婚外恋愛


 

婚外恋愛

 


(love126.jpg)


(salon22.jpg)

「婚外恋愛継続時における男性の

恋愛関係安定化意味付け作業—

グランデッド・セオリー・アプローチ

による理論生成」

松本健輔 2010年

『立命館人間科学研究』 21


(paris29.jpg)

ご存じだろうか?
日本人既婚男性における浮気経験者は、50.8%と、半数以上におよぶということを!

この数字、多いのだろうか?
それとも少ないのだろうか?
私は多い気がするのだが。

いきなり衝撃的な数字から入ったが、浮気や不倫、要するに「婚外恋愛」がこれだけ多いというのはどうやら事実らしい。

独身の私にとって、まったくもってうらやましい限りである。
すでに結婚している上に、さらにそれ以外の女性とそういうことになっているなんて、私からしたらエベレストに登頂した跡に、月面に着陸するくらいのミラクルとしか思えないのだが、実際にそういうことを成し遂げている男たちがいるらしい。

(中略)

(3) 婚外恋愛は「栄養剤」!

彼らは婚外恋愛を、みな一様に「栄養剤」だと思っているらしい。
栄養剤?
よく言うよ、こちとら文字通りの栄養剤すらロクに買えない貧乏芸人なのに……。
気を取り直して、栄養剤とはどのようなことを指すのかというと、次の4つ。

「性的要因」
「いつもと違う役割と体験」
「ドキドキ」
「成長」

成長だぁ?
ふざけるな!
などと、いきり立ってしまう童貞力高めの男子は、一生婚外恋愛などしないほうがいいのだろう。

私情はさておき、ここは彼らの話に耳を傾けよう。
たとえば、「いつもと違う役割と体験」というところでのエピソードである。

「彼女が運転する車にのったときは、幸せだと思った。
今まで付き合ってきた人って車の免許持ってなかった人が多くて、(略) ところが彼女は運転をバリバリこなすっていったら変だけど、一緒に乗って、別の空間ていうか、新しい空間ていうのを感じましたね」

こんなこと言ってみたい!
家には愛する奥さんがいて、外にはドキドキさせてくれる愛人がいて、しかもその愛人が運転する車の助手席に乗れるんだなんて!
幸せですってそりゃ!
そりゃ栄養剤だわ!

しかも、このエピソードを読んで、私の頭のなかに浮かんだのは、次のような情景だった。
車は赤いBMW。
それを運転するのは、20代半ばから30代前半のサングラスをかけたナイスバディのキャリアウーマン。


(bmw005.jpg)

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)


37-38、 45-46ページ 『ヘンな論文』
著者: サンキュータツオ
2015年6月25日 初版第2刷発行
発行所: 株式会社KADOKAWA


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 今日は“婚外恋愛”について語り合うのですか?


(kato3.gif)

いけませんか?

だってぇ~、“婚外恋愛”という響きは精神衛生上悪いと思うのですわぁ~。

そのようなことはないでしょう!?

デンマンさんは“婚外恋愛”という響きにポジティブなモノを感じるのですか?

だってぇ~、上の小文を読んでみてくださいよゥ。。。 栄養剤すらロクに買えない貧乏芸人のサンキュータツオさんも次のように言っているのですよ。


(ronbun02.jpg)

「彼女が運転する車にのったときは、幸せだと思った。
今まで付き合ってきた人って車の免許持ってなかった人が多くて、(略) ところが彼女は運転をバリバリこなすっていったら変だけど、一緒に乗って、別の空間ていうか、新しい空間ていうのを感じましたね」

こんなこと言ってみたい!
家には愛する奥さんがいて、外にはドキドキさせてくれる愛人がいて、しかもその愛人が運転する車の助手席に乗れるんだなんて!
幸せですってそりゃ!
そりゃ栄養剤だわ!

つまり。。。、つまり。。。、デンマンさんにも“栄養剤”になるエピソードがあると言うのですか?

そうですよ。。。 小百合さんは忘れてしまったのですか?

私が何を忘れたと、デンマンさんは言うつもりなのですか?

やだなあああぁ~。。。 小百合さんは、まだ物忘れするような年代ではないのですよゥ。。。 次のメールを読んで思い出してくださいよう!


(sayuri5.gif)

Subj: 行こうかな。。。?

Date: 2013/10/15 (Tue) 09:52
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com

 
おはようございます。
メール見ました。
「自遊空間」で記事を書いているのですね。
お昼ごろ終わるの?
その時、近くのファミマから電話ください。
お昼ごろ着くように向かおうかな?
電話待ってます。
では。。。

さゆり


(sayuri15.gif)

あらっ。。。 このようなメールを2013年の10月15日に私がデンマンさんに出したのですか?

そうですよ。。。 思い出したでしょう!?

ええ。。。 確かに、書いた覚えがありますわァ~。。。 でも、この時、デンマンさんは電話をかけてよこしませんでしたよね?

実は、「自遊空間」で記事を書いてから すぐ近くのファミマの店の前にある公衆電話で小百合さんに電話しようと思ったのですよ。 

それなのに、どうして電話しなかったのですか?

あのねぇ~、外へ出たら小雨が降っていたのです。 それで、雨にぬれながら話すのが億劫(おっくう)になって、これなら実家に帰ってからかけようと思って、ファミマによるのをやめにしたのですよ。 それで、そのまま国道17号バイパスの歩道を自転車に乗って ルート66に向かったわけですよ。

それで。。。?


(r66gyoda.jpg)

国道17号バイパスから おもむろに県道66号線に入っていったのです。


(r66gyoda2.jpg)

それで白鳥を見ようと用水路に向かったわけですか?

いや。。。 今年の10月は暑い日が多かったでしょう! 異常気象でしたよ。 30度近い日が続きましたからね。。。 だから、白鳥には暑すぎたらしいのですね。 それで行田に滞在している間に一度も白鳥を見ることができませんでしたよ。 たぶん、行田にやって来る白鳥は 暑すぎたので東北か北海道のどこかに降りてしまったのですよう。

それでは“奇跡”は起こらなかったじゃありませんか!

いや。。。 別に奇跡が起こって白鳥が飛んで来る事を期待したわけじゃないのです。

じゃあ、いったい どのような奇跡が起こったというのですか?

あのねぇ~。。。 用水路を越えて上越新幹線のガードをくぐりぬけて 「ものつくり大学」入り口のバス停にさしかかった。 「フライ焼きそばの店 山下」の看板が目の前に見えてきたのですよ。


(yamashita.jpg)

それで行田名物のフライを食べようとして「フライ焼きそばの店」に入った時に奇跡が起きたのですか?

いや。。。違いますよ。 僕は行田名物のフライが食べたかったわけじゃないのですよ。 すでに200円の特製カレーを『自遊空間』で食べました。 だから、店の前の交差点を渡って「フライ焼きそばの店」の駐車場にさしかかって 店の前を通り過ぎようとしていたのですよ。


(yamashita2.jpg)

すると、背後でクラクションの鳴る音がする。 さかんに、プッ、プッ、プッ、プッ、プッ、。。。と鳴らすのですよう。

誰かが事故でも起こしたのですか?

実は、僕もそう思ったのですよ。 でもねぇ、交通事故など日常茶飯事だから、僕には関心がありませんよう。 だから、そのまま店の前を通り過ぎようとしたのです。

それで。。。?

ところがクラクションが鳴り止まない。 一体誰のためにクラクションを鳴らしているのだろうか? 僕はすでに交差点を渡り終えて「フライ焼きそばの店」の前を通り過ぎようとしていたのです。 僕とは全く関係ないはずです! 「うるさいなアアア~ まったく、んもオ~~!」と思いながら、さらに進もうとすると、背後から三菱の軽トラックが僕を目指して突っ込んでくるではありませんかア!


(truck2.jpg)

しかも、歩道に乗り上げてくる! 僕は、“ああああアアアァ~~!” あわや 軽トラに轢(ひ)かれるのではないかと思って一瞬恐怖でしたよ。 そしたら、僕と衝突する前に軽トラが急停車した! 僕は一瞬、殺されるかと思った! なんと、ドアを開けて出てきたのは小百合さんじゃありませんかア!

それが“奇跡”なのですか?

だってぇ、そうでしょう!? 僕がどこを自転車で走っているのか? 小百合さんには見当がつかないはずですよ。 それなのに僕の目の前に1年ぶりに急に小百合さんが現れたのですからねぇ~。。。 これが奇跡でなくて何でしょうかァ?!

つまり。。。、つまり。。。、私が運転していた軽トラに殺されそうになったということが「いつもと違う役割と体験」なのですかァ~?

そうですよゥ。。。 いけませんかァ~?

馬鹿バカしい!。。。 そのようなエピソードを聞いても栄養剤すらロクに買えない貧乏芸人のサンキュータツオさんは絶対に羨(うらや)ましいなどとは思いませんわァ!

だから、もちろん、エピソードというのはそればかりではないのですよ。

あらっ。。。 他にも貧乏芸人のサンキュータツオさんが羨(うらや)ましがるようなエピソードがあるのですか?

もちろんですよ。。。 僕と卑弥子さんで語り合った僕の思い出を読んでみてください。


(asabuki10.jpg)


(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。愛のプレゼントと「私の軽井沢物語」が関係あるのでござ~♪~ますか?


(kato3.gif)

いや、直接の関係があるわけではないのですよう。

でも、少しは関係があるのですか?

そうです。。。そもそも軽井沢の話が持ち上がらなかったら、僕は小百合さんの別荘に行くことはなかっただろうし、佐野市にある熊鷹山(くまたかやま)の中腹にある“山の家”に行くこともなかったでしょう。

つまり、小百合さんにお世話になったので“愛のプレゼント”をあげようと思ったのでござ~♪~ますか?

そうです。

。。。んで、なぜ「私の軽井沢物語」を持ち出したのですか?

実は、(2008年)11月18日に軽井沢に行き、小百合さんの別荘で庭先の紅葉を見ながら僕はコーヒーをいただいたのですよう。


(karumap2.gif)


(karuso3.jpg)

別荘といっても、小百合さんの別荘はマンションなんですよう。一階の一番奥にあるのです。この写真は夏に撮ったものだけれど、リビングの窓から庭の向こうに見える紅葉が実にきれいでした。


(redleaf3.jpg)

本当に、これほど見事だったのでござ~♪~ますか?

紅葉は上の写真ほど密集していなかったけれど、紅葉に夕日が差し込み始めて、その様子は黄金の空をバックに燃えるように映(は)える紅葉で。。。実にドラマチックで。。。ロマンチックで。。。

デンマンさん。。。あのォ~。。。ちょっと美化しすぎているのではござ~♪~ませんか?

うん、うん、うん。。。僕が話し始めれば、卑弥子さんは多分そう言うだろうと思っていましたよう。でも、筆舌に尽くしがたいほどの素晴しい光景だったのですよう。

それであのォ~。。。ロマンチックな気分に浸って。。。コーヒーを飲んだ後で小百合さんと萌え萌えになって、一年ぶりの再会を記念して熱い接吻を交わしたのでござ~♪~ますか?

やだなあああぁ~。。。卑弥子さんは熱い接吻に、ちょっとばかり、こだわりすぎているのではありませんか?

だってぇ~。。。これまでのデンマンさんと小百合さんのやり取りを読ませていただいたら、絶対にそうなるのでござ~♪~ますわ。

でもねぇ~。。。現実には、なかなか、そのようなロマンチックなシーンにはならないのですよう。

。。。んで、何をなさったのですか?


(karulib2.jpg)

テーブルを見ると、小百合さんが町立図書館から借りてきた本が山のように積まれていたのですよう。

その一番上にあったのが「私の軽井沢物語」だと、デンマンさんはおっしゃるのでござ~♪~ますか?

その通りですよう。この本のことは次の記事の中でも書きましたからね。

■ 『軽井沢物語 (2008年8月26日)』

それで小百合さんは、デンマンさんとその本の事でお話しようと図書館から借りてきたのでござ~♪~ますか?

そうなのですよう。

。。。んで、何をお話になったのですか?

いろいろと話題は尽きませんでした。でも、一つだけ僕と小百合さんで意見が分かれた話題があったのですよう。

それって、なんですの?

小野美津子さんという女性が「私の軽井沢物語」に登場するのですよう。名前は、もしかすると満津子あるいは満子だったかもしれません。

それで、どのように意見が分かれたのでござ~♪~ますか?

小百合さんは、その女性がオノ・ヨーコではないか?!そう言うのですよう。僕は絶対にそうではない!と思ったのです。結局、僕が後で調べてみる、という事でその話はそのままになったのですよう。

。。。んで、調べてみたのですか?

そうですよう。


『愛のプレゼント』より
(2008年12月16日)

どうですか、小百合さん。。。 思い出しましたかァ~?

ええ。。。 確かに、そういうことがありましたわァ~。。。

この時、軽井沢の駅まで小百合さんがベンツに乗って迎えにやって来たのですよ。


(benz452.jpg)

つまり。。。、つまり。。。、この事を言うために、長たらしいエピソードを持ち出してきたのですかァ~?

いけませんか?

要するに、デンマンさんは素晴らしい“婚外恋愛”をしているとネット市民の皆様に自慢したいのですねぇ~?

いや。。。 素晴らしい“婚外恋愛”をしていると自慢したいわけではありません。。。

じゃあ、何のために長たらしいエピソードを持ち出してきたのですか? 浮気をしていることを自慢したいからですか?  それとも、素晴らしい不倫をしていると自慢するためですか?

いや。。。 僕はただ“正倫”していると言いたいだけです。。。 うへへへへへへ。。。

そういう日本語はありませんわァ~。。。

僕が今作りましたァ~。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたはデンマンさんが言う“正倫”というのを信じることができますか?

ええっ。。。 馬鹿バカしいと思うのでござ~ますかァ~♪~?

ところで、小百合さんがどうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『ロマンの香り愛のスパイス』

■ 『愛と人生のスパイス』

■ 『愛と人生の陰で』

■ 『愛のポテトチップサンド』

■ 『インドカレー@熊谷』

■ 『スープカレー@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@Bike』

■ 『かねつき堂と亀姫』

■ 『甲斐姫と軽井沢タリアセン夫人』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』


(fragran11.jpg)

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』


(sayuri201.jpg)

■ 『かぎろい夫人』

■ 『人気の40代女性ヌード』

■ 『宗長の奥の細道』

■ 『ネットの接続が遅い』

■ 『元気に再会しましょう』

■ 『スルーパスと芦雪』

■ 『鬼怒川の洪水』

■ 『最後の焼きそばソース@パリ』

■ 『初めてのヌード』

■ 『感じていても分かってない』

■ 『おかえりなさい』

■ 『スープカレー@再会』

■ 『またカレー?』

■ 『手作り弁当@船着き場』

■ 『盛り上がる@馬車道』

■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』

■ 『愛と憎しみの丸墓山』

■ 『忘れられない!』

■ 『大名行列@行田』

■ 『別れの朝も…』


(galette04.jpg)


(byebye.gif)

タグ: , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。