愛と人生のアクセス解析


   
2010年12月26日 (日曜日)
 
 
愛と人生のアクセス解析
 
 
生きることって愛することだよね
 
 



生きることって愛することだよね



生きることって愛することだよね

デンマンさん。。。エマニエル夫人が出てきたと思ったら、ジューンさんまでがエキゾチックな南の海を背景に登場してますやん。。。今日はポルノチックにやりはるのォ~?

めれちゃん!。。。クリスマス気分がまだ抜けきらないのやァ。 そやけど、クリスマスが終わって、早々にポルノチックな気分でもないやろう?

あんさんのことやから、どんな話題が飛び出すか?まったく予想がつかへん。

さよかァ~。。。でもなァ、今日は真面目な話題でゆくねん。 まず、ジューンさんの文章を読んで欲しいねん。

こんにちはジューンです。

いかに生きるか?

いかに逝くか?

どちらも難しい問題ですよね。

では、ここでスイスの心理学者

カール・ユングの言葉を紹介します。

Death is psychologically as important as birth.

Shrinking away from it is something unhealthy and abnormal which robs the second half of life of its purpose.

さあ。。。、あなたは、どのように訳すでしょうか?

わたしは次のように意訳しました。

いかに逝くか? は、いかに生きるかと

同じように重要なことだわ。

逝くことに怖気(おじけ)づくことはないのよ。

勇気を持って逝くことに臨むと言うことは

2倍に生きることになるのよ。

では次です。

A shoe that fits one person pinches another;

there is no recipe for living that suits all cases.

これは、それほど難しいことではありませんよね。

誰の足にも合う靴なんてないように、

生き方も人によって違うものなのよ。

では、もうひとつ。

As far as we can discern, the sole purpose of human existence is to kindle a light of meaning in the darkness of mere being.

さあ、あなたは、どのように訳しますか?

わたしは次のように意訳しました。

生きる意味って何だか考えてみたことがありますか?

本当に生きたいって言う目的を見つけることが人生なのよ。

もっとうまい訳が見つかったら、

ぜひコメントに書いてくださいね。

ところで卑弥子さんが面白いサイトを立ち上げました。

あなたも、もっと笑って楽しい気分になれます。

次のリンクをクリックして覗いてみてね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

『生きることって愛すること? (2010年12月18日)』より

少し、くどいのとちゃうん? わたし、ジューンさんの上の文章を何度か読みましたでぇ~。

めれちゃんも読んだのか?

そやかて、あんさんが記事の中で何度も引用してますやん。

そうやァ。 めれちゃんも気づいているのであれば、わてはうれしいねん。 うへへへへへ。。。

この事を言うために、わざわざジューンさんの文章を持ち出してきやはったん?

ちゃうねん。 実は、次の記事がメチャ読まれたのやがなァ。

『生きることって愛すること?』

(2010年12月18日)

上のジューンさんの文章は、この記事の冒頭に引用されたのや。

。。。で、メチャ読まれてるってぇ、どれほど読まれてるん?

次の統計を見て欲しいねん。

12月18日に、パソコンで見た人が189人。 ケイタイで読んだ人が28人。 延べ 327ページが読まれたのや。

12月22日の方が、まだ読まれてるやん。 延べ 331ページが読まれてるねん。 ナンバーワンのマークもついてるやん。

そうなのやァ。 12月18日がトップになったさかいに、さっそくわては『生きることって愛することだよね』というタイトルを思いついて、この記事を書こうと思いたったのやァ。

そないに思うていたら、12月22日の方がトップになってしもうたの?

うしししし。。。そうなのやァ。

あんさんの予想がまったく外れてしまったということやねぇ~?

そうなのやァ。 そやけど、急にタイトルを変えるのも、やる気がなくなるので、わては上のタイトルに固執したというわけやァ。

。。。で、12月22日は、どの記事が読まれたん?

12月22日の記事別アクセス数を見て欲しいねん。

『愛の進化論 (PART 1)』

『愛の進化論 (PART 2)』

『愛の進化論 (全文)』

『愛の進化論』が読まれているねん。

そやけど、上の統計によると、『あなたの満足度は…?』の方が読まれているやん。

あのなァ~、確かに上の統計を見ると、そうなのや。 ところが『愛の進化論』というタイトルが注目を集めているのが、ケイタイからアクセスされていることからもわかるのや。 しかも、ホームページのアクセス数が 76なのやァ。

ホームページのアクセス数が『愛の進化論』のアクセス数と関係あるの?

もちろんやァ。 12月22日のホームページの最初の記事が『愛の進化論 (PART 1)』なのやァ。 そやから、ホームページで『あなたの満足度は…?』を読まない人でも、『愛の進化論 (PART 1)』を必ず見ることになるねん。 つまり、実質的に 『愛の進化論 (PART 1)』のアクセス数は  76+5+2=83 になるねん。

『愛の進化論』は、それほどおもろいやろか?

おもろいでぇ~。。。次の箇所は特におもろいと思うでぇ~。。。

私は学友にどう思われていたかわからないが、ある女の子から思わせぶりな態度を示された。 彼女も生物学に関心があって、私はすっかりのぼせあがる。 彼女は私のほかの男の子とこんなふうに比べた。 ひとりはブロンドで、笑わせてくれる。 その子は昼だと言う。 もうひとりは顔が浅黒くて、つっぱり屋。 その子は夜だ。 「それでね、デイヴィッド、あなたは夕方よ」と言って、彼女は自分の気のきいたたとえを笑った。

最高学年になり、アイビー・リーグの名門大学数校に出願したが軒並み断られ、がっくりきた。 結局、滑り止めと思っていたロチェスター大学に入学する。

 (中略)

ひどく孤独で、ついにメアリーという女の子と図書館で会う約束を取りつけたときには、腹ペコのオオカミがウサギを追って突進するように追いかけた。 メアリーは夜間の講座を受ける学外の人間で、すでに彼氏がいたが、そんなことでひるむような私ではない。 ある春の日、メアリーが彼氏と車で遠出しようとしていた。 私は満開の花をつけたライラックの木から枝を一本丸ごと切り取り、車の後部座席に投げ入れた。

あとで彼女が語ったところによると、それは熱烈な行為で、ライラックのうきうきするような香りが車内に立ちこめた。 ついにメアリーの心をつかんだのだ。

 (中略)

7月末にアルバイトが終わると、メアリーを父と父の二番目の妻べティーに紹介した。 父とべティーはジョージ湖に避暑に来ていた。 二人の人間がメアリーと父みたいにあっというまに嫌い合うのを、私は見たことがない。 メアリーは煙草を吸い、父はパイプのほかにときどき葉巻をふかした。 初対面のときに父は葉巻に火をつけ、メアリーはたぶんへたな冗談のつもりでこう言った。 「葉巻なんて大嫌い—大きいペニスの象徴でしかないわ」。 父にそんなことを言うものではない。 父は憎々しげにほほえみ、言い返した。 「ほう、煙草が小さなペニスの象徴でなくて、何だっていうのかね」

人生はピンボールのごとしというたとえはまだ続き、それから数日のあいだ、 私は電気仕掛けのスティックでひっぱたかれる銀色の玉になった気がした。 まさしく父とメアリーのあいだを行ったり来たりしたのは、ふたりがたがいを避けていたからだ。 何とかしなければならず、私とメアリーはジョージ湖で八月を過ごすのをやめ、愛する「父よけ」カヤックに乗りこみ、650キロを漕いで大学に帰った。

 (中略)

メアリーとの関係はだんだん悪化していったが、どんな人間関係でも努力すればうまくいくというのが私の信念だった。 電話で長々と話し、話しているうちにメアリーはどんどん機嫌が悪くなっていく。 ラヴェルの「ボレロ」の音がだんだん大きくなっていくのに似ていた。 それから、ある種の精神浄化作用が行われたかのように、機嫌を直して電話を切る。 私は疲れ果てる。 ルームメイトはユーモアに富む大らかな男で、電話を立ち聞きして、ついにこんな忠告をしてくれた。

デイヴィッド、関係を続けようとする努力には感心するよ。 サーカスで頭の上にゾウをのっける怪力男みたいだ。 でもな、ゾウは君の頭でクソしてるんだぞ」。

悲しいかな、こんなにわかりやすい分析をしてもらっても、人間関係はその気になりさえすれば維持できるという信念は変わらなかった。

 (中略)

メアリーとの関係は日に日に、ますます努力を要するようになっていったが、それでも私たちは結婚することにした。 私が大学を卒業した週に大学の教会で式を挙げ、家族全員がつとめて平静を装って出席した。 父も例外でない。

 (中略)

メアリーはスパルタン・ヴィレッジですることがまったくなく、結局、Kマートで店員の仕事を見つけた。 私は夕方に迎えに行き、翌日の昼食にする湿ったサブマリンサンドを特売価格で買う。 メアリーはカメラ売り場に配属され、写真に興味を持った。 最初はほんの趣味程度だったが、やがて求人広告を見て、小さな広告会社の仕事にありついた。 自分を伸ばせる世界がここにあったのだ。 一年とたたないうちに、かろうじてふたりをつないでいたぼろぼろの綱がぷつんとちぎれ、私たちは離婚手続きを申請した。 メアリーは、その後、本職の写真家として成功する。 べつべつの道を歩くことになって私はほっとしたが、大学院の友人が何人かいるだけで孤独だった。 どうすればいいのだろう—飲み屋で女性に近づいて「やあ、ぼくデイヴィッド。 暇なときはいつも動物プランクトンを研究してるんだ」とでも言えばいいのか。 私はいつまでたっても女性の目から見て“夕方”のような気がしていたが、とぼとぼ歩き続けることしかできなかった。

(注: イラストと写真はデンマンが貼り付けました。)


(381-389ページ) 『みんなの進化論』
(Evolution for Everyone)
2009(平成21)年4月25日 第1刷発行
著者: デイヴィッド・スローン・ウィルソン
    (David Sloan Wilson)
訳者: 中尾ゆかり 発行所: 日本放送出版協会

『愛の進化論 (PART 2)』より

どうしてこの部分が注目されるん?

象がクソするのがおもろいのやがなァ。 うへへへへへ。。。

そうやろか?

あのなァ~。。。上の統計にはっきりと表れておるねん。

どこに。。。?

象のエピソードを含んでいる PART 2 が PART 1よりも断然読まれているのが、そのことを物語っておるねん。

『生きることって愛すること?』

(2010年12月18日)

。。。で、12月18日は、上の記事がダントツで読まれたん?

そうやァ。 12月18日の統計を見て欲しいねん。

『PDFって?』

そやけど、上の PDF の記事の方がもっと読まれてるでぇ~。

あのなァ、確かに上の統計を見る限り、そういう数字になっているのやァ。 でもなァ、直接表示されてない数字があるねん。

それが、ホームページやと、あんさんは言わはるの?

そうやァ。 12月18日のホームページの最初の記事は『生きることって愛すること?』なのや。 そやから、ホームページを見る人は『PDFって?』を読まへんとしても、『生きることって愛すること?』は必ず見るねん。

そやけど、『生きることって愛すること?』が読みたければ、直接読みに来るのとちゃうん?

もちろん、検索して読みに来る人は、そうするねん。 でもなァ、アメブロの場合、検索エンジンからやってくる人は極めて少ないねん。 12月22日の場合、たったの一人や。

分かるやろう。 「苫小牧」で検索して、この人は「苫小牧子殺し事件」を読みはったのやァ。

それ以外の人はどこから来やはったん?

わてのブログの常連さんやがなァ。

「お気に入り」 や 「ブックマーク」 から来たと、あんさんは言わはるの?

そうやァ、次の統計が物語っているねん。

そやけど、RSS フィードの配信を受けてる人ならば、ホームページやのうて、直接おもろいタイトルをクリックすると思うわァ。

もちろん、そういう人も、ようけいおるねん。 でもなァ、なかには卑弥子さんのような、おせっかいな人が次のようなメッセージを書くねん。

つまり、卑弥子さんが書くようなメッセージを受け取りはった人は、ホームページを読むと、あんさんは言わはるのォ~?

そ~や。 余計なことをせんと、そのままリンクをクリックすればええのやから。。。

【レンゲの独り言】

ですってぇ~。。。
なるほどねぇ。
あなたも、デンマンさんがおっしゃることが分かりました?

とにかく、さらに興味深い話題が続くと思います。
あなたもどうか、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』

こんにちはジューンです。

「苫小牧子殺し事件」は痛ましい事件でした。

北海道・苫小牧の何処かで、3歳の長男と

1歳の三男の兄弟が鍵の掛かったアパートに

閉じ込められ放置されのですわ。

長男は生米や冷蔵庫のマヨネーズやケチャップ゚で

飢えをしのいだのです。

三男は飢餓と低体温症で亡くなってしまいました。

昼間に自動的に入る暖房で、餓死した弟が

無残に腐食する横で、お兄ちゃんは

必死で飢えを凌ぎ生き抜いて、

ママの帰りを待ち続けたというのです。

でも、ママは新しいボーイフレンドの部屋に

住み着いて1ヶ月以上、

子供たちの養育を拒み、

ボーイフレンドと遊んで暮らしていたのです。

もう、死んでいるのではないかと思って、

アパートに戻ると、長男は生きていた。

「何で生きてるの?」

冷血女性のママは長男を見て

まず、そう感じたと言うのです。

人間は、それほどまでに非情に

冷血になれるものでしょうか?!

何度読んでみても、亡くなった子供のために

涙が流れてきますわ。(めそめそ。。。)

「苫小牧子殺し事件」のことは

次の記事の中で引用されています。

『愛の進化論』

ところで、卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。