく」と書いてはりますやん。

あのなァ~、わてが拘っているのではのうてぇ~、なつみはんが拘っているのやんかァ~。。。

その証拠でもありますのォ~?

わては根拠の無い事は言わんように、書かんようにしてるねん。

そないな前置きは、どうでもええさかいにその証拠とやらを見せてくれへん?

めれちゃんがそないに言うのやったら、次の足跡の記録を見たらええやん。


(ame30307m.gif)

あららあああァ~。。。 ずいぶんと長い足跡(ペタ)の記録ですやん。 3月7日に足跡を残してくれはったアメブロ会員の常連さんが 69人いたということやのォ~?

そういうこっちゃがなァ。 この日、なつみさんは午前10時33分に足跡を付けてゆきおったのやァ。

それで、あんさんはどうしやはったん?

あのなァ~、なつみさんはしばらくの間、わてのブログに足跡を残さへんかった。 そやから、わてはなつみさんは、もうブログを止めてしもうたのやろか?。。。 そないに、わては思うておったのやないかいなァ~。 そやけど、3月7日に足跡の記録を見たら、なつみさんのペタがついておったというわけやァ。 そやから、わては、どないになってるのやろかァ~?。。。そう思うて、なつみさんのブログへ飛んで行ったのやァ。

違う人やったのォ~?

いや。。。 なつみさんに間違いあらへん。 彼女のページを見て欲しいねん。


(ame30307n.gif)

あらっ。。。 確かに、かつてのなつみさんのサイトと、よう似ておりますやん。。。そやけど、違うところがおますやんかァ。。。

ん。。。? 違うところ。。。?

そうですう。。。 URLがちごうとりますでぇ~。。。

あれっ。。。 めれちゃんは目がええのやなァ~。。。!

誰でも見れば判りますやん。 http://ameblo.jp/tajiritosio-netabare/ になってますやんかァ。

めれちゃんは、前のURLを覚えておったのかァ~? 実は、わても調べてみたのやがなァ。 次のTWILOGのわてのページを見て欲しいねん。


(twi30310e.gif)

『実際のページ』

あらっ。。。 あんさんは、また新しいブログを立ち上げはリましたん?

これは登録すると、自動的に、わてがツイッターで呟いたツイートをまとめてブログにしてくれる便利なアプリなのやがなァ。

赤枠で囲みはった中に #なつみ というモノが出てきよりますけど、これはいったい何やのォ~?

ハッシュタグと言うものやねん。

ハッシュタグ (hashtag)

特定のトピックに関する投稿を、公式のツイッター検索から一覧して見ることができるように、キーワードの前に#を置いて投稿する。
以前は日本語に対応していなかったが、2011年7月13日から利用できるようになった。

便利なものができましたのやねぇ~。。。

このハッシュタグをクリックすると次のページが表示されるねん。


(twi30311.gif)

あらっ。。。#なつみ さんのハッシュタグがついた呟き(ツイート)が3つ出てきよりましたやんかァ。

上の3つの記事のURLをクリックして見て行ったら次の画像に出くわしたのやァ。


(ame21127v.gif)

めれちゃんが言うた通り、以前のなつみさんのブログのURLは http://ameblo.jp/basuto-up/ になっておるねん。

つまり、なつみはんは古いブログを閉鎖して、新しいブログをまた立ち上げはったん?

わても、そう思うたのやがなァ。。。 そやから、念のために確かめたのやァ。

古いブログは消滅してはったん?

いや。。。 今でもちゃんとあるねん。 上のリンクをクリックしたら次のページが表示されおったのやァ。


(ame3011m.gif)

あんさん。。。 「なつみさん」は女性やのうてぇ、男性がなりすましはってるのやおまへんかァ~?

めれちゃんは、どないな訳で、そないに思うのやァ~?

もう一度次のページを見て欲しいねん。


(ame30307n.gif)

上のページのURLに注目して欲しいねん。 http://ameblo.jp/tajiritosio-netabare/ になってますやろう? これはすなわち 「田尻敏男さん」 が立ち上げたブログですやん。

つまり、「田尻敏男さん」が「なつみさん」に成りすましておると、めれちゃんは言うのんかァ~?

あんさんかてぇ、そう思うとるのちゃうのォ~? (微笑)

めれちゃん。。。! そないな事をネットで公表するものではあらへんでぇ~。。。 「田尻敏男さん」も「なつみさん」も一生懸命にやっておるのやでぇ~。。。

一生懸命にやっているという証拠でもあるのォ~?

上のページの読者数を見てみィ~なァ。

あらっ。。。 ブログに記事が一つもあらへんのに読者が 21人もおりますやん!

そうやろう? ちなみに、わてのページを見てみィ~なァ。


(ame30307x.gif)

『軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン』

あらっ。。。 あんさんの読者は 45人やないのォ~。。。

そうやァ。。。 わては涙ぐましい努力を重ねて2005年の7月から今日まで、1日に2つの記事を投稿し続けてきたのやでぇ~。。。


(ame30307y.gif)

あらっ。。。 ホンマやわァ~。。。 そやけど、よう見ると2005年の9月から2010年の2月まで長い冬眠生活をしてますやん。 うふふふふふ。。。

そやけど、記事の数を合計すれば、2,000にちかいのやでぇ~。。。

それなのに読者がたったの45人で。。。 「なつみ」さんは一つも記事を書かへんのに読者が 21人もおるということやのォ~。。。?

そうやァ。。。

どうして。。。?

そやから「なつみさん」は、たくさんのブログを見て廻ってぇ足跡をたくさんのブログに残しておるのやがなァ~。

そうすると、どうなるのォ~?

なつみさんの足跡がたくさん付いているのを見ると、ブロガーも感激して、なつみさんのブログの読者になる人も出てくるやんかァ。 なつみさんは3月7日にも、わてのブログにやって来て『軽井沢タリアセン夫人のバレンタイン』を読んで足跡を残していったのやでぇ~。。。

そやから「田尻敏男さん」が「なつみさん」に成りすましていても、あんさんは大目に見やはるのォ~。。。

そうやァ~。。。 一生懸命にやっているのに変わりがないのやからなァ~。。。

【レンゲの独り言】

ですってぇ。。。
そうですわよねぇ~。
記事を一つも書かなくても、一生懸命にたくさんのブログを訪れて足跡を残してゆく、その健気さにデンマンさんも、めれんげさんも納得しているようですわ。

とにかく、次回も面白い話題が続きます。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』

『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』

『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』

『後白河上皇とポルノ』

『真夜中の甘い電話』

『コーヒー茶漬け』

『めれちゃん、ホイ』

『めれちゃん、トップですよ』

『めれちゃんにノーベル賞』

『私の国では火あぶりです』

『ひまわりとピアニスト』

『1リットルのお尻流出』

『異邦人と他人』

『処女の値打ち』

『ハロウィン』

『おっぱいとファシスト管理人』

『オッパイとアクセス数』

『常連さん、サンキュ』

『めれちゃんとなつみさん』

こんにちはジューンです。

かつてデンマンさんが小泉八雲を紹介していました。

八雲(ラフカディオ・ハーン)は

次のように言っていたのです。

日本女性を道徳的、宗教的信念を持った

愛らしい倫理的創造物である

明治時代の日本の女性は、

そうであったのかもしれません。

でも、最近になって日本の女性も変わったようですね。

一つの事件を取り上げて、そう言うのも

独断過ぎると思いますけれど、

「苫小牧子殺し事件」は象徴的な事件だったと

思いますわ。そして痛ましい事件でした。

北海道・苫小牧の何処かで、3歳の長男と

1歳の三男の兄弟が鍵の掛かったアパートに

閉じ込められ放置されのですわ。

長男は生米や冷蔵庫のマヨネーズやケチャップで

飢えをしのいだのです。

三男は飢餓と低体温症で亡くなってしまいました。

昼間に自動的に入る暖房で、餓死した弟が

無残に腐食する横で、お兄ちゃんは

必死で飢えを凌ぎ生き抜いて、

ママの帰りを待ち続けたというのです。

でも、ママは新しいボーイフレンドの部屋に住み着いて

1ヶ月以上、子供たちの養育を拒み、

ボーイフレンドと遊んで暮らしていたのです。

もう、死んでいるのではないかと思って、

アパートに戻ると、長男は生きていた。

「何で生きてるの?」

冷血女性のママは長男を見て

まず、そう感じたと言うのです。

人間は、それほどまでに非情に

冷血になれるものでしょうか?!

何度読んでみても、亡くなった子供のために

涙が流れてきますわ。(めそめそ。。。)

「苫小牧子殺し事件」のことは

次の記事の中で引用されています。

『愛の進化論』

ところで、卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。