愛?それともセックス?


   
2010年12月14日 (火曜日)
 
 
愛?それともセックス?
 
 

狂ってしまいたい
 
  

  
 
せつない声をあげて
あなたの背中を抱きしめる

そのくちびるが
その指先が
わたしを狂わせる

この濡れた身体の
一番深い場所で
溶け合うように
あなたとひとつになる

その熱いくちびるで
乱れた呼吸を吸い取って
あなたの欲望で
わたしを燃やしつくして
  

by めれんげ
 
2010.02.12 Friday 12:41


『即興の詩 狂ってしまいたい』より

『愛の涙』に掲載
(2010年2月16日)

デンマンさん。。。あんさんは、またわたしの詩を持ち出してきて、ヤ~らしいタイトルと並べはるのねぇ~?!

めれちゃん。。。、ヤらしいタイトルとちゃうねん。。。愛もセックスも人生にとって大切なものやがなァ。。。うしししし。。。

あんさん!。。。ヤらしい下卑(げび)た笑いを浮かべんで欲しいわああァ~~。

めれちゃん!。。。こうしてめれちゃんと顔をつき合わせて話し始めたばかりやなのに、ギャァギャァと、うるそうしたらアッカ~ン!

ヤ~らしいタイトルを持ち出してきて、あんさんは一体何を始めるつもりやねん?

あのなァ~。。。今日はめれちゃんのために2つのニュースを持ってきたのやァ。 一つは素晴らしいニュースやねん。 もう一つは、めれちゃんが聞いたらガッカリするニュースなのやァ。 めれちゃんは、どちらのニュースを先に聞くつもりやねん?

もちろん、素晴らしいニュースを先に聞かせてぇ~なァ!

さよかァ~。。。それやったら、ここに統計を貼り出すよってに、じっくりと見たらええやん。

これは、どうゆう統計やのォ~?

あのなァ~、12月4日から12月10日までのページ別のアクセス数を わてのアメーバブログで調べたのやがなァ。

それで何が、そんなに素晴らしいのォ~?

上の統計をじっくりと見れば分かるやないかいなァ。 つまり、12月4日にわてが書いた、めれちゃんの『即興の詩』を讃(たた)え、応援する記事がダントツに読まれたのやがなァ! 延べ 130人の読者が読んでくれたのやでぇ~。。。


 

http://ameblo.jp/barclay/entry-10726283552.html

『即興の詩バンザイ』

(2010年12月4日)

。。。で、どうしてダントツに読まれはったん?

上のリンクをクリックして読んでみれば分かるやん。。。つまり、愛について、人生について素晴らしいことが書いてあるねん。

そやけど、たったの130人やないかいなァ。

あのなァ~。。。確かに、130万人やのうてぇ、たったの130人やァ。 そやけどなァ、上の統計を見てみれば、どの記事よりも比較にならないほど飛びぬけて読まれているねん。 そのことが重要なのやァ! つまり、相対的に考えるときに、『即興の詩バンザイ』は意味のある記事やねん。

そうですやろか?

読んでみれば、なるほどと思うでぇ~。。。確かに、他の記事と比べて読み応えのある記事になってるねん。 「愛ってぇ、素晴らしいなあああァ~」と、読む人の心に訴えるのやがなァ。 うししししし。。。

あんさんが、そうやってぇ下卑(げび)た笑いを浮かべると、この記事を読みはる人は、きっと真面目に受け止めてくれへんでぇ~。。。

さよかァ~。

それで、わたしがガッカリするニュースって、いったい何やのォ~?

あのなァ~。。。わてのアメーバブログでは 『即興の詩バンザイ』 はダントツに読まれておるねん。 ところがやァ、わての Denman Blog では全く読まれておらんのやァ。

マジで。。。?

口で言うても信じてもらえんと思うから、ちゃんと証拠の品を用意したのやァ。 めれちゃんも見たらええやん。

アメーバ・ブログも Denman Blog も12月10日までの1週間の統計なのやァ。 ところが読まれている記事は全く違うねん。 ダントツに読まれているのは『床上手な女の7つの見分け方』というセックスに関する記事なのやァ。

『床上手な女の7つの見分け方』

でも、上の記事は、あんさんのアメーバ・ブログには載ってないと言うてましたやん。

そうなのやァ。 この記事だけはアメーバ・ブログには載ってないねん。 そやけど、他の記事はすべてアメーバ・ブログにも Denman Blog にも同じように載ってるねん。 ところが、アメーバ・ブログではリストに表示されたすべての記事は今年の12月の記事ばかりやのに、Denman Blog では、「床上手」 と 「おばさんパンツ」 の記事が好まれておるねん。

Denman Blog では、今年の12月の記事はたったの一つだけやね。。。あんさんが12月9日に書いた『パリからさようなら』だけしか読まれておらへん。

『パリからさようなら』

(2010年12月9日)

どうして、こないに違ってしまうのォ~?

わても不思議に思うて、じっくりと調べてみたのやァ。

。。。で、分かりはったん?

まず、次の統計を見て欲しいねん。

これは、アメーバ・ブログのリンク元の URL を調べたものやねん。 95.5% の人 (1,628人) が 「お気に入り」 や 「ブックマーク」 をクリックして、わてのブログにやって来るのやァ。

つまり、その人たちは、あんさんのブログの常連さんなのねぇ~?

そうなのやァ。 他の 4.5% の人は上のリストの URL から、わてのブログを読みにやって来てくれたのや。

4.5% の人は検索エンジンからやって来てるようやねぇ。

そうなのやァ。 「おばさんパンツ」で検索した人もおるねん。

でもなァ、全体から見れば、検索エンジンで検索してやって来る人は、アメーバ・ブログではわずかなものやァ。 たったの26人やァ。

Denman Blog では、どうやのォ?

これは Denman Blog でリンク元を調べたのや。 1週間でリファラはたったの 21。

でも、上の統計は 12月12日に調べはったものやん。

そうなのや。 12月10に調べるつもりが、調べそこなってしもうたのやァ。 でもなァ、実質的には1日違いなのやァ。

12月12日の朝早くに調べたさかいになァ。。。そやから、統計上の大きな違いはないはずやァ。

つまり、Denman Blog では、訪問者のほとんどが検索エンジンからやって来ると、あんさんは言わはるのォ~?

わてが言うのではのうて、統計にはっきりと表れておるねん。

分かるやろう?。。。「床上手」 と 「おばさんパンツ」 で検索して Denman Blog にやって来る人がダントツなのやがなァ。 うししししし。。。
 

つまり、Denman Blog には、あんさんのブログを気に入っている常連さんが、まだ居やへんのね?

そうなのや。。。同じ記事を投稿しているのに、どうしてなのか?

なぜやのォ~?

Demman Blog は WordPress.com を使ってやっておるのや。 このブログは世界的には アメーバーブログ よりも知名度が高いのやけれど、まだ日本では多くの人に知られておらんようやァ。

そやけど、検索エンジンの結果には、あんさんの Denman Blog の記事は、結構表示されますやん。

あのなァ~、WordPress.com には アメーバーブログのようなコミュニティが日本人の間では、まだ無いと思うねん。 そやから、検索エンジンの検索結果を見て Denman Blog にやって来るけれど、「お気に入り」 や 「ブックマーク」 に登録する人が極めて少ない気がするねん。 たぶん、Denman Blog は、なんだか訳の分からない“よそ者”という感じがするのやと思うでぇ~。。。

そうやろか? 

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
どのブログ・プロバイダーを選ぶかによって、実際、ずいぶんと読者が違うものなんですね。
驚きますわ。
 
とにかく、興味深い話題がさらに続くと思います。
あなたもどうか、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

こんにちはジューンです。

いかに生きるか?

いかに逝くか?

どちらも難しい問題ですよね。

では、ここでスイスの心理学者

カール・ユングの言葉を紹介します。

Death is psychologically as important as birth.

Shrinking away from it is something unhealthy and abnormal which robs the second half of life of its purpose.

さあ。。。、あなたは、どのように訳すでしょうか?

わたしは次のように意訳しました。

いかに逝くか? は、いかに生きるかと同じように重要なことだわ。

逝くことに怖気(おじけ)づくことはないのよ。

勇気を持って逝くことに臨むと言うことは

2倍に生きることになるのよ。

では次です。

A shoe that fits one person pinches another;

there is no recipe for living that suits all cases.

これは、それほど難しいことではありませんよね。

誰の足にも合う靴なんてないように、

生き方も人によって違うものなのよ。

では、もうひとつ。

As far as we can discern, the sole purpose of human existence is to kindle a light of meaning in the darkness of mere being.

さあ、あなたは、どのように訳しますか?

わたしは次のように意訳しました。

生きる意味って何だか考えてみたことがありますか?

本当に生きたいって言う目的を見つけることが人生なのよ。

もっとうまい訳が見つかったら、

ぜひコメントに書いてくださいね。

ところで卑弥子さんが面白いサイトを立ち上げました。

あなたも、もっと笑って楽しい気分になれます。

次のリンクをクリックして覗いてみてね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。