docomo


 
 
ドコモのタリアセン


(docomo01.jpg)


(taliesin92.jpg)

デンマンさん。。。 「ドコモのタリアセン」ってぇ、ドコモが新しく「タリアセン公園」を造ったのですか?

違いますよ。 僕の知る限りドコモが「タリアセン公園」を造ったなんて聞いたことがありません。

じゃあ、どうして「ドコモのタリアセン」なんてぇタイトルにしたのですか?

まず次のリストを見てください。


(ame30714b.gif)

これは7月14日のアメブロの僕のブログの「リンク元URL」のリストなのですよ。 赤枠で囲んだ 14番に注目してください。

docomo でリアルタイム検索をしてデンマンさんのブログにやって来た人がいたのですか?

そうです。 この人は docomo のリアルタイム検索で「軽井沢タリアセン」を入れて僕のブログにやって来たのですよ。

14番のリンクをクリックすると、どのような検索結果が表示されるのですか?

スクリーン・ショットを撮ってあるからここに貼り出します。 小百合さんも見てください。


(doc30715.gif)

『現時点での検索結果』

検索した人は次の3つの記事を読んだのですよ。


(ame30618e.gif)

『実際のページ
 
 

(ame30708e.gif)

『実際のページ』
 
 

(ame30627e.gif)

『実際のページ』
 
 

でも上の3つの記事をすべて読んだとは限らないでしょう?

いや。。。 3つの記事をすべて読んだのですよ。 なぜなら、この人は「軽井沢タリアセン」の情報をゲットするためにやって来たからですよ。

その証拠でもあるのですか?

ありますよ。 次のリストを見てください。


(ame30714d.gif)

これは7月14日の「人気記事リスト」ですよ。 赤枠で囲んだ 5番、25番、26番に注目してください。

でも、docomoで検索した人が上の3つの記事を読んだという確証にはならないじゃありませんか。。。 つまり、他の人が読んだということも十分に考えられますわ。

あのねぇ~、確かに100%の確証にはならないでしょう。 でもねぇ~、リアルタイム検索で「軽井沢タリアセン」を入れて検索したということは、「軽井沢タリアセン」についての最新情報をすぐにでもゲットしたいからリアルタイムで検索したのですよ。 だとするならば、3つの記事を読んだはずなのです。 なぜならば、検索結果のトップに表示された『軽井沢タリアセン夫人の足跡』をまず読みますよ。 でもねぇ、「軽井沢タリアセン」のことは何も書いてない。 当然、次には2番目の『軽井沢タリアセン夫人の知名度』を読む。 だけど、2番目の記事にも「軽井沢タリアセン」のことは書いてない。 そうなると、順序として3番目の記事『軽井沢タリアセン夫人と病院の評判』も読みますよ。 ところが、3番目の記事にも書いてない。

結局、4番目の記事で初めて「軽井沢タリアセン」のゴーカートに出くわすのですか?

そうです。 でもねぇ、たぶん、検索した人は「軽井沢タリアセン」でゴーカートに乗って遊ぶための情報をゲットしたくて検索したのではないと思うのですよ。

そうれで、どうしたのですか?

だから 4番目までの記事を読んでも、結局、欲しい情報がゲットできなくてムカついたと思うのですよ。 (微笑)

デンマンさんがいけないのですわ。 ムキになって「軽井沢タリアセン夫人」の記事をたくさん書くので、「軽井沢タリアセン」の最新情報をゲットしたい人が検索すると、関係ない記事が表示されて余計な手間と時間がかかって、挙句の果てに、必要な情報がゲットできなくてムカついてしまうのですわ。

それが僕の責任だと小百合さんは言うのですか?

検索した人も、きっとそう思ったですわよ。

分かりました。 今日も「軽井沢タリアセン」で検索する人もいるだろうから、ついでだから、「軽井沢タリアセン」のことを書きますよ。 小百合さんも読んでみてください。

あのねぇ~、「軽井沢タリアセン夫人」を入れて検索してみたら、その中にレストランが出てきたのですよう。

なんと、軽井沢タリアセンの園内にあるのですよう。 レストランのタイトルをクリックすると、次のようなページが表示されるのです。

『食べログ 「レストラン湖水」 紹介ページ』

『ロンドンの軽井沢タリアセン夫人』

(2010年5月4日)

なんと、ロンドンへ行ったときの小百合さんが紹介されているのですよ。

デンマンさん!。。。別に私を紹介したわけではないのですわ。 上のページにも書いてありますわ。

店名や電話番号などをキーワードにブログを検索し、

自動検出した結果ですので、

お店に関係しない記事が含まれる場合もございます。

でもねぇ~、これも何かの縁ですよ。 こうして小百合さんの記事が「食べログ」の 「レストラン湖水」 の紹介ページに登場したのだから、軽井沢タリアセンにあるのならば、ぜひそこで小百合さんと一緒jに食事をしたかったですよう。

デンマンさんとご一緒に出かけた時には閉まっていましたわね。

 レストラン 湖水

小百合さんは、このレストランを知っていたのですか?

私は軽井沢タリアセンには子供をつれて何度か行ったことがありましたから知っていますわ。

 睡鳩荘(すいきゅうそう)

小百合さんと一緒に行った時には睡鳩荘(すいきゅうそう)を見て、それからレストラン・ソネットへ行ったのですよね。

 レストラン ソネット
(1階がレストランで2階は「深沢虹子・野の花美術館」)

そうでしたわ。 チーズケーキをいただきながらコーヒーを飲んだのでしたわね。

そうでした。 寒い日で、園内には数えるほどの人しか居なかった。 「レストラン湖水」 が閉まっていたのも納得がゆきましたよう。 確か11月の寒い日で、季節外れだったのですよね。

でも、またいつか行く機会があると思いますわ。

じゃあ、来年の秋に、小百合さんと一緒にブイヤベースを食べましょう。

ブイヤベースはないと思いますわ。 うふふふふ。。。

マジで。。。?

デンマンさんは、何かといえばブイヤベースですわね? 他に気のきいた料理の名前を覚えてないのですか?

もちろん、他にも料理の名前ぐらい覚えていますよう。。。でもねぇ、ブイヤベースの響きが、なんとなく格調高くありませんか?


『しんみりした曲ですね』より
(2010年12月27日)

どうして上の文章を引用したのですか?

あのねぇ~、「軽井沢タリアセン」でゴーカートに乗って遊ぼうと思う人は10人に一人ぐらいしかいませんよ。 でもねぇ~、「軽井沢タリアセン」へ行けば、必ず何か食べることになる。 だから上の情報は「軽井沢タリアセン」で検索した人にはきっと役立つと思うのですよ。 小百合さんもそう思いませんか? 

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
確かに「軽井沢タリアセン」へ行ったら、あたくしはゴーカートで遊ぼうとは思いませんわ。
やっぱり、なにか美味しいものでも食べたくなりますわよね。

あたくしも「レストラン ソネット」でコーヒーを飲みながらチーズケーキをいただこうと思いますわ。
お暇があったらこの夏休みに、あなたも「軽井沢タリアセン」へお出かけくださいまし。
楽しいよい公園ですわ。
あなたもきっと気に入ると思いますう。

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』

■ 『バレンタイン届いた?』

■ 『味もめん』

■ 『福豆と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『かぎろいの誘惑』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の真珠』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@沖縄』

■ 『ムーチー@沖縄』

■ 『マルちゃんのソース』

■ 『ヘチマ野郎』

■ 『優美な日本女性』

■ 『また、バレンタイン?』

■ 『ロダンの接吻』

■ 『追伸バレンタイン』

■ 『おばさんパンツとSEO』

■ 『季節はずれのバレンタイン』

■ 『ホワイトソースの思い出』

■ 『レモンと胡椒と愛情』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の足跡』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と病院の評判』

■ 『国際化の塩を求めて』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の知名度』

こんにちは。ジューンです。

あなたは間違いなくカレーライスがお好きでしょう?


(curryind.jpg)

うどんやお蕎麦はいかがですか?

うどんやおそばに「きつねうどん」や「きつねそば」がありますよね。
かけうどんやかけそばに甘辛く煮た油揚げを乗せたものです。

ただし、地方によって指すものが異なる場合があります。
関東でいう「きつねそば」を関西では「たぬき」と呼んでいます。

関東では「かけそば」や「かけうどん」に揚げ玉(天かす)を入れたものを「たぬきそば」や「たぬきうどん」と呼びます。


(tanukisob2.jpg)

地方によっては違いがありますが、使用する油揚げは、まず湯で油抜きをして、砂糖・醤油・みりんなどを使用して、しっかりと煮て甘辛く味付けをしているようです。
わたしも「かつおと煮干しが利いた和風つゆ」でいただいた「讃岐うどん」の味が忘れられません。

ところで、これまで書いた小百合さんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、小百合さんの記事をまとめて読みたいのならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『小百合物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。