相変わらず馬鹿か?


 

相変わらず馬鹿か?

 


(tora06.gif)


(ohta03.png)

デンマンさん。。。、オイラをお呼びですかァ~?


(kato3.gif)

そうだよゥ。。。 首を長くして待っていたのだよ。

どうして。。。、どうして。。。、オイラを呼び出すのに“寅さん”のセリフを使うのですか?

オマエ、“寅さん”が嫌いなのォ~?

別に嫌いじゃないっすけど、オイラを呼び出すのに“寅さん”のセリフを使うことはないじゃありませんかァ!

要するに、“相変わらず馬鹿か?”と言われるのがオマエは不満なのだなァ~?

当たり前じゃないっすかア! オイラは自分が馬鹿だとは思ってません。

だから、オマエは知らずに馬鹿をやるのだよ。

デンマンさんが そう言うからにはオイラが馬鹿をやった証拠があるのでしょうねぇ~?

もちろんだよ。 何の証拠もなくオマエを馬鹿呼ばわりすれば 誹謗・中傷になるからね。

余計な前置きは言わなくてもいいから、その証拠を見せてくださいよ。

ちょっと次のリストを見て欲しいのだよ。


(wp40917c.png)

これは僕の Denman Blog のコメント・リストなのだよ。 赤枠で囲んだコメントに注目して欲しい。

このコメントをオイラが書き込んだとデンマンさんは言うのですか?

そうだよ。。。 オマエは日本の小さなソフトウェア会社で課長にまでなりながら人間関係をこじらせて辞めることになった。 どうも日本で勤めても、また人間関係で辞めなければならないと思い、覚悟を決めて、オマエはカナダに移住したのだよ。

あれっ。。。 デンマンさんはそんな事まで知っているのですか?

オマエは、忘れてしまったらしいけれど、オマエが僕にそう説明したのだよ。

あれっ。。。 そんな事をオイラはデンマンさんにしゃべったのですか?

そうだよ。。。 そのように忘れっぽくなったのも耄碌(もうろく)の始まりだと僕は思うのだよ。

まさかァ~。。。?

まさかァじゃないのだよ。 オマエはプログラマーとしてコンピューターの事はよく知っているはずなのに、愚かにも次の記事にコメントを書いたァ!


(wp40506e.png)

『実際の記事』

青枠で囲んだのがオマエが書き込んだコメントだよ。

でも。。。、でも。。。、オイラガ書き込んだいう証拠がないじゃありませんかア!

あのさァ~。。。 オマエはプログラマーとしてカナダで働いて定年退職したのだよ! IPアドレスから すぐに調べがつくことぐらい知らないはずがないだろう!?

うへへへへへへ。。。 うっかりしてました。。。

オマエのIPアドレス (72.140.219.150) を調べると次のような結果になるのだよ。


(oht40918.png)

『実際のページ』

品位を欠いたコメントを僕の記事に書き込む愚か者で、しかもカナダのオンタリオ州の Scarborough に住んでいる者といえば。。。 オマエ以外には居ないのだよ!

うへへへへへ。。。 やっぱり判ってしまうものですか?

判らないと思って、品位を欠いた下らないコメントを書く。。。 だから、僕は“相変わらず馬鹿か?”と言って オマエを呼び出したのだよ。

でも、カナダのオンタリオ州の Scarborough に住んでいる日本人は オイラ以外にも居ますよ。

確かに オマエ以外にも居るよ。 でもなァ~、嫌がらせで僕の記事に 品位を欠いたコメントを書き込む愚か者は オマエしか居ないのだよ。 それに、まだ他にも証拠がある。 ちょっと次のリストを見て欲しい。


(ame40904c.gif)

これはアメブロの僕のブログの9月4日の「検索キーワード」リストなんだよ。 赤枠で囲んだ 10番に注目して欲しい。 「太田将宏」を入れて検索して僕のブログにやって来た者が居た。 どの検索エンジンでやって来たのか調べるために「リンク元URL」のリストを見ると ちゃんと次のように出ている。


(ame40904b.gif)

赤枠で囲んだ 26番の URL をクリックすると次の検索結果が出る。


(yah40924a.png)

『現時点での検索結果』

9月4日に「太田将宏」を入れてYahoo!で検索したのだよ。 記録を見ると 2ページ目を見てアメブロの僕のブログにやって来た事になっている。 でも、僕が上の検索結果をゲットしたのは9月23日だから、アメブロの僕の記事は検索結果の中には出てこない。 おそらく、9月4日には 2ページ目にアメブロの僕の記事が出ていたに違いない。

うへへへへへ。。。 やっぱり判ってしまうものですか?! そうなのですよ。 2ページ目に アメブロの記事が出てました。

ついでだから 1ページを見てみると9月23日の時点で次のようになっている。


(yah40924b.png)

『現時点での検索結果』

赤枠で囲んだのが 僕の Denman Blog の記事なんだよ。 つまり、9月4日から オマエが9月12日に『5月のバレンタイン』の記事にコメントを書くまでの 8日間に Denman Blogの記事を暇に任せてオマエは たくさん読んだのだよ。

うへへへへへ。。。 やっぱり判ってしまうものですか?!

判ってしまうのだよ。 ところが、僕には腑に落ちないことが一つあった。

その腑に落ちない事と言うのは何ですか?

あのさァ~、オマエはコメントに次のように書いたのだよ。

このようにして、デンマンこと、加藤明は

自慰にふけっているのではないでしょうか?

でもさァ~、記事を読んでも“オカズ”になるようなものがない。 しいて“オカズ”になりそうなものと言えば次の画像なのだよ。



(lotus102c.jpg+cleoani.gif+spacer.png+sayuri5.gif)

この上の画像を“オカズ”にするには、あまりにも清潔感がありすぎて、とてもじゃないけれど刺激がなさ過ぎる! 例えば、次の記事ならば、オマエが嫌がらせのコメントを書き込むのにふさわしい。


(june500.jpg)

『おばさんの下着姿』

この記事の中ならば、『5月のバレンタイン』よりも刺激の多い画像がたくさん表示されている。 それなのに、どうしてオマエは『5月のバレンタイン』に嫌がらせのコメントを書く気になったのか? 僕は ずいぶんと考えさせられたのだよ。

。。。んで、その理由が解ったのですか?

解ったのだよ! だから、オマエを呼び出して この記事を書く気になったのだよ。

余計な事は言わなくてもいいから、その理由というのを細木数子のようにズバリ!と話してください。

まず、次の部分を読んで欲しい。

バレンタインの小包が郵便局に届いたという通知が5月2日に僕のマンションのメールボックスに入っていたのですよ。

あらっ。。。 マジで。。。?

それで昨日(5月4日)、バンクーバー市立図書館からの帰りに 指定されたロブソン・パブリック・マーケットの中にある郵便局に立ち寄って 小百合からのバレンタインの小包を受け取ってきたのですよ。


(robson60.jpg)


(robson61.jpg)


(robson62.jpg)


(robson63.jpg)

デンマンさんの手元に無事について よかったですわねぇ~。

あれっ。。。 小百合さんは なんだか他人事のように言いますねぇ~。。。 マンションに帰ってから小包を見たら、4月2日に栃木の郵便局から郵送したという消印が付いてましたよゥ。

うふふふふふ。。。。

うふふじゃありませんよう! つまり、上の手紙を書いた時には すでにバレンタインの小包を郵便局に出してから 2週間近く経っていたのではありませんかア!

そうですわ。。。 でも、また小包が行方不明になるかもしれないと思ったので、手紙には郵送したことを伏せていたのです。 もし、知らせて1ヶ月以上も経っても 小包がデンマンさんの手元についてないと、お互いに心配のあまり、ストレスがたまって癌にでもなったらバレンタインどころではありませんわア。

あのねぇ~、その程度のストレスでは 癌になりませんよう。

とにかく、1度あることは2度あると昔の人は言ってましたから。。。 うふふふふふ。。。

僕は、小百合さんが 1度で懲(こ)りて 2度と小包を送らないと思っていましたからねぇ~。。。

どうして、そう思ったのですか?

僕なら、1度で懲りて2度と送りませんよう。 実は、似たようなことが 10年ほど前に僕にもあったのですよう。 それ以来、僕は懲りて 2度と小包を郵便では送ってないのですよ。 でも、小百合さんは、また手間と時間をかけて小包を作って 田舎の郵便局まで車で出かけていってぇ ムカつかせるような郵便局のおっさんに 今度は間違いなくバンクーバーまで届くようにと頼んだわけでしょう?

そうですわ。

僕なら、ムカつかせるような郵便局のおっさんの顔を 2度と見たくないですよう。


『5月のバレンタイン』より
(2014年5月6日)

実は、似たようなことが 10年ほど前に僕にもあったのですよう。 それ以来、僕は懲りて 2度と小包を郵便では送ってないのですよ。 この苦い経験というのは、他でもない、僕がオマエにお礼の印としてポケット計算機を小包で送ったのだよ。 今でこそ、ポケット計算機などもらっても、うれしくも何ともないけれど、その頃は ちょうどポケット計算機が人気がなくなる最後の時期だった。

そうです。。。そうです。。。 そういう事が確かにありました。

ところが、カナダの郵便局の扱い方が悪かったので オマエの手元に届いた時には全く使い物にならないほどに壊れていた。

そうです。。。そうです。。。 そういう事が確かにありました。

オマエが常識と日本人的な気遣いを持っているならば、手紙で「実は、送っていただいたポケット計算機は壊れてました。 でも、お気持ちだけ ありがたく頂戴いたします。 早々。」という葉書でも書けばそれで済むのだよ。 ところが、オマエは そういう常識も気遣いもなく、嫌がらせとしか思われないやり方で、わざわざ壊れたポケット計算機を小包にして僕に送り返してきたのだよ。 僕はオマエのイヤらしい性格をまざまざと見せ付けられて、唖然としたものだよ。

そうです。。。そうです。。。 そういう事が確かにありました。

それから、しばらくして、オマエは僕に本を出版するので、手伝ってくれないか? つまり、要は、経済的な援助をしてくれないか? という事なのだよ。 そうだろう?

そうです。。。

オマエは僕に本の原稿のコピーを送って寄越した。 僕はすべてに目を通した。 3度ぐらい読み返したものだよ。 内容は素晴らしい。

マジでデンマンさんは そう思ったのですか?

そうだよ。。。 僕は 実際、素晴らしいと思ったのだよ。 だから、僕はオマエの原稿を許可を得て僕の記事の中でも使わせてもらったのだよ。

そうです。。。 そういう事がありました。 だから、オイラも出版できると思って喜んでいたのですよう。

ところが、オマエの原稿には、英語の単語がメチャたくさん出てくるのだよ。 僕にとっては、読むのに苦にならないけれど、平均的な日本人向けに出版するには、そのままでは難がある。 たぶん、そのような事を書いたと思う。 とにかく、具体的な事は未だに思い出せないのだけれど、オマエは些細な事でムカついてキレて、それ以来、つまり、2006年以来絶交状態だったのだよ。 そして今年の9月12日に、オマエは上の嫌がらせのコメントを僕の記事に書いた。 なぜ今になって。。。?

なぜでしょうか?

要するに、『5月のバレンタイン』を読んだら、「僕なら、1度で懲りて2度と送りませんよう。 実は、似たようなことが 10年ほど前に僕にもあったのですよう。 それ以来、僕は懲りて 2度と小包を郵便では送ってないのですよ。」 と、僕が書いているのを読んで、オマエは衝動的に嫌がらせのコメントを書く気になったのだよ。 そうだろう?

うへへへへへへ。。。 実は、オイラにもその時の気持ちが良く解らないのですよゥ。

だから、僕としては寅さんの言葉を借りて“相変わらず馬鹿か?”と、オマエを呼び出したのだよゥ。


(laugh16.gif)

【デンマンのの独り言】


(foolw.gif)

あのねぇ~。。。
こういう事は 実は あまり書きたくない。
でもねぇ~、いつの時代でも人間関係は重要ですからね。
このような 絶交状態にならないように、あなたの参考になればと思って、書いたのですよう。

人間は神様じゃないのだから、絶対に完璧な人間など居ません。
長所もあれば短所もある。
でもねぇ~、中には、長所よりも短所が目立つ人が居るのですよ。

その例が 僕の知る限り 太田さんなのですよ。
自分の実の娘とも絶交状態になっていますからね。。。

その実の娘というのは オンタリオ州のハミルトン市にある総合病院の小児科の女医さんです。
聡明で、明るい女の子です。
僕がトロントに居る頃、何度も会った事があります。

僕は口が悪いから、太田さんをボロクソに貶(けな)していますが、
60%ぐらい尊敬しております。

太田さんの書いたクラシックの本の原稿を読むと、本当に感心させられました。
実際、僕は太田夫婦には ずいぶんとお世話になったのです。

だから、このような絶交状態になっても、この一件とは別に、
太田さん夫婦には今でも感謝しております。
特に、気持ちの優しい奥さんには。。。(微笑)

あたなも もし、絶交状態になりそうな相手がいたら、距離を置いて付き合ってください。
気をつけてくださいね。

次回も、さらに興味深い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 – 小百合物語』

■ 『プラダスパマー団』

■ 『日中米スパマー団』

■ 『愚かなスパマー団』

■ 『オマエ、タイ人じゃないよね』

■ 『ウザい宣伝スパマー』

■ 『また、オマエか!?』

■ 『スパマー夢太郎』

■ 『モンブランスパマー』

■ 『ほめ殺しスパマー』

■ 『激バカスパマー』

■ 『シャネルスパマー』

■ 『ロレックススパマー』

■ 『つぶやきスパマーの嘆き』

■ 『アドレス収集スパマー』

■ 『出会い系スパマー』

■ 『呆れたスパマー』

■ 『キモいスパマー』

■ 『フランススパマー』

■ 『ウザいスパマー鈴木』

■ 『ルイヴィトンと小百合パンツ』

■ 『デリヘルのキモい女』

■ 『ラッキースパマー』

■ 『しつこいデリヘルの女』

■ 『偽装スパマー鈴木』

■ 『ハルヴァの誘惑』

■ 『ハルヴァは見ていた』

■ 『笑わせるスパマー西元』

■ 『女に成りすますスパマー西元』

■ 『めちゃキモいナンパ野郎』

■ 『ヒラリーおばさんも嫌うコメント』

■ 『金儲けがすべてでいいのか?』

■ 『激ウザIPアドレス』

■ 『貧しいさもしい心の人』

■ 『スパマー・ブラックリストだよ』

■ 『スパマー道場』

■ 『音楽に向き合え!』

■ 『自滅するナンパ野郎』

■ 『謎の3819人』

■ 『火星人さとみ』

■ 『月夜の笑子』

■ 『ハワイの彩萌』

■ 『キモい文字列』

■ 『キモい旅行好きのマイ』

■ 『キモい女子大生ユリ』

■ 『女になりたいスパマー』

■ 『キモい不幸な情報屋』

■ 『オマエ、何でもできるの?』

■ 『飛んで火に入る夏の虫』

■ 『女子大生ユリの悩める夏』

■ 『謎の3819人がなぜ?』

■ 『カリスマホステス明日香の悩み』

■ 『ダメ社長の無知』

■ 『悪徳スパマーとファシスト管理人』

■ 『哀れなゆうたろう』

■ 『へのへのもへじスパマーと孫悟空』

■ 『殺意を振りまく女』

■ 『アメブロのウザい女』

■ 『ネット馬鹿の不満』

■ 『スパマー石原誠二』

■ 『eeepaiotsuバカ』

■ 『西海岸からのスパム』

■ 『シドニーの悪女』


(juneswim.jpg)


(byebye.gif)

タグ: , , , , , , , ,

22件のフィードバック to “相変わらず馬鹿か?”

  1. A. I. Says:

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明様へ

     太田さんは私たちのadviceに従って貴方への接触を断っておりますよ。いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. です。如何にして、太田さんが書いたとなったか(そこでは私のちょっとした失策もあったのですが)推理してみたらいかが。でもですねぇ、それにしても、貴方が書きなぐっている文やベタベタと貼り付けている絵や写真?は卑猥で嫌らしいですね。貴方の品性は昔のBBSの頃と変わりないということですね。
      私と義姉のA. I. (たまたま私の本当のinitialを使うと偶然に貴方のと同じになって嫌悪感におちいるので義姉のinitialを借りて逆さにして今後使用します)と 義兄のV. T.は、貴方の猥雑な文章と卑劣な行為の連続で義憤に燃えておりますが、次をお楽しみに。

     I. A.

    • denman705 Says:

      相変わらず愚かな太田将宏ちゃんへ!

      オマエは相変わらず馬鹿だね! きゃはははは。。。
      今、日本へ帰省しているのだよ!
      やる事が多すぎて、愚かなオマエに付き合っている暇がないのだよ!
      真由美ちゃんがVancouver Community Collegeに通っているけれど、2週間休暇を取って、日本に帰ってきた。
      11月11日、つまり、明日、会うことになっている。
      それに、軽井沢タリアセン夫人とも12日会う予定なんだよ!
      オマエのような愚か者にこうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!
      でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、
      一応、オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントをい書きまくったので、
      このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、
      仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑)

      そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、
      じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!
      だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!
      オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!
      じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  2. A. I. Says:

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明さんへ。

    貴方によってidentity theftをなされた太田さんは、貴方とは違って(超)大型のcomputersの基本software(OSやcompilers)のdeveloperとしてのlife workをまっとうしましたよ。その後で貴方が無意味に誹謗する七つの紀要論文を書き上げたということです。そうした彼に較べて貴方のていたらくはなんでしょうか。Canadaに来た当初では互いに同等の出発点だったにも拘らずに、便利屋と言えばまだ聞こえがいいけれど、要するに貴方は何でも屋にすぎない老人で終わりに近づいているではないですか。
    貴方の太田さんへの経過も知らずでの想像、それに加えた更なる妄想、さもしい品性による下品な中傷、ののしりは、負け犬の遠吠えに過ぎないではないですか。貴方のようなゴロツキに恥知らず、というのも無意味ですね。

    A. I.

  3. きみ待ちわびて | Denman Blog Says:

    […] 『相変わらず馬鹿か?』のコメント欄より […]

  4. I. A. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様について

    これは皆様も左様かと思われるのですが、私は、の不潔な文章を読んで、この程度の人を相手にしていると自分自身が汚されていくように感じられるのです。とりわけ反論するに彼の文を引用したくなるときに吐気すらもがもようされるのです。ついつい引きずられて、どっちが何処までより下卑たことが書けるかとの反応が頭に浮かびそうで、それに巻き込まれない様にと心して自制しなければならないのですね。今迄にも例として挙げてきた彼の文の猥雑さは、故池田晶子さんが言っていた日本の団塊の世代の軽薄さまるだしどころか、その典型すらをこえているのではないでしょうか。
    私は、三人で申合せた通りにデンマンこと加藤明さんにしばらくの反省の機会として日時を与えるだけではなく、そのあたり義兄(V. T.)とも義姉(A. I.)とも違うのですが、もうdrop outしようかと思い巡らしております。

    I. A.

  5. I. A. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様へ
    太田さんは私たちのadviceに従って貴方への接触を断っておりますよ。いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. です。如何にして、太田さんが書いたとなったか(そこでは私のちょっとした失策もあったのですが、)推理してみたらいかが。でもですねぇ、それにしても、貴方が暇にまかせて書きなぐっている文やベタベタと貼り付けている絵や写真?は卑猥で嫌らしいですね。貴方の変質狂的な品性は昔のBBSの頃と変わりないということですね。
      私と義姉のA. I. (たまたま私の本当のinitialを使うと偶然に貴方のと同じになって嫌悪感におちいるので義姉のinitialを借りて逆さにして今後使用します)と 義兄のV. T.は、貴方の猥雑な文章と卑劣な行為の連続で義憤に燃えておりますが、次をお楽しみに。

     I. A.

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様へ
    偶然に見つけたのですが、貴方は、貴方のwebsiteに入った人数を数えて一人で悦に入っていましたね。でも、たとえ何百万人の人が迷って貴方のwebsiteに入ったとしても、皆がろくすっぽ読まないで直ぐに出ていくようでしたならば、それは、貴方の糠よろこびというものですよ。それは、貴方のみっともない駄文のつづなりを見れば即座に想像できることですね。たとえば、貴方がウジウジと書いた<<乙女の祈り>>についての柄にもないおセンチナな文では、太田さんも指摘しましたが、読む方が辟易して恥ずかしくなりますね(貴方は、「太田さんだってやっているじゃないですか」と喰ってかかりましたが、太田さんはサラッと一文に限ってふれただけですよ。貴方のように執拗ではなく程度の問題についての趣味があるからです。もう、貴方のような自慰的な慰みはおやめなさいな。
    I. A.

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明様について
    皆様、デンマンこと加藤明さんは変質狂の領域にまで達していると思われませんか? 以下、皆様のご判断をお願い致します。

    デンマンこと加藤明さんの行き当たりばったり、且つ、破れかぶれにでっちあげられた太田さんに対する罵詈雑言、恥知らずにただ書きなぐっているだけの彼の雑文と、私たち三人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私、I. A.)の文章とでも較べてみて下さい。私たちの文章は太田さんの理論整然としたそれにに較べるべくもないのですが、それでも以下のような加藤さんの例とは違ったlevelにあるかと思われるのですが。

    これは一例ですけれど、太田さんがClara Schumannについて、「学者ぶって」などとは受け取られないように、彼女の純真なacademiqueな演奏態度が素直に現れていた、というように注意深く書いていたのですが、それを加藤さんは勝手に彼のBBSに引用して、更にお節介にも解説までした駄文の中で、「Claraが学者ぶって」と書いていたのですね。その違いを太田さんが指摘したときに、加藤さんは言うに事欠いて、「太田さんは僕に読み方を強いてている」などとの逆恨みの返事をよこしたのですが、太田さんは自身が書いてないことを書かれているように剽窃されるので困っていたのです。この件は、太田さんの著書<<前奏曲集>>を参照し理解をお願いしたいのですが、加藤さんは、その程度の読解力しかない人だったのですね。
    これも一例ですけれど、太田さんが加藤さんに、彼は「四捨五入すると六十歳にもなって」との忠告を書き送ったところ、彼は「切り上げると七十歳の太田さん」と返答したのですね。加藤さんのは、混ぜっ返しだけ、馬鹿まるだしでのcopy catに過ぎなくて、洒落にもなっていないではないないですか。彼の文章力は、これだけでなく、一切、この程度なのですが、彼のweb siteの駄文を不快感無しに気持ち良く読めるでしょうか。
    これまた幾つかのなかの一例ですけれど、まずは、例えば、「AとBが ……」 何とかかんとかという文の直後に囲みの絵かなんかがあって、その後に「彼は……」 何とかかんとかと続いているような一連を想像してみてください。その場合の「彼」は、「A」でしょうか「B」でしょうか。加藤さんにはこうした意味不明の駄文が多いのですが、太田さんがご自分につき同様なことを為されたとき、それを指摘した際に加藤さんが切れて、それが彼の罵りの連続のきっかけになったのでした。太田さんは彼の様に下卑た揚足取りなどはしない人なので彼が自分が書いたものを読み直すように、と忠告しただけだったのですが、どうも、読解力とか文章力などの問題ではなくて、加藤さんの場合は知能程度の問題なのですね。

    俗物を通り越してのゴロツキにまで成り下がったデンマンこと加藤明さんでは無理なことかも知れないけれど、fairnessの為にも(また、これから私たちも忙しいし)、年末年始に彼に反省の機会を与えようか、との義兄の提案に 義姉と私が賛成したことをお伝えしておきます。

    I. A.

  6. A. I. Says:

     Identity theft をなさったデンマンこと加藤明さんへ。
    貴方は、ご自分のBBSにて太田さんに対してidentity theftをなさいましたね。太田さんに土下座をして謝る気持ちが無いばかりか、その後も懲りずに暇にまかせて太田さんへの中傷を重ねてきましたね。更にづにのって、「まだやりますよ」などと息巻いて、粋がっていましたけれど、それは「匹夫の勇」ということですよ。この意味が分からなければ辞書でも引いたら如何ですか。お分かりになったならば今からでも🙇したら如何。
    私もidentity theftなどなされるのは嫌ですのでinitialだけにしておきます。
    A. I.
     Identity theft をしたデンマンこと加藤明さんについて
    皆さま。 破廉恥ということは、恥知らずということと同義語ですね。このデンマンこと加藤明は、全く、その典型ではないでしょうか。彼は更に卑猥に性的なことを繰返し彼のweb sitesに繰返し、繰返し、繰返して書いていますね。その執拗さに何か異常なものを感じませんか。こうした人に対応すると相手は陰湿な喜びを感じるそうですね。それで私たち三人は太田さんに相手にしないようにと忠告したのですが、加藤さんが為したidentity theftだけは放っておけないと考え直して、彼が彼のweb sitesで太田さんに謝罪するまで続けることにしましたが宜しくご支援を。
    A. I.

  7. A. I. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様へ
    太田さんは私たちのadviceに従って貴方への接触を断っておりますよ。いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. です。如何にして、太田さんが書いたとなったか(そこでは私のちょっとした失策もあったのですが、)推理してみたらいかが。でもですねぇ、それにしても、貴方が暇にまかせて書きなぐっている文やベタベタと貼り付けている絵や写真?は卑猥で嫌らしいですね。貴方の変質狂的な品性は昔のBBSの頃と変わりないということですね。
      私と義姉のA. I. (たまたま私の本当のinitialを使うと偶然に貴方のと同じになって嫌悪感におちいるので義姉のinitialを借りて逆さにして今後使用します)と 義兄のV. T.は、貴方の猥雑な文章と卑劣な行為の連続で義憤に燃えておりますが、次をお楽しみに。

     I. A.

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様へ
    偶然に見つけたのですが、貴方は、貴方のwebsiteに入った人数を数えて一人で悦に入っていましたね。でも、たとえ何百万人の人が迷って貴方のwebsiteに入ったとしても、皆がろくすっぽ読まないで直ぐに出ていくようでしたならば、それは、貴方の糠よろこびというものですよ。それは、貴方のみっともない駄文のつづなりを見れば即座に想像できることですね。たとえば、貴方がウジウジと書いた<<乙女の祈り>>についての柄にもないおセンチナな文では、太田さんも指摘しましたが、読む方が辟易して恥ずかしくなりますね(貴方は、「太田さんだってやっているじゃないですか」と喰ってかかりましたが、太田さんはサラッと一文に限ってふれただけですよ。貴方のように執拗ではなく程度の問題についての趣味があるからです。もう、貴方のような自慰的な慰みはおやめなさいな。
    I. A.

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明様について
    皆様、デンマンこと加藤明さんは変質狂の領域にまで達していると思われませんか? 以下、皆様のご判断をお願い致します。

    デンマンこと加藤明さんの行き当たりばったり、且つ、破れかぶれにでっちあげられた太田さんに対する罵詈雑言、恥知らずにただ書きなぐっているだけの彼の雑文と、私たち三人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私、I. A.)の文章とでも較べてみて下さい。私たちの文章は太田さんの理論整然としたそれにに較べるべくもないのですが、それでも以下のような加藤さんの例とは違ったlevelにあるかと思われるのですが。

    これは一例ですけれど、太田さんがClara Schumannについて、「学者ぶって」などとは受け取られないように、彼女の純真なacademiqueな演奏態度が素直に現れていた、というように注意深く書いていたのですが、それを加藤さんは勝手に彼のBBSに引用して、更にお節介にも解説までした駄文の中で、「Claraが学者ぶって」と書いていたのですね。その違いを太田さんが指摘したときに、加藤さんは言うに事欠いて、「太田さんは僕に読み方を強いてている」などとの逆恨みの返事をよこしたのですが、太田さんは自身が書いてないことを書かれているように剽窃されるので困っていたのです。この件は、太田さんの著書<<前奏曲集>>を参照し理解をお願いしたいのですが、加藤さんは、その程度の読解力しかない人だったのですね。
    これも一例ですけれど、太田さんが加藤さんに、彼は「四捨五入すると六十歳にもなって」との忠告を書き送ったところ、彼は「切り上げると七十歳の太田さん」と返答したのですね。加藤さんのは、混ぜっ返しだけ、馬鹿まるだしでのcopy catに過ぎなくて、洒落にもなっていないではないないですか。彼の文章力は、これだけでなく、一切、この程度なのですが、彼のweb siteの駄文を不快感無しに気持ち良く読めるでしょうか。
    これまた幾つかのなかの一例ですけれど、まずは、例えば、「AとBが ……」 何とかかんとかという文の直後に囲みの絵かなんかがあって、その後に「彼は……」 何とかかんとかと続いているような一連を想像してみてください。その場合の「彼」は、「A」でしょうか「B」でしょうか。加藤さんにはこうした意味不明の駄文が多いのですが、太田さんがご自分につき同様なことを為されたとき、それを指摘した際に加藤さんが切れて、それが彼の罵りの連続のきっかけになったのでした。太田さんは彼の様に下卑た揚足取りなどはしない人なので彼が自分が書いたものを読み直すように、と忠告しただけだったのですが、どうも、読解力とか文章力などの問題ではなくて、加藤さんの場合は知能程度の問題なのですね。

    俗物を通り越してのゴロツキにまで成り下がったデンマンこと加藤明さんでは無理なことかも知れないけれど、fairnessの為にも(また、これから私たちも忙しいし)、年末年始に彼に反省の機会を与えようか、との義兄の提案に 義姉と私が賛成したことをお伝えしておきます。

    I. A.

  8. A. I. Says:

     Identity theft をなさったデンマンこと加藤明さんへ。
    貴方は、ご自分のBBSにて太田さんに対してidentity theftをなさいましたね。太田さんに土下座をして謝る気持ちが無いばかりか、その後も懲りずに暇にまかせて太田さんへの中傷を重ねてきましたね。更にづにのって、「まだやりますよ」などと息巻いて、粋がっていましたけれど、それは「匹夫の勇」ということですよ。この意味が分からなければ辞書でも引いたら如何ですか。お分かりになったならば今からでも🙇したら如何。
    私もidentity theftなどなされるのは嫌ですのでinitialだけにしておきます。
    A. I.
     Identity theft をしたデンマンこと加藤明さんについて
    皆さま。 破廉恥ということは、恥知らずということと同義語ですね。このデンマンこと加藤明は、全く、その典型ではないでしょうか。彼は更に卑猥に性的なことを繰返し彼のweb sitesに繰返し、繰返し、繰返して書いていますね。その執拗さに何か異常なものを感じませんか。こうした人に対応すると相手は陰湿な喜びを感じるそうですね。それで私たち三人は太田さんに相手にしないようにと忠告したのですが、加藤さんが為したidentity theftだけは放っておけないと考え直して、彼が彼のweb sitesで太田さんに謝罪するまで続けることにしましたが宜しくご支援を。
    A. I.

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明さんへ。

    貴方によってidentity theftをなされた太田さんは、貴方とは違って(超)大型のcomputersの基本software(OSやcompilers)のdeveloperとしてのlife workをまっとうしましたよ。その後で貴方が無意味に誹謗する七つの紀要論文を書き上げたということです。そうした彼に較べて貴方のていたらくはなんでしょうか。Canadaに来た当初では互いに同等の出発点だったにも拘らずに、便利屋と言えばまだ聞こえがいいけれど、要するに貴方は何でも屋にすぎない老人で終わりに近づいているではないですか。
    貴方の太田さんへの経過も知らずでの想像、それに加えた更なる妄想、さもしい品性による下品な中傷、罵りは、負け犬の遠吠えに過ぎないではないですか。貴方のようなゴロツキに恥知らず、というのも無意味ですね。

    A. I.

  9. I. A. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様について

    皆様、前回にtyping mistakeを致しまして失礼を致しました。それを修正しがてら少しだけ文章を加えましたので宜しく読んで頂けますでしょうか。
    これは皆様も左様かと思われるのですが、私は、たデンマンこと加藤明さんの不潔な文章を読んで、この程度の人を相手にしていると自分自身が汚されていくように感じられるのです。とりわけ反論するに彼の文を引用したくなるときに吐気すらもがもようされるのです。ついつい引きずられて、どっちが何処までより下卑たことが書けるかとの反応が頭に浮かびそうで、それに巻き込まれない様にと心して自制しなければならないのですね(私自身が「自慰」などという言葉を生まれて初めて誰かさんに口走ってしまいました)。今迄にも例として挙げてきた彼の文の猥雑さは、故池田晶子さんが言っていた日本の団塊の世代の軽薄さまるだしどころか、その典型すらをこえているのではないでしょうか。デンマンこと加藤明さんは、太田さんのような品性、太田さんをも入れた私たち四人の文章の品位に遠く及ばないことに何故気がつかないのでしょうか。本当に気がつかないのでしたならば低能としか言いようがないですね。
    私は、三人で申合せた通りにデンマンこと加藤明さんにしばらくの反省の機会として日時を与えるだけではなく、そのあたり義兄(V. T.)とも義姉(A. I.)とも違うのですが、もうdrop outしようかと思い巡らしておりますが。

    I. A.

    • denman705 Says:

      オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!

      今、愚劣なオマエに付き合っている暇がないのだよ!
      きゃはははは。。。

      目下、日本へ帰省しているのだよ!
      やる事が多すぎて、愚かなオマエに付き合っている暇がないのだよ!

      真由美ちゃんがVancouver Community Collegeに通っているけれど、
      2週間休暇を取って、日本に帰ってきた。

      11月11日に会いました。
      それに、軽井沢タリアセン夫人とも12日に会ったのだよ!
      それに、またまた13日には叔母の九条多佳子に会ったのだよ!
      とにかく、僕ちゃんはマジで忙しいのだよ!

      オマエのような愚か者に こうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!
      でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、
      一応、オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントをい書きまくったので、
      このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、
      仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑)

      そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、
      じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!

      だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!

      オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!

      僕ちゃんのコメントを次の記事の中で引用したので読むように!

      ■『きみ待ちわびて』
      https://denman705.wordpress.com/collabo/waiting3/

      僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、
      オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!
      オマエはネットでは、愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!
      きゃははははは。。。

      じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  10. 日本で再会 | Denman Blog Says:

    […] 『相変わらず馬鹿か?』のコメント欄より […]

  11. denman705 Says:

    太田将宏という人物は精神的に病んでいるようです。
    恥の上塗りをするように、こうしてくだらないコメントを書き続けているのですよ!馬鹿かあああァ~! きゃははははは。。。

    こういう愚かな人物を相手にしていると、僕までが愚か者に見えて、とてもつらいのですけれど、“降りかかる火の粉は払わねばならぬ”と昔の人は言いました。

    そう言うわけで、この愚か者を相手にしているのです。
    日本では“馬鹿を相手にするな!”とも言われていますが、僕はカナダに住んでいるので、馬鹿も相手にするのですよ。きゃはははは。。。

    とにかく、この 太田将宏は退職して時間があきるほど余っているので、僕のブログに下らないコメントを書くことを趣味にしているのです。

    11月24日と25日には次の記事に下らないコメントを書いています。
    『カレーライス@パリ』
    https://denman705.wordpress.com/2014/05/14/%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%aa/

    太田将宏という精神的に病んでいる愚か者を相手にするのは、ほとほと疲れます。
    でも、同じような体験をしている人もいると思うので、これからもこの人物を取り上げようと思います。(微笑)

  12. A. I. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明さんについて

    皆様、デンマンこと加藤明さんは以下のような侮蔑笑いをされるような幼稚な私に応答を返しましたが、如何でしょうか。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    A.I.と名乗る愚か者よ!オマエのIPアドレスは次の通り!72.140.219.150ホスト名CPE9cd643cf296b-CM0018680ddd68.cpe.net.cable.rogers.comIPアドレス割当国カナダ ( ca )
    Locator を使って調べると Scarborough と出てくる!つまり、このような迷惑コメントを書きこむ愚か者で
    しかも Scarborough に住んでいる馬鹿者は太田将宏しかいないのだよ!(爆笑)
    オマエ、自分の娘にまで絶交を喰らって寂しいんだろう!?寂しまぎれに、このような嫌がらせのコメントを書く!オマエ、ますます家族の者にも嫌われ、孤独を深めてゆくのだなア! ばか者! アホ! ボケ!オマエは改心して まともな人間になっていると思っていたら、相変わらず孤独な老人のママなんだなア!オマエ、あの世に逝く前に家族の者にも好かれる真面目な人間いなれよ!いいな! わかったあああァ~?
    じゃあ、いい子だから お利口にするんだよ!じゃあなァ~。。。 バイバ~♪~イ!
    オマエが 相変わらずの孤独な老人だということが判って僕は、なんだかほっとしているよ!ギャハハハハハハ。。。

    これは一例でしたが、デンマンこと加藤明さんは、この程度の文しか書けないのですね。いえ、これは典型的なゴロツキの文ではないですか。
    まず、私は、太田さんではありません。デンマンこと加藤明さんは自分の軽薄な類推や想像、空想をやめることができないのですね。
    彼は、私たちのcommentsなんぞは誰も読みやしない、などと息巻いていましたが、では何故commentの fieldなんぞを用意したのでしょうか。いえ、それ以前に、デンマンこと加藤明さんのwebsitesそのものに入った人自身があまりにもの下らなさに辟易して数秒で出てしまうからではないでしょうか。それは、デンマンこと加藤明さんに自責の念と共に反省の可能性を差上げようとしているような奇特な私たちのcomments以外が殆ど見当たらないことが証明していませんか。
    デンマンこと加藤明さんは太田さんの家族のことをあれこれ中傷していますが、余計なお世話という以上に、いえ、以前に、とりわけ娘さんたちのことを事更に如何にも曲解、歪曲して下卑た文で書かれているか、それは彼が引合いに出してゲスの勘繰りをした太田さん自身の著作、<<あれかこれか>>を直接読まれるならば、推察、了解されるのではないでしょうか。
    デンマンこと加藤明さんこそが、「孤独な老人」ではないですか。I. A.も言ったように、白人女性の裸の写真がpin-upされたbachelor用のapartment/condominium のなかで、猥雑卑猥な文や煽情的な絵が満載されたwebsitesを書きながら、一人自慰にふけっているのは、一体、何処の老人の方なのでしょうか。
    また、例えば「ばか者! アホ! ボケ!……ギャハハハハハハ」、などとは低能まるだしの駄文そのものではないですか。これでもまた、I. A.も言ったように、デンマンこと加藤明さんなどを相手にしていると、自分自身が汚されるような嫌悪感におそわれるのですね。それで、太田さんのみでなく、私たち三人も当分の間はデンマンこと加藤明さんを相手にしないことに致しますが。

     A. I.

    • denman705 Says:

      太田将宏という人物は精神的に病んでいるようです。
      恥の上塗りをするように、こうしてくだらないコメントを書き続けているのですよ!馬鹿かあああァ~! きゃははははは。。。

      こういう愚かな人物を相手にしていると、僕までが愚か者に見えて、とてもつらいのですけれど、“降りかかる火の粉は払わねばならぬ”と昔の人は言いました。

      そう言うわけで、この愚か者を相手にしているのです。
      日本では“馬鹿を相手にするな!”とも言われていますが、僕はカナダに住んでいるので、馬鹿も相手にするのですよ。きゃはははは。。。

      とにかく、この 太田将宏は退職して時間があきるほど余っているので、僕のブログに下らないコメントを書くことを趣味にしているのです。

      11月24日と25日には次の記事に下らないコメントを書いています。
      『カレーライス@パリ』
      https://denman705.wordpress.com/2014/05/14/%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%aa/

      太田将宏という精神的に病んでいる愚か者を相手にするのは、ほとほと疲れます。
      でも、同じような体験をしている人もいると思うので、これからもこの人物を取り上げようと思います。(微笑)

  13. I. A. Says:

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明様へ

     貴方、デンマンこと加藤明様の愚にもつかないくだまきと私たちの整然とした記述による貴方への説得の試みを較べるならば、読む人が読めば判然と分かる、というのが分からないのがmoron(この英語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)の貴方なのですね。また、太田さんは労作である七つの著作を書きおえてるのですが、貴方には何が残っているのですか。貴方には見ても読んでも恥ずかしくなるようなwebsitesしか無いではないですか。
    私たち三人が書いているのを太田さんが書いているとの妄想、更に「証拠がある」などとの勘違い、貴方こそが「恍惚の人」(この意味お判りですか?)ではないでしょうか。それどころか、貴方は、「ギャハハハハハハ」などと相手にされるだけで大喜びする老人、まさに精神に異常をきたしている老残ではないか、と疑われても仕方がないような人なのですね。繰返しますが、太田さんは私たちのadviceを受けて貴方なんぞの相手などしていらっしゃりませんよ。いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. ですよ。それでも、恥ずかしげも無く、またまた[最後に、ぎゃはははははは。。。] ですって。やはり異常ですね。こういう精神異常者は、(デンマンこと加藤明様にふさわしい下品な言葉ですが)やけくそになって馬鹿笑いをしている時でも、そのおなかの底の暗いところでは歯ぎしりをしている、と聞いたことがありましたが、デンマンこと加藤明様はいかが?
     I. A.

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明様について

    皆様、まずは、以下の駄文を読んで頂けますか。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!どんな人物に成りすましても、このような愚かな極めて長い同じ内容のコメントを書くのは太田将宏しかいないのだよ!愚か者! (爆笑)オマエがこれまでに書いた すべてのコメントのIPアドレスは 次のアドレスなんだよ!99.244.57.104
    オマエは愚劣にも恥の上塗りをしているのを理解していない孤独で愚かな老人に成り下がってしまったのだよ!実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない、愚かで哀れなもうろく爺さんになってしまったのだよ!きゃははははは。。。
    今、愚劣なオマエに付き合っている暇がないのだよ! (微笑)
    大切な人に会っている最中なのだよ!僕は孤独で愚かな老人のオマエとは違って
    たくさんの大切な友人、知人、親戚の人たちに恵まれているのだよ!
    ぎゃはははは。。。オマエのような愚か者に こうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントを書きまくっているので、このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑) そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!
    オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!僕ちゃんのコメントを次の記事の中で引用したので読むように!
    『きみ待ちわびて』 https://denman705.wordpress.com/collabo/waiting3/
    僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!きゃははははは。。。
    じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!最後に、ぎゃはははははは。。。
    皆様。妥協して、彼の想像から推測まででは、まあ、正常と致しましょうか。でも、推測から空想、それが空想であることを自覚しているならば正常なのでしょうが、彼としての曖昧さのために続く空想から妄想、その妄想についての自覚なんぞが全く無いので異常、つまりparanoeaに陥るのですね。彼、デンマンこと加藤明さんが書いていることを引用すると、それだけでこちらの手が汚れるような気がしますので、以下、ただの一例だけに致しますが、「実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない」というのは、とりわけ奥様についは事実無根の妄想です。それが仮に該当していたとしても(仮定文です)夫婦の機微や親娘との関わりには関係の無いデンマンこと加藤明さんが、あること無いことを出過ぎた態度で口汚く論評する資格はないのです。彼は、それら一切の区別がつかない程度の頭脳の持ち主ということなのですね。要するに、デンマンこと加藤明さんの全ては、空想や妄想にしか基づかないで、個人を中傷すること自体を目的とするという卑劣な個人攻撃ですね。奇妙なことに、いつぞや、デンマンこと加藤明さん自身が太田さんに「個人攻撃は良くない」などと抗議していたことがありました。彼は自分自身が何を言っているかすらも分かっていないのでしょう。太田さんは事実に基づいて中傷などすることなしに抗議していたのです。デンマンこと加藤明様よりも私たち三人の方がparanoiacと思われないように、この辺りで私もA. I. と同様に一時休止致します。

    I. A.

    • denman705 Says:

      オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!

      どんな人物に成りすましても、このような愚かな極めて長い同じ内容のコメントを書くのは
      太田将宏しかいないのだよ!
      愚か者! (爆笑)

      オマエがこれまでに書いた すべてのコメントのIPアドレスは 次のアドレスなんだよ!

      99.244.57.104

      オマエは愚劣にも恥の上塗りをしているのを理解していない
      孤独で愚かな老人に成り下がってしまったのだよ!
      実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない、愚かで哀れなもうろく爺さんになってしまったのだよ!
      きゃははははは。。。

      哀れで愚かな孤独な老人、つまりオマエのためと、日本語がわかる世界のネット市民の皆様のために記事を書いたから、
      オマエもじっくりと読めよ!

      ■『悪事千里を走る』
      https://denman705.wordpress.com/life/akuji/

      僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、
      オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!
      オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!
      きゃははははは。。。

      じゃあ、上の記事を何度も読めよ!
      哀れで愚かな孤独な老人。。。太田将宏のために!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  14. V, T, Says:

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明について

    皆様、今まで私たちが節度を心がけ控えめにして書き送っているのに対するデンマンこと加藤明からの相も変わらずの罵詈雑言、私たちは、つくづく思うのですが、要するに、デンマンこと加藤明は、一切の違いが分からない輩なのではないでしょうか。誰が言ったのか、「馬鹿は死ななきゃ分からない」、というのがありましたが、皆様、さしずめデンマンこと加藤明は、その伝でありましょう。いやいや、彼についてでは、それでも誉めすぎでしょう。デンマンこと加藤明は、「馬鹿は死んでも分からない」のくちかもしれませんね。そもそも、太田氏が淋しかろうが、寂しかろうが、斯様なことはゴロツキデンマンこと加藤明ふぜいの知ったことではなく、彼は御託を並べるような資格のある立場にないでしょう。此処で、私たちは、そもそもデンマンこと加藤明のような言語不明瞭意味不明瞭の老齢の男に何事でも期待するのは無理なのか、と悲観するようになってきたのです。デンマンこと加藤明が時代遅れのBBSを使っていた頃では、それでもなお色情狂による以外の記事もあったのですが、今の彼の卑俗、卑猥な品性まる出しのwebsitesに於いては彼のBBS時代での「エロティカ」の引写し以外の何をも見つけられませんね。これでは、私たちとしても彼には付合いかねるということなのです。デンマンこと加藤明は、彼の猥雑なことに耽溺するよりは、私たちが書いてきたことを吟味し、反省、悔恨する方が彼自身の余生にとって多少なりとも意味があり、それにより、私たちの要求、つまり、太田氏に(公開の場で)土下座して謝罪することにて禊をし、自身の心の安寧をえることが肝要なのではないかということを(最後にもう一度繰返し)、結びにして暫く様子を見ることに致します。

    追伸。
    デンマンこと加藤明は、太田氏以外の人にもIdentity theft をしていたことが発覚しております。

     V. T.

    • denman705 Says:

      相変わらず愚かな太田将宏ちゃんへ!

      オイ! 太田将宏。。。オマエ、いつまでも馬鹿やってんじゃないよ! アホ!
      オマエは、誰からも相手にされないので、仕方なく僕の記事にコメントを書き続けているのだよ!
      日本語が解る 122ヵ国のネット市民の皆様に愚かで哀れな孤独の老人、太田将宏は知れ渡っているのだよ!

      あの世に逝く前に愚かなところを世界のネット市民の皆様に見せるんじゃないんだよ!バ~ロウ!
      オマエは救いようのないトコトン馬鹿な老人だね。
      どうやら耄碌(もうろく)し始めたらしいね。(爆笑)

      とにかく、愚かなオマエのために次の記事を書いたから
      じっくりと何度も何度も読むように!

      ■『悪事千里を走る』
      https://denman705.wordpress.com/life/akuji/

      僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、
      オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!
      オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているからね。。。
      きゃははははは。。。

      じゃあ、上の記事を何度も読めよ!
      哀れで愚かな孤独な老人。。。太田将宏のために!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  15. I. A. Says:

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明様へ(改訂版)

    まだ相変わらず吠え続けているのですね。まるで狂犬病に罹った犬のように。

    貴方、デンマンこと加藤明様の愚にもつかないくだまきと私たちの整然とした記述による貴方への説得の試みを較べるならば、読む人が読めば判然と分かる、というのが分からないのがmoron(この英語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)の貴方なのですね。また、太田さんは労作である七つの著作を書きおえてるのですが、貴方には何が残っているのですか。貴方には見ても読んでも恥ずかしくなるようなwebsitesしか無いではないですか。貴方は、私たちのことを「しつこい」などと誹謗しておりましたが、貴方、デンマンこと加藤明様が、ご自分のwebsitesで執拗に書き続けている駄文の群れこそが、縦から見ても、横から見ても、斜めから見ても、上から見下しても、下から見上げても、前から見ても、後ろから見ても、ひっくり返してみても、裏返しにしてみても夜郎自大の(この日本語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)迷いごとにすぎないではないですか。
     私たち三人が書いているのを太田さんが書いているとの妄想、更に「証拠がある」などとの勘違い、貴方こそが「恍惚の人」(この意味お判りですか?)ではないでしょうか。それどころか、貴方は、「ギャハハハハハハ」などと相手にされるだけで大喜びする老人、まさに精神に異常をきたしている老残ではないか、と疑われても仕方がないような人なのですね。繰返しますが、太田さんは私たちのadviceを受けて貴方なんぞの相手などしていらっしゃりませんよ。いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. ですよ。それでも、恥ずかしげも無く、またまた[最後に、ぎゃはははははは。。。] ですって。やはり異常ですね。こういう精神異常者は、(デンマンこと加藤明様にふさわしい下品な言葉ですが)やけくそになって馬鹿笑いをしている時でも、そのおなかの底の暗いところでは歯ぎしりをしている、と聞いたことがありましたが、デンマンこと加藤明様はいかが?
     I. A

    • denman705 Says:

      123ヶ国の日本語が解るネット市民の皆様に知れ渡った愚かな太田将宏老人へ!
      きゃはははははは。。。
       
      オマエが“母という病”を患っている境界性人格障害者だということが
      ネットで知れ渡って
      70才を過ぎた老人といえども、この障害に悩んでいるオマエのような人物がいることが
      世間に広く知れ渡っているのだよ!
       
      老齢化社会がますます深まってゆく中で、
      オマエが反面教師として
      世界的な教科書の“見本”になれば、
      こうして記事を書いているボクちゃんにとっても、
      予想外の幸せというものだよ! (微笑)
       
      オマエは70歳を過ぎているのに、いつまでも幼児のように駄々をこねて
      コメントを書きまくっているけれど、
      幼稚なコメントを書いている場合じゃないのだよ!(爆笑!)
       
      オマエは女性に成りすましているつもりなのだろうけれど、
      オマエが、この愚かなコメントを書いているのはすぐに判ってしまうのだよ!
       
      なぜ?
       
      何度も言ってういるように、オマエは実の二人の娘とも、妻とも絶交状態にあるのだよ!
      その上に、僕も含めて 古い友人たちとも絶交状態なのだよ。。。 
       
      クラシックを愛したことはあるけれど、満足に人を まともに愛したこともないオマエのために、
      3人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私【芸者】、I. A.)が 
      僕に抗議してコメントを書くようなことはあり得ないのだよ! (爆笑!)
       
      オマエが一人で書いているから
      IPアドレス(99.244.57.104)がいつも、どれも同じ!
       
      とにかく、オマエは かなりボケて
      他人の嫌がるような事しかやらないようになってしまった。
      だから、ボケたまま他人に成りすまして次のようなことを書いている!
       
      “太田さんは労作である七つの著作を書きおえてる”
       
      だけど、オマエの書いた その労作というのは 掲載を拒否されているのだよ! 
      (笑わせるなよ! アホンダラ!)
       
      なぜ?
       
      なぜならば、オマエが書いた その作品は 日本人には“読む気を起こさせない”
      英単語や、偽ドイツ語や 偽ラテン語がやたらに散りばめられた、火星人向きの駄作なのだよ! (爆笑!)
       
      だから、オマエの作品は掲載を拒否されてしまったのだよ! (更に爆笑!)
       
      とにかく、「太田将宏」と入れてGOOGLEで検索してごらんよ!
      オマエが書いた 掲載を拒否された駄作など 下の方に追いやって 
      ボクちゃんが書いた オマエの“可笑しな、可笑しな物語”が たくさん。。。、たくさん。。。、
      読む人がヤダァ~と思うほどにリストに出てくるのだよ。。。 (微笑、それから爆笑!)
       
      いずれにしても、オマエの為に記事を書いたから しっかりと読むように!
        
      『母という病』
      https://denman705.wordpress.com/badguys/momsick/
       
      誰も相手にしないので、ボクちゃんだけが相手にしている 孤独で寂しがり屋の太田将宏君へ。。。!
       
      心優しいデンマンより。。。
      きゃははははは。。。
       

  16. 母という病 | Denman Blog Says:

    […] ■『相変わらず馬鹿か?』 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。