銀座からバレンタイン


 

銀座からバレンタイン

 


(ginza01b.jpg)


(ginza03b.jpg)


(valent91.gif)


(seaheart6b.jpg)


(salon22.jpg)


(seaheart3.jpg)



(sayuri2.gif)

お元気ですか?

恒例になりましたが

今年もバレンタインの小包を

船便で送ります。

 

もうずいぶん前のことですが

利根川を渡った所に

本場のインドカレーを

食べさせてくれる

お店がありました。


(curry92.png)


(curry90.jpg)


(curry91.jpg)

先日、そのお店の前を通ったら

閉まってました。

でも、デンマンさんと一緒に

カレーを食べたことを思い出して

バレンタインの小包の中に

ボンカレーゴールドを入れました。

カルダモンの香りが際立った

スパイシーな辛さですよ。


(boncurry.jpg)

また、デンマンさんの好きそうな

辛口を見つけ

仙台という事も

なつかしく思うだろうと

「仙台辛味噌ラーメン」も

パックしました。


(sendai90.jpg)

今回 チョコは

ありきたりのチョコでは

面白くないので デンマンさんのために

“ジャンボチョコどら焼”を入れました。


(jumbochoco.jpg)

 

それから 粉末ソース

10個入れました。

サッポロ一番で

焼きそばを作るときに

使ってみてね。


(joe006.jpg)

「かどや」風味に近くなるかも…。

でも、あの懐かしい「かどや」も

お店を閉めてしまいました。

建物は壊され現在では

“さら地”になってます。

時代の移り変わりでしょうか?

それにしても、私がバーナビーの

ディーア・レイク湖畔の別荘で

夏休みを過ごしたのは

もう、はるか遠い昔のような

気がします。


(deerlak3.jpg)


(house22.jpg)


(house23.jpg)

あの古い家は、夏休みで

休むというより

ペンキ、芝のクローバむしり、

りんごの木の手入れ、

玄関まで高く長い階段の

ペンキはがしや、

しばらくみがかないガラス、

シミだらけのじゅうたん、

BASEMENTはランドリーの

ホコリとくもの巣、

行けば、掃除ばかりの家に

大変でしたが

また、いつかバーナビーに

行ってみたいと思っています。

想えばバンクーバーやバーナビーは

私が残り少ない青春を過ごした

自由でのびのびとした土地でした。

天真爛漫な日々をウィスラーで

過ごした楽しい思い出もあります。


(sayuri22.jpg)

このようなオテンバな事は

軽井沢に別荘を構えても

できるものではありません。

そう思うと、またカナダが懐かしく

思い出されるのでした。

バレンタインの小包を作りながら、

また、いつかバンクーバーに

行けたらいいなァ~。。。

そういう願いを込めました。

現在、バンクーバーで青春を

謳歌している真由美ちゃんとも

バンクーバー美術館の裏のカフェで

デンマンさんと3人で会って

楽しく語り合いたいものです。


(vagcafe03b.jpg)


(vagcafe02b.jpg)

では、デンマンさんも日本の味を

懐かしみながら

十分に味わってください。

 

小百合より


(sayuri15.gif)

2016年3月7日 (訂正)


『海を渡ったバレンタイン』より
(2016年5月31日)

(kitty2.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 “銀座からバレンタイン”ってぇ、どういうことですか?


(kato3.gif)

やだなあああァ~。。。 上の写真を見れば小百合さんにも分かるでしょう!?

でも。。。、でも。。。、例によって、上の写真はデンマンさんがコラージュしてデッチ上げたものですわァ~。。。

あのねぇ~、小百合さんが黙っていれば、この記事を見ているネット市民の皆さんには分からないのですよ。

でも、そのような不誠実な真似は私にはできませんわァ。

だけど、小百合さんは銀座にたびたび出向くじゃありませんかァ~!。。。 旧服部時計店の前でルンルン気分で写真を撮ったことだってあるでしょう!?

そんな事よりも、私は銀座からバレンタインの小包を送ったわけではありませんわァ~。

あのねぇ~、小百合さんは忘れてしまっているのですよ。

私が何を忘れていると デンマンさんは言うのですか?

ちょっと次の写真を見てください。


(deli03b.jpg)


(deli04.jpg)

あらっ。。。 これは銀座6丁目にある西銀座ビルの“デリー”ではありませんか!

そうですよ。。。 3階にある“インド・パキスタン料理”の店ですよ。。。 ここで小百合さんと一緒に上の“Wコンボランチ”を食べたのです。

あらっ。。。 そのようなことがありましたァ~。。。?

だから、小百合さんは、たぶん忘れてしまっているだろうと思ったのですよ。

デンマンさんは、私と誰かさんを勘違いしているのではありませんかァ~?

いや。。。 勘違いなどしてませんよゥ。。。 僕は小百合さんと“Wコンボランチ”を食べたあとで、“ちょっと散歩しましょうか?”と小百合さんが言ったので、“じゃあ、その辺をぶらつきながら写真でも撮りましょう。。。” そう言って撮ったのが次の8丁目の写真ですよ。


(ginza03b.jpg)

ほらっ。。。 小百合さんに間違いないでしょう!?

でも。。。、でも。。。、私は銀座8丁目で写真を撮られた記憶がないのですわァ~。

やだなあああァ~。。。 去年の秋のことですよ。。。 僕が例によってバンクーバーから行田のふるさとに帰省した時に、小百合さんが“なんだか無性に本場のカレーが食べたくなりましたわァ~”と言ったので、それでは。。。ということになって銀座に出かけたのですよ。

まさかァ~。。。?

やだなあああァ~。。。 最近、小百合さんは、どこかで頭をぶつけたのですかァ~?

そう言われてみると、いつだったか三男のサッカーの試合に出かけた時に、サッカーボールが飛んできて避(よ)け損(そこ)なってガーンと頭を打ったことがありましたわ。


(soccer90c.jpg)

それですよ。。。 それですよう。。。 その時に銀座のデリーで本場のカレーを食べたという記憶を失ってしまったのです。

でも。。。、でも。。。、他の事は何一つ忘れていませんわァ。

だから、そういうことってぇあるのですよ。。。 サッカーボールの当たり所によって、何を忘れるかが決まるわけです。。。 ちょうどその時、ボールが当たった箇所が 西銀座ビルの“デリー”で食事した時の事が記憶されている場所だったわけですよ。

それで、私はデンマンさんとデリーで食事したことを忘れたのですか?

そうです。。。 間違いありません! 小百合さんが僕にバレンタインの小包を送ったのは、サッカーボールが頭に当たる前だったのですよ。。。 ちゃんと証拠があります。

あらっ。。。 マジで。。。?

小百合さんは、僕とデリーで食事したことを僕が忘れないようにと祈りながら 次のカレーラーメンを小包の中に入れたのです。


(deli01.jpg)

ええ。。。 確かに この“カシミール カレーラーメン”を入れたのは覚えていますわ。

。。。でしょう! ラーメンのカップに次のように書いてありましたよ。


(deli02.jpg)

1956年創業のインド・パキスタン料理のデリーは60周年を迎えます。

現在、東京に3店舗(銀座・上野・六本木)を構え、インドの手法をそのままに、日本の風土に合うように味を改良しています。

カシミールカレーは、デリーの No.1メニューでスパイスのきいた甘みとコクがあるのが特徴でクセになる美味しさです。

確かにインドの本場らしいカレーの味がしました。。。 だから、僕は改めて小百合さんと食べた“Wコンボランチ”を思い出しながら、“思い出”を食べたのですよ。 (微笑)

でも。。。、でも。。。、それならば、どうしてデンマンさんとデリーで食事をしたことを私は忘れているのですか?

だから、“カシミール カレーラーメン”を入れた事は無意識で覚えているのです。。。 小百合さんは銀座5丁目の数寄屋橋ビルの地下にある立ち喰い蕎麦屋で“肉そば”を食べたことも覚えてないでしょう?


(ore03.jpg)


(ore01b.jpg)


(ore04.jpg)

あらっ。。。 私とデンマンさんで数寄屋橋ビルの地下にある立ち喰い蕎麦屋に入って 上の“肉そば”を食べたのですか?

そうですよ。。。 散歩して歩き疲れて、小百合さんが、“なんだかお腹がすいてきましたわァ~。。。 久しぶりにお蕎麦が食べたくなりました”。。。 ニッコリと笑みを浮かべながら そう言ったので数寄屋橋ビルの地下にある立ち喰い蕎麦屋「そば 俺のだし」に寄ったのですよ。

マジで。。。?

だから、小百合さんが銀座で一緒に“肉そば”を食べたことを僕に思い出してくれるようにと、バレンタインの小包の中に“俺のラー油肉そば”を入れたのですよ。。。 そうでしょう!?


(ore02.jpg)

ええ。。。 確かに この“俺のラー油肉そば”を入れたのは覚えていますわァ。

“俺のラー油肉そば”が入ったカップには次のように書いてありましたよ。


(ore05.jpg)

立ち食い蕎麦“なのに”手抜きなし。

厨房に並ぶ錚々たる顔ぶれ。 

これまでの俺のシリーズ同様、経験豊かな料理人を揃えた【そば 俺のだし GINZA5】。

料亭一筋で修行を重ねた末永浩二氏、蕎麦の名店で腕を磨いた塙氏などによる、豪華すぎる一品を、立ち食い蕎麦で味わえます。

ラー油の入った蕎麦ってぇ初めて食べましたよ。。。 中華風で、意外に旨かった。 (微笑) 小百合さんも立ち食いの店で、意外に旨い蕎麦に出会えたと満足そうでしたよ。

そうだったのですかァ~? 立ち食いのお蕎麦屋さんの事は全く記憶にありませんわァ。。。 でも、明星の“俺のラー油肉そば”をバレンタインの小包に入れたのは覚えてますわァ。。。 でも、そのようなことがあるのでしょうかァ~?

だから、サッカーボールが小百合さんの頭にぶち当たった時に 銀座の記憶が消えたのですよ。。。 でも、無意識のうちに小百合さんが“思い出”を食べているので、バレンタインの小包に“カシミール カレーラーメン”と“俺のラー油肉そば”を入れた事を覚えているわけですよ。

なんだか、とっても不思議な気がしますわァ。。。 デンマンさんにバレンタインの小包を送ると、何か決まって妙な事が起こるのですわァ~。。。

たとえば。。。?

今回、私がバレンタインの小包を郵送した日が3月7日だったのに、5月7日だと デンマンさんが間違えたり、賞味期限が2ヶ月以上経った“ジャンボチョコどら焼”を、そうと知りながらデンマンさんは食べてしまったり。。。

どうして そのような不思議な事が起こるのか?。。。 小百合さんは分かりますかァ~?

どうしてですか?

あのねぇ~、バレンタインの小包などもらったことがない太田将宏が僻(ひが)んで、ヤ~らしい嫌がらせのコメントを『5月のバレンタイン』に書いたからですよ。。。 彼は、これまでに義理チョコさえもらったことがないのです。。。 だから次のような本人も あとで恥ずかしくなるような品のないコメントを書いたのですよ。


(wpvalentxx.png)


『実際のコメント』

『バレンタインが老人を狂わせた』

このコメントを書き込んだ太田将宏自身が、恥ずかしいと思ったらしく、“これを書いたのは オイラじゃないよ!”とすぐにバレるような弁解を並べて。。。、それから4人に成りすまして、やたらと長いコメントを書き始めたのですよ。

デンマンさんがネットで太田将宏老人を厳しく晒すからですわァ~。。。

とにかく、小百合さんが僕に送ったバレンタインが太田将宏老人を狂わせたのですよ。。。 それでキレて狂って、下品で恥ずかしいコメントを書いたのです。。。 とにかく、二人の実の娘にも見放され、心優しい奥さんにも口をきいてもらえないのですよ。

デンマンさんが、もっと優しくしてあげれば、性格の悪い太田将宏老人も反省して 立ち直ることができるのですわ。

いや。。。 その可能性は まずないですよ。。。 “三つ子の魂百までも”と昔の人は言ったけれど、“母という病”を患(わずら)っている太田将宏老人は70歳を過ぎているのに、未だに馬鹿をやってますからねぇ~。。。

つまり、サッカーボールが私の頭に当たったのも、太田将弘老人が、デンマンさんのわら人形を作って、心臓に毎晩5寸釘を打ち続けているからですかァ~?

そうですよ。。。 とにかく、この太田将宏と言う男は、古い友達や家族に見放されて、“馬鹿の壁”に囲まれて孤独な毎日を送っていますからねぇ。。。 相手になっているのは僕だけですよう。。。

だから、デンマンさんがもっと優しくしてあげれば、キレてムカついて狂ってしまったとは言え、太田将宏老人も反省して心を入れ替えて まともな人間になるのですわァ~。

小百合さんは、本当に心が優しいのですねぇ~。。。 僕には、そのような真似はできませんよ。


(ohta03.png)

デンマンさん!。。。 デンマンさん!。。。 お願いですから、心優しい小百合さんを ここでオイラに紹介してください!

あれっ。。。 なんで。。。、なんで。。。、オマエが出てくるのォ~!?。。。 今日はオマエが出てくる番じゃないのだよ!

でも。。。、でも。。。、オイラは以前から小百合さんに憧れていたのです。。。 うへへへへへへへ。。。 ぜひ、ここでオイラに小百合さんを紹介してください!

んもおおおォ~。。。 オマエのおかげで、ロマンチックな気分がすっかりぶち壊されてしまったじゃないかああああああァ~。。。!

デンマンさん! お願いです!

あのさァ~。。。 オマエは『5月のバレンタイン』に下品なコメントを書いたのだよ!。。。 そういう事は小百合さんが最も嫌うことなんだよ!

でも。。。、でも。。。、小百合さんはオイラには、とっても優しいのです。

あのさァ~、悪い事は言わないから、日本語が通じなくなってからしばらく経っているオマエの心優しい奥さんと よりを戻せよなあああァ~。。。 小百合さんは、オマエのような下品な老人を相手にしている暇はないのだよ!

分かりました。。。 じゃあ、帰ってデンマンさんのわら人形に5寸釘を打ち込みたいと思います。。。 うししししし。。。


(foolw.gif)

やれやれぇ~。。。

馬鹿とは付き合いきれません。

あなただってそう思うでしょう!?

でもねぇ~、見ていてください。

この愚か者が、また手のひらを返したように

僕に成りすましてコメントを書きますよ。

とにかく、この男は境界性人格障害の他にも

躁鬱病を患っているので、

ウツの状態の時には、

かなり落ち込んでしまうのですよ。

そうなると、また 悲観して

以前の状態に戻ってしまいます。

でも、仕方ないから、この孤独な男を

真人間にするために付き合うことにします。

他に誰も相手にしないのですから。。。

デンマンさん! オイラは もしかして多重人格障害も患っているのではないでしょうか?

オマエも、やっぱり そう思うのか?

うへへへへへへ。。。

太田将宏老人は、やっぱり “バカな老人”になってしまったようです。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
まったく太田将宏老人の愚かさには開いた口がふさがりませんわァ~。。。

呆れてものが言えません。
お口直しに話題を変えますけれど、
あたくしも「カシミール カレーラーメン」をいただきましたわァ。

でも、ラーメンだけでは、もちろん、満足できません。
それで、具のたくさん入った“あんかけ焼きそば”をいただくのでござ~♪~ますう。
あなたのために、作り方を教えますわねぇ~。。。


(joe306.jpg)

どうですか? 美味しそうでしょう?

でも、あたくしは これだけでは、まだ満足できませんのよう。
デザートに“たいやき”をいただくのでざ~♪~ますわよう。
うふふふふふふ。。。

最近では、餡に替わってクリームや溶かしたチョコレート、キャラメル、カスタードクリームなどの洋菓子素材を詰めたものもでてきましたわ。

サンドウィッチ式に肉類や生野菜、各種ソースやリゾットなどを挟む「おかずたい焼き」もあらわれました。


(taiyaki5.jpg)

あなたも 好きなものを“たいやき”に詰めてみませんか?

お腹がすいてきたでしょう!?

でも、この記事を最後まで読んでから台所に走ってくださいね。

ところで、小百合さんがどうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?

ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』


(fragran11.jpg)

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』


(sayuri201.jpg)

■ 『かぎろい夫人』

■ 『人気の40代女性ヌード』

■ 『宗長の奥の細道』

■ 『ネットの接続が遅い』

■ 『元気に再会しましょう』

■ 『スルーパスと芦雪』

■ 『鬼怒川の洪水』

■ 『最後の焼きそばソース@パリ』

■ 『初めてのヌード』

■ 『感じていても分かってない』

■ 『おかえりなさい』

■ 『スープカレー@再会』

■ 『またカレー?』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『手作り弁当@船着き場』

■ 『盛り上がる@馬車道』

■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』

■ 『愛と憎しみの丸墓山』

■ 『忘れられない!』

■ 『大名行列@行田』

■ 『別れの朝も…』

■ 『婚外恋愛』

■ 『婚外恋愛と人間失格』

■ 『月夜の美人』

■ 『ふるさと 行田』

■ 『愛の偶然と必然』

■ 『田中角栄と軽井沢』

■ 『うさぎ追いしかの山』

■ 『アブラッソ不在の美』

■ 『ロマンの昔話』

■ 『海を渡ったバレンタイン』

■ 『バレンタインが老人を狂わせた』

■ 『マルちゃん海を渡る』


(galette04.jpg)


(byebye.gif)

タグ: , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。