小笠原玲子の存在理由


 

小笠原玲子の存在理由

 


(ogasa22b.jpg)


(ogasa32.jpg)


(ogasa012.jpg)


(ogasa15.jpg)


(ogasa911.jpg)

デンマンさん。。。 また私をお呼びですか?


(kato3.gif)

そうです。。。 どういうわけか、最近、玲子さんに興味を持っている男性がマジで多いのですよ。

デンマンさんが、そうおっしゃるからには その証拠があるのでしょうねぇ~。。。?

もちろんですよ。。。 せっかく玲子さんを呼び出したのに、デマカセだったと判ったら、下心があったのか? あるいはセクハラのつもりなのか? そう、疑われかねませんからねぇ~。。。 そのような愚かな結末に終わりたくないですからねぇ~。。。 ちゃんと証拠を用意しましたよ。。。 次のリストを見てください。


(ame60817b.png)

『拡大する』

これはアメブロの僕のブログの8月11日から17日までの1週間の「リンク元URL」のリストですよ。。。 赤枠で囲んだ 7番に注目してください。

あらっ。。。 GOOGLEで検索して“小笠原玲子のテーマ”のページからデンマンさんの記事を読んだネット市民が 9名いたということですわねぇ~。。。

そういうことです。


(amegog706.png)

『実際のテーマのページ』

つまり、私の魅力に引かれてデンマンさんの記事を読みにやって来たのですかァ~。。。? うふふふふふふ。。。

そうとしか考えられないでしょう!。。。(微笑) だから、僕も「小笠原玲子」を入れてGOOGLEで画像検索してみたのです。。。 その結果を見てください。


(gog60820a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

「小笠原玲子」を入れてGOOGLEで検索すると 317,000件ヒットするのですよ。

でも、同姓同名の人がたくさん居ますわねぇ~。。。

確かに、紛(まぎ)らわしいのですよ。。。。、でもねぇ~、上の検索結果の赤枠と青枠で囲んだのは、間違いなく玲子さんのことが書いてあるページです。。。 赤枠で囲んだリンクをクリックすると次の記事が出てきます。


(wp10119e.png)

『実際のページ』

青枠で囲んだリンクをクリックするとどのページが出てくるのですか?

次のページです。


(twi60820b.png)

『実際のページ』

上のリンクをクリックしても何も出てきませんわねぇ~。。。

LOG-IN しないと何も出てこないのですよ。。。 とにかく、上のページを見てください。

“話題のツイート”ですわねぇ~。。。 デンマンさんがGOOのブログで『ノルウェイの森』を投稿した時につぶやいたのですか?

そうです。。。

でも、たった一つだけですわねぇ~。。。

いや。。。 “話題のツイート”は一つだけだけれど、“すべてのツイート”をクリックすれば、もっとたくさん見ることができますよ。


(twi60820a.png)

『実際のページ』

あらっ。。。 『ノルウェイの森』の記事を投稿した時に、デンマンさんはつぶやきまくったのですわねぇ~。。。 

うへへへへへへへ。。。 そうなのですよ。。。 記事を確認するために投稿したばかりの記事を一応読んでゆくと、最後に“つぶやきボタン”が出てくるので、ついでにつぶやくわけです。。。

でも。。。、でも。。。、『ノルウェイの森』の記事には私は出てきませんよねぇ~。。。 それなのに、どういうわけで“#小笠原玲子”というハッシュタグを入れてつぶやいたのですか?


(norway01.jpg)


(norway02.jpg)

『ノルウェイの森』

確かに上の記事には玲子さんは出てこないのですよ。

だったら、私のハッシュタグを付けてつぶやいたのは どういうわけなのですか?

あのねぇ~、上の記事には めれんげさんが登場するのですよ。


(renge00e.gif)

だったら めれんげさんのハッシュタグを付けてつぶやけばよいではありませんか!

よく見てください。。。 ちゃんと めれんげさんのハッシュタグも付いているのですよ。。。 下の画像の青枠で囲んだ箇所に注目してください。


(twi60820c.png)

『拡大する』

じゃあ、『ノルウェイの森』の記事に 私が登場しないのに、私のハッシュタグを付けたのは、単なる気まぐれなのですか?

いや。。。 決して気まぐれで玲子さんのハッシュタグを付けたわけではないのですよ。。。 ちゃんと理由があるのです。。。

その理由とは。。。?

玲子さんが書いた次のメールを読んでみてください。

Subj:突然のメールで

失礼いたします。


(bouncy.gif)

Date: 10/03/2010 5:48:19 PM
Pacific Standard Time
日本時間:3月11日(木曜日)午前10時48分
From: ********@***.biglobe.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

デンマンさんにメールを出そうかどうか、ずいぶんと迷いましたが思い切って書くことにしました。
私は小笠原玲子(仮名)と申します。

デンマンさんのブログを3年前より拝見しております。
レンゲさん、めれんげさん、小百合さん、それに卑弥子さん。。。それぞれ皆さん個性的で、いつも楽しみにして読ませていただいております。 私自身も BIGLOBE のウェブリブログでブログをやってます。 デンマンさんのブログを拝見しながら、いつも勉強させていただいてます。

今朝9時半ごろ「次郎のブログ」で『遠い恋・悔恨の涙』を読みました。 文中の『愛の涙』をクリックしたら Denman Blog のページへ誘導されました。 デンマンさんがたくさんのブログをお持ちであることは存じ上げておりましたが Denman Blog を見るのは初めてでした。

源氏物語について書かれていましたが、私も「六条の御息所」には関心を持っております。 東京に住む専業主婦の私にとって、気晴らしと言えばブログに記事を書くこと、それに買い物ぐらいです。 2児の子供の母親ですが、自分だけの時間を持つことがほとんどありません。 子供を保育園に送って、やっと一息つくのが9時半ごろです。

今朝、たまたま「六条の御息所」を読んで、いつか書こうと思っていた自分の肩を優しく押されたような気がしました。 それで失礼とは思いながらメールさせていただきました。

めれんげさんの豊満な肉体に対抗するわけではないですけれど、自己紹介のつもりで私の写真を貼り付けます。


(ogasa012.jpg)

結婚前に撮った写真です。
私のお気に入りの一枚です。

巨乳ブームの昨今、私が誇れるものは、おっぱいが平均よりも大きめなことぐらいです。
「六条の御息所」を読んで勇気が出ました。
また、そのうち、気が向いたらメールを書かせてください。

このメールがいたずらメールや、スパムメールでないことをデンマンさんならば、ご理解していただけますよね。
いづれにしても、失礼を省みず不躾に書いてしまいました。
これも「六条の御息所」の“生霊”のなせる業だと思います。
お笑いくださいませ。

かしこ。


『小笠原玲子の正体』より
(2011年1月19日)

玲子さんはメールの中で「めれんげさんの豊満な肉体に対抗するわけではないですけれど、自己紹介のつもりで私の写真を貼り付けます」と書いてるのですよ。

まさかデンマンさんが、このメールを公開するとは思わなかったので、つい出来心で写真を貼り付けてしまったのですわ。。。 うふふふふふふふ。。。

この写真が反響を呼んでいるのですよ。。。

あれっ。。。 マジで。。。?

もう一度検索結果を見てください。


(gog60820a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』

赤枠で囲んだ写真を見てください。。。 上のメールの中の写真が出てくるのですよ。


(ogasa012.jpg)

まさか、デンマンさんが この写真をネットで公開するとは思わなかったのですわ。

芸能週刊誌の記者が たびたび玲子さんの自宅を訪れたのではありませんか?

いいえ。。。 私は素顔がバレないように 変装していますから、どの芸能週刊誌の記者も まだ気づいてませんわァ。

玲子さんは意外に役者なのですねぇ~。。。 ついでだから、この機会を利用して映画に出たらどうですか?

アダルト映画ですか? (苦笑)

もちろん、普通の映画ですよ。。。 玲子さんならば その辺のミーハーの女優よりも 出演するだけで よっぽど素晴らしい映画になると思います。。。

そう言っていただけるのは、デンマンさんだけですわァ~。。。 でも、冗談はそのくらいにして、私がめれんげさんの豊満な肉体に対抗するとデンマンさんはマジで思ったのですか?

いや。。。 決して玲子さんの豊満な肉体だけに注目したわけではないのですよ。。。 次の箇所を読んで僕は玲子さんに魅せられたのですよ。


(ogasa15.jpg)

源氏物語について書かれていましたが、

私も「六条の御息所」には

関心を持っております。

東京に住む専業主婦の私にとって、

気晴らしと言えばブログに記事を書くこと、

それに買い物ぐらいです。

2児の子供の母親ですが、

自分だけの時間を持つことが

ほとんどありません。

子供を保育園に送って、

やっと一息つくのが9時半ごろです。

今朝、たまたま「六条の御息所」を読んで、

いつか書こうと思っていた自分の肩を

優しく押されたような気がしました。

それで失礼とは思いながら

メールさせていただきました。

あのねぇ~、最近のミーハーの主婦は源氏物語に出てくる「六条の御息所」などに関心を示しませんよ。。。 せいぜい、少女コミックに出てくるエロい物語をむさぼり読むぐらいのオツムしか持っていませんからねぇ~。。。

そうでしょうか?

そうですよ。。。 で、玲子さんは具体的のどの記事を読んで メールを書く気になったのですか?

次の記事ですわ。

めれんげさんと六条の御息所

 

(valent1.gif)


(renge62d.jpg)

くちづけ

 


(kiss003.gif)

 

罪深き

ことと知りつつ

この夜も

きみのくちづけ

もとめて止まぬ

 


(merange52.jpg)

 

by めれんげ

2009.01.14 Wednesday 14:21


『即興の詩 冬枯れ』より

 


(foolw.gif)

う~♪~ん。。。
ええなあああぁ~
北京ダックのご馳走を見て
ヨダレがたれてくるぐらいに
ええやんかあぁ~~


(duck205.jpg)

奥深いところにあって、
くすぶり続けている
めれちゃんの愛欲と情欲が
あふれてくるんやなあああぁ~♪~
あああぁ~。。。悩ましいなあああぁ~

しかも、めれちゃんのビキニ姿は
軽井沢のプリンスホテル・スキー場で
ビキニ姿でスノボする小百合さんに
匹敵するぐらいに、すっげぇ~♪~やないかいなぁ~♪~
うへへへへ。。。


(sayuri22.jpg)

めれちゃんのビキニ姿を見ると
わては南米のリオのカーニバルを思いだすでぇ~
めれちゃんの情熱的な妖艶さと豊満さを感じるんやがなぁ~
ほんに、悩ましいなあああぁ~~


(riogal52.jpg)

短歌にも、ビキニ姿にも
表現者・めれちゃんの表現力が遺憾なく発揮されてるがなぁ~
2009年は出だしから、めれちゃんは突っ走ってるでぇ~~
ええやんかぁ~♪~ 
\(^Д^)/ギャハハハハ。。。。

めれちゃんのビキニ姿から
わては、しばらく目が離せなかったでぇ~

この調子だと、年が明けるまでに
めれちゃんは子供を9人産んで
10年後には阪神タイガーズ・ジュニアの野球チームが作れるでぇ~
うへへへへ。。。
すごいなあああぁ~

でもなぁ~、マジになって、
めれちゃんの短歌を
もう一度じっくりと読めば
現代版・源氏物語のエロい雰囲気が漂ってくるでぇ~♪~

罪深き

ことと知りつつ

この夜も

きみのくちづけ

もとめて止まぬ

そうやがなぁ~。。。そうやがなぁ~。。。
あの源氏物語の「六条の御息所(みやすどころ)」が思い出されてくるのやがなあああぁ~
わてが『エロい女と六条の御息所』を書いたんは
もう2年前になるんやなあああぁ~
月日の経つのは、ホンに、早いなあああぁ~
めれちゃんと仲直りしたのは2006年のクリスマスやったなああぁ~。
懐かしいなあああぁ~

めれちゃんとの付き合いも2004年の7月に初めて出会ってからやから
2009年に入って、足掛け6年にもなるんやなあああぁ~
うん、うん、うん。。。感慨深いなあああぁ~

ところで、2007年の1月19日に、
わては次のような事を書いてたんやでぇ~


(bond010.gif)

六条の御息所は
光源氏の初めての恋人。
年上の教養ある女性です。

気位の高い彼女は
源氏の心が自分から
離れそうになると、
自分の方から身を引きます。

でも、心の中では
光源氏への思いを断ちがたく、
生霊(いきすだま)となり、
源氏の正妻「葵の上」を
とり殺してしまいます。

六条の御息所は
それ程の激しい愛情で
光源氏を愛していたのでしょう。

平安の昔、
家柄が高く、
やんごとなき貴家ともなれば、
女児は未通で嫁入りする事が
絶対条件でした。
男児は元服が筆おろしの
目安だったようです。

その“筆おろし”ですが、
天皇や将軍などの場合だと、
その介添えをするのは乳母
の場合が多かったと
言われています。

乳母といっても
だいたい24~5歳の
当時としては
女盛りの年増。

元服(男児の成人式)が
12~16歳の間ですから、
互いに理想的な
相手です。

少年の未知への
飽くなき好奇心と
有り余る精力。

女盛りで少年の心を
充分に知っている“熟女”は
勢い教育熱心な余り、
乳母であるよりも女として、
つい愛欲に溺れてしまうのも
自然な成り行き。

その結果、
乳母が妊娠する事も
あったようです。

男にとって最初の女に
特別な思いを抱くのは当然で、
こうして乳母がそのまま
正室になることも珍しくなかった。

入念に手ほどきを受け、
手練手管を仕込まれたら、
男たるもの、
女好きにならないわけがない。

しかも乳母なるがゆえに、
他にさしたる仕事はなく、
男は心置きなく色事に専念できる。

光源氏にとって
六条の御息所は
乳母のような存在だったのでしょう。
それも、乳母と言うより
次第に女として愛してゆく。

六条の御息所も
“乳母”のように
源氏をいつくしみながらも
熟女として
源氏との愛に溺れてゆく。

でも、熟女の思慮と分別に
目覚めて身を引くのです。
しかし、萌え盛った
女の情念は止み難く
生霊(いきすだま)となり、
源氏の正妻「葵の上」を
とり殺してしまう。

光源氏と
六条の御息所の間に萌え盛った
情念の激しさが見えるようです。

by デンマン


『エロい女と六条の御息所』より
 (2007年1月19日)

(lily.jpg)

そうでんがなあああぁ~
この六条の御息所とめれちゃんが重なったんやでぇ~
萌え盛った情念の激しさを
わては、めれちゃんの短歌の中に見つけたんやがなあああぁ~

ああああぁ~♪~。。。悩ましいなあああぁ~♪~
めれちゃんも魅惑的な“熟女”になったんやでぇ~
一人寝が寂しくなる事もあるやろなぁ~

そう言う訳で、また、めれちゃんにインスパイアされて
どうしても返歌を詠みたくなってしもうたんやぁ~
聞いてやぁ。


(kiss101.jpg)

罪深き

ことと言えども

きみゆえに

われは求める

熱きくちびる

 


(kiss007.gif)

柔肌に

熱き血潮を

秘めながら

きみは濡れたり

萌え萌えになり

 


(bearhug05.jpg)

 

いつまでも

きみのぬくもり

この腕に

別れがつらい

朝顔のつゆ

 


(asa12.jpg)

 


(girl122.jpg)

朝まだき

きみは涙で

見送るも

まだ覚めやらぬ

愛のぬくもり

 


(boo11.gif)

めれちゃんや

ああ、めれちゃんや

めれちゃんや

きみの短歌に

ムレムレになり

うしししし。。。

最後は、関西人のめれちゃんのウケ
をねらって、こころならずも
ギャグをこめた狂歌で閉めくくりました。
じゃあねぇ。

\(^δ^)/ キャハハハ。。。

2009-01-15 07:46 AM


『即興の詩 くちづけ』のコメント欄より

 

デンマンさん☆
真冬にビキニのめれんげです。

この短歌を読んで、
六条の御息所を思われるとは、
さすがデンマンさんですね。


(sayuri22.jpg)

小百合さんは、ビキニでスノボですか…
その度胸は、さすがにありませんね~:p
わたしは部屋でビキニですね。
暖かいです(笑

めれんげ

2009/01/15 10:34 AM


『即興の詩 くちづけ』のコメント欄より


(merange12.jpg)

デンマンさん。。。あんさんは、どうして1年以上も前の短歌を持ち出してきやはったん?


(kato3.gif)

あれっ。。。めれちゃんは知らなかったんか?

何を。。。?

何をってぇ~。。。冒頭のめれちゃんの短歌に今年(2010年)の2月8日に次のようなコメントが付いたのやがなァ~。。。


(pant23.gif)

めっちゃ可愛いブログやとおもぅ~☆

これからも頑張って♪

また遊びに着てイイですかぁ??

by 出会い系

2010/02/08 11:40 AM


『即興の詩 くちづけ』のコメント欄より

もちろん、知ってますやん。

めれちゃんは知ってたんかァ~?

あんさんは、わたしが書いたコメントも見やはったのですやろう。。。

当然、見たでぇ~。。。めれちゃんは次のように書いていたやんかァ。


(merange42.jpg)

「出会い系」さん?
あえて、そちらにおじゃまはしません。
ちょっと誤解を招くお名前ですので、
次回からは、名前を変えて
訪問していただければ幸いです。

by めれんげ

2010/02/08 12:46 PM

あんさんは知ってはったのなら初めから、わざとらしく質問しなくっても言いやんか?

そやかてぇ、めれちゃんが「どうして1年以上も前の短歌を持ち出してきたん?」と、わてに尋ねたのやでぇ~。。。そやから、わては質問したのやないかいなァ~。

。。。で、上のコメントを読んで、あんさんは、また、しょうもない事を言わはるのォ~?

しょうもない事ではあらへん!

。。。で、あんさんは何が言いたいねん?

あのなァ~、めれちゃんが2月9日に次の詩を書いていた。

かごの中の鳥

 


(birdgal2.jpg)

 

わたしは鳥

かごの中から見つめてる

あなたの姿を見つめてる

飛んでおいでと

あなたが言ってくれるから

わたしの翼はよみがえる

ふたりが出会うその日まで

わたしはすべてを振り切って

あなたのもとへと

すべての力を

この翼にこめて

夢をかなえるために

飛び続ける

 


(anbird1.gif)

 

by めれんげ

2010.02.09 Tuesday 19:23


『即興の詩 かごの中の鳥』より

この上の詩がどうやと、あんさんは言わはるのォ~?

あのなァ~、コメントの中で「まさぢ」さんが次のように言うてるねん。


(birdcag2.gif)

色んな形の籠に皆囲まれて生きてる。
その防御壁でもある籠を飛び出して
一人を求めるのは勇気がいる事だね。
その危うさに女性を感じます。

by まさぢ

2010/02/09 8:07 PM


『即興の詩 かごの中の鳥』のコメント欄より

。。。で、あんさんは、まさぢさんが書いたことに対して反論があるのォ~?

反論というほど大げさではないのやけれど、わては、ちょっと違う意見を持っておるねん。

違う意見ってぇ。。。いったい、どういう意見なのォ~?

あのなァ~、わても確かに、めれちゃんの詩に“危うさ”を感じるのやァ。

だったら、反論ではおませんがなァ~。

でもなァ~、“危うさ”と言うても、いろんな“危うさ”があると思うのやァ~。。。

たとえば。。。?

まさぢさんが感じた危うさというのは、言ってみれば、田舎に住んでいる純情な18才の娘が東京に住んでいる詩人に恋をして上京するような“危うさ”やと思うねん。

そのような“危うさ”がわたしにあると、あんさんも思うてはるのォ~?

いや。。。そのような純情な“危うさ”は、めれちゃんには全く無いねん。うへへへへへ。。。

あんさんは、わたしをおちょくってるのォ~?

いや。。。わては真面目やでぇ~。。。

。。。で、どうして純情な“危うさ”がわたしには無いと、あんさんは思いはるのォ~?

簡単なことやがなァ。めれちゃんが書いた返信を読めば、めれちゃんが熟女の思慮分別と、知性を持っていることが良~く分かるのやがなァ。

今度は、あんさんはわたしをおだてやはるのォ~?

ちゃうがなァ~!。。。わてはマジで、めれちゃんには熟女の思慮分別があると思うているのやでぇ~。


『めれんげさんと六条の御息所』より
(2010年2月12日)


なるほどねぇ~。。。 この記事に触発されてメールを書く気になったのですかァ。。。 うん、うん、うん。。。 分かります。。。 なんとなく分かりますよ。。。

なんだか、今から思うと、出すぎた事をしてしまったような気がしますわ。

いやいや。。。 決して、そのような事はありません。。。 玲子さんの存在理由は、そもそも「めれんげさんと六条の御息所」を読んだからなのだから。。。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは、どう思いますか?

小笠原玲子さんが『源氏物語』を読んでいたなんて、ちょっと信じられませんでしたわァ。

京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義している者にとっては、
うれしい限りでござ~ますわァ。

ところで、あなたが検索して、玲子さんのついてのたくさんの記事を読んで
もし、小笠原玲子(仮名)さんの正体が解ったら、本名をこの記事のコメントとして書いてくださいませ。

正解者は、デンマンさんが2泊3日でハワイへご招待するそうです。。。

でも、それは嘘です。。。 うふふふふふふ。。。

正解者の方には、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”をご覧に入れますわ。

でも、あなたは、良い人だから、正解じゃなくても、ここでお見せしますわねぇ~。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

最近 「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。

うふふふふふふ。。。

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよゥ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。
信じてくださいましなァ~。。。

ところで、話は変わりますけれど、めれんげさんの旧『即興の詩』サイトは閉鎖されてしまいました。

でも、めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ~。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、10位以内にはいってません。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ~?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)


(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事


(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(renge62e.jpg)

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』


(rengfire.jpg)

『最大限の本音で…』

『こわ~い話』

『道鏡伝説の謎』

『市長選挙とおばさんパンツ』

『夢みるわたし』

『あげまん女』

『日本で一番長い五月』

『5月だよ!全員集合!』

『また、スパイ?』

『わたしと詩』


(babdol6.jpg)

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』

『一人で飲みに行く女』

『あなたをさがして』


(sayuri201.jpg)

『早く気づいてほしい』

『気づいたのね』

『あなたに逢いたい』

『やらしい検索』

『わたしを見つけて』

『小笠原玲子』

『小笠原玲子を探して』

『豊満な肉体』

『小笠原玲子の魅力』

『小笠原玲子と共に』


(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ


(beach02.jpg)


(byebye.gif)

タグ: , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中