5月のバレンタイン


 
5月のバレンタイン


(valent2b.jpg)
 

(salon22.jpg)


(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 バレンタインは2月でしょう?


(kato3.gif)

でも、5月にバレンタインがあってもいいじゃありませんかァ!

バレンタインは2月と決まっていますわ。 どうして5月にバレンタインを持ち出してきたのですか?

5月にもバレンタインがあった方がいいと思う人だって けっこう居ると思うのですよ。

それはチョコレートを作っている会社だけだと思いますわ。 

でもねぇ~、2月だけに限らず、バレンタインに興味を持っている人は1年中いると思いますよ。

どうして、デンマンさんは急に そのようなことを言うのですか?

いや。。。 僕だけがそう思っているわけではないのですよ。

じゃあ、他に どなたが そう思っているのですか?

やだなあああァ~。。。 小百合さんは惚(とぼ)けるのですか?

私が何を惚けていると、デンマンさんは言うのですかァ~?

ちょっと次の手紙を読んでみてください。



(lotus102c.jpg+cleoani.gif+spacer.png+sayuri5.gif)

2014年4月14日 (月曜日)

デンマンさん お元気ですか?
日本は桜も終わり初夏です。。。と言いたいところですが その前にデンマンさんの嫌いな梅雨があります。
私も日本のジメジメとした梅雨には鳥肌が立つほど 生理的に拒絶反応が起こります。

2月のバレンタインには 少しでもデンマンさんの心も体も温まるようにと小包を送ったのですが、たぶん税関で引っかかったようです。
つい、詰め込めるだけ箱の中に いろいろと詰め込んでしまったので、申告書類にはずいぶん“漏れ”があったのです。

2008年から毎年バレンタインの小包を送っており これまでには問題がなかったので 今回も大丈夫だと思ったのですわ。
ところが 今回は珍しく税関で調べたようです。
大きな金額ではないので保険はかけていなかったし
また、税関で問題があった時に 送り返すようにと返送のための郵便料金も支払っていませんでした。
ケチっていたわけではないのです。
このような事が起こると予測していたら 返送用の郵便料金も払っていたでしょう!

とっても残念です。
もう一度送ろうかな?
その内 気が向いたら 送るかもしれません。
期待せずに待っていてください。

小百合より


(sayuri15.gif)


『古代蓮と軽井沢タリアセン夫人』より
(2014年4月27日)

この手紙が どうしたと言うのですか?

バレンタインの小包が郵便局に届いたという通知が5月2日に僕のマンションのメールボックスに入っていたのですよ。

あらっ。。。 マジで。。。?

それで昨日(5月4日)、バンクーバー市立図書館からの帰りに 指定されたロブソン・パブリック・マーケットの中にある郵便局に立ち寄って 小百合からのバレンタインの小包を受け取ってきたのですよ。


(robson60.jpg)


(robson61.jpg)


(robson62.jpg)


(robson63.jpg)

デンマンさんの手元に無事について よかったですわねぇ~。

あれっ。。。 小百合さんは なんだか他人事のように言いますねぇ~。。。 マンションに帰ってから小包を見たら、4月2日に栃木の郵便局から郵送したという消印が付いてましたよゥ。

うふふふふふ。。。。

うふふじゃありませんよう! つまり、上の手紙を書いた時には すでにバレンタインの小包を郵便局に出してから 2週間近く経っていたのではありませんかア!

そうですわ。。。 でも、また小包が行方不明になるかもしれないと思ったので、手紙には郵送したことを伏せていたのです。 もし、知らせて1ヶ月以上も経っても 小包がデンマンさんの手元についてないと、お互いに心配のあまり、ストレスがたまって癌にでもなったらバレンタインどころではありませんわア。

あのねぇ~、その程度のストレスでは 癌になりませんよう。

とにかく、1度あることは2度あると昔の人は言ってましたから。。。 うふふふふふ。。。

僕は、小百合さんが 1度で懲(こ)りて 2度と小包を送らないと思っていましたからねぇ~。。。

どうして、そう思ったのですか?

僕なら、1度で懲りて2度と送りませんよう。 実は、似たようなことが 10年ほど前に僕にもあったのですよう。 それ以来、僕は懲りて 2度と小包を郵便では送ってないのですよ。 でも、小百合さんは、また手間と時間をかけて小包を作って 田舎の郵便局まで車で出かけていってぇ ムカつかせるような郵便局のおっさんに 今度は間違いなくバンクーバーまで届くようにと頼んだわけでしょう?

そうですわ。

僕なら、ムカつかせるような郵便局のおっさんの顔を 2度と見たくないですよう。

でも、小包を作ることって、それほど苦になりませんでしたわァ。

そんなことないでしょう!? せっかく 手間と時間をかけて 田舎の郵便局まで車で出かけて行って 郵送したのに 行方不明になってしまったのですよう! それで 同じ事を再び繰り返して、また ムカつかせる郵便局のおっさんに頼まねばならない。。。もしかしたら、また。。。 「1度あることは2度あるで。。。」 そう思ったら、郵便局のムカつかせるおっさんの頭を 僕ならば、1つや2つ 殴りますよう!

そんなことは 私にはできませんわ。 ムカつかせるような郵便局のオジさんも気になりませんでしたわ。

どうして。。。?

私は楽しいことを思い浮かべて ムカつかせるような郵便局のおじさんの顔は見ないようにしていましたわ。

楽しいこと。。。?

そうですわ。。。 「さきたま古墳公園」でのピクニックのことを思い出しながら ムカつくことは考えないようにしていましたわ。 (微笑)


(valent5.jpg)

Subj:ハッピー、バレンタイン!


(sayuri55.gif)

日本時間: 2014年2月14日(金)午前9時9分
Date: Thurs. 13/02/2014 16:09
(バンクーバー時間)
Pacific Standard Time
From: sayuri@hotmail.com
To: denman@coolmail.jp
CC: barclay1720@aol.com

デンマンさん、お元気ですか?
早いものですね。
去年の10月にお会いしたと思っていたら、もうバレンタインですね!

“ルート66の奇跡”でデンマンさんは死ぬほど驚いたようですが
ちょっとオーバーですよ。


(r66.gif)
 

(r66c.jpg)


(r66d.jpg)

『ルート66の奇跡』

でも、デンマンさんのおかげで
日本では手に入らないアイリッシュ・クリーム・フレーバーの待望のコーヒーがいただけて
懐かしいバンクーバーを思い出しながら
香りと味を充分に楽しみましたわァ。


(gog30609b.gif)
 
デンマンさんが滞在した1ヶ月は
“光陰矢のごとし”
なんだか アッという間に過ぎてしまったような気がします。

「さきたま古墳公園」でのピクニックが昨日のように
思い出されます。

私が「ツナ缶のLemon味も忘れずに!」とメールに書いたので
デンマンさんが わざわざlemon-pepper味のツナ缶を
日本へ持ち帰ってくれました。
ありがとう!


(sakitama95.jpg)


(sakitama98.jpg)


(sakitama97b.jpg)

10月16日の水曜日は、とっても天気がよくて
まさに秋晴れの行楽日和でした。
デンマンさんが lemon-pepper 味のツナをのせた“カナペ”を作ったのには驚かされましたよ。


(canape05b.jpg)


(sakitama99.jpg)

私も ウキウキして白ワインなどを持ち出して
“とっても美味しいわァ! 素敵だわァ~!”なんちゃってぇ~。。。 
うふふふふふ。。。

。。。というわけで、お返しと言っては何ですけれど、
デンマンさんのためにバレンタインの小包を
船便で送りました。

ちょっと遅れるかもしれませんけど
近いうちにお手元に届くと思います。

\(*^_^*)/

では。。。


『失われたバレンタイン』より
(2014年3月23日)

そうですかァ~。。。 「さきたま古墳公園」でのピクニックを思い出してウキウキしたのですかァ~。。。 実は、僕もねぇ~、すぐに小包を開けて目に飛び込んだのが House食品 の「咖喱屋チキンカレー 中辛」ですよ。 箱を見たら次のように書いてあるじゃありませんか!


(curry80.jpg)


(spice29.jpg)

・オリジナルにブレンドした29種類のスパイス、

野菜、ブイヨンをじっくり煮込んだ、

人気の洋食屋のカレーです。

・デミグラスソースの味わいと

炒め玉ねぎの甘さと香りをアップさせ、

お子さまから大人まで満足できる

コク重視の“カレー専門店のような甘口”を

実現しました。

これを読んだら、もうたまりませんよう! すぐに箱から レトルトパウチを取り出して ご飯を炊いて 暖めて食べましたよ。


(curry81.jpg)

あらっ。。。 マジでおいしそうですわねぇ~♪~。。。

。。。でしょう!? 僕は、小百合さんの山の家で創作カレーを作った時のことを思い出しましたよ。


(yamagoy3.jpg)

僕が発明したラヴィオリ・カレー(ravioli curry)を作って食べました。


(ravioli3.jpg)

本当に偶然ですねぇ~。
僕もカレーだったのですよう。
以心伝心ですねぇ~。
ヽ(´ー`)ノ うししししし。。。

このラビオリ・カレーは簡単に作れますよ。

Beef ravioli & meatballs in tomato sauce

(Ravioli au boeuf et boulettes de viande en sauce tomate)

(425 grams)
これがなんと! $1.24 (1ドル24セント!馬鹿ヤスゥ!)
ミートボールが入ってないものは 96セント!


(ravioli2.jpg)

アメリカで製造されたものですがカナダの会社(Lablaw)が輸入して売っていますよ。
そう言う訳で英語とフランス語で書かれています。
( )の中はフランス語ですよ。
この缶詰を買ってきて、これに、たまねぎとカレー粉と香辛料を混ぜて出来上がりですよ。
簡単!僕の発明!創作カレー!うしししし。。。

このravioliは、Chef Boyardee というブランドです。
ウェブサイトがありますよ。

http://www.chefboyardee.ca


『ラヴィオリ・カレー』より
(2008年3月5日)

どうですか、小百合さん。。。 ラヴィオリ・カレーの味を覚えていますかァ~?

デンマンさん。。。 このような事をダラダラと書いても、読まされるネット市民の皆様は白けるだけですわ。

あのねぇ~、たとえ白けても、ここまで読んできた人は充分に満たされているはずですよう。

どうしてですか?

今夜の夕食は絶対に自分好みのカレーと決めたからですよ。


(laugh16.gif)

【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
馬鹿馬鹿しいですわア!
あたくしは 特にカレーが食べたくなったわけではござ~ませんわァ。
でも、今夜の夕食が済んだら、デザートにカレーを作って食べようと思いますわ。
うふふふふふふ。。。

ところで 話は変わりますけれど、あたくしは“タレント発掘”という番組に出場したのですわ。
その時の映像がありますから、ここにビデオ・クリップを貼り出しますねぇ。
どうか驚かないで観てくださいまし。。。 では。。。

ついに、あたくしの素顔をご覧に入れてしまいましたわァ。
おほほほほほ。。。

でも、あなたは 信じませんわよねぇ。
うふふふふふふ。。。

では、小百合さんのお話に戻りますけれど、
どうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ~。。。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。


(hand.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


(kinuga25.jpg)

■ 『南海に散る』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のサラダ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のリンゴ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のから揚げ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の人気』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のエンザイム』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と人参』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の写真』

■ 『軽井沢クラブ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のお願い』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のポテトチップ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とツナ缶』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のカリスマ』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とアボカド』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人とカナペ』

■ 『カラスの温泉』

■ 『茂美の湯』

■ 『お役所仕事@行田』

■ 『お役所仕事@ロシア』

■ 『釜飯の思い出』

■ 『チーズケーキドタバタ』

■ 『脳の常識のウソ』

■ 『ルート66の奇跡』

■ 『ツナ缶@LOVE』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『奇跡を呼ぶ女』

■ 『遺伝する幻視?』

■ 『デンマンさんのオツムが心配です』

■ 『栗ご飯の思い出』

■ 『ポックリゆきたいの?』

■ 『ツナサンド』

■ 『消えたカラスの巣』

■ 『ハルヴァと軽井沢』

■ 『トリュフ、梅毒、ポテト』

■ 『軽井沢タリアセン夫人のハルヴァ』

■ 『ハルヴァの面白い話』

■ 『松茸と靴下』

■ 『気になる臭い』

■ 『ハルヴァの面白い話再び』

■ 『ベーグルの夢』

■ 『私、食べるの大好き』

■ 『べーグルの面白い話』

■ 『まりちゃんのべーグル』

■ 『駅前のヌード』

■ 『3月のバレンタイン』

■ 『ベーグルフィーバー』

■ 『別れの朝あなたは…』

■ 『バレンタインの唄声』

■ 『古代蓮と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『宮沢りえと軽井沢タリアセン夫人』


(curryind.jpg)


(byebye.gif)
 

タグ: , , , , ,

コメント / トラックバック74件 to “5月のバレンタイン”

  1. 加藤 明 Says:

    5月のバレンタイン、無事に着きましたよ!
    小百合さんの心のぬくもりを
    HOUSEの中辛カレーでじっくりと味わいました。
    きゃははははは。。。
    そして書いたのが次の記事ですよ。
    時間がある時にじっくりと読んでみてね。
    5月の連休は十分に楽しみましたか?
    たまには「さきたま古墳公園」か
    または「古代蓮の里公園」にでも行ってピクニックを楽しんでね。
    じゃあね。

    Date: Mon, 5 May 2014 21:31:25 +0000
    To: greenok8@infoseek.jp

  2. A. I. Says:

     このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?

    • denman705 Says:

      A.I.と名乗る愚か者よ!
      オマエのIPアドレスは次の通り!
      72.140.219.150
      ホスト名
      CPE9cd643cf296b-CM0018680ddd68.cpe.net.cable.rogers.com
      IPアドレス割当国
      カナダ ( ca )

      Locator を使って調べると  Scarborough と出てくる!
      つまり、このような迷惑コメントを書きこむ愚か者で
      しかも Scarborough に住んでいる馬鹿者は
      太田将宏しかいないのだよ!(爆笑)

      オマエ、自分の娘にまで絶交を喰らって
      寂しいんだろう!?

      寂しまぎれに、このような嫌がらせのコメントを書く!
      オマエ、ますます家族の者にも嫌われ、
      孤独を深めてゆくのだなア! ばか者! アホ! ボケ!

      オマエは改心して まともな人間になっていると思っていたら、
      相変わらず孤独な老人のママなんだなア!

      オマエ、あの世に逝く前に家族の者にも好かれる真面目な人間いなれよ!いいな! わかったあああァ~?

      じゃあ、いい子だから お利口にするんだよ!
      じゃあなァ~。。。 バイバ~♪~イ!

      オマエが 相変わらずの孤独な老人だということが判って
      僕は、なんだかほっとしているよ!
      ギャハハハハハハ。。。

  3. それを言っちゃあお仕舞いよ | Denman Blog Says:

    […] ■『実際の記事』 […]

  4. 相変わらず馬鹿か? | Denman Blog Says:

    […] ■『実際の記事』 […]

  5. A. I. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様へ (I. A.) 太田さんは私たちのadviceに従って貴方への接触を断っておりますよ。以前に名前なしのcomment「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」を書いたのは、私、I. A. です。如何にして、太田さんが書いたとなったか、推理してみたらいかが(そこでは私のちょっとした失策もあったのですが)。
      私と義姉のA. I. (たまたま私の本当のinitialを使うと偶然に貴方のと同じになって嫌悪感におちいるので義姉のinitialを借りて逆さにして今後使用します)と 義兄のV. T.は、貴方の下品、卑猥、な文章と卑劣な行為の連続で義憤に燃えておりますが、次をお楽しみに。

     I. A.

  6. A. I. Says:

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明へ。

     デンマンこと加藤明の言うところによる、人は完全ではない、ということ自体は正しいだろう。しかしである。それをもってして彼のidentity theftを正当化することは出来ないことこそが当然であろう。斯様な言い訳は島国根性での仲良しクラブ内のみで通じる言い訳ではないか。この程度の知能程度だから素直に太田氏に謝罪ができないのか。デンマンこと加藤明は、私たち三人の誰もの理解に苦しむ御仁である(私たちScarboroughに居住しているが、私のpen nameのinitial V.T.は太田さんのものではないよ)。

     V. T.

    • denman705 Says:

      相変わらず愚かな太田将宏ちゃんへ!

      オマエは相変わらず馬鹿だね! きゃはははは。。。
      今、日本へ帰省しているのだよ!
      やる事が多すぎて、愚かなオマエに付き合っている暇がないのだよ!
      真由美ちゃんがVancouver Community Collegeに通っているけれど、2週間休暇を取って、日本に帰ってきた。
      11月11日、つまり、明日、会うことになっている。
      それに、軽井沢タリアセン夫人とも12日会う予定なんだよ!
      オマエのような愚か者にこうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!
      でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、
      一応、オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントをい書きまくったので、
      このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、
      仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑)

      そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、
      じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!
      だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!
      オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!
      じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  7. A. I. Says:

     Identity theft をなさったデンマンこと加藤明さんへ。

    貴方は、ご自分のBBSにて太田さんに対してidentity theftをなさいましたね。太田さんに土下座をして謝る気持ちが無いばかりか、その後も更に暇にまかせて彼への中傷を重ねてきましたね。づにのって、「まだやりますよ」などと息巻いて、粋がっていましたけれど、それは「匹夫の勇」ということですよ。この意味が分からなければ辞書でも引いたら如何ですか。お分かりになったならば今からでもしたら如何。
    私もidentity theftなどなされるのは嫌ですのでinitialだけにしておきます。

    A. I.

  8. A. I. Says:

     Identity theft をなさったデンマンこと加藤明さんへ。

    貴方は、ご自分のBBSにて太田さんに対してidentity theftをなさいましたね。太田さんに土下座をして謝る気持ちが無いばかりか、その後も更に暇にまかせて彼への中傷を重ねてきましたね。づにのって、「まだやりますよ」などと息巻いて、粋がっていましたけれど、それは「匹夫の勇」ということですよ。この意味が分からなければ辞書でも引いたら如何ですか。お分かりになったならば今からでもしたら如何。

    私もidentity theftなどなされるのは嫌ですのでinitialだけにしておきます。

    A. I.

  9. A. I. Says:

     Identity theft をなさったデンマンこと加藤明さんへ。

     貴方は、ご自分のBBSにて太田さんに対してidentity theftをなさいましたね。太田さんに土下座をして謝る気持ちが無いばかりか、その後も更に暇にまかせて彼への中傷を重ねてきましたね。づにのって、「まだやりますよ」などと息巻いて、粋がっていましたけれど、それは「匹夫の勇」ということですよ。この意味が分からなければ辞書でも引いたら如何ですか。お分かりになったならば今からでもしたら如何。
     私もidentity theftなどなされるのは嫌ですのでinitialだけにしておきます。

     A. I.

  10. A. I. Says:

     Identity theft をなさったデンマンこと加藤明さんへ。
    貴方は、ご自分のBBSにて太田さんに対してidentity theftをなさいましたね。太田さんに土下座をして謝る気持ちが無いばかりか、その後も更に暇にまかせて彼への中傷を重ねてきましたね。づにのって、「まだやりますよ」などと息巻いて、粋がっていましたけれど、それは「匹夫の勇」ということですよ。この意味が分からなければ辞書でも引いたら如何ですか。お分かりになったならば今からでもしたら如何。
    私もidentity theftなどなされるのは嫌ですのでinitialだけにしておきます。

    A. I.

  11. I. A. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様へ

  12. I. A. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様について

    皆様、前回にtyping mistakeを致しまして失礼を致しました。それを修正しがてら少しだけ文章を加えましたので宜しく読んで頂けますでしょうか。
    これは皆様も左様かと思われるのですが、私は、たデンマンこと加藤明さんの不潔な文章を読んで、この程度の人を相手にしていると自分自身が汚されていくように感じられるのです。とりわけ反論するに彼の文を引用したくなるときに吐気すらもがもようされるのです。ついつい引きずられて、どっちが何処までより下卑たことが書けるかとの反応が頭に浮かびそうで、それに巻き込まれない様にと心して自制しなければならないのですね(私自身が「自慰」などという言葉を生まれて初めて誰かさんに口走ってしまいました)。今迄にも例として挙げてきた彼の文の猥雑さは、故池田晶子さんが言っていた日本の団塊の世代の軽薄さまるだしどころか、その典型すらをこえているのではないでしょうか。デンマンこと加藤明さんは、太田さんのような品性、太田さんをも入れた私たち四人の文章の品位に遠く及ばないことに何故気がつかないのでしょうか。本当に気がつかないのでしたならば低能としか言いようがないですね。
    私は、三人で申合せた通りにデンマンこと加藤明さんにしばらくの反省の機会として日時を与えるだけではなく、そのあたり義兄(V. T.)とも義姉(A. I.)とも違うのですが、もうdrop outしようかと思い巡らしておりますが。

    I. A.

  13. I. A. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様へ

     先日、貴方は今まで太田さんに対して揚足取り以上のことをしてきましたか、と書きましたが、今また、更に適当な一例を思い出したので(もう不潔な貴方なんぞについて書くことはやめようとしましたが、一区切りのために)此処に追加だけをしておきます。

     或る家庭でのhome recitalで太田さんがpianoを演奏することを依頼されたとき、「お座敷がかかって」と書いていたところ、貴方は太田さんを芸者か何かになぞらえ茶化したことがありましたね。いいですか、日本での「お座敷がかかって」という言回しは、何も芸者さんなどに限らず、音楽家(の集団)なども使っている言い方でもあるのですよ。たとえば、個人の演奏家や芸人、bandやorchestraなどで自らの自主公演や定期演奏会などによるのではなく、客先からの依頼が入っての時にも使われる言葉なんですよ。そうしたことすらをも知らない日本語での貴方の無知では「仲良しクラブ」でしか通じような駄文しか書けないのは当然ではないですか。貴方は、これに限らず全て、日本語が喋れるから日本語の文章を書けると勘違いしている人すらにも及ばないのですよ。太田さんがカタカナを使って文章を書かないことに「島国根性」との穿違えた言掛りをつけましたが、むしろ貴方の方が「島国根性」の持ち主ではないですか。私たち三人も太田さんに習って外来語ではalphabetを使うことを心がけていますが、貴方は何十年もCanadaにいても彼我の違いを意識できないので、貴方の英語はカタカナ表記の発音英語にも無知なのではないでしょうか。

     繰返しますが、太田さんは、今なお、私たちのadviceに従って貴方への接触を断っておりますよ。私たちは貴方の古いBBSでの貴方がidentity theftを含んだ管まきを証拠として写し取っているので必要があり次第、証拠として公開でき、一切の承認になれるのですよ。私も、A. I. に同調して、貴方に、土下座をして太田さんに許しを請うことをお勧めします。

     I. A.

    • denman705 Says:

      オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!

      どんな人物に成りすましても、このような愚かな極めて長い同じ内容のコメントを書くのは
      太田将宏しかいないのだよ!
      愚か者! (爆笑)

      オマエがこれまでに書いた すべてのコメントのIPアドレスは 次のアドレスなんだよ!

      99.244.57.104

      オマエは愚劣にも恥の上塗りをしているのを理解していない
      孤独で愚かな老人に成り下がってしまったのだよ!
      実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない、愚かで哀れなもうろく爺さんになってしまったのだよ!
      きゃははははは。。。

      今、愚劣なオマエに付き合っている暇がないのだよ! (微笑)
      大切な人に会わなければならないのだ!

      ぼくは孤独で愚かな老人のオマエとは違って
      たくさんの大切な友人、知人、親戚の人たちに恵まれているのだよ!
      ぎゃはははは。。。

      オマエのような愚か者に こうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!
      でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、
      オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントをい書きまくったので、
      このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、
      仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑)

      そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、
      じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!

      だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!

      オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!

      僕ちゃんのコメントを次の記事の中で引用したので読むように!

      ■『きみ待ちわびて』
      https://denman705.wordpress.com/collabo/waiting3/

      僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、
      オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!
      オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!
      きゃははははは。。。

      じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  14. V. T. Says:

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明氏について

    誰が言ったのか、「従僕は従僕の眼でしか主人を見れない」、というのがありました。皆様、さしずめデンマンこと加藤明氏は、その伝でありましょう。いや、彼は、ド百姓の眼でしか貴族の太田さんを見れないのかもしれませんね。いやいや、それでもデンマンこと加藤明氏についてでは誉めすぎでしょう。つくづく此処で思うのですが、そもそもゴロツキというのは人類に属するのかどうなのでしょうか。もし、もしもですよ、デンマンこと加藤明が人類に属するのではないとすると、奴さんは人非人になりますね。それでかどうか、デンマンこと加藤明氏に反省の時期をあげようかと打ち合わせたのにも拘わらず、A. I.やI. A.は憤激遣る方無しの心境が納まらない様で何やら書き続けている様子ですが、何れにしろ、A. I.やI. A.が書いていた通り、私もデンマンこと加藤明氏に太田さんに(公開の場で)土下座して謝罪することを要求しているのです(デンマンこと加藤明氏はChristmas cardにて、こそこそと言い訳がましく謝ったことがありましたが、それでは、私も太田さんと同様、受入れ難く存じます。また、これは序でなのですが、「デンマンこと加藤明」と繰返しているのは、他に同氏同名の加藤明氏がいらっしゃり、その方と区別させて頂いているからです)。デンマンこと加藤明氏は、internetの中途半端な知識での未熟な推測、彼の程度の技術での推理で、私たちではなく太田さんが書いているのではないかとの疑心暗鬼で無益な詮索をしている様子ですが、それよりも私たちが書いてきたことを吟味し、反省、悔恨するほうがデンマンこと加藤明氏自身の老後、余生にとって多少なりとも意味があるのではないでしょうか。

     V. T.

    • denman705 Says:

      オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!

      どんな人物に成りすましても、このような愚かな極めて長い同じ内容のコメントを書くのは
      太田将宏しかいないのだよ!
      愚か者! (爆笑)

      オマエがこれまでに書いた すべてのコメントのIPアドレスは 次のアドレスなんだよ!

      99.244.57.104

      オマエは愚劣にも恥の上塗りをしているのを理解していない
      孤独で愚かな老人に成り下がってしまったのだよ!
      実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない、愚かで哀れなもうろく爺さんになってしまったのだよ!
      きゃははははは。。。

      今、愚劣なオマエに付き合っている暇がないのだよ! (微笑)
      大切な人に会っている最中なのだよ!

      僕は孤独で愚かな老人のオマエとは違って
      たくさんの大切な友人、知人、親戚の人たちに恵まれているのだよ!
      ぎゃはははは。。。

      オマエのような愚か者に こうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!
      でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、
      オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントを書きまくっているので、
      このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、
      仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑)

      そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、
      じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!

      だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!

      オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!

      僕ちゃんのコメントを次の記事の中で引用したので読むように!

      ■『きみ待ちわびて』
      https://denman705.wordpress.com/collabo/waiting3/

      僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、
      オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!
      オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!
      きゃははははは。。。

      じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  15. A. I. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明さんについて

    皆様、デンマンこと加藤明さんは以下のような侮蔑笑いをされるような幼稚な私に応答を返しましたが、如何でしょうか。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    A.I.と名乗る愚か者よ!オマエのIPアドレスは次の通り!72.140.219.150ホスト名CPE9cd643cf296b-CM0018680ddd68.cpe.net.cable.rogers.comIPアドレス割当国カナダ ( ca )
    Locator を使って調べると Scarborough と出てくる!つまり、このような迷惑コメントを書きこむ愚か者で
    しかも Scarborough に住んでいる馬鹿者は太田将宏しかいないのだよ!(爆笑)
    オマエ、自分の娘にまで絶交を喰らって寂しいんだろう!?寂しまぎれに、このような嫌がらせのコメントを書く!オマエ、ますます家族の者にも嫌われ、孤独を深めてゆくのだなア! ばか者! アホ! ボケ!オマエは改心して まともな人間になっていると思っていたら、相変わらず孤独な老人のママなんだなア!オマエ、あの世に逝く前に家族の者にも好かれる真面目な人間いなれよ!いいな! わかったあああァ~?
    じゃあ、いい子だから お利口にするんだよ!じゃあなァ~。。。 バイバ~♪~イ!
    オマエが 相変わらずの孤独な老人だということが判って僕は、なんだかほっとしているよ!ギャハハハハハハ。。。

    これは一例でしたが、デンマンこと加藤明さんは、この程度の文しか書けないのですね。いえ、これは典型的なゴロツキの文ではないですか。
    まず、私は、太田さんではありません。デンマンこと加藤明さんは自分の軽薄な類推や想像、空想をやめることができないのですね。
    彼は、私たちのcommentsなんぞは誰も読みやしない、などと息巻いていましたが、では何故commentの fieldなんぞを用意したのでしょうか。いえ、それ以前に、デンマンこと加藤明さんのwebsitesそのものに入った人自身があまりにもの下らなさに辟易して数秒で出てしまうからではないでしょうか。それは、デンマンこと加藤明さんに自責の念と共に反省の可能性を差上げようとしているような奇特な私たちのcomments以外が殆ど見当たらないことが証明していませんか。
    デンマンこと加藤明さんは太田さんの家族のことをあれこれ中傷していますが、余計なお世話という以上に、いえ、以前に、とりわけ娘さんたちのことを事更に如何にも曲解、歪曲して下卑た文で書かれているか、それは彼が引合いに出してゲスの勘繰りをした太田さん自身の著作、<<あれかこれか>>を直接読まれるならば、推察、了解されるのではないでしょうか。
    デンマンこと加藤明さんこそが、「孤独な老人」ではないですか。I. A.も言ったように、白人女性の裸の写真がpin-upされたbachelor用のapartment/condominium のなかで、猥雑卑猥な文や煽情的な絵が満載されたwebsitesを書きながら、一人自慰にふけっているのは、一体、何処の老人の方なのでしょうか。
    また、例えば「ばか者! アホ! ボケ!……ギャハハハハハハ」、などとは低能まるだしの駄文そのものではないですか。これでもまた、I. A.も言ったように、デンマンこと加藤明さんなどを相手にしていると、自分自身が汚されるような嫌悪感におそわれるのですね。それで、太田さんのみでなく、私たち三人も当分の間はデンマンこと加藤明さんを相手にしないことに致しますが。

     A. I.

    • denman705 Says:

      オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!

      どんな人物に成りすましても、このような愚かな極めて長い同じ内容のコメントを書くのは
      太田将宏しかいないのだよ!
      愚か者! (爆笑)

      オマエがこれまでに書いた すべてのコメントのIPアドレスは 次のアドレスなんだよ!

      99.244.57.104

      オマエは愚劣にも恥の上塗りをしているのを理解していない
      孤独で愚かな老人に成り下がってしまったのだよ!
      実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない、愚かで哀れなもうろく爺さんになってしまったのだよ!
      きゃははははは。。。

      今、愚劣なオマエに付き合っている暇がないのだよ! (微笑)
      大切な人に会っている最中なのだよ!

      僕は孤独で愚かな老人のオマエとは違って
      たくさんの大切な友人、知人、親戚の人たちに恵まれているのだよ!
      ぎゃはははは。。。

      オマエのような愚か者に こうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!
      でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、
      オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントを書きまくっているので、
      このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、
      仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑)

      そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、
      じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!

      だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!

      オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!

      僕ちゃんのコメントを次の記事の中で引用したので読むように!

      ■『きみ待ちわびて』
      https://denman705.wordpress.com/collabo/waiting3/

      僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、
      オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!
      オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!
      きゃははははは。。。

      じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  16. A. I. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明さんについて

    皆様、デンマンこと加藤明さんは以下のような侮蔑笑いをされるような幼稚な私に応答を返しましたが、如何でしょうか。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    A.I.と名乗る愚か者よ!オマエのIPアドレスは次の通り!72.140.219.150ホスト名CPE9cd643cf296b-CM0018680ddd68.cpe.net.cable.rogers.comIPアドレス割当国カナダ ( ca )
    Locator を使って調べると Scarborough と出てくる!つまり、このような迷惑コメントを書きこむ愚か者で
    しかも Scarborough に住んでいる馬鹿者は太田将宏しかいないのだよ!(爆笑)
    オマエ、自分の娘にまで絶交を喰らって寂しいんだろう!?寂しまぎれに、このような嫌がらせのコメントを書く!オマエ、ますます家族の者にも嫌われ、孤独を深めてゆくのだなア! ばか者! アホ! ボケ!オマエは改心して まともな人間になっていると思っていたら、相変わらず孤独な老人のママなんだなア!オマエ、あの世に逝く前に家族の者にも好かれる真面目な人間いなれよ!いいな! わかったあああァ~?
    じゃあ、いい子だから お利口にするんだよ!じゃあなァ~。。。 バイバ~♪~イ!
    オマエが 相変わらずの孤独な老人だということが判って僕は、なんだかほっとしているよ!ギャハハハハハハ。。。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    これは一例でしたが、デンマンこと加藤明さんは、この程度の文しか書けないのですね。いえ、これは典型的なゴロツキの文ではないですか。
    まず、私は、太田さんではありません。デンマンこと加藤明さんは自分の軽薄な類推や想像、空想をやめることができないのですね。
    彼は、私たちのcommentsなんぞは誰も読みやしない、などと息巻いていましたが、では何故commentの fieldなんぞを用意したのでしょうか。いえ、それ以前に、デンマンこと加藤明さんのwebsitesそのものに入った人自身があまりにもの下らなさに辟易して数秒で出てしまうからではないでしょうか。それは、デンマンこと加藤明さんに自責の念と共に反省の可能性を差上げようとしているような奇特な私たちのcomments以外が殆ど見当たらないことが証明していませんか。
    デンマンこと加藤明さんは太田さんの家族のことをあれこれ中傷していますが、余計なお世話という以上に、いえ、以前に、とりわけ娘さんたちのことを事更に如何にも曲解、歪曲して下卑た文で書かれているか、それは彼が引合いに出してゲスの勘繰りをした太田さん自身の著作、<<あれかこれか>>を直接読まれるならば、推察、了解されるのではないでしょうか。
    デンマンこと加藤明さんこそが、「孤独な老人」ではないですか。I. A.も言ったように、白人女性の裸の写真がpin-upされたbachelor用のapartment/condominium のなかで、猥雑卑猥な文や煽情的な絵が満載されたwebsitesを書きながら、一人自慰にふけっているのは、一体、何処の老人の方なのでしょうか。
    また、例えば「ばか者! アホ! ボケ!……ギャハハハハハハ」、などとは低能まるだしの駄文そのものではないですか。これでもまた、I. A.も言ったように、デンマンこと加藤明さんなどを相手にしていると、自分自身が汚されるような嫌悪感におそわれるのですね。それで、太田さんのみでなく、私たち三人も当分の間はデンマンこと加藤明さんを相手にしないことに致しますが。

     A. I.

    • denman705 Says:

      オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!

      どんな人物に成りすましても、このような愚かな極めて長い同じ内容のコメントを書くのは
      太田将宏しかいないのだよ!
      愚か者! (爆笑)

      オマエがこれまでに書いた すべてのコメントのIPアドレスは 次のアドレスなんだよ!

      99.244.57.104

      オマエは愚劣にも恥の上塗りをしているのを理解していない
      孤独で愚かな老人に成り下がってしまったのだよ!
      実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない、愚かで哀れなもうろく爺さんになってしまったのだよ!
      きゃははははは。。。

      今、愚劣なオマエに付き合っている暇がないのだよ! (微笑)
      大切な人に会っている最中なのだよ!

      僕は孤独で愚かな老人のオマエとは違って
      たくさんの大切な友人、知人、親戚の人たちに恵まれているのだよ!
      ぎゃはははは。。。

      オマエのような愚か者に こうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!
      でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、
      オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントを書きまくっているので、
      このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、
      仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑)

      そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、
      じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!

      だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!

      オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!

      僕ちゃんのコメントを次の記事の中で引用したので読むように!

      ■『きみ待ちわびて』
      https://denman705.wordpress.com/collabo/waiting3/

      僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、
      オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!
      オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!
      きゃははははは。。。

      じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  17. I. A. Says:

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明様へ

     貴方、デンマンこと加藤明様の愚にもつかないくだまきと私たちの整然とした記述による貴方への説得の試みを較べるならば、読む人が読めば判然と分かる、というのが分からないのがmoron(この英語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)の貴方なのですね。また、太田さんは労作である七つの著作を書きおえてるのですが、貴方には何が残っているのですか。貴方には見ても読んでも恥ずかしくなるようなwebsitesしか無いではないですか。
    私たち三人が書いているのを太田さんが書いているとの妄想、更に「証拠がある」などとの勘違い、貴方こそが「恍惚の人」(この意味お判りですか?)ではないでしょうか。それどころか、貴方は、「ギャハハハハハハ」などと相手にされるだけで大喜びする老人、まさに精神に異常をきたしている老残ではないか、と疑われても仕方がないような人なのですね。繰返しますが、太田さんは私たちのadviceを受けて貴方なんぞの相手などしていらっしゃりませんよ。いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. ですよ。それでも、恥ずかしげも無く、またまた[最後に、ぎゃはははははは。。。] ですって。やはり異常ですね。こういう精神異常者は、(デンマンこと加藤明様にふさわしい下品な言葉ですが)やけくそになって馬鹿笑いをしている時でも、そのおなかの底の暗いところでは歯ぎしりをしている、と聞いたことがありましたが、デンマンこと加藤明様はいかが?
     I. A.

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明様について

    皆様、まずは、以下の駄文を読んで頂けますか。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!どんな人物に成りすましても、このような愚かな極めて長い同じ内容のコメントを書くのは太田将宏しかいないのだよ!愚か者! (爆笑)オマエがこれまでに書いた すべてのコメントのIPアドレスは 次のアドレスなんだよ!99.244.57.104
    オマエは愚劣にも恥の上塗りをしているのを理解していない孤独で愚かな老人に成り下がってしまったのだよ!実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない、愚かで哀れなもうろく爺さんになってしまったのだよ!きゃははははは。。。
    今、愚劣なオマエに付き合っている暇がないのだよ! (微笑)
    大切な人に会っている最中なのだよ!僕は孤独で愚かな老人のオマエとは違って
    たくさんの大切な友人、知人、親戚の人たちに恵まれているのだよ!
    ぎゃはははは。。。オマエのような愚か者に こうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントを書きまくっているので、このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑) そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!
    オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!僕ちゃんのコメントを次の記事の中で引用したので読むように!
    『きみ待ちわびて』 https://denman705.wordpress.com/collabo/waiting3/
    僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!きゃははははは。。。
    じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!最後に、ぎゃはははははは。。。
    皆様。妥協して、彼の想像から推測まででは、まあ、正常と致しましょうか。でも、推測から空想、それが空想であることを自覚しているならば正常なのでしょうが、彼としての曖昧さのために続く空想から妄想、その妄想についての自覚なんぞが全く無いので異常、つまりparanoeaに陥るのですね。彼、デンマンこと加藤明さんが書いていることを引用すると、それだけでこちらの手が汚れるような気がしますので、以下、ただの一例だけに致しますが、「実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない」というのは、とりわけ奥様についは事実無根の妄想です。それが仮に該当していたとしても(仮定文です)夫婦の機微や親娘との関わりには関係の無いデンマンこと加藤明さんが、あること無いことを出過ぎた態度で口汚く論評する資格はないのです。彼は、それら一切の区別がつかない程度の頭脳の持ち主ということなのですね。要するに、デンマンこと加藤明さんの全ては、空想や妄想にしか基づかないで、個人を中傷すること自体を目的とするという卑劣な個人攻撃ですね。奇妙なことに、いつぞや、デンマンこと加藤明さん自身が太田さんに「個人攻撃は良くない」などと抗議していたことがありました。彼は自分自身が何を言っているかすらも分かっていないのでしょう。太田さんは事実に基づいて中傷などすることなしに抗議していたのです。デンマンこと加藤明様よりも私たち三人の方がparanoiacと思われないように、この辺りで私もA. I. と同様に一時休止致します。

    I. A.

    • denman705 Says:

      オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!

      どんな人物に成りすましても、このような愚かな極めて長い同じ内容のコメントを書くのは
      太田将宏しかいないのだよ!
      愚か者! (爆笑)

      オマエがこれまでに書いた すべてのコメントのIPアドレスは 次のアドレスなんだよ!

      99.244.57.104

      オマエは愚劣にも恥の上塗りをしているのを理解していない
      孤独で愚かな老人に成り下がってしまったのだよ!
      実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない、愚かで哀れなもうろく爺さんになってしまったのだよ!
      きゃははははは。。。

      哀れで愚かな孤独な老人、つまりオマエのためと、日本語がわかる世界のネット市民の皆様のために記事を書いたから、
      オマエもじっくりと読めよ!

      ■『悪事千里を走る』
      https://denman705.wordpress.com/life/akuji/

      僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、
      オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!
      オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!
      きゃははははは。。。

      じゃあ、上の記事を何度も読めよ!
      哀れで愚かな孤独な老人。。。太田将宏のために!
      最後に、ぎゃはははははは。。。

  18. V, T, Says:

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明について

    皆様、今まで私たちが節度を心がけ控えめにして書き送っているのに対するデンマンこと加藤明からの相も変わらずの罵詈雑言、私たちは、つくづく思うのですが、要するに、デンマンこと加藤明は、一切の違いが分からない輩なのではないでしょうか。誰が言ったのか、「馬鹿は死ななきゃ分からない」、というのがありましたが、皆様、さしずめデンマンこと加藤明は、その伝でありましょう。いやいや、彼についてでは、それでも誉めすぎでしょう。デンマンこと加藤明は、「馬鹿は死んでも分からない」のくちかもしれませんね。そもそも、太田氏が淋しかろうが、寂しかろうが、斯様なことはゴロツキデンマンこと加藤明ふぜいの知ったことではなく、彼は御託を並べるような資格のある立場にないでしょう。此処で、私たちは、そもそもデンマンこと加藤明のような言語不明瞭意味不明瞭の老齢の男に何事でも期待するのは無理なのか、と悲観するようになってきたのです。デンマンこと加藤明が時代遅れのBBSを使っていた頃では、それでもなお色情狂による以外の記事もあったのですが、今の彼の卑俗、卑猥な品性まる出しのwebsitesに於いては彼のBBS時代での「エロティカ」の引写し以外の何をも見つけられませんね。これでは、私たちとしても彼には付合いかねるということなのです。デンマンこと加藤明は、彼の猥雑なことに耽溺するよりは、私たちが書いてきたことを吟味し、反省、悔恨する方が彼自身の余生にとって多少なりとも意味があり、それにより、私たちの要求、つまり、太田氏に(公開の場で)土下座して謝罪することにて禊をし、自身の心の安寧をえることが肝要なのではないかということを(最後にもう一度繰返し)、結びにして暫く様子を見ることに致します。

    追伸。
    デンマンこと加藤明は、太田氏以外の人にもIdentity theft をしていたことが発覚しております。

     V. T.

  19. 悪縁を断つ | Denman Blog Says:

    […] ■『5月のバレンタイン』のコメントより […]

  20. 悪縁を切れ! | Denman Blog Says:

    […] ■『5月のバレンタイン』のコメントより […]

  21. 心の平穏 | Denman Blog Says:

    […] ■『5月のバレンタイン』のコメントより […]

  22. I. A. Says:

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明様へ(改訂版)

    まだ相変わらず吠え続けているのですね。まるで狂犬病に罹った犬のように。

    貴方、デンマンこと加藤明様の愚にもつかないくだまきと私たちの整然とした記述による貴方への説得の試みを較べるならば、読む人が読めば判然と分かる、というのが分からないのがmoron(この英語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)の貴方なのですね。また、太田さんは労作である七つの著作を書きおえてるのですが、貴方には何が残っているのですか。貴方には見ても読んでも恥ずかしくなるようなwebsitesしか無いではないですか。それでも、貴方、デンマンこと加藤明様が、ご自分のwebsitesで執拗に書き続けている駄文の群れは、縦から見ても、横から見ても、斜めから見ても、上から見下しても、下から見上げても、前から見ても、後ろから見ても、ひっくり返してみても、裏返しにしてみても夜郎自大の(この日本語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)迷いごとにすぎないではないですか。
     私たち三人が書いているのを太田さんが書いているとの妄想、更に「証拠がある」などとの勘違い、貴方こそが「恍惚の人」(この意味お判りですか?)ではないでしょうか。それどころか、貴方は、「ギャハハハハハハ」などと相手にされるだけで大喜びする老人、まさに精神に異常をきたしている老残ではないか、と疑われても仕方がないような人なのですね。繰返しますが、太田さんは私たちのadviceを受けて貴方なんぞの相手などしていらっしゃりませんよ。いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. ですよ。それでも、恥ずかしげも無く、またまた[最後に、ぎゃはははははは。。。] ですって。やはり異常ですね。こういう精神異常者は、(デンマンこと加藤明様にふさわしい下品な言葉ですが)やけくそになって馬鹿笑いをしている時でも、そのおなかの底の暗いところでは歯ぎしりをしている、と聞いたことがありましたが、デンマンこと加藤明様はいかが?
     I. A.

  23. I. A. Says:

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明様について(改訂版)

    まだ、デンマンこと加藤明さんは、まるで狂犬病に罹った犬のように相変わらず吠え続けているのですね。皆様、まずは、以下の駄文を読んで頂けますか。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    オイ! 太田将宏。。。オマエは相変わらず馬鹿だね!どんな人物に成りすましても、このような愚かな極めて長い同じ内容のコメントを書くのは太田将宏しかいないのだよ!愚か者! (爆笑)オマエがこれまでに書いた すべてのコメントのIPアドレスは 次のアドレスなんだよ!99.244.57.104
    オマエは愚劣にも恥の上塗りをしているのを理解していない孤独で愚かな老人に成り下がってしまったのだよ!実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない、愚かで哀れなもうろく爺さんになってしまったのだよ!きゃははははは。。。
    今、愚劣なオマエに付き合っている暇がないのだよ! (微笑)
    大切な人に会っている最中なのだよ!僕は孤独で愚かな老人のオマエとは違って
    たくさんの大切な友人、知人、親戚の人たちに恵まれているのだよ!
    ぎゃはははは。。。オマエのような愚か者に こうして返信を書いている時間は、本来ならばもったいないのだよ!でも、オマエのような愚か者と違って紳士の僕ちゃんは、オマエが愚かにも、同じ内容のたくさんのコメントを書きまくっているので、このままほおって置くと、愚かなオマエが、ますます愚かな行為を続けると思うので、仕方なくこうして返信を書いているのだよ!(爆笑) そのうち大切な人たちと会って、時間のゆとりができたら、じっくりとオマエに関する記事を書くつもりなのだよ!だから、同じ内容のコメントを もうこれ以上書くのをやめろよな!
    オマエも、できたら、愚かな事を止めて、田舎者じゃなく紳士になれよな!僕ちゃんのコメントを次の記事の中で引用したので読むように!
    『きみ待ちわびて』 https://denman705.wordpress.com/collabo/waiting3/
    僕ちゃんの記事はたくさんの人に読まれるけれど、オマエの書いた愚劣なコメントなど真面目に読む人などいないのだよ!オマエはネットでは、太田将宏という愚かな悲しい哀れで孤独な老人として知れ渡っているのだよ!きゃははははは。。。
    じゃあ、僕がオマエの記事を書くまで、元気にこの世に居て欲しい!最後に、ぎゃはははははは。。。
    皆様。妥協して、彼の想像から推測まででは、まあ、正常と致しましょうか。でも、推測から空想、それが空想であることを自覚しているならば正常なのでしょうが、彼としての曖昧さのために続く空想から妄想、その妄想についての自覚なんぞが全く無いので異常、つまりparanoeaに陥るのですね。
    彼、デンマンこと加藤明さんが書いていることを引用すると、それだけでこちらの手が汚れるような気がしますので、以下、ただの一例だけに致しますが、彼が言う、「孤独で愚かな老人」、「実の娘にも、心優しい奥さんにも相手にされない」というのは、とりわけ奥様についは事実無根の妄想です。それが仮に該当していたとしても(もちろん仮定文なのですが)他人の夫婦の機微や親と娘との関わりには関係の無いデンマンこと加藤明さんには、あること無いことを出過ぎた態度で口汚く論評する資格はないでしょう。加えて「僕は孤独で愚かな老人のオマエとは違ってたくさんの大切な友人、知人、親戚の人たちに恵まれているのだよ!ぎゃはははは」ですって?!?。 そもそも、幸、不幸なんぞは誰もの人となりには関係の無いことでして、たとえ仮に太田さんが孤独で不幸な人であったとしても(私たちのような友人もいるではないですか。故に、また仮定文ですが)、それをデンマンこと加藤明さんが自分の方が太田さんより優位にあるなどと勘違いして、その軽薄な結果論で太田さんをあげつらうことこそがデンマンこと加藤明さんのさもしい品性ではないですか。いえ、デンマンこと加藤明さんは、品性のみならずに、それら一切の区別がつかない程度の頭脳の持ち主ということなのではないですか。要するに、彼の全ては、空想や妄想にしか基づかないで個人を中傷すること自体を目的とするという卑劣な個人攻撃ですね。奇妙なことに、いつぞや、デンマンこと加藤明さん自身が太田さんに「個人攻撃は良くない」などと抗議していたことがありましたが、彼は自分自身が何を言っているかすらも分かっていないのでしょう。太田さんは事実に基づいて中傷などすることなしに抗議していたのです。私たち三人も同様でしたが、デンマンこと加藤明さんよりも私たちの方がparanoiacと皆様に思われないように、この辺りで私もA. I. と同様に一時休止致しておりましたが、もしかしたら、多分、もう、このような人、デンマンこと加藤明さんなどを相手にすることは、私たちの人生での貴重な時間の無駄になるので止めようか、と皆で話し合うことを提案するかもしれません。

    I. A.

  24. A. I. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明さんについて (改訂版)

    皆様、デンマンこと加藤明さんは私に以下のような幼稚で侮蔑笑いをされるような応答を返しましたが、如何でしょうか。まだ、彼は、まるで狂犬病に罹った犬のように相変わらず吠え続けているのですね。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    A.I.と名乗る愚か者よ!オマエのIPアドレスは次の通り!72.140.219.150ホスト名CPE9cd643cf296b-CM0018680ddd68.cpe.net.cable.rogers.comIPアドレス割当国カナダ ( ca )
    Locator を使って調べると Scarborough と出てくる!つまり、このような迷惑コメントを書きこむ愚か者で
    しかも Scarborough に住んでいる馬鹿者は太田将宏しかいないのだよ!(爆笑)
    オマエ、自分の娘にまで絶交を喰らって寂しいんだろう!?寂しまぎれに、このような嫌がらせのコメントを書く!オマエ、ますます家族の者にも嫌われ、孤独を深めてゆくのだなア! ばか者! アホ! ボケ!オマエは改心して まともな人間になっていると思っていたら、相変わらず孤独な老人のママなんだなア!オマエ、あの世に逝く前に家族の者にも好かれる真面目な人間いなれよ!いいな! わかったあああァ~?
    じゃあ、いい子だから お利口にするんだよ!じゃあなァ~。。。 バイバ~♪~イ!
    オマエが 相変わらずの孤独な老人だということが判って僕は、なんだかほっとしているよ!。。。

    この一例は、デンマンこと加藤明さんが太田さんの著書をつまみ食いした挙句に書きなぐった文章でしたが、まったく、加藤明さんは、この程度の駄文しか書けないのですね。加藤明さんは、自分は負け犬と思っていない、いえ、技術、芸術、哲学や文学の何れの分野に於いてでもの負け犬であるという事実を強情にも認めたくない加藤明さん側での悪足掻き、雲助の開き直り、これは典型的なゴロツキの文ではないですか。このような俗物、加藤明さんの文章と太田さんの紀要論文を較べて下されれば一目瞭然でしょう。
    まず、私は、太田さんではありません。デンマンこと加藤明さんは自分の軽薄な類推や想像、空想をやめることができないのですね。
    彼は、私たちのcommentsなんぞは誰も読みやしない、などと息巻いていましたが、では何故commentの fieldなんぞを用意したのでしょうか。いえ、それ以前に、デンマンこと加藤明さんのwebsitesそのものに入った人自身があまりにもの下らなさに辟易して数秒で出てしまうからではないでしょうか。それは、デンマンこと加藤明さんに自責の念と共に反省の可能性を差上げようとしているような奇特な私たちのcomments以外が殆ど見当たらないことが証明していませんか。
    デンマンこと加藤明さんは、言うに事欠いて、太田さんの家族のことをあれこれ中傷していますが、余計なお世話という以上に、いえ、以前に、とりわけ娘さんたちのことを事更に如何にも曲解、歪曲して下卑た文で書かれているか、それは彼が引合いに出してゲスの勘繰りをした太田さん自身の著作、<<あれかこれか>>を直接読まれるならば、推察、了解されるのではないでしょうか。
    デンマンこと加藤明さんこそが、「孤独な老人」ではないですか。I. A.も言ったように、白人女性の裸の写真がpin-upされたbachelor用のapartment/condominium のなかで、猥雑、卑猥な文や煽情的な絵が満載されたwebsitesを書きながら、一人自慰にふけっているのは、一体、何処の老人の方なのでしょうか。
    また、例えば「ばか者! アホ! ボケ!……ギャハハハハハハ」、などとは低能まるだしの悪文そのものではないですか。これでもまた、I. A.も言ったように、デンマンこと加藤明さんなどを相手にしていると、自分自身が汚されるような嫌悪感におそわれるのですね。それで、太田さんのみでなく、私たち三人も当分の間はデンマンこと加藤明さんを相手にしないことに致しておりましたが、もしかしたら、多分、もう、このような人、デンマンこと加藤明さんなどを相手にすることは、私たちの人生での貴重な時間の無駄になるので止めようか、とのI. A.の提案について皆で話し合うかもしれません。

     A. I.

  25. V. T. Says:

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明について (改訂版)

    皆様、今まで私たちが節度を心がけ控えめにして書き送っているのに対するデンマンこと加藤明からの相も変わらずの(太田氏に仮想、仮託した)罵詈雑言、私たちは、つくづく思うのですが、要するに、デンマンこと加藤明は、一切の違いが分からない奴さんなのではないでしょうか。彼の文章力、いやいや、彼の知能の程度では何を書いても駄目、無駄だということが分からなくなった老残の輩ではないですか。誰が言ったのか、「馬鹿は死ななきゃ分からない」、というのがありましたが、皆様、さしずめデンマンこと加藤明は、その伝でありましょう。いやいや、彼についてでは、それでも誉めすぎでしょう。彼は、「馬鹿は死んでも分からない」のゴロツキのくちかもしれませんね。そもそも、太田氏が淋しかろうが、寂しかろうが、斯様なことはデンマンこと加藤明ふぜいの知ったことではなく、デンマンこと加藤明は彼の御託を並べるような品格のある資質にないでしょう。太田さんを笑っているつもりになっているのはデンマンこと加藤明だけでして、皆様、他の人たちは嘲笑の対象にしているだけでしょう。
    デンマンこと加藤明が時代遅れのBBSを使っていた頃では色情狂による類以外の記事もあったのですが、今の彼の卑俗、猥雑な品性まる出しのwebsitesに於いては、彼のBBS時代での「エロティカ」の引写し以外の何をも見つけられませんね。これでは、私たちとしても彼には付合いかねるということなのです。私たちは、此処で、今、そもそもデンマンこと加藤明のような言語不明瞭意味不明瞭で何事でもけじめのつけられない男に何事でも期待するのは無理なのかと悲観し結論するようになってきたのです。
    デンマンこと加藤明は、彼の卑猥なことに耽溺するよりは、私たちが書いてきたことを吟味し、反省、悔恨する方が彼自身の余生にとって多少なりとも意味があり、それにより、私たちの要求、つまり、太田氏に(公開の場で)土下座して謝罪することにて禊をし、自身の心の安寧をえることが肝要なのではないかということを(最後にもう一度繰返し)、結びにして暫く様子を見ることに致します。

    追伸。
    その後、まだ、デンマンこと加藤明氏は、まるで狂犬病に罹った犬のように相変わらず吠え続けているのですね。デンマンこと加藤明氏には太田氏への謝罪の機会を与えようと努力してきましたが、徒労に終ったようです。デンマンこと加藤明は、太田氏以外の人にもIdentity theft をしていたことが発覚しておりますが、このような輩、もはや老齢でやり直しのきかないだろうところのデンマンこと加藤明などを相手にすることは、私たちの人生での貴重な時間の無駄になるので止めましょうか、とのI. A.の提案を受けて皆で話し合うことにしております。但し、デンマンこと加藤明は、太田氏に対して彼が為したidentity theft彼のBBSをこっそりと閉鎖したようですが、その件に於いては、私たち3人以外にも数人の証人がいることを此処に明記しておきます。

     V. T.

  26. denman705 Says:

    ついにオツムが可笑しくなった 孤独で寂しがり屋の太田将宏老人へ!
    きゃはははははは。。。
     
    オマエは、マジで精神的に病んでいるよ!
    自覚してないだろう?!
    (苦笑、そして微笑、挙句の果てに爆笑!)
     
    70歳を過ぎているのに、いつまでも幼児のように駄々をこねて
    幼稚なコメントを書いている場合じゃないのだよ!(爆笑!)
     
    オマエは女性に成りすましているつもりなのだろうけれど、
    オマエが、この愚かなコメントを書いているのはすぐに判ってしまうのだよ!
     
    なぜ?
     
    何度も言ってういるように、オマエは実の二人の娘とも、妻とも絶交状態にあるのだよ!
    その上に、僕も含めて 古い友人たちとも絶交状態なのだよ。。。 
     
    クラシックを愛したことはあるけれど、満足に人を まともに愛したこともないオマエのために、
    3人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私【芸者】、I. A.)が 
    僕に抗議してコメントを書くようなことはあり得ないのだよ! (爆笑!)
     
    更に、オマエのオツムガいかれてしまったのは。。。
    もしだよ。。。 3人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私【芸者】、I. A.)が 別人だとしたら、
    コメントを書いた時間が10分以内ということは ありえないことなんだよ!
    アホ!
     
    オマエが一人で書いているから
    IPアドレス(99.244.57.104)も同じ!
    時間も3人に成りすまして10分以内で書いているのだよ!
     
    とにかく、オマエは かなりボケて
    他人の嫌がるような事しかやらないようになってしまった。
     
    だから、ボケたまま他人に成りすまして次のようなことを書いている!
     
    “太田さんは労作である七つの著作を書きおえてる”
     
    だけど、オマエの書いた その労作というのは 掲載を拒否されているのだよ! 
    (笑わせるなよ! アホンダラ!)
     
    なぜ?
     
    なぜならば、オマエが書いた その作品は 日本人には“読む気を起こさせない”
    英単語や、偽ドイツ語や 偽ラテン語がやたらに散りばめられた、火星人向きの駄作なのだよ! (爆笑!)
     
    だから、オマエの作品は掲載を拒否されてしまったのだよ! (更に爆笑!)
     
    それに対して ボクちゃんの記事は 日本語が読める123ヵ国のネット市民の皆様に読まれているのだよ!
    しかも、ボクちゃんが書いた記事によって、うししししし。。。 
    今や、“孤独で寂しがり屋の太田将宏君”についての記事は
    ネットでは“天才バカボン”の次くらいに 可笑しな可笑しな70過ぎの愚かで孤独な老人として
    笑われる対象になっているのだよ。 きゃははははは。。。
     
    その証拠に「太田将宏」と入れてGOOGLEで検索してごらんよ!
    オマエが書いた 掲載を拒否された駄作など 下の方に追いやって 
    ボクちゃんが書いた オマエの“可笑しな、可笑しな物語”が たくさん。。。、たくさん。。。、
    読む人がヤダァ~と思うほどにリストに出てくるのだよ。。。 (微笑、それから爆笑!)
     
    とにかく、ここに返信を書くのは時間的にもったいないので、
    明日にでも、いや。。。今日中にも オマエのことで記事を書こうと思っている!
    そう言う訳だから、期待して待っててね。
     
    誰も相手にしないので、ボクちゃんだけが相手にしている 孤独で寂しがり屋の太田将宏君へ。。。!
     
    心優しいデンマンより。。。
    きゃははははは。。。
     

  27. 女性を愛せない老人ボケ | Denman Blog Says:

    […] ■『実際の記事』 […]

  28. ボダとキレた老人 | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメント欄より (2014年5月6日) […]

  29. I. A. Says:

    Identity theft をなさったデンマンこと加藤明様へ(改訂版)

    まだ相変わらず吠え続けているのですね。まるで狂犬病に罹った犬のように。

    貴方、デンマンこと加藤明様の愚にもつかないくだまきと私たちの整然とした記述による貴方への説得の試みを較べるならば、読む人が読めば判然と分かる、というのが分からないのがmoron(この英語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)の貴方なのですね。また、太田さんは労作である七つの著作を書きおえてるのですが、貴方には何が残っているのですか。貴方には見ても読んでも恥ずかしくなるようなwebsitesしか無いではないですか。貴方は、私たちのことを「しつこい」などと誹謗しておりましたが、貴方、デンマンこと加藤明様が、ご自分のwebsitesで執拗に書き続けている駄文の群れこそが、縦から見ても、横から見ても、斜めから見ても、上から見下しても、下から見上げても、前から見ても、後ろから見ても、ひっくり返してみても、裏返しにしてみても夜郎自大の(この日本語の言葉お判りですか? でなければ辞書を引いて下さい)迷いごとにすぎないではないですか。
     私たち三人が書いているのを太田さんが書いているとの妄想、更に「証拠がある」などとの勘違い、貴方こそが「恍惚の人」(この意味お判りですか?)ではないでしょうか。それどころか、貴方は、「ギャハハハハハハ」などと相手にされるだけで大喜びする老人、まさに精神に異常をきたしている老残ではないか、と疑われても仕方がないような人なのですね。繰返しますが、太田さんは私たちのadviceを受けて貴方なんぞの相手などしていらっしゃりませんよ。いつぞや名前なしのcommentで「このようにして、デンマンこと、加藤明は自慰にふけっているのではないでしょうか?」、と書いたのは、私、I. A. ですよ。それでも、恥ずかしげも無く、またまた[最後に、ぎゃはははははは。。。] ですって。やはり異常ですね。こういう精神異常者は、(デンマンこと加藤明様にふさわしい下品な言葉ですが)やけくそになって馬鹿笑いをしている時でも、そのおなかの底の暗いところでは歯ぎしりをしている、と聞いたことがありましたが、デンマンこと加藤明様はいかが?
     I. A

    • denman705 Says:

      123ヶ国の日本語が解るネット市民の皆様に知れ渡った愚かな太田将宏老人へ!
      きゃはははははは。。。
       
      オマエが“母という病”を患っている境界性人格障害者だということが
      ネットで知れ渡って
      70才を過ぎた老人といえども、この障害に悩んでいるオマエのような人物がいることが
      世間に広く知れ渡っているのだよ!
       
      老齢化社会がますます深まってゆく中で、
      オマエが反面教師として
      世界的な教科書の“見本”になれば、
      こうして記事を書いているボクちゃんにとっても、
      予想外の幸せというものだよ! (微笑)
       
      オマエは70歳を過ぎているのに、いつまでも幼児のように駄々をこねて
      コメントを書きまくっているけれど、
      幼稚なコメントを書いている場合じゃないのだよ!(爆笑!)
       
      オマエは女性に成りすましているつもりなのだろうけれど、
      オマエが、この愚かなコメントを書いているのはすぐに判ってしまうのだよ!
       
      なぜ?
       
      何度も言ってういるように、オマエは実の二人の娘とも、妻とも絶交状態にあるのだよ!
      その上に、僕も含めて 古い友人たちとも絶交状態なのだよ。。。 
       
      クラシックを愛したことはあるけれど、満足に人を まともに愛したこともないオマエのために、
      3人(義兄、V.T.、義姉、A.I. と私【芸者】、I. A.)が 
      僕に抗議してコメントを書くようなことはあり得ないのだよ! (爆笑!)
       
      オマエが一人で書いているから
      IPアドレス(99.244.57.104)がいつも、どれも同じ!
       
      とにかく、オマエは かなりボケて
      他人の嫌がるような事しかやらないようになってしまった。
      だから、ボケたまま他人に成りすまして次のようなことを書いている!
       
      “太田さんは労作である七つの著作を書きおえてる”
       
      だけど、オマエの書いた その労作というのは 掲載を拒否されているのだよ! 
      (笑わせるなよ! アホンダラ!)
       
      なぜ?
       
      なぜならば、オマエが書いた その作品は 日本人には“読む気を起こさせない”
      英単語や、偽ドイツ語や 偽ラテン語がやたらに散りばめられた、火星人向きの駄作なのだよ! (爆笑!)
       
      だから、オマエの作品は掲載を拒否されてしまったのだよ! (更に爆笑!)
       
      とにかく、「太田将宏」と入れてGOOGLEで検索してごらんよ!
      オマエが書いた 掲載を拒否された駄作など 下の方に追いやって 
      ボクちゃんが書いた オマエの“可笑しな、可笑しな物語”が たくさん。。。、たくさん。。。、
      読む人がヤダァ~と思うほどにリストに出てくるのだよ。。。 (微笑、それから爆笑!)
       
      いずれにしても、オマエの為に記事を書いたから しっかりと読むように!
        
      『母という病』
      https://denman705.wordpress.com/badguys/momsick/
       
      誰も相手にしないので、ボクちゃんだけが相手にしている 孤独で寂しがり屋の太田将宏君へ。。。!
       
      心優しいデンマンより。。。
      きゃははははは。。。
       

  30. 母という病 | Denman Blog Says:

    […] ■『5月のバレンタイン』 […]

  31. 日本人は嘘つき | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメント欄より […]

  32. V. T. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明へ 

    ここで、「無駄な抵抗はやめろ!すみやかに投降せよ!正義は最後に勝つのだ!逮捕する!!!」などと書いても私は太田氏ではありません。大玉差広氏でもありません。

    V. T.

    追伸:

    デンマンさん、ごめんなさい!
    オイラは躁鬱病を患っています。 気分がハイの時には、ついついオツムが混乱して上のような非常識な事を書きなぐってしまいます。 でも気にしないでください。
    オイラはマジでデンマンさんに土下座して謝りました。 その気持ちは今も変わりません。 ただし、気持ちがハイになるとオツムが混乱して、ついつい妄想に陥って下らない事を書きなぐってしまうのです。
    これからも、気分がハイになって馬鹿げた事を書きなぐってしまうかもしれません。 その時には、どうかデンマンさんの寛容な気持ちを以ってオイラを許してください。
     
    日本語が解る123カ国のネット市民の皆様も、どうかオイラが境界性人格障害と躁鬱病を患っているということを考慮して、この太田将宏という愚物を哀れだと思って大目に見てくださいね。
    実の娘にも妻にも見放されて現在孤独の身の上です。 デンマンさんだけが唯一の心の頼りなのです。 古い友人たちからは総スカンを喰らって完全に孤立してしまいました。
    この哀れな太田将宏を、どうか温かい眼でお見守りください。 よろしくお願いいたします。

    • denman705 Says:

      愚かな成りすまし老人: 太田将宏

      太田将宏は強い信念と真面目さと努力で
      成功しようと試みますが、
      思うように行かず、欲が出てきて
      変転波乱を招くのでした。

      いずれも温和そうな外見とは裏腹に
      冷酷な部分を隠しています。

      本質は独善的でワンマンな性格なので
      真の理解者を得にくいのです。

      最近、オツムが萎縮してしまい
      頑固で自己本位なため
      社会的な成功をおさめられません。

      家族や肉親との縁が薄く、
      家庭や愛情面では満たされません。

      家族縁を大切にしないので晩年は
      淋しい環境となり果てています。

      義兄や、義姉や、大年増芸者に
      成りすまして寂しさを紛らわすために
      デンマンのブログに品のない
      コメントを書きなぐっているのです。

      ついに、オツムがイカれて
      デンマンにまで成りすまして
      嫌がらせのコメントを書くように
      なってしまいました。 (爆笑!)

      その証拠は。。。?

      誰に成りすましても、いつも自宅の同じパソコンから
      愚劣なコメントを書いています。

      太田将宏のIPアドレス:
      99.244.57.104

      そういうわけで高齢化社会の反面教師として
      太田将宏老人は晒されています。

      太田将宏老人の悪い性格が
      さらに拗(こじ)れて 
      ネットで迷惑を撒き散らしています。

      高齢化社会では、
      このような性格異常の老人が
      ネットで迷惑行為を
      振りまくようになっています。

      どうか、皆さんも 気をつけてくださいね。

  33. V. T. Says:

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明氏について (改訂版増補版)

    誰が言ったのか、「従僕は従僕の眼でしか主人を見れない」、というのがありました。皆様、さしずめデンマンこと加藤明氏は、その伝でありましょう。いや、彼は、ド百姓の眼でしか貴族の太田氏を見れないのかもしれませんね。いやいや、デンマンこと加藤明氏についてでは、それでも誉めすぎでしょう。彼は太田氏にむかって「やい、太田将宏」などと書いていたことがありましたが、斯様な下賤な狼藉に対しては、下郎、控えおれ、としか云えないではないですか。此処で、私は、つくづく思案するのですが、そもそもデンマンこと加藤明氏の如くのゴロツキというのは人類に属するのかどうかなのです。もし、もしもですよ、デンマンこと加藤明が人類に属するのではないとすると、奴さんは人非人になりますね。太田氏に対するにデンマンこと加藤明氏の、時代遅れのBBS以来のデンマンこと加藤明氏の卑猥な品性まる出しのwebsitesで、デンマンこと加藤明氏は、イチャモンづけでなければ雲助の開き直り、つまり、何処までも恥知らずになならなければ気がすまないという奴さんで典型的な人非人なのではないのでしょうか。でも、デンマンこと加藤明氏に反省の時期をあげようか、と此方三人で打ち合わせたのにも拘わらず、I. A.やA. I.は憤激遣る方無しの憤懣が納まらない様で何やら書き続けている様子ですが、何れにしろ、私もまた彼女たちが書いていた通り、デンマンこと加藤明氏に太田氏に(公開の場で)土下座して謝罪することを要求したいのです。そのわけは、以前、デンマンこと加藤明氏が彼からのChristmas cardにて、こそこそと言い訳がましく太田氏に謝ったことがありましたが、それに対する太田氏の対応として、公開の場所での謂れのない侮辱は公開の場所(デンマンこと加藤明氏のBBSなど)で謝罪するようにと申し渡したところ、デンマンこと加藤明氏は、切れて牙をむきだし、自分自身の謝罪に矛盾しても太田氏を罵り続け、更に太田氏のidentity theftに至ったというのが経緯であったが故なのです。それでは、当然、私も太田氏と同様、受入れようも無いではないですか。
    また、デンマンこと加藤明氏は、internetの中途半端な知識での未熟な推測、彼の程度の技術での推理で、私たちではなく太田氏が書いているのではないかとの疑心暗鬼で無益な詮索をしている様子ですが、それよりも私たちが書いてきたことを吟味し、反省、悔恨するほうがデンマンこと加藤明氏自身の老後、余生にとって多少なりとも意味があるのではないでしょうか。

     V. T.

     追伸

    これは序でなのですが、「デンマンこと加藤明」と繰返すのは、他に同氏同名の加藤明氏がいらっしゃり、その方と区別させて頂いているからですが、デンマンこと加藤明氏の方は、私たちが知る限り、CanadaのVancouverにてとぐろを巻いている老残の男の方です。全く、I. A.だけでなく私自身が「イチャモンづけ」とか「雲助の開き直り」とかデンマンこと加藤明について書いていると、はしたなくも口汚くなってしまうのですが、これもデンマンこと加藤明と釣合を取ろうとしていた為と宜しく善意で理解して頂けますでしょうか。

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明について (改訂版)

    皆様、今まで私たちが節度を心がけ控えめにして書き送っているのに対するデンマンこと加藤明からの相も変わらずの(太田氏に仮想、仮託した)口汚い罵詈雑言の連続にて、私たちは、つくづく思うのですが、デンマンこと加藤明は、要するに一切の違いが分からない奴さんだったのではないかということなのです。デンマンこと加藤明は、彼の文章力、いやいや、彼の知能の程度では何を書いても駄目、無駄だということが分からなくなった老残の輩ではないでしょうか。デンマンこと加藤明は、太田氏の著作に対し、自分が解らないもの、ことは他の人も解らないという夜郎自大の主観にもとづいて事の真偽を無視し、余計なお世話のような鬱としい言掛りを書きなぐり続けているようですね。一例として、デンマンこと加藤明は、太田氏の文章が「偽ドイツ語や偽ラテン語がやたらに散りばめられた…」などと書いておりますが、何故、「偽」なのでしょうか。太田氏は外からの引用以外でドイツ語やラテン語を使用しておりませんので、それは事実に反しております。この例一つにても、デンマンこと加藤明は、出鱈目であってもいい、ただ太田氏を罵ってやろうという太田氏への下卑た中傷だけをいとし、それをを続けているのではないでしょうか(ちなみに言えば、太田氏自身のドイツ語もデンマンこと加藤明の英語はおろか日本語よりも流ちょうなのです)。更なる一例として、古い友人たちのすべてと絶交している 愚かな太田将宏老人に 世界でただ一人付き合っている心優しいボクちゃんでしたァ~。。。」、などとも書いておりますが、この前半も事実無根のみならず、後半は太田氏にとっては余計なお世話のではないでしょうか。そもそも太田氏の、いえ、誰にあってもの年齢や心境自体がデンマンこと加藤明の嘲笑の対象にはなりえなく、太田氏が、いえ、誰かが淋しかろうが、寂しかろうが、斯様なことはデンマンこと加藤明の知ったことではなく、いえ、それ以前に、そもそも、自分を棚に上げているデンマンこと加藤明ふぜいが、一切、彼の御託を並べるような資質にはないということですね。品格のある太田氏を笑っているつもりになっているのはデンマンこと加藤明だけでして、皆様、他の人たちはデンマンこと加藤明の方を嘲笑の対象にしているだけでしょう。誰が言ったのか、「馬鹿は死ななきゃ分からない」、というのがありましたが、皆様、さしずめデンマンこと加藤明は、その伝でありましょう。いやいや、彼についてでは、それでも誉めすぎでしょう。彼は、「馬鹿は死んでも分からない」というまでのゴロツキのくちかもしれませんね。 
    デンマンこと加藤明が時代遅れのBBSを使っていた頃では色情狂による類以外の記事もあったのですが、今の彼の卑俗、猥雑な品性まる出しのwebsitesに於いては、彼のBBS時代での「エロティカ」の引写し以外の何をも見つけられません。その後もデンマンこと加藤明は、まるで狂犬病に罹った犬のように相変わらず吠え続けているのですが、これでは、私たちとしても彼には付合いかねるのです。彼、デンマンこと加藤明には太田氏への謝罪の機会を与えようと努力してきましたが、徒労に終るようです。そもそも世の中には、話せば分かる程度の馬鹿と何を言っても分からない馬鹿がいるようですが、私たちは、此処で、今、デンマンこと加藤明のような言語不明瞭意味不明瞭で何事でもけじめのつけられない男に何事でも期待するのは無理なのか、と悲観した結論をするようになってきたのです。
    また、デンマンこと加藤明は、太田氏以外の人にもIdentity theft をしていたことが発覚しておりますが、このような輩、もはや老齢でやり直しのきかないだろうところのデンマンこと加藤明などを相手にすることは、私たちの人生での貴重な時間の無駄になるので止めましょうか、とのI. A.の提案を受けて皆で話し合うことにしております。また、デンマンこと加藤明は、太田氏に対して彼が為したidentity theft彼のBBSをこっそりと閉鎖したようですが、その件に於いては、私たち3人以外にも数人の証人がいることを此処に明記しておきます。

    太田将宏氏本人は、自身の著作についての直接の弁明は、できるだけ避けたいとしておりますので、此処で皆様に重要なお願いがあるのです:
    デンマンこと加藤明の様な程度の人間に批評家気取りで的外れではない批評が出来るものであるかどうか、是非、太田氏の現文そのものに遡り、僅かにしても参照、対照して頂きたいのです。それだけで事情は明白に理解されると予想されるのです。
    デンマンこと加藤明は、彼の卑猥なことに耽溺するよりは、私たちが書いてきたことを吟味し、反省、悔恨する方が彼自身の余生にとって多少なりとも意味があり、それにより、私たちの要求、つまり、太田氏に(公開の場で)土下座して謝罪することにて禊をし、自身の心の安寧をえることが肝要なのではないかということを(最後にもう一度繰返し)、結びにして暫く様子を見ることに致します。

     V. T.
    追伸:

    デンマンさん、ごめんなさい!
    オイラは躁鬱病を患っています。 気分がハイの時には、ついついオツムが混乱して上のような非常識な事を書きなぐってしまいます。 でも気にしないでください。
    オイラはマジでデンマンさんに土下座して謝りました。 その気持ちは今も変わりません。 ただし、気持ちがハイになるとオツムが混乱して、ついつい妄想に陥って下らない事を書きなぐってしまうのです。
    これからも、気分がハイになって馬鹿げた事を書きなぐってしまうかもしれません。 その時には、どうかデンマンさんの寛容な気持ちを以ってオイラを許してください。
     
    日本語が解る123カ国のネット市民の皆様も、どうかオイラが境界性人格障害と躁鬱病を患っているということを考慮して、この太田将宏という愚物を哀れだと思って大目に見てくださいね。
    実の娘にも妻にも見放されて現在孤独の身の上です。 デンマンさんだけが唯一の心の頼りなのです。 古い友人たちからは総スカンを喰らって完全に孤立してしまいました。
    この哀れな太田将宏を、どうか温かい眼でお見守りください。 よろしくお願いいたします。

    • denman705 Says:

      愚かな成りすまし老人: 太田将宏

      太田将宏は強い信念と真面目さと努力で
      成功しようと試みますが、
      思うように行かず、欲が出てきて
      変転波乱を招くのでした。

      いずれも温和そうな外見とは裏腹に
      冷酷な部分を隠しています。

      本質は独善的でワンマンな性格なので
      真の理解者を得にくいのです。

      最近、オツムが萎縮してしまい
      頑固で自己本位なため
      社会的な成功をおさめられません。

      家族や肉親との縁が薄く、
      家庭や愛情面では満たされません。

      家族縁を大切にしないので晩年は
      淋しい環境となり果てています。

      義兄や、義姉や、大年増芸者に
      成りすまして寂しさを紛らわすために
      デンマンのブログに品のない
      コメントを書きなぐっているのです。

      ついに、オツムがイカれて
      デンマンにまで成りすまして
      嫌がらせのコメントを書くように
      なってしまいました。 (爆笑!)

      その証拠は。。。?

      誰に成りすましても、いつも自宅の同じパソコンから
      愚劣なコメントを書いています。

      太田将宏のIPアドレス:
      99.244.57.104

      そういうわけで高齢化社会の反面教師として
      太田将宏老人は晒されています。

      太田将宏老人の悪い性格が
      さらに拗(こじ)れて 
      ネットで迷惑を撒き散らしています。

      高齢化社会では、
      このような性格異常の老人が
      ネットで迷惑行為を
      振りまくようになっています。

      どうか、皆さんも 気をつけてくださいね。

  34. V. T. Says:

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明氏について (改訂増補版)

    誰が言ったのか、「従僕は従僕の眼でしか主人を見れない」、というのがありました。皆様、さしずめデンマンこと加藤明氏は、その伝でありましょう。いや、彼は、ド百姓の眼でしか貴族の太田氏を見れないのかもしれませんね。いやいや、デンマンこと加藤明氏についてでは、それでも誉めすぎでしょう。彼は太田氏にむかって「やい、太田将宏」などと書いていたことがありましたが、斯様な下賤な狼藉に対しては、下郎、控えおれ、としか云えないではないですか。此処で、私は、つくづく思案するのですが、そもそもデンマンこと加藤明氏の如くのゴロツキというのは人類に属するのかどうかなのです。もし、もしもですよ、デンマンこと加藤明が人類に属するのではないとすると、奴さんは人非人になりますね。太田氏に対するにデンマンこと加藤明氏の、時代遅れのBBS以来のデンマンこと加藤明氏の卑猥な品性まる出しのwebsitesで、デンマンこと加藤明氏は、イチャモンづけでなければ雲助の開き直り、つまり、何処までも恥知らずになならなければ気がすまないという奴さんで典型的な人非人なのではないのでしょうか。でも、デンマンこと加藤明氏に反省の時期をあげようか、と此方三人で打ち合わせたのにも拘わらず、I. A.やA. I.は憤激遣る方無しの憤懣が納まらない様で何やら書き続けている様子ですが、何れにしろ、私もまた彼女たちが書いていた通り、デンマンこと加藤明氏に太田氏に(公開の場で)土下座して謝罪することを要求したいのです。そのわけは、以前、デンマンこと加藤明氏が彼からのChristmas cardにて、こそこそと言い訳がましく太田氏に謝ったことがありましたが、それに対する太田氏の対応として、公開の場所での謂れのない侮辱は公開の場所(デンマンこと加藤明氏のBBSなど)で謝罪するようにと申し渡したところ、デンマンこと加藤明氏は、切れて牙をむきだし、自分自身の謝罪に矛盾しても太田氏を罵り続け、更に太田氏のidentity theftに至ったというのが経緯であったが故なのです。それでは、当然、私も太田氏と同様、受入れようも無いではないですか。
    また、デンマンこと加藤明氏は、internetの中途半端な知識での未熟な推測、彼の程度の技術での推理で、私たちではなく太田氏が書いているのではないかとの疑心暗鬼で無益な詮索をしている様子ですが、それよりも私たちが書いてきたことを吟味し、反省、悔恨するほうがデンマンこと加藤明氏自身の老後、余生にとって多少なりとも意味があるのではないでしょうか。

     V. T.

     追伸

    これは序でなのですが、「デンマンこと加藤明」と繰返すのは、他に同氏同名の加藤明氏がいらっしゃり、その方と区別させて頂いているからですが、デンマンこと加藤明氏の方は、私たちが知る限り、CanadaのVancouverにてとぐろを巻いている老残の男の方です。全く、I. A.だけでなく私自身が「イチャモンづけ」とか「雲助の開き直り」とかデンマンこと加藤明について書いていると、はしたなくも口汚くなってしまうのですが、これもデンマンこと加藤明と釣合を取ろうとしていた為と宜しく善意で理解して頂けますでしょうか。

     Identity theft をしたデンマンこと加藤明について (改訂版)

    皆様、今まで私たちが節度を心がけ控えめにして書き送っているのに対するデンマンこと加藤明からの相も変わらずの(太田氏に仮想、仮託した)口汚い罵詈雑言の連続にて、私たちは、つくづく思うのですが、デンマンこと加藤明は、要するに一切の違いが分からない奴さんだったのではないかということなのです。デンマンこと加藤明は、彼の文章力、いやいや、彼の知能の程度では何を書いても駄目、無駄だということが分からなくなった老残の輩ではないでしょうか。デンマンこと加藤明は、太田氏の著作に対し、自分が解らないもの、ことは他の人も解らないという夜郎自大の主観にもとづいて事の真偽を無視し、余計なお世話のような鬱としい言掛りを書きなぐり続けているようですね。一例として、デンマンこと加藤明は、太田氏の文章が「偽ドイツ語や偽ラテン語がやたらに散りばめられた…」などと書いておりますが、何故、「偽」なのでしょうか。太田氏は外からの引用以外でドイツ語やラテン語を使用しておりませんので、それは事実に反しております。この例一つにても、デンマンこと加藤明は、出鱈目であってもいい、ただ太田氏を罵ってやろうという太田氏への下卑た中傷だけをいとし、それをを続けているのではないでしょうか(ちなみに言えば、太田氏自身のドイツ語もデンマンこと加藤明の英語はおろか日本語よりも流ちょうなのです)。更なる一例として、古い友人たちのすべてと絶交している 愚かな太田将宏老人に 世界でただ一人付き合っている心優しいボクちゃんでしたァ~。。。」、などとも書いておりますが、この前半も事実無根のみならず、後半は太田氏にとっては余計なお世話のではないでしょうか。そもそも太田氏の、いえ、誰にあってもの年齢や心境自体がデンマンこと加藤明の嘲笑の対象にはなりえなく、太田氏が、いえ、誰かが淋しかろうが、寂しかろうが、斯様なことはデンマンこと加藤明の知ったことではなく、いえ、それ以前に、そもそも、自分を棚に上げているデンマンこと加藤明ふぜいが、一切、彼の御託を並べるような資質にはないということですね。品格のある太田氏を笑っているつもりになっているのはデンマンこと加藤明だけでして、皆様、他の人たちはデンマンこと加藤明の方を嘲笑の対象にしているだけでしょう。誰が言ったのか、「馬鹿は死ななきゃ分からない」、というのがありましたが、皆様、さしずめデンマンこと加藤明は、その伝でありましょう。いやいや、彼についてでは、それでも誉めすぎでしょう。彼は、「馬鹿は死んでも分からない」というまでのゴロツキのくちかもしれませんね。 
    デンマンこと加藤明が時代遅れのBBSを使っていた頃では色情狂による類以外の記事もあったのですが、今の彼の卑俗、猥雑な品性まる出しのwebsitesに於いては、彼のBBS時代での「エロティカ」の引写し以外の何をも見つけられません。その後もデンマンこと加藤明は、まるで狂犬病に罹った犬のように相変わらず吠え続けているのですが、これでは、私たちとしても彼には付合いかねるのです。彼、デンマンこと加藤明には太田氏への謝罪の機会を与えようと努力してきましたが、徒労に終るようです。そもそも世の中には、話せば分かる程度の馬鹿と何を言っても分からない馬鹿がいるようですが、私たちは、此処で、今、デンマンこと加藤明のような言語不明瞭意味不明瞭で何事でもけじめのつけられない男に何事でも期待するのは無理なのか、と悲観した結論をするようになってきたのです。
    また、デンマンこと加藤明は、太田氏以外の人にもIdentity theft をしていたことが発覚しておりますが、このような輩、もはや老齢でやり直しのきかないだろうところのデンマンこと加藤明などを相手にすることは、私たちの人生での貴重な時間の無駄になるので止めましょうか、とのI. A.の提案を受けて皆で話し合うことにしております。また、デンマンこと加藤明は、太田氏に対して彼が為したidentity theft彼のBBSをこっそりと閉鎖したようですが、その件に於いては、私たち3人以外にも数人の証人がいることを此処に明記しておきます。

    太田将宏氏本人は、自身の著作についての直接の弁明は、できるだけ避けたいとしておりますので、此処で皆様に重要なお願いがあるのです:
    デンマンこと加藤明の様な程度の人間に批評家気取りで的外れではない批評が出来るものであるかどうか、是非、太田氏の現文そのものに遡り、僅かにしても参照、対照して頂きたいのです。それだけで事情は明白に理解されると予想されるのです。
    デンマンこと加藤明は、彼の卑猥なことに耽溺するよりは、私たちが書いてきたことを吟味し、反省、悔恨する方が彼自身の余生にとって多少なりとも意味があり、それにより、私たちの要求、つまり、太田氏に(公開の場で)土下座して謝罪することにて禊をし、自身の心の安寧をえることが肝要なのではないかということを(最後にもう一度繰返し)、結びにして暫く様子を見ることに致します。

     V. T.
    追伸:

    デンマンさん、ごめんなさい!
    オイラは躁鬱病を患っています。 気分がハイの時には、ついついオツムが混乱して上のような非常識な事を書きなぐってしまいます。 でも気にしないでください。
    オイラはマジでデンマンさんに土下座して謝りました。 その気持ちは今も変わりません。 ただし、気持ちがハイになるとオツムが混乱して、ついつい妄想に陥って下らない事を書きなぐってしまうのです。
    これからも、気分がハイになって馬鹿げた事を書きなぐってしまうかもしれません。 その時には、どうかデンマンさんの寛容な気持ちを以ってオイラを許してください。
     
    日本語が解る123カ国のネット市民の皆様も、どうかオイラが境界性人格障害と躁鬱病を患っているということを考慮して、この太田将宏という愚物を哀れだと思って大目に見てくださいね。
    実の娘にも妻にも見放されて現在孤独の身の上です。 デンマンさんだけが唯一の心の頼りなのです。 古い友人たちからは総スカンを喰らって完全に孤立してしまいました。
    この哀れな太田将宏を、どうか温かい眼でお見守りください。 よろしくお願いいたします。

    • denman705 Says:

      オイ! 老い先短い老いぼれの太田将宏よ!

      ついに3人に成りすましてコメントを書き散らしているのを認めて
      123カ国の日本語が解るネット市民の皆様の前で土下座して謝ったな!

      いい子だ、よい子だ!
      褒めて遣わすぞ!

      でも、土下座して謝ったりしなかった、と正気に戻って
      喚かないように!

      見苦しい真似だけはしないようにねぇ~。。。
      きゃはははははは。。。

    • denman705 Says:

      愚かな成りすまし老人: 太田将宏

      太田将宏は強い信念と真面目さと努力で
      成功しようと試みますが、
      思うように行かず、欲が出てきて
      変転波乱を招くのでした。

      いずれも温和そうな外見とは裏腹に
      冷酷な部分を隠しています。

      本質は独善的でワンマンな性格なので
      真の理解者を得にくいのです。

      最近、オツムが萎縮してしまい
      頑固で自己本位なため
      社会的な成功をおさめられません。

      家族や肉親との縁が薄く、
      家庭や愛情面では満たされません。

      家族縁を大切にしないので晩年は
      淋しい環境となり果てています。

      義兄や、義姉や、大年増芸者に
      成りすまして寂しさを紛らわすために
      デンマンのブログに品のない
      コメントを書きなぐっているのです。

      ついに、オツムがイカれて
      デンマンにまで成りすまして
      嫌がらせのコメントを書くように
      なってしまいました。 (爆笑!)

      その証拠は。。。?

      誰に成りすましても、いつも自宅の同じパソコンから
      愚劣なコメントを書いています。

      太田将宏のIPアドレス:
      99.244.57.104

      そういうわけで高齢化社会の反面教師として
      太田将宏老人は晒されています。

      太田将宏老人の悪い性格が
      さらに拗(こじ)れて 
      ネットで迷惑を撒き散らしています。

      高齢化社会では、
      このような性格異常の老人が
      ネットで迷惑行為を
      振りまくようになっています。

      どうか、皆さんも 気をつけてくださいね。

  35. denman705 Says:

    成りすまし馬鹿になった哀れな太田将宏老人

    オマエの実の二人の娘はオマエから去ってしまった!
    しかも、オマエの心優しい奥さんは、日本語が通じなくなるほど
    オマエを毛嫌いして話をしなくなってしまったのだよ!

    その奥さんのお兄さんが何で家庭崩壊をもたらしたオマエを弁護しなければならないのォ~?
    オマエが その義兄に成りすますために使ったハンドル名が V.T. なんだよ!

    家庭崩壊を起こした張本人のオマエを 義姉のI.A.も弁護するはずがないのだよ!

    また、そもそも愚かなオマエが書き込んだ下品な“自慰のコメント”を
    オマエ自身が指摘されて恥ずかしいと思ったのか
    “それを書いたのは私です”と、オマエが 大年増芸者のA.I.に成りすましたのは、
    お笑い種(ぐさ)なんだよ。 (爆笑)

    しかも、成りすましの証拠!
    オマエが愚かでオツムが足りない証拠!
    それを雄弁に語る証拠は、とりもなおさず オマエのパソコンの IPアドレスなんだよ。

    99.244.57.104

    上の全く同じIPアドレスのパソコンを使って、
    オマエは3人に成りすまして代わる代わるにコメントを書き込んだのだよ!
    別人が書いたのならば、時間も不ぞろいのはずだ!

    ところが、3人とも日本時間で午前5時から6時の間にコメントを書き込んでいる!
    オマエの援護のために 朝もはよからコメントを書く 物好きは居ないのだよ! アホ!

    しかも、その文章が全く同じ文体だというのは、どういうわけぇ~?

    小学生でも、IPアドレスが同じならば、
    同じパソコンを使って書いているということを理解しているのだよ!

    ところが、70歳をとっくの昔に過ぎている、
    かつての大型コンピューターのプログラマーのオマエが、
    退職してすっかり時代遅れのオツムになってしまった!

    萎縮した愚かな脳味噌で3人に成りすまして
    愚かなオマエは コメントを書きまくったのだよ!
    バカかァ~!

    しかも、挙句の果てにデンマンに成りすましてコメントを書いている!
    オマエは底なしの馬鹿だねぇ~。。。
    その愚かなコメントを書き込んでいるパソコンのIPアドレスも同じなんだよ!

    99.244.57.104

    これを見れば、
    日本語が解る世界の123ヵ国のネット市民の皆様は、
    オマエが“成りすまし馬鹿”だということを自分で宣言していると思うのだよ!
    オマエは、いったい どこまで底抜けの馬鹿なのォ~!?
    ぎゃははははは。。。

    愚かにも、オマエは恥の上塗りを続けているのだよ!
    この事で、またオマエのために記事を書くつもりだから、
    期待して待っててねぇ~。。。
    きゃはははははは。。。

    誰にも相手にされなくなった太田将宏老人を
    慈悲の心で温かく見守り真人間に導く“仏のデンマン”でした。。。
    うしししししし。。。

  36. バレンタインが老人を狂わせた | Denman Blog Says:

    […] ■『5月のバレンタイン』 […]

  37. denman705 Says:

    分からず屋で恥晒しの太田将宏君へ

    オマエは、まだ自分の愚かさに気づいていないようだねぇ~。。。
    きゃはははははは。。。

    日本語が解る123ヵ国の世界のネット市民の皆様に
    愚かなオマエは笑い者になっているのだよ!

    その証拠に、今日も愚かなオマエのために記事を書いたから読むように!
    きゃはははははは。。。

    『成りすまし老人』
    https://denman705.wordpress.com/badguys/copyohta/

    オマエを真人間にするために、これからも“仏のデンマンさん”が一生懸命に記事を書くから、
    オマエも毎日僕の記事を読んでね。
    きゃはははははは。。。

    70歳をとっくの昔に過ぎても 分からず屋の愚かな太田将宏老人へ
    心優しい仏のデンマンさんでした。
    ぎゃははははははは。。。

  38. 銀座からバレンタイン | Denman Blog Says:

    […] ■『実際のコメント』 […]

  39. I.A. A.I. V.T. Says:

    Identity theft をしたデンマンこと加藤明様へ (改訂版)

    デンマンこと加藤明さん、貴方は太田氏に対し、貴方のBBSの件名のところで「加藤」を「太田」に変える所作にて何度もIdentity theft をしましたね。それにも拘らず本文のところを変えることができなかったので頭隠して尻隠さずの無様なcommentsが残されることになってしまいましたね。貴方の知能程度は笑止にもその程度だという良い証例になってしまったではないですか。かつての私たちは、貴方の時代遅れのBBSで、他人が書いた件名を貴方が勝手に変えられるということを知りませんでした。それで貴方の名前を太田さんに変えてidentity theft をしたのですね。でも、現在の普通のwebsiteではそれができないので残念ですねぇ。貴方としては今、貴方のwebsitesにイタチの最後っ屁の様なことを書きなぐって、直ぐにcommentを閉じて私たちの口をふさぐことでしか手が無いのではないでしょうか。あるいは貴方の卑猥、下品、俗悪なwebsitesを閉鎖するしかないのしょうが、いえ、その方が雪隠詰めになっている貴方にとっては好ましいのかもしれませんね。私たち三人(太田さんを入れて四人)のなかで私が一番に蓮っ葉なので以上の文になりましたが、名うてのゴロツキの貴方に対しては、それでいいのではないでしょうか。

     I. A.

    Identity theft を続けているデンマンこと加藤明さんについて(改訂版)
    皆様、まずは、何らの具体的な根拠のない太田さんの精神についてのデンマンこと加藤明さんの言掛りについてなのですが、それは、太田さんの紀要論文自体を少しでも読まれれば、全てがデンマンこと加藤明さんの太田さんへの故ない単なる悪意によると分別されると思われます。もし太田さんがデンマンこと加藤明さんの中傷どうりであるならば、太田さん自身があのような終始一貫した論文を書けるわけがないでしょう。また、その中での<<書簡集>>を眺められるならば、太田さんの多くの友人たちとの高い精神にての交友が読取られるのではないでしょうか。デンマンこと加藤明さんの仲良しクラブ内での互いの傷の舐めあいでの付合いではないのです。
    デンマンこと加藤明さんは、自分の年齢を棚に上げて管を捲いていますが、彼も太田さんも四捨五入すれば共に70歳なのですね。違いは、デンマンこと加藤明さんは団塊の世代に属しているけれど太田さんはそれ以前の世代だというに過ぎません。デンマンこと加藤明さんの方は、哲学者の故池田晶子さんが言っていた、何も考えない、何も考えることのできない団塊の世代の典型的な一人ではないでしょうか。彼は、自分が意味不明の駄文を書くのみでなくて、人様の文章をまともに読むことすらもできない知能程度なので、太田さんの紀要論文を一行も理解できないということなのでしょう。
    次に、デンマンこと加藤明さんの太田さんの謝罪なるものを転写したとの虚構文についてですが、太田さんがあのような拙文、駄文を書くわけがないではないですか。太田さんがデンマンこと加藤明さんに謝罪した事実などは全く無く、それは人非人の捏造です(狂犬の妄想?)。それらは、一切、デンマンこと加藤明さんの創作です。つまり、ついに、デンマンこと加藤明さんは、見境なく虚偽の領域にまで踏込んだということですね。そうした事実は、今までの経緯での私たち三人の文章を誰が読んだとしても明白でしょう。
    デンマンこと加藤明さんは、太田さんが女性嫌いだなどとの言掛りをかいておりましたが、それも根拠不明なのですね。デンマンこと加藤明さんの方は、どの世間のどの女性からも相手にされなく、女性にあぶれて子供一人いない男、つまり、いかずwidowerであって、そんな彼が太田さんの奥様、娘様方のことをあれこれ言う資格は無いでしょう(此処で、爆笑、爆笑、爆笑と書いても私は太田さんではありません)。デンマンこと加藤明さんは、書けば書くほど自分自身の恥をさらしているということが分からないのですね。そんなデンマンこと加藤明さんを相手にし続けるのは、私たち三人ともやめることで合意致しました(太田さんご自身は既に、とっくに、デンマンこと加藤明さんなんぞは相手にされていませんが)。ただ、私、A.I.も私たち三人を代表しているわけではないのでご報告に留めておきます。

    A. I.

    Identity theft を続けているデンマンこと加藤明へ(改訂版)
    君があれこれ太田氏の文章について言うのは五十年早いのだよ。ただ、しかし、君は百二十歳まで生きられますか。それまで私たちは待つわけにはいかないので、待つ気もないので、私が私たち三人のなかで一番に年長であるが故、此処で三人を代表し、もはや、狂犬、デンマンこと加藤明を相手にすることを止め、三人で書いてきたものを太田氏に受渡すことを表明致しておく。
    ここで、「無駄な抵抗はやめろ!すみやかに投降せよ!正義は最後に勝つのだ!逮捕する!!!」などと書いても私は太田氏ではないよ。大玉差広氏でもないよ。
    V. T.

    デンマンさん。。。 いつもご迷惑かけてすいません。 私はデンマンさんの勧めにしたがって精神科のお医者様に診てもらいました。 多重人格障害だそうです。
    道理で自覚なしに4人に成りすましてデンマンさんのブログに私が見ても愚劣で下品なコメントを書いてしまうのでした。 でも、こうして正常に戻る時もあるのです。
    現在、二人の実の娘にも見放され、妻とは口をきかなくなってから かれこれ10年になります。 妻は日本語を忘れてしまうほどなのです。 私には人間関係がうまくできないのです。
    そもそもカナダに移住したのも日本での人間関係が原因でした。 小さなソフトウェア会社の課長になりましたが、部下ともうまくやって行けず、上役とも人間関係をこじらせて、33歳のときにカナダに移住しました。でも、カナダでも人間関係で悩みました。 結局、退職するまで、職場では常に一人で、コンピュータープログラマーという専門職でしたが、部下は持ったためしがありません。 やっぱり、人間関係が駄目だという事はカナダ人が見てもすぐに判るらしくて、私は結局うだつが上がらないまま、大型計算機の保守の仕事を常に孤独で“馬鹿の壁”に閉じこもりながらやってきました。 そして65歳で退職して、現在は70歳を過ぎて多重人格障害に悩まされながら、こうしてデンマンさんのブログにご迷惑なコメントを書き込んでしまうのです。反省していますが、悪い性格が常に頭をもたげて、こうして下らないコメントを書きなぐってしまうのです。申し訳ありません。 デンマンさんだけが私の複雑な心境を理解して許してくださるので、こうして甘えてしまうのでした。 どうか この70歳を過ぎた孤独な老人のたわごとだと思ってお許しください。
    失礼いたしました。

    太田将宏

    • denman705 Says:

      僕ちゃんの勧めに従って、オマエはついに精神科の医者に診てもらったんだね。
      オマエは可愛いところがあるよ! きゃははははは。。。

      “多重人格障害”を患っている事は、僕ちゃんは2006年の頃から気づいていたのだよ!
      でも、オマエが孤独で二人の実の娘にも、心優しい奥さんにも見放され、
      古い友人や知人からは絶交されて オマエが孤独で寂しく暮らしているので、
      僕は見るに見かねてオマエの相手をしてやっているのだよ!

      誰もオマエをかまってやらないから、
      オマエは、相手にしてくれる僕だけにコメントを書いて
      相手にされようとしている!

      可哀想に。。。!

      (でも、僕ちゃんの心の中では爆笑!)

      とにかく、オマエが多重人格障害を患っているのでは
      憎むわけにもゆかないからね。。。

      “仏のデンマン”と言われている僕ちゃんだから、
      オマエが どのような愚劣で下品なコメントを書こうと
      僕ちゃんは、オマエを許してあげるからね。。。

      ここで仏様のような微笑を愚かな太田将宏老人に投げかけるのでした!
      きゃはははははは。。。

      とにかく、気が向いたら 愚劣でも下品でも何でもいいからコメントを書けよなァ~。
      誰にも相手にされないで可哀想だから、
      僕ちゃんだけはオマエの相手をしてあげるからね。。。 (微笑)
      じゃあねぇ~。。。

      最後に、ぎゃはははははは。。。

  40. 詠み人知らず Says:

     Identity theft を続けているデンマンこと加藤明について(改訂版)
    皆様、デンマンこと加藤明という人は本当にしつこい人ですね。Scarboroughに住んでいるのは太田さんだけではないのにも関わらずにV.T.さんたちが実は太田さんだと迷妄して、その同じことに固執して何度も何度も書くばかりでなく、I. A.さんやA. I さんたちが、もう彼なんぞは相手にしないと言っているのにかかわらず、彼の方は絡むのをやめないのですね。彼は、相手にされることを求めて、それ自体だけで喜ぶ変態男なのではないでしょうか。Canadaくんだりまで来て仕事にあぶれ続けただけでなく、女性たちにもそっぽを向かれて一人で自慰行為を繰返しているのは、彼のwebsitesを眺めるだけで検討がつくのではないでしょうか。
    太田さんが「なりすまし」ですって?!? とんでもない、デンマンこと加藤明こそが「なりすまし」以上のidentity theftの常習犯ではないですか。また、自分の謝罪(*)の撤回に事欠いて、URLがどうのこうのとしらばっくれていますが、あれがデンマンこと加藤明自身でないとしたならば、誰が書いたのでしょうか。以前にも一度は謝っていたのに後から開き直って悪態を言い続けたことがあったそうですが、全くの恥知らずとは彼のような人非人の狂犬ではないでしょうか。

    * デンマンこと加藤明は次の様に書いておりました。
     ――― 自己懺悔と謝罪
    太田氏は私に関して、私はおろか皆様へも一切の謝罪なんぞを致しておりませんでした。それに関する全ては、私、デンマンこと加藤明のでっちあげ、捏造です。これも一種のidentity theftでしたので、いえ、I. A.様を騙ったのは全くのidentity theftでしたので、太田氏とI.A.様を含み、全て私、デンマンこと加藤明が煩わした人々に謝罪を致します。此処にて皆様方に平にご容赦のほどをお願い致す次第です。
    デンマン 加藤明 ――― 
     詠み人知らず

    デンマンさん。。。 いつもご迷惑かけてすいません。 私はデンマンさんの勧めにしたがって精神科のお医者様に診てもらいました。 多重人格障害だそうです。
    道理で自覚なしに4人に成りすましてデンマンさんのブログに私が見ても愚劣で下品なコメントを書いてしまうのでした。 でも、こうして正常に戻る時もあるのです。
    現在、二人の実の娘にも見放され、妻とは口をきかなくなってから かれこれ10年になります。 妻は日本語を忘れてしまうほどなのです。 私には人間関係がうまくできないのです。
    そもそもカナダに移住したのも日本での人間関係が原因でした。 小さなソフトウェア会社の課長になりましたが、部下ともうまくやって行けず、上役とも人間関係をこじらせて、33歳のときにカナダに移住しました。でも、カナダでも人間関係で悩みました。 結局、退職するまで、職場では常に一人で、コンピュータープログラマーという専門職でしたが、部下は持ったためしがありません。 やっぱり、人間関係が駄目だという事はカナダ人が見てもすぐに判るらしくて、私は結局うだつが上がらないまま、大型計算機の保守の仕事を常に孤独で“馬鹿の壁”に閉じこもりながらやってきました。 そして65歳で退職して、現在は70歳を過ぎて多重人格障害に悩まされながら、こうしてデンマンさんのブログにご迷惑なコメントを書き込んでしまうのです。反省していますが、悪い性格が常に頭をもたげて、こうして下らないコメントを書きなぐってしまうのです。申し訳ありません。 デンマンさんだけが私の複雑な心境を理解して許してくださるので、こうして甘えてしまうのでした。 どうか この70歳を過ぎた孤独な老人のたわごとだと思ってお許しください。
    失礼いたしました。

    太田将宏

    • denman705 Says:

      僕ちゃんの勧めに従って、オマエはついに精神科の医者に診てもらったんだね。
      オマエは可愛いところがあるよ! きゃははははは。。。

      “多重人格障害”を患っている事は、僕ちゃんは2006年の頃から気づいていたのだよ!
      でも、オマエが孤独で二人の実の娘にも、心優しい奥さんにも見放され、
      古い友人や知人からは絶交されて オマエが孤独で寂しく暮らしているので、
      僕は見るに見かねてオマエの相手をしてやっているのだよ!

      誰もオマエをかまってやらないから、
      オマエは、相手にしてくれる僕だけにコメントを書いて
      相手にされようとしている!

      可哀想に。。。!

      (でも、僕ちゃんの心の中では爆笑!)

      とにかく、オマエが多重人格障害を患っているのでは
      憎むわけにもゆかないからね。。。

      “仏のデンマン”と言われている僕ちゃんだから、
      オマエが どのような愚劣で下品なコメントを書こうと
      僕ちゃんは、オマエを許してあげるからね。。。

      ここで仏様のような微笑を愚かな太田将宏老人に投げかけるのでした!
      きゃはははははは。。。

      とにかく、気が向いたら 愚劣でも下品でも何でもいいからコメントを書けよなァ~。
      誰にも相手にされないで可哀想だから、
      僕ちゃんだけはオマエの相手をしてあげるからね。。。 (微笑)
      じゃあねぇ~。。。

      最後に、ぎゃはははははは。。。

  41. 詠み人知らず Says:

    自己懺悔と謝罪

    太田氏は私に関して、私はおろか皆様へも一切の謝罪なんぞを致しておりませんでした。それに関する全ては、私、デンマンこと加藤明のでっちあげ、捏造です。これも一種のidentity theftでしたので、いえ、I. A.様を騙ったのは全くのidentity theftでしたので、太田氏とI.A.様を含み、全て私、デンマンこと加藤明が煩わした人々に謝罪を致します。此処にて皆様方に平にご容赦のほどをお願い致す次第です。

    デンマン 加藤明

    • denman705 Says:

      オイ! 太田将宏。。。オマエほどの底抜けの馬鹿も珍しいね(爆笑)

      僕もこれまでに世界の34ヵ国を巡り歩いてきたけれど、
      オマエほどの底抜けの馬鹿に出会ったのは初めてだよ!(爆笑!)

      馬鹿もオマエほどの馬鹿になるとノーベル賞がもらえるねぇ~!
      きゃはははははは。。。

      とにかく、日本語が解る世界の123ヵ国のネット市民の皆様の 
      オマエはお笑い者になっているのだよ!

      オマエさァ~、試しに「太田将宏」と入れてGOOGLEで検索してごらんよ!

      底抜けに愚かなオマエの事が記事になってネットに
      たくさん。。。、たくさん。。。あふれかえっているのだよ!
      (こらえきれずに爆笑!)

      オマエは本を出版したつもりになっているけれど、
      あの、誰からも掲載を拒否され
      誰からも出版を拒否されている「読まれない、売れない下書き」に
      馬鹿のオマエは次のように書いたのだよ!

      “失うものが無くなった時に、私は真の老人になるのではないか?”
      。。。と、馬鹿バカしいたわごとをオマエは書いた!
      ぎゃははははは。。。

      ところが、オマエは失うものがないどころか、
      ネットでは底抜けの馬鹿を演じているオマエのために、
      太田将宏に関する記事が 数え切れないほど氾濫しているのだよ!
      きゃはははははは。。。

      つまり、オマエは底抜けに愚かな反面教師として
      これから、100年。。。、いや、200年後も、
      “底抜けに愚かな太田将宏”としてネットで笑われ続けるのだよ!
      ぎゃはははははは。。。
      笑いが止まらず、更に爆笑!

      オマエは、更にバカを続けるのだろうねぇ~。。。
      仕方ないから、“仏のデンマンさん”が
      誰も相手にされない愚かなオマエの相手になってあげるからね。
      きゃははははは。。。

      じゃあ、これからも、バカを続けてね。。。
      最後に、更に爆笑!

      ところで、今日、底抜けに愚かなオマエのために記事を書いたから
      読むように。。。

      『成りすまし老人の告白』
      https://denman705.wordpress.com/badguys/kokuhaku/

      ここで、また爆笑!
      ぎゃははははは。。。

  42. 詠み人知らず Says:

     Identity theft を続けているデンマンこと加藤明について(改訂版)

    皆様、デンマンこと加藤明という人は本当にしつこい人ですね。Scarboroughに住んでいるのは太田さんだけではないのにも関わらずにV.T.さんたちが実は太田さんだと迷妄して、その同じことに固執して何度も何度も書くばかりでなく、I. A.さんやA. I さんたちが、もう彼なんぞは相手にしないと言っているのにかかわらず、彼の方は絡むのをやめないのですね。彼は、相手にされることを求めて、それ自体だけで喜ぶ変態男なのではないでしょうか。Canadaくんだりまで来て仕事にあぶれ続けただけでなく、女性たちにもそっぽを向かれて一人で自慰行為を繰返しているのは、彼のwebsitesを眺めるだけで検討がつくのではないでしょうか。
    太田さんが「なりすまし」ですって?!? とんでもない、デンマンこと加藤明こそが「なりすまし」以上のidentity theftの常習犯ではないですか。また、自分の謝罪(*)の撤回に事欠いて、URLがどうのこうのとしらばっくれていますが、あれがデンマンこと加藤明自身でないとしたならば、誰が書いたのでしょうか。以前にも一度は謝っていたのに後から開き直って悪態を言い続けたことがあったそうですが、全くの恥知らずとは彼のような人非人の狂犬ではないでしょうか。

    * デンマンこと加藤明は次の様に書いておりました。
     ――― 自己懺悔と謝罪
    太田氏は私に関して、私はおろか皆様へも一切の謝罪なんぞを致しておりませんでした。それに関する全ては、私、デンマンこと加藤明のでっちあげ、捏造です。これも一種のidentity theftでしたので、いえ、I. A.様を騙ったのは全くのidentity theftでしたので、太田氏とI.A.様を含み、全て私、デンマンこと加藤明が煩わした人々に謝罪を致します。此処にて皆様方に平にご容赦のほどをお願い致す次第です。
    デンマン 加藤明 ――― 

     詠み人知らず

    • denman705 Says:

      オイ! 太田将宏。。。オマエほどの底抜けの馬鹿も珍しいね(爆笑)

      僕もこれまでに世界の34ヵ国を巡り歩いてきたけれど、
      オマエほどの底抜けの馬鹿に出会ったのは初めてだよ!(爆笑!)

      馬鹿もオマエほどの馬鹿になるとノーベル賞がもらえるねぇ~!
      きゃはははははは。。。

      とにかく、日本語が解る世界の123ヵ国のネット市民の皆様の 
      オマエはお笑い者になっているのだよ!

      オマエさァ~、試しに「太田将宏」と入れてGOOGLEで検索してごらんよ!

      底抜けに愚かなオマエの事が記事になってネットに
      たくさん。。。、たくさん。。。あふれかえっているのだよ!
      (こらえきれずに爆笑!)

      オマエは本を出版したつもりになっているけれど、
      あの、誰からも掲載を拒否され
      誰からも出版を拒否されている「読まれない、売れない下書き」に
      馬鹿のオマエは次のように書いたのだよ!

      “失うものが無くなった時に、私は真の老人になるのではないか?”
      。。。と、馬鹿バカしいたわごとをオマエは書いた!
      ぎゃははははは。。。

      ところが、オマエは失うものがないどころか、
      ネットでは底抜けの馬鹿を演じているオマエのために、
      太田将宏に関する記事が 数え切れないほど氾濫しているのだよ!
      きゃはははははは。。。

      つまり、オマエは底抜けに愚かな反面教師として
      これから、100年。。。、いや、200年後も、
      “底抜けに愚かな太田将宏”としてネットで笑われ続けるのだよ!
      ぎゃはははははは。。。
      笑いが止まらず、更に爆笑!

      オマエは、更にバカを続けるのだろうねぇ~。。。
      仕方ないから、“仏のデンマンさん”が
      誰も相手にされない愚かなオマエの相手になってあげるからね。
      きゃははははは。。。

      じゃあ、これからも、バカを続けてね。。。
      最後に、更に爆笑!

      ところで、今日、底抜けに愚かなオマエのために記事を書いたから
      読むように。。。

      『成りすまし老人の告白』
      https://denman705.wordpress.com/badguys/kokuhaku/

      ここで、また爆笑!
      ぎゃははははは。。。

  43. 成りすまし老人の告白 | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメント欄より (2014年5月6日) […]

  44. 仙台からバレンタイン | Denman Blog Says:

    […] ■『5月のバレンタイン』 […]

  45. パリからバレンタイン | Denman Blog Says:

    […] ■『実際のコメント』 […]

  46. タイからバレンタイン | Denman Blog Says:

    […] ■『実際のコメント』 […]

  47. ホーキング博士と太田将宏 | Denman Blog Says:

    […] ■『実際のコメント!』 […]

  48. 加藤清正と太田将宏 | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメントより (2014年5月6日) […]

  49. 老人の性と太田将宏 | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメント欄より (2014年5月6日) […]

  50. ノブレス・オブリージュと太田将宏 | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメント欄より […]

  51. こーてがにゃんにゃん | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメント欄より […]

  52. 世渡りの道と太田将宏 | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメント欄より […]

  53. ネット恋愛と太田将宏 | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメント欄より […]

  54. 坊主の袈裟と太田将宏 | Denman Blog Says:

    […] ■『実際のコメント』 […]

  55. 女の性的飢餓感 | Denman Blog Says:

    […] ■『実際のコメント』 […]

  56. 虚構とウソ | Denman Blog Says:

    […] ■『5月のバレンタイン』のコメントより […]

  57. 手紙と絶交 | Denman Blog Says:

    […] ■『5月のバレンタイン』のコメントより […]

  58. 短気は損気 | Denman Blog Says:

    […] 『5月のバレンタイン』のコメント欄より […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。