Archive for 2017年3月

愛のジェローを探して

2017年3月31日

 

愛のジェローを探して

 


(valent6.gif)



(jello32.jpg)



(sayuri5.gif)

(beachbg.jpg+spacer.png)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 “愛のジェロー”を探しているのですか?


(kato3.gif)

。。。ん? 小百合さんは僕が“愛のジェロー”を探していると思ったのですか・・・

だってぇ~、タイトルにそう書いてあるではありませんかァ!?

僕が探していたわけではないのですよ。。。 次のリストを見てください。


(liv70315b.png)


『拡大する』

『愛のジェロー』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で3月14日の午前7時56分から午前11時7分までの約3時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んである箇所に注目してください。

3月14日の午前9時27分にカナダのGOOGLEで検索して『愛のジェロー』を読んだネット市民が居たのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 この記事を読んだ人はアルバータ州の州都であるカルガリー市に住んでいる相田 恵理子(あいだ えりこ)さんという女性です。

デンマンさんの知り合いの女性ですか?

いや。。。 上のリストを見て初めて知ったのですよ。。。

どうして名前まで判ったのですか?

IPアドレスを調べたのです。。。


(ip135133b.png)

『拡大する』

どういうわけでカルガリー市ではなく、カナダの首都のオタワの地図が出てくるのですか?

Shawcable(ショー・ケーブル)というプロバイダーの本社がオタワ市にあるからだと思うのです。。。

でも、プライバシーを守るためにアクセス者の名前までは調べられないはずですわァ~。。。 デンマンさんはハッキングをして機密情報をゲットしたのですか?

いや。。。 僕はそのような不正行為をしてまで個人情報を盗むようなことはしません。。。 実は、恵理子さんは『愛のジェロー』の記事に中にあるリンクをクリックして『仔牛とロマン (2008年5月14日)』を読んだのですよ。。。 そのページの下に「御意見・御感想」という欄があって、恵美子さんは、そこで次のようなメッセージを書いてくれたのです。

Beaverland Net Form Processor
From: aida****@shawcable.net
To: denman****@gmail.com
Date:Sun, Mar 15, 2017 10:33 am.
Pacific Standard Time
日本時間: 3月14日 午後6時33分

MESSAGE SENT THROUGH YOUR WEBSITE

This form was submitted: Mar 15 2017 / 10:33:13

userid = barclay1720
YahGeo = encoding-identify-good
Your_Name = 相田恵理子
Your_Email_Address = aida****@shawcable.net

Comments:


(momkid03.jpg)

 

子供がジェローが好きで、検索していたらデンマンさんの記事に行き着きました。
楽しく読ませていただきました。

バンクーバーに住んでいるデンマンさんは、トロントにも住んでいたことがあるのですね。
私は結婚前はトロントに住んでいたのですが、
結婚してからはカルガリーに移り住みました。

3月に入ったというのに雪に閉ざされている感じです。
平均気温は零度以下です。

暖かいバンクーバーが懐かしいです。
去年の5月に日本からの帰りに3日ばかり滞在しただけでしたが、
3日とも晴天でスタンレー公園で暖かい春を満喫しました。

カナダプレイスのパンパシフィックホテルのレストランで食べたクレームエペスを
今度バンクーバーに寄った時には、また食べてみようと思います。
では、また楽しい記事を期待しています。

デンマンさんもジェローが好きなのですか?

いや。。。 最近、食べたことがないですよ。。。

記事ではどんなことを書いたのですか?

小百合さんは忘れてしまったのですかァ~。。。 2008年に小百合さんに書いたメールの中でジェローのことも書いているのですよ。。。

9年も前のメールなど覚えていませんわ。。。 どのような事を書いていたのですか?

ちょっと読んでみてください。


(sayuri2.gif)

Jello(スペル違う?)って知ってる?
これまた 子供達の好きな ゼリーで 家で作る パウダータイプ。

2for 1$ とか言って 安かった時 子供達はどのフレイバーが
いいかなあ~ と楽しげに 買い物カゴに入れてました。

日本にあるイチゴやレモン メロン オレンジ系は カゴに入れません
バンクーバーにしか売ってない味を 買います。

ラズベリー ブラックベリー グレープ(ぶどう) ピーチ
すいか、 新しい味の箱を見つけると 長男、次男はとりっこで
大変でした。

もちろん、知ってますよう。
北米で1年間暮らせば Jell-O を知らない人は居ないでしょう!


(jello12.jpg)


(jello22.jpg)

英語のウィキペディアには次のように書いてありますよう。
残念ながら日本語のウィキペディアには、この項目は無い!

Jell-O

Jell-O is a brand name belonging to USA-based Kraft Foods for a number of gelatin desserts, including fruit gels, puddings and no-bake cream pies.

The brand’s popularity has led to its becoming a generic term for gelatin dessert across the US and Canada.

Because of this, in the United States, packages of Jell-O are marked as Jell-O Brand.


Jell-O はアメリカに本社のあるクラフト食品会社のブランドネームです。

ゼラチンを使ったデザートで、果物ゼリー、プリン、焼く必要の無いクリームパイなども含まれています。

北米では、この名前はポピュラーで普通名詞のようになっています。

そのため、アメリカではパッケージに商標として明示しています。

【デンマン訳】

SOURCE: http://en.wikipedia.org/wiki/Jell-O

僕がトロントで下宿していた頃、下宿のおばさんがジェローが好きで、これがよく食後のデザートに出てきたのですよう。
初めのうちは珍しいから、食べたけれど、そのうちすっかり飽きてしまって、見るのもイヤになりました!


(laughx.gif)

人にもよるのだろうけれど、僕は自分で買ってまで食べる気になりません。
うしししし。。。


(laugh16.gif)

でも、甘いものが好きな小百合さんのためならば
心を込めてレインボー・ジェローを作ってあげますよう。


(jello52.jpg)

どうですか?こういう虹色のジェローは。。。?

ん。。。?もっとロマンチックなジェローが食べたいの?

だったら、こういうのはどうですか。。。?


(jello32.jpg)

これならば、きっと小百合さんは気に入ってくれると思うのですよう!

では、小百合さんに会える喜びをかみしめながら

ロマンチックに短歌を詠んでしまいます。

ああぁ~ 夢とロマンの秋ですねぇ~

バンクーバーも、めっきり

秋らしくなってきましたよう。

では、小百合さんに会える喜びを

さらに短歌に込めて。。。


(jello32.jpg)

虹色の

ジェローを食べる

きみとボク

夢を抱いて

心が弾(はず)む


(valent6.gif)


(bearhug05.jpg)

うしししし。。。

ちょっと調子に乗ってしまいましたね。

失礼いたしましたア!


(foolw.gif)


『愛のジェロー』より
(2008年10月19日)

ジェローのことで私がメールを書いたことがあったのですわねぇ~。。。

そうですよ。。。

少し思い出してきましたわ。。。 ところで、恵理子さんがメッセージの中で次のように書いてますよねぇ~。。。


(panhotel03.jpg)


(panhotel02.jpg)


(panhotel01.jpg)

カナダプレイスのパンパシフィックホテルの

レストランで食べたクレームエペス

今度バンクーバーに寄った時には、

また食べてみようと思います。

どういうわけで“クレームエペス”がでてくるのですか?

『愛のジェロー』の中で次のように“クレームエペス”を取り上げたからですよ。。。

は~♪~い。

では、今日は甘いのが好きな

小百合さんのために

ハイセンスなフランス風のデザートを…


(din001.jpg)

クレームエペスをどうぞ…

クレームエペスと言うのは、

フランス・ノルマンディー地方の生クリームの一種です。

乳酸発酵させた爽やかな酸味と芳醇なコクが特徴です。

クリーミーなヨーグルトといった感じの味わいですよ。

エペス(epaisse)とはフランス語で

うしししし。。。

「厚い」「濃い」という意味なのです。

でも、そういう重い感じではなく、

どことなく懐かしいキュートなテイストですよ。

しかも、フレッシュな巨峰との相性が抜群です。

もっと楽しいグルメのお話は

次のリンクをクリックして読んでね。

■ 『仔牛とロマン (2008年5月14日)』

夢とロマンと愛を胸に抱いて

じっくりと味わってねぇ~


(laugh16.gif)

ほら、ほら、ほらぁ~。。。小百合さん! 

また、ヨダレがたれてるよう!


(foolw.gif)

じゃあ。またねぇ~。

うしししし。。。


(byebye.gif)


日本時間: 2008年10月15日 午後5時28分
バンクーバー時間: 10月15日 午前1時28分

『愛のジェロー』より
(2008年10月19日)

じゃあ、今度 私がバンクーバーへ行ったら、クレームエペスをご馳走していただけますか?

もちろんですよ。。。 小百合さんがやって来るのを首を長くして待っているのですよ。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~~

思えば、もうお花見の季節でござ~ますわァ~。。。

月日の流れは、本当に“光陰矢のごとし”でざ~ますゥ。

デンマンさんと、つい最近、ご一緒に那須高原へ出かけたと思っていましたのに。。。


(nasu102b.jpg)

紅葉のきれいな那須高原で、「自在荘」に泊まって温泉にも浸かってまいりましたわァ~。。。

でも、クレームエペスはござ~ませんでしたわァ~。。。


(jizai08b.jpg)

それでも充分にリラックスできましたァ。。。

ちょっとばかり はしゃぎすぎてしまったようでござ~ますう。


(aerobics5.gif)

『衝撃の角度』

デンマンさんに、また得意のアクロバットを見せてしまったのでござ~ますわよう。。。

うふふふふふふふ。。。

ところで、小百合さんがどうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?

ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。

小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。

小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。

分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)


(surfin2.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』


(fragran11.jpg)

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『手作り弁当@船着き場』

■ 『盛り上がる@馬車道』

■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』

■ 『愛と憎しみの丸墓山』

■ 『忘れられない!』

■ 『大名行列@行田』

■ 『別れの朝も…』

■ 『婚外恋愛』

■ 『婚外恋愛と人間失格』


(noten15.jpg)

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』

■ 『銀座からバレンタイン』

■ 『仙台からバレンタイン』


(sayuri201.jpg)

■ 『パリからバレンタイン』

■ 『ジャズ@バンクーバー』

■ 『タイからバレンタイン』

■ 『たまご麺@バレンタイン』

■ 『愛犬とゴッド』

■ 『ザ・バレンタイン女』

■ 『週刊誌deヌード』

■ 『愛と天の夕顔』

■ 『ジェミマおばさんのシロップ』

■ 『夏日に、お帰りなさい』

■ 『コイ、鯉、恋がいっぱい!』

■ 『スープカレーなのね』

■ 『忍城時代まつり』

■ 『夜道のルート66』

■ 『上を向いて歌おう』

■ 『霧積温泉のロマン』

■ 『元気が一番!』

■ 『行田のスープカレー』

■ 『パンツとブラジャーと餃子』

■ 『軽井沢を文学散歩する』

■ 『ばァ~の面影』

■ 『バレンタイン@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@遠藤家』

■ 『桃の節句@天国』

■ 『古代米カレー』


(bare02b.gif)

こんにちは。ジューンです。

「上を向いて歩こう」がアメリカで人気が出るきっかけは

何だったのでしょうか?

通説によると、1963年の春、

アメリカ西海岸のローカルラジオ局のDJが、

異国情緒を味わってもらおうと、たまたま手元にあった

日本の曲をオンエアーしたところ、

リスナーからリクエストが殺到したために

人気に火がついたと言われています。

果たして、その話はどこまで本当なのでしょうか?

アメリカで「上を向いて歩こう」をシングルとして

最初に発売したレコード会社はキャピトルです。

同じ時期にキャピトルはイギリスの親会社であるEMIが

ビートルズのシングルを出すようにと要請してきたのです。

ところがアメリカでは人気が出ないと断っているのですね。

では、いったい誰が「上を向いて歩こう」をシングルとして

発売したのでしょうか?

その発売を決定した人の名前が

デンマンさんが描いた次のチャートに出ています。


(qchan90.gif)

デイブ・デクスター・ジュニアさんなのです。

「A&Rマン」と言われていた人で、

売れる可能性のあるアーティストを発掘し、契約を結び、

制作を担当する仕事をしていた人です。

ローカルラジオ局のDJからある日電話がかかってきて

「上を向いて歩こう」が人気が出ていると聞いて、

さっそく自分でも聞いてみたそうです。


(qchan03.jpg)

九ちゃんが日本語で歌っているので

詞の内容は理解できなかったけれど、

これならイケそうだと直感して売り出すことに決めたそうです。

つまり、ビートルズの曲はヒットしないと蹴ったけれど、

九ちゃんの「上を向いて歩こう」は直感的に

ヒットすると思ったのだそうです。

ところで、デンマンさんが小百合さんの記事をまとめて

次のサイトを立ち上げました。

時間があったら下のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。

『夢とロマンを持って前向きに生きる

小百合さんの物語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(ebay5.jpg)


(byebye.gif)

紺瑠璃杯に魅せられて

2017年3月30日

 

紺瑠璃杯に魅せられて

 


(renge62h.jpg)


(himiko90.gif)

 


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。最近 紺瑠璃杯に魅せられたのでござ~♪~ますか?


(kato3.gif)

いや。。。 僕が紺瑠璃杯に魅せられたわけではないのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。。。


(liv70327a.png)


『拡大する』

『ラピスラズリと紺瑠璃杯』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の 3月26日の日本時間で午後10時23分から27日の午前3時20分までの 約5時間の「生ログ」の一部です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。。。

あらっ。。。 3月26日の午後10時23分に『ラピスラズリと紺瑠璃杯』を読んでから、30分後の午後10時55分に もう一度『ラピスラズリと紺瑠璃杯』を読んだのでござ~ますわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 佐賀県の武雄(たけお)市に住んでいる 今野 瑠璃子(こんの るりこ)さんはマジで“紺瑠璃杯”に魅了されているのです。。。

デンマンさんは瑠璃子さんをご存知なのですか?

いや。。。 「生ログ」で初めて知ったのですよ。。。

どのようにして。。。?

もちろん、IPアドレスを調べたのです。。。


(ip47240b.png)

『拡大する』

でも。。。、でも。。。、アクセスした人の名前までは判らないはずなのでござ~ますわァ。

卑弥子さんの言うこはもっともです。。。 でもねぇ~、僕には判るのですよ。。。

だから、どのようにしてアクセス者の名前をゲットしたのでござ~ますかァ?

あのねぇ~、ラピスラズリと紺瑠璃杯に興味を持つ人の間には、不思議な以心伝心が働くのです。。。

以心伝心で今野 瑠璃子さんのお名前をゲットしたのでござ~ますか?

卑弥子さんは僕の言うことが信じられないのですかァ~?

要するに、テレパシーだと言うのでござ~ますわねぇ~。。。

そうです。。。 いけませんかァ~?

そのような子供騙しなことを あたくしが信じるとでも思っているのですかァ~?

分かりました。。。 卑弥子さんは僕の言うことを信じないようだから、この際 卑弥子さんが納得のゆくように説明します。

余計な事は言わなくても結構ですから、なるべく手短にお話しくださいませぇ。。。

あのねぇ~、今野 瑠璃子さんは『ラピスラズリと紺瑠璃杯』の記事の中に出てくる次のメールを読んだのです。。。


(foolw.gif)

Subj:
コメントありがとう!

バンクーバーのデンマンです。

Date: Mon, Feb 13, 2012 1:16 pm.
Pacific Standard Time
日本時間: 2月14日 午前6時16分
From: denman@infoseek.jp
To: neko****@hb.tp1.jp
CC: barclay1720@aol.com

旅猫マイケルさん、コメントありがとうございます。
僕の記事にコメントをもらうことは極めて稀なのですよ。

『ラピスラズリとラピスラズリ・ロード』という記事は2005年6月17日に書いたもので、それ以来コメントを書いてくれたのは旅猫マイケルさんが初めてでした。

僕が子供の頃はラピスラズリ (lapis lazuli) なんて耳にしたことも目にしたこともありませんでした。
エジプト、シュメール、バビロニアなどの古代から、宝石として、また顔料ウルトラマリンの原料として珍重されてきたというわけで、日本とは関係ないモノのようです。

ところが、ずっと昔、奈良時代に日本に渡っていたなんて、本当に世界は意外にも、昔も狭かった時期があったのですよ!
それが正倉院の紺瑠璃杯として残っている。

ラピス(Lapis)はラテン語で「石」。
ラズリはペルシア語からアラビア語に入った “lazward”(ラズワルド: 天・空・青などの意でアジュールの語源)が起源だそうで「群青の空の色」を意味しているらしい。

しかし、和名では瑠璃(るり)といい、考えてみれば「浄瑠璃」という名で耳に親しんでいる!
サンスクリット語のヴァイドゥーリャないしパーリ語のヴェルーリヤの音訳であるらしい。
でも、「るり」には聞こえないのだけれど。。。(微笑)。

しかし、どうして「浄瑠璃」に「ラピスラズリ」が入っているのか?

「浄瑠璃」の起源は、中世末期ごろの御伽草子の一種『浄瑠璃物語』であるらしい。
その物語は浄瑠璃御前と牛若丸の情話に薬師如来など霊験譚をまじえたもの。
その物語を語って神仏の功徳を説いた芸能者があったということで、そこから「浄瑠璃」の名が生まれたようです。
要するに、浄瑠璃御前の名前からとったということなんですよね。
「群青の空の色」のように、「紺瑠璃杯」のように、きれいな、きれいな御前だったのでしょう。


(winglass.gif+seisho05.gif)

とにかく、旅猫マイケルさん、コメントありがとうございました。
コメントをもらったお陰でいろいろと考えさせられました。
その事で2月14日に記事を書きます。
次のリンクをクリックして読んでみてください。

『ラピスラズリと紺瑠璃杯』

日本時間で2月14日のお昼頃には投稿を済ませているはずです。
さらに時間があったら卑弥子さんがマスコット・ギャルをやっている次のサイトも覗いてみてください。


(himiko92.jpg)

『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

では、歴史を面白く楽しんでください。


(denman01.gif)


『ラピスラズリと紺瑠璃杯』より
(2012年2月14日)

このメールを読んで、今野 瑠璃子さんは更に刺激されて『ちょっと変わった 新しい古代日本史』を読んだのです。。。

それで。。。?

瑠璃子さんは、とにかく“紺瑠璃杯”に魅せられていますからねぇ~、紺瑠璃杯のことならば、貪欲に情報をゲットしようと記事を一つ一つ見ていったのですよ。。。 すると、次の記事に出てくる“紺瑠璃杯”に目が留まった。


(fc30802e.png)


『拡大する』

『実際の記事』

それで上の記事をじっくりと読んだのでござ~ますかァ?

そうです。。。

それで、テレパシーはどうなったのでござ~ますか?

今野 瑠璃子さんは、それ以上記事を読むのが面倒になってぇ、ページの下にある「御意見・御感想」に感想を書いたのですよ。。。

Beaverland Net Form Processor
From: konno****@yahoo.co.jp
To: denman****@gmail.com
Date:Sun, Mar 26, 2017 9:27 am.
Pacific Standard Time
日本時間: 3月27日 午後5時27分

MESSAGE SENT THROUGH YOUR WEBSITE

This form was submitted: Mar 26 2017 / 09:27:21

userid = barclay1720
YahGeo = encoding-identify-good
Your_Name = 今野瑠璃子
Your_Email_Address = konno****@yahoo.co.jp

Comments:

「徒然ブログ」に掲載された「ラピスラズリと紺瑠璃杯」を大変興味深く読ませていただきました。
本文中のリンクをたどってゆきましたら、紺瑠璃杯が冒頭に出てくるこのページにやってきました。
「飛鳥とシルクロード」も大変面白く読むことができました。
加藤様はずいぶんと古代史に詳しいのですね。

バンクーバーには一度旅行で訪れたことがあります。
大変きれいな街だという印象が今でも鮮やかに記憶に残っています。

私は佐賀県の武雄市という町に住んでおります。
町の中心には開湯以来1300年経つ武雄温泉があります。
この温泉には日本銀行や東京駅の設計を行った辰野金吾設計の楼門があり、国の重要文化財に指定されています。

バンクーバーは雨が多いところだとも聞いておりますが、
お体に気おつけて、更に興味深い記事をたくさん書いてくださることを期待しています。
では。。。

だから、“テレパシー”などという眉唾物を持ち出さずに、今野 瑠璃子さんが書いた感想を初めから持ち出せばよいではござ~ませんかア!

でも。。。、でも。。。、それでは、この記事が面白くならなじゃありませんかァ~。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif) 

ですってぇ~。。。

ところで、“紺瑠璃杯”が大和朝廷にもたらされた頃

都では“伎楽”が楽しまれていたのでござ~ます。

ええっ。。。 “伎楽”とは、どのようなものなの?。。。とあなたは尋ねるのですか?

最近でも、“伎楽”あるいは“雅楽”が演奏されているのですわ。

では、ここに天皇陛下御在位二十年東京都慶祝の会の雅楽をお見せしますわねぇ~。。。


(gagaku09.jpg)

話は変わりますけれど、あたくしは“平成の紫式部”と呼ばれているのでござ~ますわァ。

うふふふふふふ。。。

ええっ。。。 信じられないってぇ~。。。?

じゃあ、『卑弥子の源氏物語』を お読みくださいませぇ~。。。


(genjiero4.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

どうですか? あたくしが “平成の紫式部”だと納得がゆきましたか?

ええっ。。。 ちょっと納得がゆかないのでござ~ますかァ?

でも こう見えても 一応 京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義しているのでござ~ますわァ。

ただし、なかなか あたくしの魅力を認めてもらえないのでござ~ますう。

つまり、結婚相手が 現れないのですわァ。

この際 高望みはいたしません。

“寅さん”のような人でもいいですわ。

旅に出ていることが多いので 手がかからないと思うのでござ~ますう。

ついでだから、寅さんの映画でも見て、希望をつなごうと思います。

“袖触れ合うも他生の縁”と申します。

あなたも 一緒に寅さんのYouTubeでも見てくださいねぇ~。。。


(tora019.jpg)

ちなみに、紫式部のお話も面白いですけれど、古代のお話も心にしみますわァ。

たまには、日本の古代史の記事も読んでくださいませぇ。

そういうわけで あなたのために平安史、古代史の記事を用意しました。

ぜひ 覗いてみてくださいね。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?

今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?

マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?

とにかく、次回も興味深い記事が続きます。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、またねぇ~。。。


(hand.gif)

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


(surfing9.gif)


(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。



(hama10.jpg)

『ハマグリにハマる』

『ハマグリの誘惑』

『ハマグリの足跡を追って』

『芭蕉と遊女』

『光源氏もビックリ』

『エロエロ源氏物語』

『悲痛の紫式部』

『卑弥子のえっち』

『白妙の和歌を探して』

『キーワード診断』

『紅のボート難民』

『ん?ネトウヨ』


(miya08.jpg)

『下衆のかんぐり』

『桓武天皇のママがネットで』

『ござが天皇とGOOGLE』

『エロ 建礼門院』

『一敗が三人に!』

『行田の黒い霧をはらう』

『ペルシャ人が飛鳥に』

『小柴垣草子』

『後白河上皇ダントツ』

『ブスと美人』

『エロい話が好き?』

『死んでも生きてる』

『失意の太田将宏』


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『源氏物語とおばさんパンツ』

『霊仙はなぜ毒殺されたの?』

『紫式部が地獄へ』

『破戒僧円載』

『アショーカ王の愛と苦悩』

『どら平太の世界』

『三四郎とデンマンさん』

『ヒトラーの姪』

『ゴヤと三島由紀夫』

『仏陀とキリストと娼婦』


(zurose2.jpg)

『ズロースと戦争』

『伊藤若冲ブーム?』

『ブッダと物理学』

『加藤清正ブーム?』

『愛憎と三輪山』

『松原智恵子 お尻ペンペン』

『坂本龍馬は流れ者か?』

『野ざらし』

『紫式部堕獄説』

『日本最古のポルノ?』

『源氏物語の性描写』

『寅さんの本棚と急行まつしま』

『ヒトラーは草食系?』

『ブッダとキリストと娼婦』

『顔文字とオナラ』

『宝暦の恨みを明治維新で』

『デウキと紅葉@行田』

『薄い陰毛と紅のボートピープル』

『江戸の閨房術』

『ずるがしこい現代人』

『春画@源氏物語』

『千早振る』

『あれっ、松本清張』

『キスと源信』

『伎楽は呉から…?』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)

私は下着女装です

2017年3月29日

 

私は下着女装です

 


(joso110b.jpg)


(xdress02b.jpg)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 ついにカミングアウトしたのですわねぇ~。。。 うふふふふふ。。。


(kato3.gif)

。。。ん? カミングアウト?

だってぇ~、もうずいぶん前から、デンマンさんは“下着女装”に拘(こだわ)っていましたわァ~。。。

僕は“下着女装”に拘(こだわ)ってませんよう。。。

別に恥ずかしがるほどのことではありませんわァ~。。。 多くの男性が“下着女装”して楽しんでいるのですから。。。 うふふふふふ。。。

あのねぇ~、僕はマジで“下着女装”して楽しんでませんてばあああァ~。。。

でも。。。、でも。。。、デンマンさんはご自分で“下着女装”している写真を冒頭に貼り出しているではありませんかァ!

それは、昨日の記事に、たまたま上の2枚の写真を使ったからですよゥ。。。 だから、面倒になって、ついつい昨日使った写真を貼りだしたまでですよゥ。。。

Firstly, Erik writes as follows:


(bean002.jpg)

 

I will submit your details to my Bank as Mr. Kato’s relative.

Verifying your identity with information supplied by me then becomes a routine matter and once satisfied that you are who I say you are, the Bank will then instruct the Central Bank to make the funds in Mr. Kato’s account payable to you.

Erik is stupid enough to consider you as a female. The executive of the Central Bank is NOT that stupid and find out that you’re a man. He will never release the fund to you.

What if I disguise myself as a female?


(joso110b.jpg)


(xdress02b.jpg)

Don’t be ridiculous… You’ll never be able to fool the executive of the Central Bank.

Then I’ll ask you to take the money for me.


“Way to Millionaire”より
(March 28, 2017)

でも、上の記事の中で「もし僕が女装したら?」と言っているではありませんか!

だから、冗談で、そう言ったわけですよゥ。。。 そしたら、ダイアンが「馬鹿言ってる場合じゃないでしょう! 銀行の重役が、そんなことで騙されはずないんだから。。。」と言ったわけです。。。

その事と今日の“私は下着女装です”と、どういう関係があるのですか?

全く関係ありません。。。 (微笑)

つまり、デンマンさんが女装した写真をわざわざ見せるために わたしを呼び出したのですかァ~?

いや。。。 本当は次のリストを見て欲しかったからですよ。。。


(wp70323b.png)


『拡大する』

『実際のリンク』

これはDenman Blogの3月23の「リファラ (リンク元URL)」のリストです。。。 赤枠で囲んだリンクに注目してください。

そのリンクをクリックすると どのようなページが出てくるのォ~?

次のページです。


(fmw70324a.png)


『拡大する』

『下着女装ブログ』

『現時点での検索結果』

あらっ。。。 「私は下着女装です」と入れて検索してデンマンさんの Denman Blog で記事を読んだのですわねぇ~。。。 で、いったいどの記事を読んだのですか?

当然、赤枠で囲んである記事を読んだのですよ。。。


(wp40802e.png)

『実際の記事』

『下着女装ブログ』という記事は人気があるのですか?

3月23日の「人気記事リスト」を見てください。。。


(wp70323c.png)

あらっ。。。 個別の記事では『床上手な女の7つの見分け方』の次によく読まれたのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。

。。。で、いったい どなたが検索して『下着女装ブログ』を読んだのですか?

札幌に住んでいる史汰木 恕双(したき じょそう)君ですよ。。。


(ip1796b.png)

『拡大する』

IPアドレスを調べれば、確かにプロバイダーのアクセスポイントは突き止めることができますけれど、アクセス者の名前までは載ってないのですわァ。

ジューンさんは見かけによらずネットに詳しいのですねぇ~。。。

その程度のことは常識ですわァ。。。で、Denman Blogにやって来るネット市民は“下着女装”で検索して記事を読む人は多いのですか?

それに答えるには次のリストを見てください。


(wp70327a.png)

『拡大する』

これは Denman Blog での1年間の「人気検索キーワード」のリストです。

あらっ。。。 「下着女装」を入れて検索してDenman Blog にやって来たネット市民が1年間に60人いたのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。

。。。で、『下着女装ブログ』もたくさんのネット市民に読まれているのですか?

その答えは次のリストを見れば分かります。。。


(wp70327b.png)

『拡大する』

あらっ。。。 1年間で 『下着女装ブログ』は371人に読まれたのですわねぇ~。。。 それにしても『床上手な女の7つの見分け方』は、18,496人に読まれているではありませんかァ!


(kiss007.gif)

『床上手な女の7つの見分け方』

そういうことです。。。 上の記事は1日平均、50人のネット市民に読まれているのですよ。。。

どうして、そんなに人気があるのですか?

ジューンさんも読んでみれば分かりますよ。。。

あとでゆっくりと読ませていただきますわ。。。 それはそうと、わたしはデンマンさんも下着女装することに密かに楽しみを見出していると思うのですわァ~。。。

ジューンさんは、どうしてそのように僕と“下着女装”を結び付けようとするのですか?

なぜなら、わたしはついさっき「下着女装」を入れて画像検索してみたのですわ。。。 すると次のような結果をゲットしたのです。


(gog70327a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

赤枠で囲んだ写真に注目してください。。。 デンマンさんが下着女装している姿が出てくるのですわァ~。。。

だから、それは たまたま記事のタイトルに合わせて僕が面白半分にコラージュしてデッチ上げたのですよう。。。 僕が実際に下着女装したわけではないのです。。。

でも。。。、でも。。。、わたしは写真をクリックしてた確かめてみたのですわァ~。。。 次のページを見てくださいなァ。


(gog70327b.png)


『拡大する』

『実際のページ』

この上のページを見ると、デンマンさんが「下着女装するとワクワクする」と言ってるではありませんか!

だから、それは記事のタイトルなのですよゥ。。。

つまり。。。、つまり。。。、デンマンさんが下着女装して、感激のあまり思いの内をタイトルにしたのでしょう!?


(goo60308e.png)


『拡大する』

『実際の記事』

あのねぇ~、ジューンさんは、何が何でも僕と“下着女装”を結び付けようとしているから、そのような独断と偏見に陥(おちい)るのです。。。 ジューンさんも上の記事のリンクをクリックして記事を読んでみれば、僕が“下着女装”してワクワクしたのではないことが分かりますよ。。。

マジで。。。?

信じてください。。。 お願いしますゥ。。。 世間では“信じる者は救われる!”と言いますから。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、どう思いますか?

デンマンさんは“下着女装”してワクワクしないかもしれませんが、

下着姿の女性を見てワクワクしているのですわ。。。

では、デンマンさんが楽しんだ映画をここで紹介しますわ。

1942年に制作された『千夜一夜物語(Arabian Nights)』の全編を貼り出します。

当時としては 1時間40分の長編です。


(arabian42.jpg)

ただし、英語です。。。

ええっ。。。? 英語は全く聞き取れないのォ~?

だったら、次の検索結果を見て笑ってくださいまし。。。


(gog51230a.png)

『現時点での検索結果』

あなただってぇ、上の検索結果を見てビックリするでしょう!?

『千夜一夜物語』に興味を持っているネット市民もたくさんいるのですけれど、

“おばさんパンツ”にも関心がある人が多いのでござ~♪~ますわァ。

実は、「おばさんパンツ」で検索してデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たネット市民の皆様は次の写真が気に入ったのですわァ!


(curtain5.jpg

どうでござ~ますかァ?

そうです。。。! あたくしのランジェリー姿なのですわよう!

うふふふふふ。。。

なかなか イカスでしょう!?

それに、最近、デンマンさんのブログにアクセスするネット市民の皆様は あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”に注目しているのですわよう。

ええっ。。。 信用できないのでござ~ますか?

それではここで、あなたに ご覧にいれますわねぇ~。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

最近 「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。。。

うふふふふふふ。。。

あたくしは、ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ~。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』


(fan004.jpg)

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

『肥後ズイキ@セルビア』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

Way to Millionaire

2017年3月28日

 

Way to Millionaire

 


(rich02.jpg)


(rich10.jpg)


(rich11.jpg)


(letter61.jpg)

“Enlarge!”

 

From: The Desk of ERIK GUNNAR
email: erikgunnar402@yahoo.com
FAX: 0044-8452992881

15-02-2017

Ms. Akira Kato
1100-2010 Robson Steet
Vancouver, BC V6G4K7
CANADA

 


(bean002.jpg)

 

Dear Akira,

I write to you in good faith and trust that you will take a moment to consider the contents of this letter.
In 2006, a Canadian man by the name of David Kato opened a high interest account with a local bank in UK.
Investments made on his behalf by the Bank saw Mr. Kato’s portfolio (initially valued at 4.8 million USD) increase by 300,000 thousand USD to 5.1 million USD by the end of the financial year.

In 2008 before the world financial crisis, the Bank received instructions to liquidate and transfer by cash, the principle (4.8 million USD) to Canada, where it was understood Mr. Kato intended to invest the money.
Arrangements were made for Mr. Kato to come into the bank and confirm the instruction but unfortunately, he never came, that was the last heard of Mr. Kato.
In 2012 when bank’s investigation revealed that Mr. Kato suffered a calamitous death.

The investigation also revealed that he died intestate.
All attempts to identify any living relatives—however distant—have yielded no results.
Mr. Kato would seem to have had no living relatives.
Having read the letter this far, two questions, no doubt, spring to your mind; firstly, what is my involvement in this and why have I contacted you?
The answer to your first question is quite simple.
My knowledge and involvement in this matter stem from the fact that I am employed by Bank as a Business Relations Manager.
It is on this basis that I decided to contact you.

I propose to make you the beneficiary of Mr. Kato’s estate with a view to you and I splitting the proceeds.
As outlandish as this might seem, I sincerely believe this venture is both plausible and achievable.
I will submit your details to my Bank as Mr. Kato’s relative.
Verifying your identity with information supplied by me then becomes a routine matter and once satisfied that you are who I say you are, the Bank will then instruct the Central Bank to make the funds in Mr. Kato’s account payable to you.
No eyebrows will be raised since you are a Canadian resident and have the same last name with the deceased.

Here in UK, the alternative is a simple one; when the funds remain unclaimed they eventually revert back to the state which will happen by the end of financial year of 2017.
In contacting you, I have explosed myself and I can only hope that by so doing, I have not compromised my livelihood and welfare of my wife and children.

I hope you will consider the facts as contained in this letter and make the decision to contact me in order to take this delicate matter forward.

 

ERIK GUNNAR


(kato3.gif)

Diane, I’ve received the above letter.


(diane02.gif)

Yes, I realize that, but something is fishy.

What do you mean?

First of all, Erik thinks you’re a woman.

I know… Most people living in North America quite often consider my Japanese first name to be feminine… That’s why I insist that my Canadian name is Kato Akira Kaato.

Kato, do you really think you’ll become a millionaire?

Yes, I do… Once I reply to the above letter, I’ll be able to receive more than one million USD… That’s what it says.

Do you really believe that?

Yes… Why not?

Don’t be an easy prey, Kato.

What do you mean by that?

Have you ever heard of a Nigerian letter scam?

Nigerian letter scam


(scam002.jpg)

 

Nigerian letter scam or an advance-fee scam is a type of fraud and one of the most common types of confidence trick.
The scam typically involves promising the victim a significant share of a large sum of money, in return for a small up-front payment, which the fraudster requires in order to obtain the large sum.
If a victim makes the payment, the fraudster either invents a series of further fees for the victim, or simply disappears.

There are many variations on this type of scam, including the 419 scam, the Spanish Prisoner scam, the black money scam and the Detroit-Buffalo scam.
The scam has been used with fax and traditional mail, and is now prevalent in online communications like emails.

Online versions of the scam originate primarily in the United States, the United Kingdom and Nigeria, with Ivory Coast, Togo, South Africa, Benin, the Netherlands, and Spain also having high incidences of such fraud.
The scam messages often claim to originate in Nigeria, but usually this is not true.

The number “419” refers to the section of the Nigerian Criminal Code dealing with fraud, the charges and penalties for offenders.

 


(scam010.jpg)


SOURCE: “Advance-fee scam”
From Wikipedia, the free encyclopedia

If you reply to the above letter, Erik will ask you for an up-front payment—probably, a couple of thousand dollars—to obtain 5.1 million USD specified in the above letter.

No kidding! How come you’re so sure about that?

That’s the way the fraudster makes some money… Look at the above video clip.

I don’t believe it.

To be on the safe side, I’ll show you another video.


(scam011.jpg)

You see, Kato, there are so many victims out there… If you’re greedy, you’ll become an easy prey for the fraudster.

What if the above letter is a genuine offer?

I’ll tell you, Kato, it is a letter for an advance-fee scam.

How come you’re so sure about it.

Firstly, Erik writes as follows:


(bean002.jpg)

 

I will submit your details to my Bank as Mr. Kato’s relative.

Verifying your identity with information supplied by me then becomes a routine matter and once satisfied that you are who I say you are, the Bank will then instruct the Central Bank to make the funds in Mr. Kato’s account payable to you.

Erik is stupid enough to consider you as a female. The executive of the Central Bank is NOT that stupid and find out that you’re a man. He will never release the fund to you.

What if I disguise myself as a female?


(joso110b.jpg)


(xdress02b.jpg)

Don’t be ridiculous… You’ll never be able to fool the executive of the Central Bank.

Then I’ll ask you to take the money for me.

I don’t want to get involved in this scam… Secondly, how many persons named “Kato” are living in Canada?

Probably, quite a few.

Look at the following search result:


(gog70324a.png)


“Enlarge!”

“Search now!”

Wow! 11,900,000 … I can hardly believe that.

Anyway, Erik must have sent the same contents to many people whose family name is “Kato.”

No kidding!

By now, Erik might have been arrested… I searched the news for you:


(gog70324b.png)


“Enlarge!”

“Search now!”

Gee… There are 196 results.

Erik Gunnar must be dealt in one of the above news.

I’ve cheked the above articles briefy one by one, but Erik Gunnar of UK hasn’t shown up in any article.

Well… Believe me, Kato… He will… He will appear in the near future.


(dianelin3.jpg)

【Himiko’s Monologue】


(himiko22.gif)

Well…, do you want to become a millionaire?

You see, money is only means to achieve your life goal—NOT definitely an end itself.

You believe ot not, some millionaires end up with their miserable death.

Think about it.

By the way, you certainly know about this famous billionaire.

What do you think about the Trump administration?

Can you see many happy and bright aspects of his policies?

Thousands gathered near the White house in response to US President Donald Trump’s immigration ban against nationals from seven countries where Muslims make up the majority of the population.

It marked the second consecutive weekend protest organized against Trump’s policies.

Here is five Nostradamus Predictions for 2017, in which you might be interested:


(trumpnos.jpg)

However, I really hope that 2017 will be a happy year.

In any case, I expect Kato will write another interesting article soon.

So please come back to see me.

Have a nice day!

Bye bye …


(hand.gif)


(renge400.jpg)

If you’ve got some time,

Please read one of the following artciles:


(juneswim.jpg)

“Sabina”

“Happy New Year”

“Merange & Sabina”

“Beauty in Spa”

“Love @ e-reading”

“Troublesome Slang”


(biker302.jpg)

“World Family”

“Mari’s Bagels”

“Love & Loyalty”

“Another Cinderella”

“Amazing Two-legged Pooch”

“Delusive Romance”

“Royal Couple”

“Life with Music”

“Poutine@Canada”


(dianesun.jpg)

“Glorious Summer”

“Biker Babe & Granny”

“Genetically Modified”

“Tyrannosaur”

“Love@Magic”

“Yellow Ball”

“Welcome Back”

“Forbidden Love”

“Merry X’Mas”

“Heaven with Mochi”

“Travel Expense Scandal”

“Love@Redemption”


(cook002.jpg)

“JAGEL”

“JAGEL Again”

“Say NO!”

Happy Gal in Canada

Roof of Vancouver

Aftershock

Whiplash

Sex Appeal

Better Off Without Senate

Fire Festival

Sweets@Paris

Scary Quake

MH370 Mystery

Putin’s Way

Trump @ Vancouver

Otter & Trump

Changeling

Fiddler on the Roof

Flesh and Bone

Maiden’s Prayer

Romeo & Juliet

Trump @ Joke

Halloween in Shibuya

Trump Shock

Happy New Year!

Life or Death


(surfin2.gif)


(bare02b.gif)

Hi, I’m June Adams.

Kato is a real movie lover, who tries to watch 1001 movies.

As a matter of fact, he has already accomplished his goal.


(lib50909a.png)

『Actual List』


(june001.gif)

Kato watched “The Arabian Nights” or “One Thousand and One Nights” as his 1001th movie.

You might just as well want to view it.


(1001nite.jpg)


(1001nite10.jpg)

The stories in “the Arabian Nights” were collected over many centuries by various authors, translators, and scholars across West, Central, and South Asia and North Africa.

The tales themselves trace their roots back to ancient and medieval Arabic, Persian, Indian, Egyptian and Mesopotamian folklore and literature.

In particular, many tales were originally folk stories from the Caliphate era, while others, especially the frame story, are most probably drawn from the Pahlavi Persian work Hazār Afsān which in turn relied partly on Indian elements.

What is common throughout all the editions of the Nights is the initial frame story of the ruler Shahryār and his wife Scheherazade and the framing device incorporated throughout the tales themselves.

The stories proceed from this original tale.

Some are framed within other tales, while others begin and end of their own accord.

Some editions contain only a few hundred nights, while others include 1,001 or more.


(bellyan15.gif)

ところで、愛とロマンに満ちた

レンゲさんのお話をまとめて

『レンゲ物語』を作りました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『愛とロマンのレンゲ物語』


(renge730.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。


(bikini901b.jpg)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)

デリヘル嬢かずえを探して

2017年3月27日

 

デリヘル嬢かずえを探して

 


(lookanim.gif)

デリヘル嬢かずえ
(sayama02.jpg)


(deba01.jpg)

デンマンさん。。。 どういうわけでオイラを呼びだしたのですか?


(kato3.gif)

オマエが“デリヘル嬢かずえ”を探していたからだよ。。。

あれっ。。。 どうしてオイラが“デリヘル嬢かずえ”を探していると判ったのですかァ~?

簡単なことだよ。。。 ちょっと次のリストを見てごらんよ!


(liv70325a.png)


『拡大する』

『2014年7月の記事』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の3月24日の午後8時30分から25日の午前3時までの6時間半の「生ログ」の一部だよ。。。 赤枠で囲んである箇所に注目して欲しい。。。

デンマンさんが2014年の7月に投稿した記事の中から 3月24日の午後8時56分に検索した男が『デリヘル嬢かずえのコメント』を探し当てて読んだということですか?

そういうことだよ。。。

つまり、この記事を探し当てて読んだ男がオイラだとデンマンさんは主張するのですねぇ~?

そうだよ。。。

デンマンさんがそう言うからには、確固とした証拠があるのでしょうねぇ~。。。?

もちろんだよ。。。 オマエのIPアドレスを調べたら次のような結果になった。。。


(ip2229b.png)

『拡大する』

確かに、IPアドレス (223.218.2.229) はオイラのものです。。。 でも。。。、でも。。。、アクセス者の名前までは載ってないはずです。。。

だけど、僕には判るのだよ!

デンマンさんはハッカーなのですか?

いや。。。 僕はそのようなエゲツない真似はしないのだよ。。。 だけどォ、現に、オマエは自分が“出歯 亀雄(でば かめお)”であることを認めてしまったじゃないかァ!

デンマンさんが出し抜けに、そう言ったからオイラはついつい認めてしまったのですよ。。。

じゃあ、それでいいじゃないかァ! せっかく、オマエもここに出てきたことだし、堅苦しいことは抜きにして気楽に話せばいいのだよ! なにも、犯罪を犯したわけじゃないのだから、逃げ隠れすることはないのだよ。。。

別に、逃げたり隠れたりするつもりはありません。。。 でも、オイラのプライバシーはどうなるのですか?

だから、オマエは犯罪を犯したわけじゃないのだから、誇りを持って“デリヘル嬢かずえを探して”いた事を認めればいいのだよ!

でも。。。、でも。。。、誇りを持ってネット市民の皆様の前で発表する程のことでもないと思うのですゥ。。。

いや。。。 “デリヘル嬢かずえを探し”当てたことは、オマエが誇りを持ってもいいのだよ。。。

マジで。。。?

だから、僕はオマエを呼び出したのだよ。。。 オマエは、僕が2014年7月に投稿した記事の中から とにかく執拗に。。。 しつこく。。。、諦めずに、マジで熱心に探して『デリヘル嬢かずえのコメント』を読んだのだよ。。。 そうだろう!?

そうです。。。


(liv701407.png)


『拡大する』

『実際のページ』

でもねぇ~、“デリヘル嬢かずえ”がなかなか出てこなかったのですよゥ。。。

それで、オマエはどうしたの?

次のように検索してみました。


(gog70325a.png)


『拡大する』

『デリヘル嬢かずえのコメント』

『現時点での検索結果』

「デリヘル嬢 かずえ 徒然」と入れて検索したのです。。。

オマエは見かけによらずに頭がいいんだねぇ~。。。

うへへへへへぇ~。。。 デンマンさんに褒められるほどでもありませんよ。。。

とにかく、オマエが必死になって“デリヘル嬢かずえ”を探していたことはよ~くわかる。。。 その涙ぐましい努力が上の「生ログ」にも、はっきりと記録されている。。。 緑の枠で囲んだのは、すべてオマエのIPアドレスなのだから。。。

でも。。。、でも。。。、それほど努力して探したわけではありません。。。

あのさァ~、一生懸命に探した相手が“デリヘル嬢かずえ”だからといって、そのように謙遜しなくてもいいのだよ。。。

別に、謙遜しているわけではありません。。。 で、“デリヘル嬢かずえ”がどうしてデンマンさんにとって、それほど重要なのですかァ~?

良くぞ聞いてくれた。。。 そもそも“デリヘル嬢かずえ”を取り上げて記事を書いたことが僕にとって重要だったのだよ。。。 その記事を、オマエが血眼(ちまなこ)になって探して読んでくれた。。。 実に、感謝しきれないほど、僕は感動したのだよ。。。 それで、僕はオマエを呼び出したわけなんだよ!

でも。。。、でも。。。、オイラが『デリヘル嬢かずえのコメント』を読んだからといってぇ、デンマンさんにそれほど感謝され、感激されることでもないと思いますよ。。。

いや。。。 謙遜しなくてもいいよ。。。

謙遜しているわけじゃありません。。。

だったら、オマエは、なぜ、血眼(ちまなこ)になって、執拗に。。。 しつこく。。。、諦めずに、マジで熱心に探して『デリヘル嬢かずえのコメント』を読んだわけぇ~。。。?

ただ、なんとなく“デリヘル嬢かずえ”のことが気にかかっていてぇ~。。。

ただ、なんとなくじゃねぇ~だろう! オマエはこの期(ご)に及んで、まだ惚(とぼ)けるつもりなのォ~?

いえ。。。 オイラは別に惚けようとしているわけではありません。。。

だったら、正直に“デリヘル嬢かずえ”のことが懐かしくなって、ネットで検索してみる気になったと言えばいいじゃないかア!

デンマンさんも“デリヘル嬢かずえ”のことが気になっていたのですかァ~?

なんで、僕が“デリヘル嬢かずえ”のことを気にしなければならないのォ~?

だってぇ~、こうして記事で“デリヘル嬢かずえ”を取り上げて、オイラを呼び出してまで彼女のことで盛り上げているじゃありませんかァ!

別に、僕は盛り上げているつもりじゃないのだよ! オマエが検索して『デリヘル嬢かずえのコメント』を読んだ。。。 それが記録に残っていたのだよ。。。 だから、僕はこうして記事で取り上げただけだよ! 僕はオマエと違って“デリヘル嬢かずえ”の世話になってないのだよ!

つまり、オイラが“デリヘル嬢かずえ”の世話になったので、デンマンさんは妬(や)いているのですねぇ~。。。 嫉妬の炎に燃えているのですねぇ~?

あのさァ~、僕は別に嫉妬の炎に燃えているわけじゃないのだよ!

じゃあ、どうしてデンマンさんは“デリヘル嬢かずえ”に拘(こだわ)るのですかァ~?

オマエが、なぜ“デリヘル嬢かずえ”を探す気になったのか? その理由が解ったからだよ。

その理由とは。。。?

次の掲示板を読むと解るのだよ。。。


(liv40707m.png)


『拡大する』

『デリヘル嬢かずえのコメント』より

かずえさんへ 投稿者:みのる
投稿日:2012/08/17(Fri) 19:31 No.508 [返信]

 

こんばんは。
みのるです。

お会いするのは初めてですが、
リラックス出来て楽しい時間でした。
ありがとうございました。
へそくり貯まったらまたお会いしたいです。

暑い日が続きますが、体調崩さないない様にして下さいね。
それでは、また~。

[修正] [削除]

182.249.241.40
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.2.2; ja-jp; IS04 Build/FFK301) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1


みのるさんへ 投稿者:かずえ
投稿日:2012/08/18(Sat) 11:28 No.509

デリヘル嬢かずえ
(sayama02.jpg)

 

早速のメッセージ有り難うございます

m(_ _)m

先日は本当に楽しい癒しの時間を有り難うございました。

初めてお会いした筈なのに。。何故かとても懐かしく、不思議な御縁を感じてしまいました

又沢山お話しできる日を楽しみに、頑張ってますね

まだまだ残暑が厳しいですが、お身体気をつけて・・・

お会いできる日を楽しみにしています

-P・S-

デリヘル嬢かずえが使った絵文字 f36a.gifはもう少し熟成させて、お休みにゆっくり味わって頂きます!!今から楽しみです

沢山有り難うございました

[修正] [削除]

かずえのIPアドレス: 111.86.147.18
KDDI-SH3F UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.4.306 (GUI) MMP/2.0

(f36a.gif)


『くだらない掲示板』より

オマエは“みのる”というハンドル名を使って“デリヘル嬢かずえ”と掲示板でやり取りをしていたのだよ。。。

。。。で、上の掲示板のやり取りが、どうだとデンマンさんは言うのですか?

“デリヘル嬢かずえ”が心にもないことを言ったのだよ。。。

その心にもない言葉とは。。。?

「初めてお会いした筈なのに。。何故かとても懐かしく、不思議な御縁を感じてしまいました」。。。 これは、まさに歯の浮くようなお世辞と言おうかァ。。。? 営業用の誘い文句と言おうかァ。。。? “鴨ネギ”のオマエを何とかして客としてつなぎとめておくための誘い言葉だよ! それにもかかわらず、オマエは愚かにも鼻の下を伸ばして、5年も経つというのに、ヨダレをたらしながら ネットで検索して、ただこの言葉をもう一度読むために、僕の記事を探したというわけなんだよ!

やっぱり。。。、やっぱり。。。、デンマンさんはオイラが“デリヘル嬢かずえ”にモテモテなので嫉妬の炎を燃やしたのですねぇ~。。。!?

あのさァ~、馬鹿も休み休み言えよ! どうして僕が“デリヘル嬢かずえ”に嫉妬の炎を燃やさなければならないのォ~?

だってぇ~、“デリヘル嬢かずえ”は「初めてお会いした筈なのに。。何故かとても懐かしく、不思議な御縁を感じてしまいました」と書いているのですよ!。。。 すごいじゃありませんかァ! オイラは、マジでモテているのです!

オマエは、マジで救いようのない 愚かなデルヘルのお客なんだよ! 上の文章をじっくりと読めば、“デリヘル嬢かずえ”のオツムのネジが緩んでいるのが理解できるのだよ!

“デリヘル嬢かずえ”のオツムのネジがマジで緩んでいるのですかァ~?

そうだよ! もう一度次の文章を読んでごらんよ!

デリヘル嬢かずえ
(satomi03x.png)

まだまだ残暑が厳しいですが、お身体気をつけて・・・

お会いできる日を楽しみにしています

-P・S-

デリヘル嬢かずえが使った絵文字 f36a.gifはもう少し熟成させて、お休みにゆっくり味わって頂きます!!今から楽しみです

沢山有り難うございました

上の文章のどこかが可笑しいのですか?

可笑しいのだよ。。。 まず、“残暑が厳しい”と書いているけれど、“デリヘル嬢かずえ”が上の文章を書いたのは8月18日なんだよ! 9月18日じゃないのだよ! 8月18日と言えば夏の真っ盛りじゃないか! “残暑”じゃねぇ~だろう!

デンマンさんは重箱の隅を突っつくようなことを言うのですねぇ~。。。

それに、「デリヘル嬢かずえが使った絵文字 f36a.gifはもう少し熟成させて、お休みにゆっくり味わって頂きます」は、何を言おうとしているのか全く解らない。。。 「沢山有り難うございました」は、普通ならば、「どうもありがとうございました」だろう!

そんな些細(ささい)なことなど、どうでもいいじゃありませんかア!。。。 んもおおおォ~。。。! 要は、“デリヘル嬢かずえ”の心ですよう。。。 「初めてお会いした筈なのに。。何故かとても懐かしく、不思議な御縁を感じてしまいました」というオイラに対する萌えるような心ですってばあああア!

あのさァ~、だから、それは歯の浮くようなお世辞と言おうかァ。。。? 営業用の誘い文句と言おうかァ。。。? “鴨ネギ”のオマエを何とかして客としてつなぎとめておくための誘い言葉だよ! 方便なんだよ! オマエが鼻の下を伸ばして、ヨダレをたらしながら喜ぶような心の篭(こも)った言葉ではないのだよ!

それは、デンマンさんの個人的な受け止め方です! オイラは。。。、オイラは。。。、“デリヘル嬢かずえ”の萌えるような心を信じますゥ。


(foolw.gif)


“信じる者は救われる!”

昔の人は言いましたが

出歯 亀雄(でば かめお)君のように

ここまで信じることができると

馬鹿バカしいけれど、

もしかすると、彼は幸せかもしれません。。。

こういう男のことを昔の人は

“おめでたい人間”

言ったのですよねぇ~。。。


(laugh16.gif)

【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
ネットには、いろいろと変わった人がいますわァ。。。 

ヴァイアグラを飲みすぎて オツムがイカレた人もいれば、
他人に成りすまして ヤ~らしいコメントを書き込む人もいます。

また、誰彼かまわずに“スパム”を飛ばす嫌われ者もいます。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』


(bigcash.jpg)

■ 『もこ姫バンザイ!』

■ 『平田由里子@いいねスパマー』

■ 『ニート@7029637』

■ 『メチャ有名なモコ姫』

■ 『スパマーえり&友成隼』

■ 『ハワイのなみ&友成隼』

■ 『集客ツール馬鹿』

■ 『自作自演 友成隼』

■ 『友成隼と聖書スパマー』

■ 『集客ツール ダントツ』

■ 『下着女装するとワクワクする』

■ 『友成隼ダントツ』

■ 『集客ツール馬鹿と軽井沢夫人』

■ 『愚かな洋子の貧乏物語』

■ 『優香は何者だ?』

■ 『あんれまァ~やだァ~』

■ 『ど~も馬鹿』

■ 『洋子は馬鹿の見本です』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『ベクトル成城店に注意』

■ 『えり@17歳に注意!』

■ 『ベクトル成城店 不誠実!悪徳!』

■ 『ベクトル成城店 悪徳商店!』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

■ 『愚かなズボラママ』

■ 『友成隼とGOOGLE』

■ 『銀竜草バカ』

■ 『銀竜草スパマー』

■ 『レイカの挫折』

■ 『ハワイに恋した敦子』

■ 『ハワイに恋した敦子に注意!』


(hooker08.gif)

■ 『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』

■ 『Xenovisに注意!』

■ 『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

■ 『ハワイに恋した敦子の欺瞞』

■ 『フォロワーになって晒されて…』

■ 『ハワイに恋した敦子の懺悔』

■ 『ハワイに恋した敦子の反省』

■ 『ハワイに恋した敦子ダントツ』

■ 『コスパ最高@悪徳商法』

■ 『つぶちゃんは悪質スパマー』

■ 『つぶちゃんは愚かなスパマー』

■ 『つぶちゃんは悪名高いスパマー』


(yuri03.jpg)

■ 『こーてがにゃんにゃん』

■ 『こーて@ブラックリスト』

■ 『スパマーつぶちゃんの悪戯』

■ 『スパマー平田由里子』

■ 『ハワイに恋したダメな敦子』

■ 『ハワイに恋した愚かな敦子と奈々』

■ 『アフリカ滞在スパマー』

■ 『ミスユニバース悪女』


(bikini901.jpg)

■ 『スパマー横尾真美』

■ 『悪名高い横尾真美』

■ 『ナンパ馬鹿の末路』

■ 『また柏原知美?』

■ 『ネットの異端者』

■ 『ネットの問題児』

■ 『ハフマヌーン帝国の愚劣隊長』

■ 『いいね50回記念』

■ 『ヴァイアグラ馬鹿と小百合パンツ』

■ 『聖書バカスパマー』

■ 『大先輩、馬鹿やるの止めて』

■ 『世界一愚かなスパマー』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

肥後ズイキ@セルビア

2017年3月26日

 

肥後ズイキ@セルビア

 


(serbiazuiki2.png)


(cute0026.jpg)


(bikini08.gif)


(june001.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけでセルビアの“肥後ズイキ”を取り上げたのですか?


(kato3.gif)

。。。ん? セルビアの“肥後ズイキ”?

だってぇ~、タイトルに そう書いてあるじゃありませんかァ!

確かにタイトルに“肥後ズイキ@セルビア”と書いたけれど、セルビアに特有の“肥後ズイキ”があるわけではないのですよ。

じゃあ、どうして“肥後ズイキ@セルビア”というタイトルにしたのですかァ~?

ちょっと次のリストを見てください。


(liv70323a3.png)


『拡大する』

『肥後ズイキが性具になったきっかけは?』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で3月22日の午前3時19分から 5時38分までの 約2時間20分の「生ログ」です。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。

あらっ。。。 午前4時55分に GOOGLEで検索して『肥後ズイキが性具になったきっかけは?』を読んだのですわねぇ~。。。 でも。。。、でも。。。、どこの国のGOOGLEですか?

リンクをクリックすると次のページが出てきます。


(gog70323c.png)


『拡大する』

『実際のページ』

あらっ。。。 セルビアのGOOGLEで検索したのですわねぇ~。。。 でも、どのような検索ワードを入れて検索したのですか?

次のように「肥後ズイキ」を入れて検索したのです。。。


(gog70323d.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

22,100件ヒットするのですわねぇ~。。。 デンマンさんが投稿した『肥後ズイキが性具になったきっかけは?』が トップから6番目に出てくるではありませんか。。。

そうです。。。

つまり、日本語が解るセルビア人が検索したのですか?

違います。。。 ベルグラードに滞在している日本人が検索したのですよ。。。 IPアドレスを調べてみました。


(ip6103.png)

『拡大する』

セルビアの首都 ベオグラードに滞在している 比後 隋太郎(ひご ずいたろう)君が僕の『徒然ブログ』にアクセスしたのです。。。

ベオグラード


(beograd05.jpg)

 

ベオグラード(Beograd)は、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。
ベオグラードはバルカン半島、パンノニア平原の中にあり、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に広がっている。
2007年の公式の推計による人口は1,756,534人であった。

かつてはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の首都であり、旧ユーゴスラビア地域で最大の都市である。
また、ドナウ川沿いでは2番目に大きく、バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレストに次いで4番目に大きい。

ヨーロッパでも最古の都市の一つであり、考古学的な調査では、同地における人の居住は紀元前6千年紀にまでさかのぼる。
ベオグラード広域都市圏の域内はヴィンチャ文化と呼ばれる、ヨーロッパ最大の前史文明の発祥の地である。

町はギリシャ人に発見され、ケルト人によって築かれて命名された。
ローマ帝国によって都市権を与えられた。
600年代に白セルビア人による定住が始まる。

ベオグラードは戦略的拠点として、町は古代より現代までの間に140回にわたって戦いの場となった。
中世には、東ローマ帝国、フランク人、第一次ブルガリア帝国、ハンガリー王国、そしてセルビア人の諸領主の支配地となった。

1521年、ベオグラードはオスマン帝国に征服され、オスマン領ヨーロッパの重要拠点として、スメデレヴォ県(英語版)(スメデレヴォ・サンジャク)の中心都市となった。
ベオグラードはオスマン帝国とハプスブルク君主国に交互に支配され、セルビアの首都としての地位を回復するのは1841年のことであった。

 


(beograd04b.jpg)

 

しかし、ベオグラード北部はその後も1918年のオーストリア=ハンガリー帝国崩壊までオーストリアの統治下に置かれ続けた。
その後統一されたベオグラードは、2006年にセルビアが独立するまでの間、ユーゴスラビア王国、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国、ユーゴスラビア連邦共和国、セルビア・モンテネグロの首都を歴任した。

ベオグラードはセルビアの中で、自治権のある独自の市政府を持つ、独立した地位を持っている。
ベオグラードは17の区に分かれ、それぞれの区は独自の区議会を持つ。

ベオグラードはセルビアの面積の3.6%を占め、セルビアの人口の24%が居住する。
ベオグラードはセルビアの経済活動の中心であり、セルビアの文化、教育、学術の中心である。

 


(beograd01.jpg)


出典: 「ベオグラード」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

でも。。。、でも。。。、IPアドレスを調べても プライバシーを保護するために アクセスしたネット市民の名前までは判らないはずですわァ~。

確かにそうです。。。 だから、プライバシーを尊重して名前は仮名にしました。。。

でも。。。、でも。。。、日本人が読んだという証拠にはならないと思いますわ。

ジューンさんは疑い深いのですねぇ~。。。 それなら、ちょっと次のリストを見てください。。。


(liv70323d.png)

『拡大する』

これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の3月1日から23日までの約3週間の「人気記事リスト」ですよ。。。

あらっ。。。 『肥後ズイキが性具になったきっかけは?』がダントツで読まれているのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 つまり、日本人の間で“肥後ズイキ”に寄せる関心が極めて高いということなのですよ。。。 だから、セルビアから『徒然ブログ』にアクセスしたネット市民は、セルビア人というよりも日本人なのです。

でも。。。、でも。。。、それだけで日本人と決めていいのかしら?

ジューンさんはマジで猜疑心が旺盛なのですねぇ~。。。

だってぇ~、確信が持てるまでは疑ってかかるべきですわァ~。

分かりました。。。 だったら、ジューンさんに質問しますが、べオグラードでは何語が話されていると思いますか?

セルビアの首都だから、当然セルビア語が話されていると思いますわ。

確かにそうです。。。 でもねぇ~、上のウィキペディアの説明を読んですぐに分かるのは、このセルビアという国は、過去200年の間にめまぐるしく所属する国の名前が変わったのですよ。。。 だから、ハンガリー語を話す人もいれば、ブルガリア語を話す人もいれば、ルーマニア語、クロアチア語、スロベニア語を話す人もいる。。。 つまり、日本語を話すことができる人などは極めて少ないのですよ。。。

でも。。。、でも。。。、中には日本に関心を持って日本語を勉強しているセルビア人もいると思いますわ。。。

ちなみに、ジューンさんはベオグラードに行ったことがあるのですか?

ありますわ。。。


(beograd03b.jpg)


(beograd02c.jpg)

お友達と観光バスで町を見て回ったり プールで泳いだり楽しいときを過ごしましたわァ~。。。

。。。で、そのとき、日本語を話すセルビア人に出会いましたか?

残念ながら出会いませんでしたわ。。。

。。。でしょう!? 。。。日本語を勉強しているセルビア人がいるかもしれません。。。 でもねぇ~、“肥後ズイキ”を検索する程日本語を熟知しているセルビア人は、まずいませんよ。。。 だから、『肥後ズイキが性具になったきっかけは?』を読むセルビア人もまずいません。。。 だいたい、“肥後ズイキ”に関心など示しませんよ!

そうかしら。。。?

信じてください。。。お願いしますゥ。。。 世間では“信じる者は救われる!”と言いますから。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。

あなたは、どう思いますか?

ベオグラードも綺麗な街ですよねぇ。

あたくしもお暇とお金があったらぜひ出かけてみたい街でござ~ますわァ。

でも、今のところお金もお暇もないので映画を観て我慢しますわァ。

あなたも、ご一緒に観てくださいまし。。。

1942年に制作された『千夜一夜物語(Arabian Nights)』の全編を貼り出します。

当時としては 1時間40分の長編です。


(arabian42.jpg)

ただし、英語です。。。

ええっ。。。? 英語は全く聞き取れないのォ~?

だったら、次の検索結果を見て笑ってくださいまし。。。


(gog51230a.png)

『現時点での検索結果』

あなただってぇ、上の検索結果を見てビックリするでしょう!?

『千夜一夜物語』に興味を持っているネット市民もたくさんいるのですけれど、

“おばさんパンツ”にも関心がある人が多いのでござ~♪~ますわァ。

実は、「おばさんパンツ」で検索してデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たネット市民の皆様は次の写真が気に入ったのですわァ!


(curtain5.jpg

どうでござ~ますかァ?

そうです。。。! あたくしのランジェリー姿なのですわよう!

うふふふふふ。。。

なかなか イカスでしょう!?

それに、最近、デンマンさんのブログにアクセスするネット市民の皆様は あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”に注目しているのですわよう。

ええっ。。。 信用できないのでござ~ますか?

それではここで、あなたに ご覧にいれますわねぇ~。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

最近 「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。。。

うふふふふふふ。。。

あたくしは、ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ~。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』

(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@セルビア』

『紐パン熟女』

『美尻のビーナス』

『紐パン熟女に惹かれて』

『あの二人が気になって』

とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)


(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)


(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)