軽井沢タリアセン夫人の知名度


 
 
軽井沢タリアセン夫人の知名度


(salon22.jpg)

小百合さん。。。 「軽井沢タリアセン夫人」がネットで有名なのですよう。 ビックリしました。

マジで。。。?

もちろんです。 このような時に嘘やデマカセを言うつもりはありません。 すぐに分かってしまうことですからね。

ネットで有名ってぇ、ネット市民の皆様がネットで熱狂的に軽井沢タリアセン夫人のことをウワサしているということですか?

もちろん、ある一部の男たちは熱狂的に「軽井沢タリアセン夫人」の後を追いかけているのですよ。

その証拠でもあるのですか?

もちろんです。 僕は根拠の無い事は言わないように、書かないように最善の努力をしていますからね。。。 うへへへへへ。。。

前置きは結構ですからその証拠とやらを見せてくださいなァ。

じゃあ、次のリストを見てください。


(ame30703f.gif)


04■『軽井沢タリアセン夫人と病院の評判』

10■『国際化の塩を求めて』

13■『ロダンの接吻』

17■『また、バレンタイン?』

25■『軽井沢タリアセン夫人の足跡』

これは6月27日から7月3日までの1週間の「人気記事リスト」なのですよ。 赤枠で囲んだ記事に「軽井沢タリアセン夫人」が登場するのです。 とにかく、この1週間で最も人気のある記事が4番の次の記事なのですよ。

『軽井沢タリアセン夫人と病院の評判』

人気があると言っても、たった 114人の読者に読まれただけではありませんか。

あのねぇ~、確かに読者の数は多くはないけれど、他の記事と比較してくださいよ。 5番の記事の2倍以上の人たちに読まれたということなのですよ。 ダントツですよ。

でも、ダントツで読まれたと言っても、この程度ではデンマンさんが「ネットで有名なのですよ!」と騒ぎ立てるほど有名ではありませんわよ。

小百合さんは、ちっとも驚いてないようだけれど、これはほんの氷山の一角なのですよ。

つまり、私がビックリするような証拠がまだ他にもあるということですか?

もちろんですよ。 小百合さんがつまらなそうな表情を浮かべる前に、ぜひ次の検索結果を見てください。


(gog30708.gif)

GOOGLEで「軽井沢タリアセン夫人」を入れて、ついさっき検索してみたのですよ。 14,800件もヒットするのですよ。 しかも、トップから3番までは正に「軽井沢タリアセン夫人」というタイトルなのですよ。

確かに先ほどの 114人と比べたら数だけは 14,800件とすごいですけれど、上のページに表示されたエントリーは、すべてデンマンさんが書いているブログやホームページの記事のタイトルではありませんかァ!

いや。。。 全部ではありません。 青枠で囲んだエントリーは僕とは全く関係ない第3者が運営しているサイトですよ。 クリックすると次のページが表示されます。


(mura30708.gif)

『実際のページ』

このページは「軽井沢タリアセン夫人」ではなく、「軽井沢タリアセン」を紹介しているページではありませんかァ。

いや。。。 別に「軽井沢タリアセン」を紹介しているページではないのですよ。 「軽井沢タリアセン」を含む記事を紹介しているのです。

でも、たいていの人が「軽井沢タリアセン」と聞けば軽井沢にあるレジャー施設を思い浮かべますわ。

いや。。。 必ずしもそうではないと思いますよ。 だってぇ、僕は「軽井沢タリアセン」と聞くと小百合さんを思い浮かべますからね。 うししししし。。。

でも、上のページに出てくるデンマンさんが書いた記事は「軽井沢タリアセン」のことも、「軽井沢タリアセン夫人」のことも書いてないではありませんか!


(mura30708d.gif)


『社長になったら』


(mura30708e.gif)

『Manwatching』

『大量デジカメ写真の整理』

『過労死』

『デジカメ活用術』

いや。。。 決して関係ないことを書いているわけではありません! どの記事にも『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』へ飛べるリンクが貼ってあるのですよ。

でも、「軽井沢タリアセン」というレジャー施設のことが書いてあることを期待して読む人は、デンマンさんの記事を読んでムカつくと思いますわ。

いや。。。 必ずしもそうとは限りませんよ。

どうしてですか?

だってぇ、たいてい卑弥子さんが出てきて次のように「軽井沢タリアセン夫人」と「軽井沢タリアセン」を紹介しているからですよ。

【卑弥子の独り言】

どうして小百合さんが「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ~♪~ますか?

実は簡単な事なのですわよ。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですって。
分からない事ではござ~ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。
現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉

軽井沢のイルミネーション

秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩

あなたも、お暇があったら軽井沢へお運びくださいまし。
きっとご満足いただけると思いますわ。
じゃあねぇ~~。

分かるでしょう。。。 だから「軽井沢タリアセン」というレジャー施設のことが知りたくて記事を読み始めた人も満足して読み終えるのですよ。

【卑弥子の独り言】

ですってぇ~。。。
そうですわよねぇ~。

もしあなたが軽井沢タリアセンを訪ねようとして読み始めたとしても決してがっかりしなかったでしょう!?
楽しいよい公園ですわ。
あなたもきっと気に入ると思いますう。

とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ~~。

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『小百合さんの香り』

■ 『小さな親切』

■ 『病院を批判する意味ある?』

■ 『おいしいぬくもり』

■ 『ひねくれた大人』

■ 『虹のかなたの奇跡』

■ 『虹のかなたから生還』

■ 『義理チョコと十三夜』

■ 『愛のゼフィルス』

■ 『軽井沢タリアセン夫人とバレンタイン』

■ 『バレンタイン届いた?』

■ 『味もめん』

■ 『福豆と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『かぎろいの誘惑』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の真珠』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@沖縄』

■ 『ムーチー@沖縄』

■ 『マルちゃんのソース』

■ 『ヘチマ野郎』

■ 『優美な日本女性』

■ 『また、バレンタイン?』

■ 『ロダンの接吻』

■ 『追伸バレンタイン』

■ 『おばさんパンツとSEO』

■ 『季節はずれのバレンタイン』

■ 『ホワイトソースの思い出』

■ 『レモンと胡椒と愛情』

■ 『軽井沢タリアセン夫人の足跡』

■ 『軽井沢タリアセン夫人と病院の評判』

■ 『国際化の塩を求めて』

こんにちは。ジューンです。

あなたは間違いなくカレーライスがお好きでしょう?


(curryind.jpg)

うどんやお蕎麦はいかがですか?

うどんやおそばに「きつねうどん」や「きつねそば」がありますよね。
かけうどんやかけそばに甘辛く煮た油揚げを乗せたものです。

ただし、地方によって指すものが異なる場合があります。
関東でいう「きつねそば」を関西では「たぬき」と呼んでいます。

関東では「かけそば」や「かけうどん」に揚げ玉(天かす)を入れたものを「たぬきそば」や「たぬきうどん」と呼びます。


(tanukisob2.jpg)

地方によっては違いがありますが、使用する油揚げは、まず湯で油抜きをして、砂糖・醤油・みりんなどを使用して、しっかりと煮て甘辛く味付けをしているようです。
わたしも「かつおと煮干しが利いた和風つゆ」でいただいた「讃岐うどん」の味が忘れられません。

ところで、これまで書いた小百合さんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、小百合さんの記事をまとめて読みたいのならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

『小百合物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。


 

タグ: , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。